JCBでおすすめのクレジットカード!国内利用が便利、ハワイやディズニー好きにもおすすめ

Pocket

JCBおすすめクレジットカード

5大国際ブランドの1つであり、日本発の唯一の国際ブランドである「JCB」。

世界に3,300万件以上の加盟店を持ち、特に日本国内でのカード利用が多い人におすすめのカードだ。

また、T&Eカードとして知られ、トラベル・エンターテイメント関連の特典やサービスが充実しているのも特徴。

さらに、同じくT&Eカードとして有名なブランドである「アメリカン・エキスプレス」と相互加盟店利用の提携をしたことで、世界中で利用可能なブランドとなった。

そんなJCBカードの、プロパーカード、提携カードを含めた中でおすすめの5枚を紹介すると共に、JCBの特徴についてまとめた。

JCBのおすすめカード5選

JCB CARD W

JCBカードW

他社との提携ではないジェーシービー自身が発行するJCBオリジナルシリーズとして2017年に新たに登場したクレジットカード。

JCBオリジナルシリーズとしては初の年会費無料還元率1.0%を実現したカードで、さらに海外旅行保険も付帯しており、優良クレジットカードの仲間入りを果たしたカードと言える。

シックなカードフェイスは、ジェーシービーの風格を感じさせるデザインとなっている。申込みはWEB限定で39歳以下が対象。

こんな人におすすめ

・年会費無料のクレジットカードが欲しいおすすめ
・ポイント還元率を重視したいおすすめ
・補償やサービスが充実したカードが欲しいおすすめ

3つのおすすめポイント

・JCB CARD Wはずっと年会費無料
JCBオリジナルシリーズはジェーシービーを代表するクレジットカードとして位置づけられている。従来までのJCBオリジナルシリーズは、サービスやステータス性を重視されたものがほとんどであったが、「年会費無料」「高還元率」にフォーカスをあてた、性能重視のクレジットカードとなっている。

・ポイント還元率も高い。
JCB CARD Wは還元率が1.0%と通常の2倍の高還元率となっている。通常還元率が2倍という意味で「W」という文字が付いているが、JCBオリジナルシリーズの他のカードは通常0.5%の還元率となっているので、その2倍の1.0%還元ということになる。

・補償やサービスは万遍なくトータルサポート
最高2,000万円の海外旅行保険が利用付帯。JCB CARD Wで購入した商品を90日間、最高100万円まで補償してくれるショッピングガード保険も付帯しているなど、安心してカードを利用することが出来る。

QUICPayの発行にも対応しており、ApplePayにも登録出来る。

JCB CARD W

JCBカードW

年会費無料で還元率2倍のお得なJCBカード

サービス、還元率、保険、サポートなどクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。女性にはJCB CARD W plus Lもおすすめ。

年会費 年会費無料
還元率 1.0%〜
国際ブランド JCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

JCBゴールドカード

JCBオリジナルシリーズゴールド

「JCBオリジナルシリーズ」と呼ばれるジェーシービー自身が発行するプロパーカードの一種だ。三井住友VISAと並び、クレジットカードの代表格のステータスカードとして不動の地位を築いている。

こんな人におすすめ

安心できる信頼性の高いカードが良いおすすめ
充実したサービスや補償が欲しいおすすめ
還元率も重視するおすすめ

3つのおすすめポイント

・安心と信頼のジェーシービープロパーカード
オリジナルシリーズはジェーシービー自身が発行するプロパーカードで、ブランド力の高いカードとして認知されている。和を貴重としたスタンダードなカードフェイスなので、フォーマルなシーンなど大事な場面でも安心のカードである。

・隙のないサービスや補償
国内、海外旅行傷害保険はもちろんのこと、買い物した商品に対するショッピング補償まで、様々な場面の補償がついているのがうれしい。QUICPayの発行にも対応しており、ApplePayにも登録出来る。
また、クレジットカードの利用によって応募出来るキャンペーンの多さも大きな魅力だろう。

・還元率も優秀
年間利用額に応じて、翌年の獲得ポイントが60%アップする。

JCBゴールドカード

JCBオリジナルシリーズゴールド

隙のないサービスと補償、優秀な還元率とゴールドカードの新定番!

