都営地下鉄でクレジットカードを使うには?オートチャージや定期券、一体型カードの利用法と最も使えるおすすめカード紹介

Pocket

鉄道

今回は、都営地下鉄において利用できる交通系ICカードと一体型クレジットカード、オートチャージ機能についてまとめると共に、おすすめのクレジットカードも紹介する。

クレジットカードには鉄道各社が発行するカードがあり、オートチャージの利用や定期券の搭載、乗車によりポイントが貯まるなどのメリットがある。

ただし、都営地下鉄ではクレジットカードは発行しておらず、また都営地下鉄関連のサービスに特化したクレジットカードは存在しない。そこで、交通系ICカードのPASMOかSuicaを利用することになる。

都営地下鉄でクレジットカードを利用する方法

大前提として、都営地下鉄ではSuica、PASMOのどちらも同じように使うことができる。

都営地下鉄専用のクレジットカードは存在しないが、関東の他の鉄道各社が発行するクレジットカードを利用することで、オートチャージ機能を設定することができる。

また、都営地下鉄の定期券を還元率の高いクレジットカードで購入するという方法もある。

オートチャージ機能

オートチャージ機能は、指定した一定金額を下回った場合に、改札を通過すると自動的にチャージしてくれる機能のこと。

都営地下鉄でもオートチャージには対応している。都営地下鉄でオートチャージをする方法の一つは、単独のPASMOかSuicaカードを手持ちのクレジットカードと対応させる方法だ。この場合、クレジットカードはオートチャージに対応したカードを選択する必要がある。

現在オートチャージに対応しているクレジットカードとしては、PASMOでは、関東の私鉄各線(京王電鉄・東急電鉄・東京メトロ・東武電鉄)がそれぞれ発行している交通事業者系カードがある。

Suicaでは、JR管轄のビューカードが発行しているカードのみとなっている。

ただしSuicaの場合、交通系ICカード一体型のクレジットカードでなければオートチャージ機能を利用することが出来ない。都営地下鉄線のみしか利用しない方であれば、PASMOのオートチャージ機能を使う方が良いだろう。

オートチャージ機能付き交通系ICカード一体型クレジットカード

Suica、PASMOのいずれにも、オートチャージ機能付きの一体型クレジットカードがある。

ビューカードが発行するSuica一体型のカードは、JR沿線の商業施設と提携したカードなどもあり、提携カードの種類が豊富だ。

PASMO一体型のカードは株式会社パスモが発行する「パスタウンカード」シリーズと、京王電鉄・東急電鉄・東京メトロ・東武電鉄がそれぞれ発行しており、こちらも提携カードが豊富に出ている。

都営地下鉄の定期券をクレジットカードに搭載できるのか?

上記の交通系事業者カードやビューカードが発行する交通系ICカード一体型クレジットカードには、定期券の情報を搭載することが出来る。

都営地下鉄の定期券情報を搭載したい場合、PASMOではカードを発行する事業者の路線、SuicaではJRが、都営地下鉄線を跨ぐか、入り口か出口である場合、搭載が可能になる。都営地下鉄以外の私鉄やJRを跨がない場合は、残念ながら都営地下鉄のみの定期券情報を登載することは出来ない。

定期券情報は、PASMOであればPASMOを扱っている駅で、SuicaであればJRの駅で設定することになる。

なお、クレジットカード機能がついていない単独のSuica、PASMOであれば、路線や出入り口に関係なく、都営地下鉄の定期券を搭載することができる。クレジットカード機能がついていない単独のSuica、PASMOは、都営地下鉄の各駅、自動発券機でも購入できる。

都営地下鉄の定期券をクレジットカードで購入する

都営地下鉄の定期券を購入するだけであれば、JCB、MUFG、DC、UFJ、NICOS、UC、VISA、マスター、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブの各種クレジットカードを利用することができる。国際ブランドが対応していれば、カードの種類は問わない。

