都営地下鉄でクレジットカードを使う方法!オートチャージや定期券一体型カードの利用方法と最も使えるおすすめカード紹介!

Pocket

地下鉄

クレジットカードには鉄道各社が発行するカードがあり、中には交通系ICカードや定期券一体型のカードもある。

また、鉄道会社が発行するカードにはオートチャージの利用や定期券の搭載、乗車によるポイント加算などのメリットがある。

しかし、都営地下鉄ではクレジットカードは発行しておらず、都営地下鉄関連のサービスに特化したカードは存在しない。

そこで、一般的な交通系ICカードのPASMOSuicaを利用することになる。

今回は、都営地下鉄で利用できる交通系ICカードと、一体型クレジットカード、オートチャージ機能についてまとめると共に、おすすめのクレジットカードを紹介する。

本記事で紹介しているおすすめのクレジットカード一覧

「ビュー・スイカ」カード
ビックカメラSuicaカード
ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)
To Me CARD Prime
TOKYU CARD ClubQ JMB

クレジットカードで定期券を買いたい

都営地下鉄ではSuicaとPASMOはどちらも同じように使うことができる。

都営地下鉄専用のクレジットカードは存在しないが、後述する鉄道各社が発行するクレジットカードを利用することで、オートチャージ機能を利用可能だ。

また、都営地下鉄の定期券を還元率の高いクレジットカードで購入するというシンプルな方法もある。

都営地下鉄の定期券を購入するだけであれば、JCB、MUFG、DC、UFJ、NICOS、UC、VISA、マスター、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブの各種クレジットカードを利用することができる。

国際ブランドが対応していれば、カードの種類は問わない

オートチャージを利用したい

オートチャージ機能は指定した金額を下回った場合に、改札を通過する際自動的にチャージされる機能だ。都営地下鉄でもオートチャージには対応している

オートチャージを利用するには、PASMOかSuicaを手持ちのクレジットカードと連携させるか、一体型のカードを申し込む必要がある。

また、クレジットカードと連携させるには、カードがオートチャージに対応している必要があるので注意して欲しい。

現在オートチャージに対応しているクレジットカードは以下だ。

  • PASMO
  • パスタウンPASMOカード、もしくは関東の私鉄各線がそれぞれ発行している交通事業者系カード。

  • Suica
  • 株式会社ビューカード(JR東日本)が発行・提携しているカード。

    Suicaのオートチャージはビューカード系列のみ対応のため、必然的に交通系ICカード一体型のクレジットカードを新たに作ることになる。

    つまり、既にSuicaを持っている場合でも手持ちのSuicaを使って都営地下鉄でオートチャージをすることは出来ないので、注意が必要だ。

    おすすめクレジットカード

    「ビュー・スイカ」カード

    ビュー・スイカ

    Suicaにオートチャージするならこのカード!定期券も搭載可能
    ※都営地下鉄のみ利用の定期券は搭載不可

    JRを通勤・通学に利用する人や、日常的に「Suica」で支払いをする人にとっておすすめ。

    クレジットカード、Suica、定期券の役割を1枚でこなせる

    さらに、最高還元率1.5%とハイスペックなカードだ。

    Suicaのオートチャージにも対応しているのも大きな魅力。

    こんな人におすすめ

    Suicaを使っているおすすめ
    オートチャージを使いたいおすすめ
    Suicaの定期券を使いたいおすすめ

    3つのポイント

    最高還元率1.5%
    Suicaへのチャージでポイントが付くのはビューカード系列のみで、還元率1.5%と破格の還元率だ。

    オートチャージ利用可能
    自動改札機を通過する際に、事前に設定した残高を下回った場合に自動的にクレジットカードからチャージしてくれる。
    さらに、オートチャージで1.5%のポイントが付与されるので、知らず知らずのうちにポイントが貯まっていくのは魅力的。

    定期券としても使える
    カード裏面に定期券の情報を印字できるので、クレジットカードの機能と同時に定期券としての機能を併せ持っている。(※都営地下鉄のみ利用の定期券は搭載不可)
    財布がかさばらず、すっきりと持ち運ぶことができる。