還元率、保険、サポート、電子マネーとの連携などクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。

年会費 初年度年会費無料
翌年以降10,000円(税抜)
還元率 0.5%以上
国際ブランdp JCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

楽天カード

楽天カード

年会費無料高還元率海外旅行時の補償、会員ランクによっては無料のETCカード付と、あらゆる点において隙がなくお得なカード。

楽天市場で買い物をすれば還元率は3.0%にもなる。楽天カード会員限定のキャンペーンも豊富に開催されている。キャンペーン中に楽天で買い物をするとポイント10倍などの還元率を得られる場合もあるので、キャネペーン情報は見逃さないようにしたい。

こんな人におすすめ

還元率の高いお得なカードが欲しいおすすめ
やっぱり年会費無料がいいおすすめ
楽天市場をよく使うおすすめ

3つのおすすめポイント

・ベースとなる還元率が1.0%
楽天カードは楽天以外で使っても還元率が1.0%。一般的なクレジットカードの場合還元率は0.5%程度なので、楽天カードはこれらの2倍近くのポイントがもらえることになる。

・ポイントが貯まりやすいイベントが盛りだくさん
ポイント10倍優待キャンペーンなど、楽天ポイントが貯まりやすいイベントが常に複数実施されているので、楽天グループでこのカードを使っていると知らないうちにポイントがどんどん貯まっていくだろう。

・楽天Edyが実店舗で使える
楽天Edyは全国38万点を超える店舗で使うことができる。コンビニなどで細かい小銭を出す必要もないので使い勝手が良い。しかも楽天Edyにチャージする際にも楽天ポイントが付与されるので、チャージによるポイント付与と、楽天Edyの利用によるポイントの二重取りが可能となっている。

①楽天カードからのチャージでポイント付与
楽天Edyのチャージでポイント付与
②楽天Edyの使用でポイント付与
楽天Edyの利用でポイント付与

楽天カード

楽天カード

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド VISAMasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me Metroソラチカカード

東京メトロやPASMOを使うことが多い方で、ANAマイルを貯めたい方におすすめ。

ANAマイルは一定マイル以上貯めると特典航空券と交換することが出来る。他のポイントシステムよりも1マイルの価値がはるかに高い

通常のショッピングなどによるカード利用だけでなく、PASMOチャージや定期券の購入、東京メトロの乗車で高い還元率を受けることが出来る。

東京メトロをよく利用する人にはおいしい一枚だ。

こんな人におすすめ

ANAマイルを効率的に貯めたいおすすめ
東京メトロに乗る機会が多いおすすめ
オートチャージ・定期券も使いたいおすすめ

3つのポイント

・ANAマイルが効率的に貯まる
クレジトカードの利用に応じてANAマイルが貯まりやすいのが特徴。ANAカードマイルプラス提携店やANAグループの利用では直接ANAマイルを貯めることができる。
さらに、ボーナスマイル+10%や更新時の1000マイルプレゼントなども含めると、年会費以上のメリットがある。

・東京メトロに乗るだけでポイントが貯まる。
メトロポイントPlusに対応しているので、東京メトロに乗るだけで自動的にポイントが加算される。
また、メトロポイントPlusはANAマイルに移行可能なので、お得にANAマイルを貯めることが出来る。

・オートチャージ・定期券にも対応
カード券面の裏に定期券の情報を記載する枠があり、定期券としても利用することが出来る。定期券の支払いにもポイントがつく。
オートチャージにも対応しているので、日常的な支払いをPASMOで行う場合に便利だ。他の交通系ICカードと相互利用を行っているため、全国で利用することが出来る。
交通系電子マネー

ソラチカカード

ANA To Me Metroソラチカカード

日常生活のあらゆるシーンでマイルが貯まる

東京メトロの利用やPASMOのチャージでポイントが貯まるので、気づかないうちにマイルが貯まる。

年会費 初年度無料
2年目以降:2,000円(税抜)
還元率 0.5%
国際ブランド JCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

