TRUST CLUB プラチナマスターカード 年会費3,000円の実力を調査

Pocket
LINEで送る

TRUST CLUBプラチナカード

2019年7月1日よりリニューアルした、全く新しいプラチナカードが登場。

驚くのは年会費の安さ。年会費3,000円とは思えない特典が付帯しており、非常に魅力的なカードとなっている。

見た目も高級感があるため、デートシーンやビジネスシーンなど、スマートにカードを使いたい時にも活躍する一枚となっている。

もともとSuMi TRUST CLUBリワードカード(年会費3,000円)というカード名称であったが、
TRUST CLUBプラチナマスターカード (年会費3,000円)と、名称、券面ともに大幅にリニューアルされた。

TRUST CLUBの発行は、三井住友トラストクラブが行っている。同社は国内でダイナースクラブを発行するなど、伝統のあるカード発行会社だ。

このカードの魅力は、クレジットカードとして通常では得られない特別なサービスを多く利用できることだ。昨今のクレジットカードでは還元率ばかりに目が行きがちだが、還元率だけではないクレジットカードならではのエグゼクティブなサービスを提供してくれるのがこのカードの特徴だ。

メリット

  • 年会費が3,000円と破格
  • 海外旅行保険3,000万円
  • 空港ラウンジ利用可能
  • Taste of Premiumの特典が利用可能

公式サイトを見る

Taste of Premiumで、他のカードにないサービスが受けられる

TRUST CLUBプラチナカードは、年会費わずか3,000円でプラチナカードのサービスが受けられるのが魅力となっている。

・最高3,000万円の保険
・空港ラウンジ利用
・Taste of Premiumの特典利用

最高3,000万円の保険

以下の保険が付帯している。

海外旅行保険

いずれもカードの利用が保険適用の条件となる利用付帯となっている。

傷害死亡・後遺障害最高3000万円
治療費用150万円
携行品損害30万円
救援者費用50万円

国内保険

国内保険も同様に利用付帯となっている。

傷害死亡・後遺障害最高3000万円

家族特約で、最高1,000万円まで家族も補償される。

空港ラウンジ一覧

以下の通り、国内の空港ラウンジが利用可能。

新千歳空港「ロイヤルラウンジ」
「スーパーラウンジ」
函館空港「ビジネスラウンジ A Spring」
青森空港「エアポートラウンジ」
秋田空港「ロイヤルスカイ」
仙台空港「ビジネスラウンジ EAST SIDE」
成田国際空港「第1ターミナルビル ビジネス&トラベルサポートセンター(T.E.Iラウンジ)」
「第1ターミナルビル IASS Executive Lounge 1※」
「第2ターミナルビル T.E.Iラウンジ」
「第2ターミナルビル IASS Executive Lounge 2※」
羽田空港「第1ターミナルビル POWER LOUNGE NORTH」
「第1ターミナルビル POWER LOUNGE SOUTH」
「POWER LOUNGE CENTRAL -旧第1ターミナルビル エアポートラウンジ(中央)-」
「POWER LOUNGE CENTRAL (チェックイン前ロビーエリア) -旧第2ターミナルビル エアポートラウンジ(北)-」
「第2ターミナルビル POWER LOUNGE NORTH」
「第2ターミナルビル エアポートラウンジ(南)(チェックイン後ロビーエリア)」
※2019年4月1日~2019年8月下旬(予定)まで、リニューアル工事のため、一時閉鎖します。
「国際線旅客ターミナル SKY LOUNGE」
「国際線旅客ターミナル SKY LOUNGE ANNEX」
新潟空港「エアリウムラウンジ」
富山空港「ラウンジ らいちょう」
小松空港「スカイラウンジ白山」
中部国際空港「プレミアムラウンジ セントレア」
富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」
関西国際空港「カードメンバーズラウンジ「六甲、金剛」、「アネックス六甲」」
「カードメンバーズラウンジ「比叡」」
伊丹空港「ラウンジオーサカ」
神戸空港「ラウンジ神戸」
岡山空港「ラウンジ マスカット」
米子空港「ラウンジ大山」
広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
山口宇部空港「ラウンジきらら」
出雲縁結び空港「エアポートラウンジ」
徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」
高松空港「ラウンジ讃岐」
松山空港「ビジネスラウンジ」
「スカイラウンジ」
北九州空港「ラウンジひまわり」
福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」
「ラウンジTIME インターナショナル」
大分空港「ラウンジ くにさき」
長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」
熊本空港「ラウンジASO」
鹿児島空港「スカイラウンジ菜の花」
那覇空港「ラウンジ華~hana」
仁川(インチョン)国際空港(ソウル)「第1ターミナル MATINA(マティーナ)※」
「第2ターミナル AIRCAFE(エアカフェ)※」
ホノルル国際空港(ホノルル)「IASS Hawaii Lounge※」