    「ビュー・スイカ」カード

    ビュー・スイカ

    普段のSuicaチャージでポイントが貯まるお得なカード

    定期券機能も搭載しており、定期券購入で1.5%の還元率でポイントを貯めることができる。(※都営地下鉄のみ利用の定期券は搭載不可)

    年会費 477円+税
    還元率 0.5%~1.5%
    国際ブランド logo-visa-jcb-master2
    koushiki-200-40
    shousai-95-40

    ビックカメラSuicaカード

    ビックカメラSuica

    Suicaにオートチャージするならこのカード!

    初年度年会費無料で、年1回の利用があれば2年目以降も年会費無料となる。

    最大11.5%の高還元率Suica搭載でオートチャージにも対応と、実はかなりハイスペックなカードである。

    クレジットカードでSuicaにチャージし、Suicaで支払いをすることでポイントの二重取りも可能

    仮にビックカメラをあまり利用しない方であってもSuica搭載のクレジットカードとして非常におすすめな1枚だ。

    こんな人におすすめ

    ビックカメラで買い物をするおすすめ
    Suicaをチャージする機会が多いおすすめ
    還元率を重視したいおすすめ

    3つのおすすめポイント

    ・ビックカメラで買い物をする
    ビックカメラで買い物をすると、最大で11.5%の還元率が得られる。ビックカメラSuicaカード以外のクレジットカードで支払った場合は還元率は8%となってしまう。

    ・Suicaをチャージする機会が多い
    ビューカードの機能付きなので、クレジットカード払いでSuicaのチャージをした場合や、JRのチケットを購入した場合に1.5%の還元率を得ることが出来る。

    オートチャージにも対応しているので、ポイントをもれなく貯めることが可能だ。

    ・2年目以降も年1回の利用で年会費無料
    初年度年会費無料で、さらに年1回の利用があれば次年度以降も年会費無料となる。

    利用がない場合の年会費は477円(税抜)。還元率が高いため、年会費はほとんど気にならないだろう。

    ビックカメラSuicaカード

    ビックカメラSuica

    初年度年会費無料で最大11.5%の高還元率!オートチャージにも対応

    Suicaを普段から使っている方でビックカメラの利用がある方にとってメリットは大きい

    ※年1回利用で次年度以降も年会費無料

    年会費 初年度無料
    ※通常:477円(税抜)
    還元率 1.0%~2.0%
    国際ブランド logo-visa-jcb_30
    koushiki-200-40
    shousai-95-40

    ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)

    ANA To Me Metroソラチカカード

    PASMOにオートチャージするならこのカード!定期券も搭載可能
    ※都営地下鉄のみ利用の定期券は搭載不可

    東京メトロやPASMOを使うことが多い方で、ANAマイルを貯めたい方におすすめ。

    ANAマイルは一定マイル以上貯めると特典航空券と交換することが出来る。他のポイントシステムよりも1マイルの価値がはるかに高い

    通常のショッピングなどによるカード利用だけでなく、PASMOチャージや定期券の購入、東京メトロの乗車で高い還元率を受けることが出来る。

    定期券の搭載も可能なため、東京メトロをよく利用する人にはおいしい一枚だ。(※都営地下鉄のみ利用の定期券は搭載不可)

    こんな人におすすめ

    東京メトロに乗る機会が多いおすすめ
    オートチャージ・定期券も使いたいおすすめ
    ANAマイルを効率的に貯めたいおすすめ

    3つのポイント

    ・東京メトロに乗るだけでポイントが貯まる。
    メトロポイントPlusに対応しているので、東京メトロに乗るだけで自動的にポイントが加算される
    メトロポイントPlusはANAマイルに移行可能なので、お得にANAマイルを貯めることが出来る。