ENEOSカード S

エネオスSカード

石油系カードの中では知名度、人気度共にトップクラスのカードと言える。車に乗る方で、ENEOSでガゾリンを入れるという方であれば絶対に持っておきたい1枚だ。ENEOSカードには3種類(S、P、C)のタイプがあり、それぞれ特徴が異っているが、審査基準という点では共通であると推測される。

初年度年会費無料、年一回の給油で翌年以降も実質年会費無料なのもうれしい。さらに、ETCカードが無料で発行できるのは強みだ。

ENEOSのガソリンやサービスステーションの給油以外での利用では1000円につき6ポイントが付与される。1ポイントは1円相当で利用可能なので、還元率に換算すると0.6%還元になる。

こんな人におすすめ

ENEOSでよくガソリンを入れるおすすめ
ロードサービスが必要おすすめ
無料でETCカードを発行したいおすすめ

3つのポイント

・ENEOSでガソリン代が割引になる
ENEOSでの給油はガソリン・軽油代がいつでも2円引きに、灯油なら1円引きになる。ENEOSの給油に関してはポイントは付与されないが、ガソリン代が125円だとすると、2円引きで1.6%の還元率となる。

・ロードサービスが無料
エネオスカードはロードサービスが無料でついてくる貴重なクレジットカード。
一般的な自動車保険に入っていれば付帯していることは多いが、人から借りた車やレンタカーなどの場合ロードサービスは通常ついていない。
もし、ロードサービスに入っていない場合、レッカーなどを呼ぶと数万円かかってしまうこともある。もしもの時に備えて1枚もっておくと安心だ。

・選べる3つのカードタイプ
ENEOSカードにはあなたのライフスタイルに合わせて3つのカードタイプが用意されている。下記からあなたに合ったカードが診断できる。

card診断

ENEOSカード S

エネオスSカード

ENEOSでガソリン代がお得に!

エネオスでガソリン代をよく入れる方であれば、絶対に持っておきたいお得なカード。

年会費 初年度無料
※2年目以降:1,250円(税抜)
※年1回の利用で翌年無料
還元率 0.6%〜
国際ブランド VISAJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

日本生まれの国際ブランドJCB

JCBは5大国際ブランド「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」の中で、唯一日本生まれの国際ブランドだ。

そのため、日本国内での利便性が高いクレジットカードとなっている。

クレジットカードの利用が国内メインの方には特におすすめできるカードだ。

また、海外にもサービスを展開しており、世界に3,300万件以上の加盟店を持つ。

さらに、JCBはアメックス、ダイナースクラブ、ディスカバー、中国銀聯と業務提携しており、JCBの加盟店でなくてもJCBのカードを使用することができる。

海外で使いにくいイメージを持たれることもあるJCBだが、上記のように海外でも問題なく利用できる。

特に、韓国、台湾、香港などのアジア諸国や、アメリカ合衆国の都市部やハワイ、グアム(米国自治領)など日本人旅行者が訪れることの多い地域など、利用できる場所は増えている。

プロパーカードと提携カード

JCBは国際ブランドとしてクレジットカード会社にライセンスを提供する一方で、自らもカードを発行している。

国際ブランド自らが発行するクレジットカードは「プロパーカード」と呼ばれる。

JCBのプロパーカードは「JCBオリジナルシリーズ」と呼ばれ、日本を代表するステータスカードである。

今回おすすめしたカードのうち、「JCBカードW」と「JCBゴールド」はプロパーカードである」JCBオリジナルシリーズ」だ。

JCBオリジナルシリーズのカード一覧は下記の通り。

  • JCBカードW
  • JCBカードW plus L
  • JCB一般カード
  • JCBゴールドカード
  • JCBプラチナ
  • JCBザ・クラス

プロパーカードはクレジットカードヒストリー(利用履歴)を重ねることで、上位カードへランクアップしていくという特徴がある。

上記のうち、JCBプラチナとJCBザ・クラスに申し込むためには、インビテーション(招待)が必要だ。

一方、JCBカードWとJCBカードW plus Lは、39歳以下を対象としたカードで、年会費無料高還元率という、お得さを重視したカードとなっている。

JCBオリジナルシリーズの他、提携カードの種類も豊富だ。

一部が今回紹介した「楽天カード」「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)」「ENEOSカード」だ。

