TOP

JCBカードで株式投資体験ができるように、マネックス証券と提携でどうなる?

JCBとマネックス証券が2021年2月15日付で業務提携を結び、新たな投資体験サービスのリリースを目指すことを発表した。

専用アプリを介して、加盟店でJCBカードを利用することでポイントが貯まり、それを株式と交換できる仕組みだ。

本記事では、現段階で予定されている、マネックス証券×JCBの投資体験サービスの利用方法などを解説している。

すでにリリースされている他のポイント投資サービスもいくつか紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

サービスの仕組み

prtimes-jcb-monex-sub2

今回発表された、株式投資体験サービスの利用方法は下記の通り。

  1. JCB会員が専用アプリをダウンロードする
  2. アプリ内でJCBカードと加盟店を登録する
  3. 登録した加盟店でJCBのクレジットカードを利用する
  4. 仮想株式ポイントが付与される

登録した加盟店でJCBカードを利用すると「仮想株式ポイント」が付与される。

「仮想株式ポイント」の残高が一定以上になった後、株式に交換できる仕組みだ。

JCBのポイント制度であるOki Dokiポイントは、本サービスと関係ないので覚えておこう。

マネックス証券とは

マネックス証券とは、株式をはじめFXや暗号資産などを取り扱う証券会社。ロボアドバイザーやNISA、iDeCoもカバーしている。

本サービスで付与された「仮想株式ポイント」を株式に交換するためには、マネックス証券の口座が必要なので要チェックだ。

対象のJCBカードは?

本サービスの対象となるJCBカードはまだ発表されていない。

今後JCBカードへの申込を考えていて、今回のサービスを利用したいという方は、続報を待とう。

また、申し込んでおいて損のない年会費無料のカードで、まずはJCBカードを体験してみるのも良いだろう。

ポイントを投資できるサービスが増加中

今回のJCBの株式投資体験サービス以外にも、ポイントを利用した投資サービスは増加中だ。

たとえば、下記のようなサービスがある。

  • StockPoint for CONNECT
  • 楽天証券
  • SBI証券

それぞれ取り扱っているポイントの種類が異なるので要注意。順を追って解説する。

StockPoint for CONNECT

StockPoint for CONNECTは、スマホアプリ上で利用可能なポイント運用サービス

ポイントが銘柄の値動きに連動する形で増減し、本物の株と交換することもできる。

以下のように、取り扱っているポイントの種類が豊富なのも特徴的。

  • Pontaポイント
  • 永久不滅ポイント
  • ドットマネー
  • ストックポイント

ポイントの交換レートもそれぞれ異なる。

たとえば永久不滅ポイントの場合、100ポイント=450キャッシュポイントに交換可能。

Pontaポイントは、1ポイント=1キャッシュポイントだ。

StockPoint for CONNECTを利用する前に各交換レートをチェックしておこう。

楽天証券

楽天証券では楽天ポイントを利用した投資サービスを提供している。具体的には下記の種類がある。

  • 投資信託
  • 国内株式(現物)
  • バイナリーオプション

どれも1ポイント=1円で利用でき、貯まった楽天ポイントを有効活用することが可能だ。

また、楽天証券の投資信託はSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象。

下記の条件を満たすことで、楽天市場でのポイント還元率が+1.0%になる。

  • 1ポイント以上利用する
  • 1回で500円分以上購入する
  • 楽天ポイントコースに設定する

SBI証券

SBI証券では、三井住友カードのVポイントを利用した投資サービスを提供予定。

1ポイント=1円で、SBI証券が取り扱う投資信託の買付が可能になる。

また、SBI証券はTポイントを利用した投資サービスを提供中。

Vポイント投資と同様に1ポイント=1円となっている。

マックス証券×JCBがどこまでお得になるか

現時点の情報では、マックス証券×JCBカードの投資サービスにおけるポイント還元率は発表されていない。

1ポイントがいくらになるのか、どれだけ貯めれば株式と交換できるのかによって、お得度が大幅に変動するはずだ。

今後の続報に期待したい。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る