    ・オートチャージ、定期券にも対応
    カード券面の裏に定期券の情報を記載する枠があり、定期券としても利用することが出来る。定期券の支払いにもポイントがつく。(※都営地下鉄のみ利用の定期券は搭載不可)
    オートチャージにも対応しているので、日常的な支払いをPASMOで行う場合に便利だ。他の交通系ICカードと相互利用を行っているため、全国で利用することが出来る。
    交通系電子マネー

    ・ANAマイルが効率的に貯まる
    クレジトカードの利用に応じてANAマイルが貯まりやすいのが特徴。ANAカードマイルプラス提携店やANAグループの利用では直接ANAマイルを貯めることができる。
    さらに、ボーナスマイル+10%や更新時の1000マイルプレゼントなども含めると、年会費以上のメリットがある。

    ソラチカカード

    ソラチカカード

    日常生活のあらゆるシーンでマイルが貯まる

    東京メトロの利用やPASMOのチャージでポイントが貯まるので、気づかないうちにマイルが貯まる

    年会費 初年度無料
    次年度より2,000円(税抜)
    還元率 0.5%
    国際ブランド JCB
    koushiki-200-40
    shousai-95-40

    定期券を搭載したい

    都営地下鉄で定期券を利用する場合は、大きく分けると以下2つのパターンがある。

    • 都営地下鉄以外の路線を経由する
    • 都営地下鉄のみ利用

    都営地下鉄以外の路線を経由する

    都営地下鉄以外のJRや私鉄路線を経由する場合は、クレジットカードに定期券情報を搭載することが可能だ。
    (経由する鉄道会社で定期券搭載可能なクレジットカードに搭載の手続きを行う)

    定期券、交通系ICカード、クレジットカードが1枚で済むため、非常に便利と言える。

    上述したおすすめカードが当てはまる。

    都営地下鉄のみ利用

    一方、都営地下鉄のみを利用する場合は、クレジットカード一体型のSuicaやPASMOに定期券を搭載することはできない

    単独のPASMOにのみ定期券の搭載が可能だ。

    また、都営地下鉄の定期券を搭載することができる交通系ICカードはPASMOのみなので注意が必要だ。

    とすると、都営地下鉄の定期券を搭載したPASMOではオートチャージを利用することができないように思うが、PASMOのオートチャージは利用できるので安心して欲しい。

    具体的な仕組みは以下だ。

    単独のPASMOに都営地下鉄の定期券を搭載する

    PASMOオートチャージ対応のクレジットカードを発行する(※PASMO一体型を選ばないように注意)
    PASMOオートチャージ対応カード一覧(PASMO公式ページ)

    都営地下鉄の定期(PASMO)を使いながら、オートチャージが可能に!

    おすすめのクレジットカード

    To Me CARD Prime

    To Me CARD Primeカード

    東京メトロを利用するならこのカード!

    カード会社のポイントと同時に、東京メトロの「メトロポイントPlus」(1ポイント=1円相当)も貯めることができる。

    カード会社のポイントをメトロポイントPlusに集約することも可能だ。

    貯まったポイントはPASMOへのチャージや、マイル、他のポイントへの移行に利用できる。

    PASMO一体型と一体型でないカードとを選ぶことができる

    都営地下鉄の定期券を搭載した単独のPASMOへのオートチャージに利用する場合は、一体型でないカードを選ぶ必要があるので注意して欲しい。

    こんな人におすすめ

    PASMOを使っているおすすめ
    東京メトロを使うおすすめ
    オートチャージを使いたいおすすめ

    3つのポイント

    ・東京メトロに乗るだけでポイントが貯まる。
    メトロポイントPlusに対応しているので、東京メトロに乗るだけで自動的にポイントが加算される
    メトロポイントPlusはANAマイルに移行可能なので、お得にANAマイルを貯めることが出来る。

    ・オートチャージ、定期券にも対応
    カード券面の裏に定期券の情報を記載する枠があり、定期券としても利用することが出来る。定期券の支払いにもポイントがつく。
    オートチャージにも対応しているので、日常的な支払いをPASMOで行う場合に便利だ。他の交通系ICカードと相互利用を行っているため、全国で利用することが出来る。
    交通系電子マネー