※TRUST CLUB エリートカード、TRUST CLUB プラチナマスターカード(*1)対象外

この通り、国内の主要な空港ラウンジはほとんど利用することが出来る。

空港ラウンジが利用できる他のクレジットカードと比較してみると、一部では格安で空港ラウンジを利用することもできる。

【低価格帯】
楽天ゴールドカード(年会費2,000円)
エポスゴールドカード(年会費5,000円※招待された方のみ無料)

【ステータスカード】
アメックスゴールド(年会費:29,000円)
ダイナースクラブカード(年会費:22,000円)

このあたりのカードと比較しても、3,000円で空港ラウンジが使える魅力が大きいことが分かる。楽天ゴールドカードやエポスゴールドカードは、より消費者向けを意識したカードであり、ステータス性はプラチナマスターカードの方が上である。

マスターカードのサービスTaste of Premium

マスターカードの上位券種では、Taste of Premiumと呼ばれるマスターカードならではの特典が利用できる。

Taste of Premiumは国際ブランドマスターカードが提供する、上級カードにのみ提供している特別なサービスのことだ。

Taste of Premiumの中でも、TRUST CLUB プラチナマスターカードは以下の特典が利用可能となっている。

ダイニング BY 招待日和

全国200以上のレストランを2名以上で利用すると1名無料になるサービス。

通常このレベルの特典は、年会費2万円を超えるようなJCBプラチナカードや、ダイナースカードで付帯しているサービス。

年会費3,000円レベルでこれが利用できるのは驚異的だ。

国際線手荷物宅配優待サービス

海外旅行からの帰国時に、手荷物を1つ500円で配送してくれるサービス。

国内高級ホテル・高級旅館予約サービス

全国の高級旅館が予約できるサービス

Trip.com優待

初回ご利用時8%割引
2回目以降6%割引

カーシェアリング特別優待

カーシェアリング大手のタイムズレンタカーを専用ページから特別な条件で入会することができる。

カード発行手数料0円
(通常1,550円)

