はじめてのau PAY!使い方、使える店、チャージ方法まとめ!

Pocket
LINEで送る

QRコード決済
au PAYとはauユーザー限定のスマホ決済アプリで、ポイント還元やキャッシュレスなど様々なメリットが存在する。

  • ポイント分だけ現金よりお得
  • キャンペーンやクーポン利用で割引が適用
  • 加盟店が多く、コンビニや家電量販店など使い道に困らない

スマホ決済アプリの中では珍しくキャリア縛りがあるが、auユーザーなら見逃せない内容。

しかし中には「au PAYって何?」「どうやって使うの?」「なんでお得なの?」と疑問に思っている人も多いはず。

また他のスマホ決済アプリと比較して優れている点はあるか気になる人もいるだろう。

そこで本記事では、スマホ決済アプリau PAYの仕組みを徹底解説。

使い方から使えるお店、チャージ方法やお得な活用方法まで紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

KDDIが提供する決済サービス


au PAYとは、2019年4月にスタートしたスマホ決済アプリの1つ。

運営元はKDDI株式会社で、docomoのd払い、SoftbankのPayPayのように、大手通信業者が展開するコード決済ということになる。

【概要】

  • 運営元:KDDI株式会社
  • サービス開始日:2019年4月9日
  • 支払い方法:コード決済
  • ポイント還元率:0.5%~1.5%
  • 利用可能金額:1回につき5万円以内(1日あたりの上限はなし)

注意すべきは利用可能金額で、1回あたりの支払いで5万円までが上限。

ノートパソコンといった5万円を超える高額商品の購入には、au PAYが利用できないので要注意。

また貯まったポイントはauの通信料金に充てることもできるし、ネットショッピングやau PAY加盟店での支払いにも利用可能となっている。

メリットは利用可能店舗数の多さ

ここではau PAYを利用する際のメリットについて解説する。

楽天ペイ加盟店でも利用可能

au PAYを運営するKDDIは楽天と業務提携を結んでおり、楽天が運営する「楽天ペイ」の加盟店でも利用可能。

スマホ決済アプリでは「加盟店の数=利用しやすさ*」になるので、120万を超える楽天ペイの加盟店でau PAYを利用できるのは大きな強みだ。

*スマホ決済アプリを利用するためには、ユーザーはアプリのインストール、店舗は決済システムの導入が求められる。
つまり加盟店の数が多いほど、ユーザー側の利用先が増えることになるので、「加盟店の数=利用しやすさ」になる。

【楽天ペイ加盟店】

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • 松屋
  • 白木屋
  • エディオン
  • ジャンカラ
  • ジュンク堂書店
  • BUYMA

楽天ペイはコンビニ・飲食店をはじめに家電量販店やカラオケにも対応しており、BUYMAなどのネットショッピングでも利用可能。

ネットショッピングに利用できる

au PAYは一部ネットショップにお対応しており、実店舗以外での支払いに利用できるというメリットが存在する。

【利用可能なネットショップ】

  • BUYMA
  • 無印良品通販
  • トーホーシネマズ

PayPayのようにネットショッピングに未対応のスマホ決済アプリがある中で、通販を利用できるau PAYは非常に魅力的。

特に無印良品は普段から利用している人も多いと思うので、スマホ1台で支払いまで完了するau PAYがおすすめだ。

利用までのハードルが低い

今までスマホのキャッシュレス決済といえばおサイフケータイが主流だったが、対応機種が限られるというデメリットがあった。

au PAYならおサイフケータイ非対応の機種でも対応しており、スマホにアプリをインストールさえすれば誰でも利用できる。

  • おサイフケータイ:iPhone6sなど機種によっては利用不可
  • au PAY:スマホさえあれば誰でも利用可能

また代表的なキャッシュレス決済のクレジットカードはカード発行に時間と審査が必要だが、au PAYなら30分以内に利用準備が完了する。

  • クレジットカード:カード発行に時間がかかり、審査落ちする可能性もある
  • au PAY:審査いらずで利用でき、30分以内で手続きが完了する

つまりスマホ決済アプリのau PAYは、おサイフケータイやクレジットカードと比較して、利用までのハードルが非常に低いキャッシュレス決済ということになる。

au WALLETとの連携

au PAYを利用するためにはau WALLETアプリが必要で、au WALLETに貯まったポイントを支払いに利用することができる。

つまり今までau WALLETを利用していた人は、貯めていたポイントの利用先が広がったことになるので、より使いやすくなる結果に。

使い方によってはポイントの2重取も可能なので、au PAYを利用すれば現金払いよりもお得に買い物ができる。

使い方はアプリをインストールするだけ

初期設定

au PAYを利用するためには、au WALLETアプリをスマホにインストールする必要がある。

au WALLETアプリのインストール後、各種設定を行うことで初期設定が整うのだ。

【初期設定】

  • スマホにau WALLETアプリをインストール
  • au IDでログイン
  • au PAYを選択
  • 利用規約に同意
  • au WALLETに残高をチャージすれば支払い可能