    ・周辺施設がお得に使える
    Echikaやメトロ食堂街では、カードを提示するだけでアイスクリームやドリンク等の無料サービスが受けらるなど受けられるので利用価値が高くい。
    東京メトロのユーザーにとって日樹に便利でお得なカードだ。

    To Me CARD Prime

    To Me CARD Primeカード

    東京メトロユーザー必携のお得なカード

    東京メトロ乗車、オートチャージ、定期券登載でポイントが貯まる。

    年会費 初年度無料
    2年目以降:2,000円(税抜)
    還元率 0.5%〜
    国際ブランド VISAMasterCardJCB
    koushiki-200-40
    shousai-95-40

    TOKYU CARD ClubQ JMB

    TOKYU CARD ClubQ JMB

    東急グループを利用するならこのカード!

    カード会社のポイントと同時に、東京メトロの「メトロポイントPlus」(1ポイント=1円相当)も貯めることができる。

    カード会社のポイントをメトロポイントPlusに集約することも可能だ。

    貯まったポイントはPASMOへのチャージや、マイル、他のポイントへの移行に利用できる。

    PASMO一体型と一体型でないカードとを選ぶことができる

    都営地下鉄の定期券を搭載した単独のPASMOへのオートチャージに利用する場合は、一体型でないカードを選ぶ必要があるので注意して欲しい。

    こんな人におすすめ

    PASMOを使っているおすすめ
    東京メトロを使うおすすめ
    オートチャージを使いたいおすすめ

    3つのポイント

    ・オートチャージに対応
    PASMOのオートチャージに対応しているため、日常的な支払いをPASMOで行う場合に便利だ。他の交通系ICカードと相互利用を行っているため、全国で利用することが出来る。
    交通系電子マネー

    ・PASMOのオートチャージでポイントが貯まる。
    PASMOへのオートチャージでも還元率1.0%でポイントが貯まるので、PASMOを日常的に利用する場合にお得。
    また、PASMO定期券をクレジットカード払いで購入すると同じく1.0%のポイントが貯まる通常還元率も1.0%なのでポイントがどんどん貯まる。

    ・JALマイルを貯める&移行も可能
    JMB(JALマイレージクラブ)機能が付いているため、JALマイレージへの移行も可能。2,000TOKYUポイント=1,000マイルで移行できる。
    また、JALグループ航空会社および、JMB提携航空会社の搭乗でJALマイルが貯まる。さらに、12,000軒以上の国内・海外のJMB提携ホテルの利用やレンタカー、宅配サービス、JALグループのパッケージツアーでもマイルが貯まる。

    TOKYU CARD ClubQ JMB

    TOKYU CARD ClubQ JMB

    通常還元率1.0%、最大還元率10.0%のハイスペックカード

    年会費が比較的安く、還元率の高い優良カード。PASMOオートチャージにも対応!

    年会費 初年度無料
    2年目以降:1,000円(税抜)
    還元率 1.0%〜10%
    国際ブランド MasterCard
    koushiki-200-40
    shousai-95-40

    まとめ

    都営地下鉄でクレジットカードを利用するパターンを全て紹介したがいかがだっただろうか?

    もう一度全てのパターンを以下にまとめておこう。

    • 定期券をクレジットカードで購入する
    • SuicaやPASMOのオートチャージを利用する
    • 定期券一体型のクレジットカードを利用する(JR、私鉄経由の場合のみ可)
    • 都営地下鉄の定期券をPASMOに搭載し、クレジットカードと紐付けてオートチャージを利用する

    どのパターンで利用するかはライフスタイルによって変わるが、クレジットカードを利用することでお得かつ便利に都営地下鉄を利用できることは間違いない。

    ぜひ自分に合った方法でお得に都営地下鉄を利用して欲しい。

    PASMOオートチャージ対応カード一覧(PASMO公式ページ)

    Suicaオートチャージ対応カード一覧(ビューカード公式サイト)

    Pocket

    執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

    大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

    編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

    また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。