クレジットカードは年会費無料で選ぶ!”絶対”得する厳選5枚

Pocket

年会費無料

クレジットカードを選ぶ際に何を基準にするかという質問をしたときに、最も多い回答の一つが年会費無料!という回答である。

クレジットカードの魅力を最大限に引き出すためには、年会費無料で、還元率でお得!というカードを選ぶのが一番の勝ちパターンといえるだろう。

この記事では、年会費無料のカードの中でも、特に人気の高い5つのカードを特徴やメリットを比較しながら紹介したいと思う。

年会費無料のおすすめクレジットカード一覧

こちらに欲しいカードがない場合は #年会費無料のカード からも探せます。

オリコカード・ザ・ポイント(Oricocard the point)

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントは、年会費無料で高還元率の代表格として長く人気を維持している王道クレジットカードである。通常還元率は1%で、入会後6ヶ月間は2%の還元率に達するのが最大の特徴。

オリコモールを経由することで、いつでも+0.5%されるので、Amazonユーザーにもお得なクレジットカードとなっている。

こんな人におすすめ

・ポイント還元率の高いカードを使いたいおすすめ
・Amazonでよく買い物をするおすすめ
・電子マネーiD、QUICPayを使いたいおすすめ

3つのポイント

いつでも高還元率

オリコカード・ザ・ポイントは還元率がいつでも1.0%!日常生活のあらゆるシーンでポイントが貯まる。

さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍なので、大きい買い物が控えている場合には特におすすめしたいカードである。

Amazonでよく買い物をする

オリコカードは通常でも1.0%の高還元率であるのに加えて、Amazonでの還元率は通常の2倍となる2.0%還元となる。

Amazon以外にも楽天やYahoo!ショッピングなど、オリコモールを経由することで高い還元率を得ることが出来る。

電子マネーiD、QUICPayをダブル搭載

高還元率の恩恵を受けるためには電子マネーも巧みに使いこなしたい。

オリコカード・ザ・ポイントは電子マネーiD、QUICPayをダブルで搭載している。

これらは後払い式の電子マネーで事前にチャージが不要なので、残高を心配せずに利用することが出来る。

また、iDはほとんどのコンビニで利用可能であり、コンビニも含めて使える店舗は約60万店舗(2016年時点)、QUICPayも30万店舗(2013年時点)と、日常生活のあらゆる買い物でポイントを取りこぼさずに貯めることが出来る。

編集部のワンポイト!
オリコカード・ザ・ポイントに搭載されているQUICPayは、いま注目のApplePayやGooglePayでも利用可能な、非接触型決済に対応している。様々な端末の支払いとして登録することが可能で、スマートフォンとの相性もいい。

カード自体にもQUICPayが搭載されているので、カードをかざすだけで決済を済ませることもできる。

オリコカード・ザ・ポイントでApplePay

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
国際ブランドMasterCardJCB
オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトを見る
オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

楽天カード

楽天カード(マスターカード)

こんな人におすすめ

・楽天ショップでよく買い物をするおすすめ
・インターネット通販でクレジットカードをよく使うおすすめ
・楽天スーパーポイントを貯めたい(小銭が煩わしい)おすすめ

3つのポイント

楽天市場の買い物がいつでも3%還元

楽天カードを利用すれば、楽天市場での買い物は100円につき3ポイント獲得できる。

楽天市場以外で使っても、還元率はいつでも1.0%。多くのクレジットカードでは還元率は0.5%なので、普段使いでも活躍するカードである。

楽天には楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)というものがあり、楽天カードは無条件でポイントがアップするので、非常に有利にポイントを貯めることができる。

SPUプログラムでは、楽天銀行を引き落とし先に指定して+1倍、楽天アプリで+1倍といったように、利用の仕方によってさらに獲得ポイントを伸ばすことができる。

ポイントが貯まりやすいイベントがたくさん

ポイント10倍優待キャンペーンなど、楽天ポイントが貯まりやすいイベントが常に複数実施されているので、楽天のショップやサービスでこのカードを使っていると、知らず知らずポイントがどんどん貯まっていくだろう。

楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

楽天スーパーポイントは、マクドナルドや始めとした。様々な店舗でポイントを貯めることができる。

さらに楽天カードを利用して、楽天Edyにチャージすることでポイントの2重取りも可能。

①楽天カードからのチャージでポイント付与
楽天Edyのチャージでポイント付与

②楽天Edyの使用でポイント付与
楽天Edyの利用でポイント付与

チャージのタイミングと、利用のタイミングでダブルでポイントを貯めることができる。

楽天Edyは全国38万点を超える店舗で使うことが出来る。

コンビニなどで細かい小銭を出す必要もないので使い勝手が良い。楽天ユーザー以外でも十分に活躍するカードだろう。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

JCB CARD W

JCBカードW

JCB CARD Wはジェーシービー自身が発行するJCBオリジナルシリーズとして2017年に新たに登場した今最も注目されているカード。

JCBオリジナルシリーズとしては初の年会費無料還元率1.0%を実現したカードで、さらに海外旅行保険も付帯しており、現在発行されているクレジットカードの中でも、文句なしにトップクラスの機能を備えているといえるだろう。

JCBカードWはクレジットカードに必要な最低限の機能を揃えているので、メイン使いの1枚として活躍することは間違いない。

シンプルなデザインは、利用シーンを選ばず使い勝手がよい。申込みはWEB限定で39歳以下。女性向けにJCBカードW Plus Lもおすすめ。

こんな人におすすめ

年会費無料のクレジットカードが欲しいおすすめ
ポイント還元率を重視したいおすすめ
補償やサービスが充実したカードが欲しいおすすめ

3つのポイント

・JCB CARD Wはずっと年会費無料
JCB CARD Wはずっと年会費無料。JCBカードはこれまで、自社発行のクレジットカードとして、年会費が発生するものしか発行していなかった。