上記のようにau IDでログインした後、au PAYの利用規約に同意する形となる。

最後にau WALLET残高にお金をチャージすれば初期設定が完了し、実際に店舗でau PAYが利用可能になる。

チャージ方法

一概にau WALLET残高にチャージするといっても様々な方法が存在し、基本的には下記の6種類だ。

  • auかんたん決済
  • じぶん銀行
  • クレジットカード
  • ポイント
  • au WALLETチャージカード
  • auショップ・コンビニ

最も手軽にチャージできる方法はクレジットカードで、VISA・Mastercard・JCBなど主要国際ブランドにも対応済み。

またクレジットカードがないという人は、auかんたん決済を利用すれば、毎月のスマホ通信料金とチャージ金額を合算して支払うことができる。

どちらも手元に現金がない状態でau WALLETにチャージできる方法なのでおすすめだ。

支払い方法

au PAYには2種類の支払い方法が存在し、それぞれQRコード決済・バーコード決済と呼ばれる。

【QRコード決済】

  • au WALLWTアプリを起動
  • 会計時に店舗が用意したQRコードを読み取る
  • 支払い完了

QRコード決済は店舗が用意したQRコードをスマホで読み取る方法。

au PAYに限らず他のスマホ決済アプリでもメジャーな支払い方法で有名だ。

【バーコード決済】

  • au WALLETアプリを起動する
  • 会計時にスマホのバーコード画面を店員に提示
  • 店員がバーコードを読み取り、支払い完了

バーコード決済は、自信のスマホに表示させてバーコードを店員に読み取ってもらう方法。

こちらもQRコード決済と並びメジャーな支払い方法で、他のスマホ決済アプリでも採用されている。

つまりQRコード決済・バーコード決済のどちらに対応しているかの基準は下記の通り。

  • 店舗にQRコードがある→QRコード決済
  • 店舗にQRコードがない→バーコード決済

会計のタイミングで、QRコード決済なのかバーコード決済なのか分からないと不安な人もいると思うが、大半の店舗では店員側から支持されるので安心してほしい。

また店員からの指示がない場合でも、上記の基準を参考にすれば大丈夫だ。

利用できる店舗

2019年5月12日時点でau PAYに対応している主な店舗は下記の通り。

【加盟店】

  • ローソン
  • ミニストップ
  • スシロー
  • 松屋
  • 白木屋
  • ウェルシア
  • エディオン
  • ソフマップ
  • 自遊空間 など

上記に加えて楽天ペイの加盟店とも連携しており、利用先は幅広い。

「au PAYをインストールしたのに使い道がない」という心配もないので、安心してほしい。

利用にあたっての注意点

au IDが必要

au PAYを利用するためには「au ID」と呼ばれるアカウントが必要になる。

【登録方法(iPhoneの場合)】

  • App Storeから「My au」をインストール
  • アプリを開き、「au IDログイン」を選択
  • 空メールを送信
  • auスマホ契約時の暗証番号を入力
  • パスワードを設定
  • 登録完了

上記の4に記載した通り、auスマホを契約していなければau IDは発行できない。

つまりau PAYは、docomoやソフトバンクなどau以外のキャリアには対応していない点は覚えておこう。

また紹介した登録方法はiPhoneのものだが、Androidでも基本的な流れは変わらない。

一般会員はポイント還元率が低い

au PAYは利用した分だけ一定のポイントが付与されるが、auスマートパスのプレミアム会員*以外のポイント還元率は0.5%

auスマートパスのプレミアム会員ならポイント還元率が3倍の1.5%になるので、au PAYを最大限活用するためには入会がおすすめだ。

【ポイント還元率】

  • 一般会員:0.5%(200円=1ポイント)
  • auスマートパスプレミアム会員:1.5%(200円=3ポイント)

しかしauスマートパスプレミアム会員は月額499円なので、元を取るためには毎月約4万円のau PAYの利用が必要。

スマホ決済アプリ初心者にはかなり高額な利用金額になっており、ポイント還元率アップ以外の入会特典を吟味したうえで、auスマートパスプレミアムに入会するか決めるのが賢明だ。