都営地下鉄で使用できるおすすめクレジットカード

ここまで紹介してきた通り、都営地下鉄では、PASMO、SuicaいずれかのICカードを利用することが多い。今回は特に、都営地下鉄の路線も含む定期を利用する場合で、PASMOとSuicaを利用する際におすすめのクレジットカードを紹介したいと思う。

PASMO利用時のおすすめクレジットカード

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

ソラチカカード

JCBが発行するANAと東京メトロの提携カード。JCBのOkiDokiポイント、ANAのマイル、東京メトロのメトロポイントを貯めることができる。また、OkiDokiポイントからは、マイルとメトロポイントにお得に移行できる。

PASMO機能付きの一体型クレジットカードで、PASMO定期券も搭載することができ、オートチャージや、東京メトロに乗車するごとにポイントが貯まる。

ANAを利用する機会がある人にとって便利なカードで、マイルが貯まる他にも、ANAグループのお得なサービスが利用できる。ANAを利用しない場合は、次のTo Me CARD Primeがおすすめ。

年会費 初年度無料、翌年度以降2,000円(税抜)
還元率 1.0%
国際ブランド JCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

To Me CARD Prime

To Me CARD Prime

東京メトロが発行するカード。PASMO一体型と、PASMOとクレジットカードの別持ちと、いずれかを選べる。カード利用額に応じてメトロポイントと、JCBブランドはJCBのポイント、VISA・マスタカードブランドはニコスカードのポイントがダブルで貯まる。

メトロポイントは、東京メトロに乗車するだけでも貯まり、休日の乗車ポイントは平日の2倍となる。都営地下鉄をよく利用する人の場合、同時に東京メトロの利用機会も多いのでおすすめ。

提携先やサービスも豊富で、ANAマイルを手数料なしでメトロポイントへ移行できる他、楽天、nanaco等のポイント交換も可能。ビッグカメラではビッグポイント還元率のアップ、三越ではメトロポイントが別途付与されるなど、お得な機会が多い。

年会費 初年度無料、翌年度以降2,000円(税抜)
還元率 0.5%
国際ブランド VISAMasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

Suica一体型のおすすめクレジットカード

「ビュー・スイカ」カード(View Suica)

ビュースイカカード

通常、カード利用1,000円につき2ポイント付与(5円相当)で還元率0.5%だが、JRの切符や定期券の購入にカードを利用することで、通常の3倍の、1,000円につき6ポイント付与(15円相当)が付与され還元率1.5%と高還元率になる。

ポイントは、400ポイントにつき1,000円分のSuicaチャージとなる。都営地下鉄の利用と合わせ、JRの利用が多い人におすすめしたいカードだ。

トラベル関連のサービスや特典が揃っているのも、JR東日本のビュー・カードならでは。

年会費 477円(税抜)
還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド VISAMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラsuicaカード

初年度年会費無料、翌年度以降も前年度1回以上のカード利用があれば年会費無料になる、実質年会費無料のカード。学生でも申込可能だ。

ビックカメラとの提携カードで、カードの利用金額に応じてビックポイントとビューサンクスポイントの両方が貯まる。ポイント還元率も1.0%と高め。

さらに、旅行保険が国内は利用付帯、海外が自動付帯となっている。

年会費 無料※年1回以上の利用が条件
還元率 1.0%
国際ブランド VISAMasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

まとめ

都営地下鉄でクレジットカードを利用するパターンとしては、PASMOのオートチャージに対応しているクレジットカードを利用する、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードと一体化したカードを利用する、乗車券や定期券の料金をクレジットカードで支払う、という3つのパターンがある。

どのパターンでクレジットカードを利用するのが良いかは、利用者のライフスタイルによって変わるが、クレジットカードを利用することでお得かつ便利に都営地下鉄を利用できることは間違いない。

ぜひ自分に合った活用をしてほしい。

Pocket