月額基本料金3ヵ月0円
(通常1,030円)※ご利用開始月~

ふるさと納税特別優待

専用サイトからふるさと納税をすることで、特別な返礼品を得ることができる

国内ゴルフ予約サービス

国内1900以上のゴルフ場が予約できる。さらに150以上のコースを優待価格でプレイすることができる。

海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待サービス

海外WiFiルーター:通信料15%OFF
海外携帯電話:通信料15%OFF、レンタル料金50%OFF

空港クローク優待サービス

1着につき10%割引で利用可能。

無料Wi-Fiサービスが利用可能

Boingo Wi-Fi
BoingWi-Fiと呼ばれる世界100カ国以上で利用可能なWi-Fiサービスが利用可能。

Boingoのアプリ(Wi-Finder)またはモバイルブラウザアプリで100万ヵ所以上のホットスポットに簡単にアクセスできる

利用には事前にカード番号による認証が必要。

ポイントは100円につき2ポイントだが、1ポイントの価値に注意が必要

ポイントは100円につき2ポイントのTRUST CLUB リワードプログラムが貯まる。

TRUST CLUB リワードプログラムのポイントは、計算が他のクレジットカードに比べると少し複雑な計算になる。

20,000ポイントがJCBギフト券5,000円と交換できるため、1ポイントの価値は0.25円ということになる。

つまり100円につき2ポイント=0.5円相当とうことになるため、通常還元率は0.5%という計算になる。

年間50万円以上の利用でボーナス

年間50万円以上利用することで、翌年の年会費支払い後に2500ポイントがボーナスとして付与される。

ポイントは使いやすい

貯まったポイントの使いやすさは、TRUST CLUB リワードの大きな特徴だろう。

特に、商品の交換に手数料がかからないのも魅力だ。

ポイント交換の一例を紹介すると、以下の通り。

商品券額面必要ポイント還元率
JTB/旅行券5000円20000pt0.5%
びゅう商品券5000円20000pt0.5%
HIS商品券SKY5000円20000pt0.5%
スターバックスカード5000円20000pt0.5%
JCBギフトカード5000円20000pt0.5%
JCBギフトカード 3万円分30000円120000pt0.5%

還元率の計算は100円につき2ポイント貯まることを根拠に計算した。

例えば5,000円のJCBギフト券を交換するのに必要なポイントは20,000ポイントなので、1,000,000円の利用が必要になる。

(計算例)
5,000
————- = 0.005 = 0.5%
1,000,000

どの商品券を選んだとしても還元率は変わらないため、好みで選ぶとよいだろう。

おすすめは翌年の年会費払い

8,000ポイントで3000円相当の価値に変えられるので、年会費に払う場合のポイント還元率は、0.75%と若干アップする。

どのみちかかる年会費ならば、ポイントで支払ってしまうのがいいだろう。

ここまでポイントの説明はしてきたが、実際のところポイント還元だけを見れば、もっと優秀なカードはあると思うが、TRUST CLUBカードの魅力は、充実した保険や、Taste of Premiumなどの特典だろう。

入会条件、審査

入会条件は以下の通り。

22歳以上 年収200万円以上
入会に際して所定の審査があります。

大学生は持つことができないが、年収200万円以上という基準は、公表されている年収水準としてはかなり低い。

家族カードは無料

本会員の配偶者、ご両親、18歳以上のお子様は発行枚数の上限なしで申し込みが可能。

また、公式サイト上には、18歳未満に関しても以下のような記載がある。

※18歳未満の高校生のお子様で、ホームステイや留学等のご予定がある場合は別途ご相談ください。

これを見る限りだと、高校生でも条件によっては発行出来るということなのかもしれない。

カード詳細情報

年会費3,000円
家族カード無料
還元率0.5%
ブランドマスターカードロゴ
ETC無料
家族カード無料
国内保険最高3,000万円
海外保険最高3,000万円
ポイント種類TRUST CLUB リワード
ポイント交換200ポイントから
利用可能枠30万円~100万円

公式サイトを見る

マスターカードのヒエラルキー

TRUST CLUBカードシリーズは、以下の3つのクラスに分けられており、プラチナマスターカードは、3券種の中では下位に位置する。
下位とはいっても、ここまで紹介してきた通り、その中身は年会費以上の価値もあり、プラチナマスターカードでもクレジットカードのスペックとしては十分だ。

TRUST CLUBプラチナマスターカード(年会費:3,000円)
TRUSTCLUBワールドカード(年会費:12,000円)
TRUSTCLUBワールドエリートカード(年会費:130,000円)

ダイナースクラブのコンパニオンカードとしての側面も

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、ダイナースクラブカードのコンパニオンカードとしての側面も持ち合わせている。

ダイナースクラブカード(年会費22,000円)を申し込むことで、TRUST CLUB プラチナマスターカードを無料で持つことができる。

もちろん、ここまで紹介したサービスはすべて利用することが出来る。

好みにもよるかもしれないが、ダイナースクラブカードを持って、このカードに申し込むのおすすめできる。

ダイナースクラブカード 公式サイト

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る