提携カードでも、多くの場合、JCBならではの特典やサービスを受けることができる。

エンタメ系のサービスが豊富

JCBは「T&E」カードと呼ばれるクレジットカードだ。

T&Eは「トラベル&エンターテイメント」の略称で、ホテルなどのトラベル関連、アミューズメント施設などのエンターテイメント関連の特典やサービスが充実している。

具体的には、次のような特典、サービスがある。

時期によりさまざまなキャンペーンも開催されているので、チェックしてみてほしい。

ハワイでお得

日本人に人気の高い旅行先の一つであるハワイ。

ハワイへ旅行に行く際は、ぜひJCBカードを持っておきたい。

JCBカードを見せるだけで、ワイキキ・トロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料になるなど、JCB会員向けのサービスが豊富だ。

チケットサービス

コンサート、演劇、イベントなど多彩な公演のチケット情報を閲覧でき、JCBカード会員だけの先行受付や割引チケットがある。

チケットを探すところから申込まで、全てインターネット上で完了できる。

ディズニー好き必見

JCBは東京ディズニーランド®、東京ディズニーシ―®のオフィシャルスポンサーだ。

会員限定で、東京ディズニーリゾート®・パークチケットが当たるなど、さまざまなキャンペーンが展開され、ディズニーファン必見だ。

また、JCBオリジナルシリーズでディズニーデザインのカードが選べる他、ディズニーとの提携カード「ディズニー★JCBカード」も発行されている。

豊富なデザインから好みの1枚を選ぶことができ、メンバー限定のキャラクターグリーティングの招待や、オリジナルグッズのプレゼントなど、ディズニー尽くしの特典がある。

カードを使ってたまったポイントは1ポイント1円として東京ディズニーリゾート®、ディズニーストアなどで利用もできる。

ポイントアップの機会が多い

利用金額に応じてOkiDokiポイントが貯まる。

JCBオリジナルシリーズの場合、通常はポイント還元率0.5%、JCBカードWとJCBカードW plus Lはポイント2倍(還元率1.0%)となる。

OkiDokiポイントは、ポイントアップの機会が多いのも特長。

ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」を経由すると、2倍〜最大20倍のポイントが貯まる。

「Oki Doki ランド」には、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングなど人気ショップも多く、約400店が参加している。

また、JCB ORIGINAL SERIESパートナーの店舗で対象のJCBカードを利用することでも、ポイントアップの機会がある。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーとしては、イトーヨーカドーやセブンイレブン、スターバックスなどリアル店舗はもちろん、一休.comレストランなどネットショップも多い。

過去のキャンペーン

過去に開催されたキャンペーンの一例は以下だ(現在も期間中のものもある)。
※2018年3月時点

JCB マジカル 2018
詳細:「35周年の東京ディズニーランド(R)を完全貸切」が抽選で当たるキャンペーン。
参加登録したJCBカードの利用合計金額5万円(税込)を1口として応募できる。
期間:2017年 12月 16 日(土)〜 2018年 6月 15 日(金)

キャンペーン名:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM ハロウィーン貸切キャンペーン2018
詳細:「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMのハロウィーンイベント」が抽選で当たるキャンペーン。
希望のコースを選択し、キャンペーン参加登録したJCBカードの利用合計金額5万円(税込)を1口として応募できる。
期間:2017年 11月 16 日(木)〜 2018年 4月 15 日(日)

メイシーズ×JCB 15%OFFキャンペーン!
詳細:全米各地(ハワイ・グアム含む)のメイシーズでJCBカードを使うと利用代金より15%OFFになる。
期間:2016年 7月 1 日(金)〜 2018年 6月 30 日(土)

JCBはこんな人におすすめ!

JCBのおすすめカードは冒頭に紹介した通りだが、JCBがおすすめの人は、国内でのカード利用がメインの人や、海外旅行でもハワイなどJCBの特典やサービスが充実している国・地域へ行くことが多い人、そしてディズニーリゾートファンの人など。

個別のおすすめカードと合わせて、JCBカードを検討してみてほしい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。