*auスマートパスプレミアム会員・・・データ復旧サービスやお得な限定クーポンなどを、月額料金を支払うことで利用できる特別なサービス。

じぶん銀行の開設

一般的にスマホ決済アプリにはチャージ・引き落とし用の銀行口座を登録できるが、au PAYの場合「じぶん銀行*」のみ利用可能となっている。

つまり三井住友銀行・みずほ銀行やゆうちょ銀行などは利用できないので要注意。

*じぶん銀行・・・「au WALLET プリペイドカード」に直接チャージできる唯一の銀行。au WALEETアプリと連携させることで、au PAYのオートチャージ機能などが利用可能となる。

キャンペーンやポイント二重取りでお得に

ポイントの2重取を利用

au PAYの基本ポイント還元率は0.5%(200円=1ポイント)で、auスマートパスプレミアム会員なら3倍の1.5%(200円=3ポイント)になる。

しかしクレジットカードを利用してau WALLET残高にチャージした場合、カード利用分のポイントが加算されポイントの2重取が可能に。

つまりクレジットカードでau WALLET残高にチャージ+au PAYで支払いをすると、クレジットカードのポイント+au PAYのポイントが手に入るのだ。

例)au WALLET残高に10,000円分をリクルートカード(還元率1.2%)でチャージ+10,000円の商品をau PAYで購入→10,000円×1.2%+10,000円×0.5%=120+50=170ポイント獲得

つまり現金をau WALLET残高にチャージするよりも確実にお得になるので、au PAYを利用する場合はクレジットカードを用意することをおすすめする。

【チャージ可能なクレジットカード】
au wallet

  • au WALLET クレジットカード
  • Mastercardのマークついたクレジットカード
  • VISAマークがついたクレジットカード(クレディゾン・UCカード・トヨタファイナンス・エポスカードが発行したカード・au WALLET クレジットカード限定)
  • JCBマークがついたクレジットカード(クレディゾン・トヨタファイナンスが発行したカード限定)
  • キャンペーンを利用

    スマホ決済アプリのau PAYは定期的にキャンペーンを開催しており、中には大量のポイントを貯められる内容のものも存在する。

    【開催中のキャンペーン】

    • 三太郎の日キャンペーン:毎月3・13・23日にau PAYを利用すると最大20%のポイント還元
    • 食べログキャンペーン:食べログ掲載の対象店舗でau PAYを利用すると5%のポイント還元

    上記のように一度の利用で20%分のポイントが還元されるキャンペーンも存在し、現金やクレジットカード払いと比較すると確実にお得。

    また過去にはau PAYの利用を必要としないキャンペーンが開催されたことも。

    【過去に開催されたキャンペーン】
    チャージするだけキャンペーン:au WALLETポイントをチャージした分の10%増額

    他のスマホ決済アプリと比較しても引けを取らないキャンペーン内容となっている。

    クーポンを利用

    キャンペーンの他にもau PAYではクーポンが発行され、au PAYの支払い時に活用できる。

    【クーポン一覧(過去発行分を含む)】
    au PAYの加盟店で利用できる100円引きクーポン

    基本的には100円引きなどのクーポンが多いが、中には合計金額から700円引きとなるものも存在しするので、au PAYを利用するなら絶対見逃せない。

    クーポンはau PAYの「クーポンを探す」から入手できるので、よりau PAYの支払いをお得にしたい人におすすめだ。

    auユーザー限定のお得なスマホ決済アプリ

    スマホ決済アプリのau PAYを利用するためにはau IDが必要なので、docomoやソフトバンクユーザーは利用できない。

    auスマートパスプレミアム会員以外はポイント還元率が0.5%、じぶん銀行の開設が必要など注意点も存在する。

    しかしクレジットカードやや他のスマホ決済アプリと比べて優れている点も多く、au PAYには下記のようなメリットが存在する。

    【メリット】

    • 審査いらずで誰でも利用できる
    • 支払いに現金を必要としない
    • ネットショッピングを利用できる
    • 楽天ペイとの連携によって使い道が幅広い
    • 三太郎の日にはポイントを最大20%還元

    またクレジットカードを利用したポイントの2重取や、支払いが割引されるクーポンを活用すれば現金払いよりも確実にお得になるのも見逃せない。

    サービス内容がauユーザー向けに偏っている分、auと契約してスマホを利用している人なら、他のスマホ決済アプリよりも有効活用できるのでおすすめだ。

    Pocket
    LINEで送る

    執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

    大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

    編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

    また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

    大人のクレジットカード編集部について詳しく見る