従来までのJCBオリジナルシリーズは、サービスやステータス性を重視されたものがほとんどであったが、「年会費無料」「高還元率」にフォーカスをあてた、性能重視のクレジットカードとなっている。

・ポイント還元率も高い
JCB CARD Wは還元率が1.0%と通常の2倍の高還元率となっている。

通常還元率が2倍という意味で「W」という文字が付いているが、JCBオリジナルシリーズの他のカードは通常0.5%の還元率となっているので、その2倍の1.0%還元ということになる。

JCBオリジナルパートナーであるセブンイレブン、アマゾン、スターバックスなどでポイント2倍〜10倍のポイント還元を得ることが出来る。

・補償やサービスは万遍なくトータルサポート
海外旅行傷害保険が最高2,000万円の旅行保険が付帯

JCB CARD Wで購入した商品を90日間、最高100万円まで補償してくれるショッピングガード保険も付帯しているなど、安心してカードを利用することが出来る。

QUICPayの発行にも対応しており、ApplePayにも登録出来る。

メインカードとして十分に活躍する一枚になっている。

【期間限定キャンペーン!】   
いまなら最大8,000円分プレゼント!!
さらに、WがWでポイント4倍キャンペーン実施中!!今だけ還元率が2%!!

期間:2019年3月31日まで

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細を見る

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費無料
還元率1.0%〜
W×Wでポイント4倍キャンペーン中!
2019年3月31日まで
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネーQUICPay、Apple Pay
国際ブランドJCB
JCB CRAD Wの公式サイトを見る
JCB CRAD Wの詳細を見る

エポスカード

エポスカード

マルイの店頭で最短即日の発行をしていることで有名なエポスカードがランクイン!年会費無料で、10,000以上の店舗で優待を受けられるなど、持っているだけでお得なカードだ。

さらに自動付帯で500万円、利用付帯で2000万円の海外旅行保険もついており、海外旅行や留学、出張の際に持って行くと安心できる。

マルイの各デパートでは「マルコとマルオの7日間」というセールを年に4回開催しており、エポスカードで決済すると10%OFFになるので還元率10%相当になる。期間中はマルイのネット通販も対象。

こんな人におすすめ

とにかく早くカードを作る必要があるおすすめ
店舗でお得な優待を受けたいおすすめ
海外旅行の保険が欲しいおすすめ

3つのポイント

・マルイの店舗で最短即日発行
Webまたは店舗で申込可能で、マルイの店舗で受け取ることができる。

マルイの店舗は池袋や渋谷など主要な駅の近くにあるため、急ぎでクレジットカードが必要な場合に役立つ。

・10,000以上の店舗で優待が受けられる
カラオケのSHIDAXやBIG ECHOでは室料30%オフ、居酒屋のモンテローザ系列ではビール50%オフ、ドリンク20%オフ、料理20%オフなど普段のレジャーや食事のシーンで優待を受けられるのがうれしい。

・海外旅行の保険がついてくる
年会費無料でありながら自動付帯で500万円、利用付帯で2000万円の海外旅行保険がついているのは非常に心強いと言える。

最短即日発行と合わせて、急な海外旅行や出張に間に合わせるには最適なカードだろう。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

VIASOカード

VIASOカード

VIASOカードは通常還元率は0.5%ではあるものの、還元されたポイントが年に1回自動で利用者の銀行口座にキャッシュバックされるクレジットカードである。

どれだけ高還元率でポイントを貯めても、ポイントは使わなければ意味はない。VIASOカードは、必ずポイントを現金として活用出来るので、ポイントの管理が面倒という方にうってつけのカードとなっている。

こんな人におすすめ

・貯まったポイントを使うのが面倒おすすめ
・年会費無料がいいおすすめ
・ポイントをお得に貯めたいおすすめ

3つのポイント

貯まったポイントは自動でキャッシュバック

VIASOカードは年会費無料、高還元率が魅力のクレジットカードであるが、当サイトで最も注目したいのは自動キャッシュバック機能。

自動キャッシュバック機能では、ポイントが貯まっていれば、年に1回、1ポイント=1円の価値でポイントを自動的に利用者の口座にキャッシュバックしてくれる。

貯まったポイントを使い切れずに失効させてしまうという方にはうれしい機能だろう。

VIASOカードならずっと年会費無料

VIASOは入会時、初年度だけでなく翌年度以降もずっと年会費無料。この点、クレジットカードの利用頻度が少ない方やはじめてクレジットカードを利用するという方にはおすすめしたい1枚である。

ポイントがどんどん貯まる

VIASOは通常の利用で1000円ごとに5ポイントが還元される。また、VIASOが運営するVIASO eショップを経由することで、通常のポイント還元に加えて+0.5%~10%のボーナスポイントが付与される。

よく利用されるショップとしては、たとえば、VIASO eショップを経由するだけで、

Amazon: +0.5%
楽天: +1.0%
Apple: +1.0%

とボーナスポイントが付与される。その他、ファッション、家電、旅行、通販など様々なネットショッピングに対応している。

VIASOカード

VIASOカード

貯まったポイントは自動でキャッシュバック!年会費無料の高還元率カード

貯まったポイントは自動で利用者の銀行口座に入金されるため、ポイント交換手続きは一切不要。特定加盟店でカードを使えばザクザクポイントが貯まり、還元率が上昇!

年会費無料
還元率0.5%〜10%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
VIASOカードの公式サイトを見る width=
VIASOカードの詳細を見る

この記事で紹介したカード

#年会費無料のカードをもっと探す

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る