To Me CARD Prime 2つのポイントが貯まる!東京メトロ利用やPASMOオートチャージがお得なカード

Pocket
LINEで送る

ToMeCARD Prime JCB ToMeCARD Prime Master

東京メトロユーザーにおすすめ!PASMOオートチャージや定期券購入でポイントを貯める

To Me CARD Primeは、東京メトロ提携のクレジットカード。

JCBが発行するカードと、三菱UFJニコスが発行するVISA・Mastercardのカードとがある。

大きな特徴は、カード会社のポイントとメトロポイントの両方が貯まる点だ。

ショッピング利用やPASMOへのオートチャージではカード会社のポイントが貯まり、東京メトロの乗車ではメトロポイントが貯まる。

また、定期券の購入などではカード会社のポイントとメトロポイントの二重取りができる。

なお、To Me CARD PrimeにはPASMO一体型のTo Me CARD Prime PASMOもある。

メリット

  • カード会社のポイントとメトロポイントの両方が貯まる
  • PASMOオートチャージや定期券購入でポイントが貯まる
  • 東京メトロ乗車や定期券購入でメトロポイントが貯まる
デメリット

  • ポイント還元率が0.5%と高くない
  • 東京メトロを利用しない人にとってはメリットが少ない

公式サイトを見る

こんな人におすすめ

・東京メトロをよく利用する人おすすめ
・東京メトロの定期券を利用している人おすすめ
・メトロポイントを貯めたい人おすすめ

3つのおすすめポイント

PASMOオートチャージでポイントが貯まる

To Me CARD PrimeでPASMOのオートチャージを設定すると、チャージごとにカード会社のポイントを貯めることができる。

ポイントは、JCBは「Oki Dokiポイント」、VISA、Mastercardは「わいわいプレゼント」が貯まり、還元率は0.5%だ。

一回ごとの金額は少なくても、日常的にPASMOを利用しているだけでポイントが貯まるので、気が付けばまとまったポイントになっている。

定期券購入でポイントが二重に貯まる

定期券をTo Me CARD Primeで購入すると、カード会社のポイントとメトロポイントの両方を貯めることができる。

定期券は数万円で購入するケースも多いため、効率的にポイントを貯めることができるはずだ。

利用額に応じてメトロポイントプレゼント

To Me CARD Primeをショッピングに利用する場合は、カード会社のポイントが貯まる。

それに加えて、年間のショッピング利用額に応じて、最大1,000ポイントのメトロポイントがボーナスポイントとして付与される。

ポイントの貯め方

To Me CARD Primeのポイントプログラムは、JCBの場合は「Oki Dokiポイント」、VISA、Mastercardの場合は「わいわいプレゼント」

どちらもカード利用1,000円につき1ポイントが付与され、還元率は0.5%となっている。

ポイントプログラムによって、それぞれ異なるポイントアップの方法があるので、活用してほしい。

Oki DokiランドでOki Dokiポイント最大20倍

JCBブランドのTo Me CARD Primeでは、JCBのポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を利用できる。

Oki Dokiランドは、Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど有名インターネットショッピングサイトと提携している。

Okid Dokiランドを経由してこれらの提携サイトを利用することで、サイトごとに設定された倍率でポイントを獲得でき、還元率は最大20%になる。

POINT名人.comでわいわいプレゼントポイントが最大25倍

VISA、MastercardのTo Me CARD Primeでは、三菱UFJニコスが運営するポイント優待サイト「POINT名人.com」を利用できる。
を利用できる。

POINT名人.comも、Oki Dokiランドと同様、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの有名インターネットショッピングサイトと提携している。

これらのサイトをPOINT名人.com経由で利用するだけで、サイトごとにポイントがアップし、還元率は最大25%になる。

年間利用金額に応じてボーナスポイント

カード会社のポイントの他に、To Me CARD Primeの年間利用金額に応じて、ボーナスポイントとしてメトロポイントがプレゼントされる。

利用金額とポイントは以下の通り。

30万円:100メトロポイント
50万円:300メトロポイント
100万円:1,000メトロポイント

ポイントの使い方

「Oki Dokiポイント」も「わいわいプレゼント」も、商品や他社ポイントに交換することができる。いずれも交換先は幅広い。

「Oki Dokiポイント」の交換では、たとえば、ダイソンなどの人気家電やnanacoギフト券、Tポイント、ANAやJALのマイルなどがある。

「わいわいプレゼント」の交換では、たとえば、バルミューダやシックスパッドなどの人気家電や楽天ポイント、nanacoポイント、スターバックスカードなどがある。

また、1ポイント=5円でメトロポイントへの移行や、1ポイント=4円でキャッシュバックもできる。

メトロポイントの使い方

メトロポイントは、1ポイント=1円として、10円単位でPASMOにチャージできる。

また、楽天スーパーポイントnanacoポイントにも移行可能。

その場合、500ポイント単位、1:1のレートでの移行となる。

旅行保険

海外旅行保険

三菱UFJニコス発行のVISA・マスターカードは海外旅行保険が付帯する。

補償金額は最高2,000万円で、利用付帯となる。

その他の補償サービス

ショッピングパートナー保険サービス

三菱UFJニコス発行のVISA・マスターカードに付帯している。

カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損、盗難などにより損害をこうむった場合、年間限度額を100万円として補償される。

なお、1事故につき自己負担額(免責金額)3,000円が設定されている。

付帯サービス

提携施設での優待あり

To Me CARD Primeは、主に東京メトロ沿線で、カード呈示や利用により様々な優待を受けることができる。

たとえば、銀座・日本橋の三越で1,000円(税込)につきメトロポイント5ポイント付与、高島屋オンラインストアで100円(税抜)につきメトロポイント5ポイント付与などがあり、メトロポイントを効率的に貯めることができる。

また、新宿メトロ食堂街ではワンドリンクサービス、東京国立博物館では観覧料が100円割引など、お得なサービスや割引も実施されている。

渋谷ちかみちラウンジの優先利用

渋谷駅の地下、SHIBUYA 109近くに設置されている「渋谷ちかみちラウンジ」。

ソファーやドレッシングルーム、パウダールーム、完全個室の授乳室、ベビールームが用意されており、Wi-Fiも利用可能な便利なスペースだ。。

To Me CARD Primeの会員は、このラウンジを無料で優先的に利用することができる。

カード詳細一覧

年会費 初年度無料
2年目以降:2,000円(税抜)
※前年利用金額が50万円以上の場合翌年は無料
還元率 0.5%~
ブランド VISAMasterCardJCB
電子マネー
ApplePayへの対応可否
ETC JCB:無料
VISA・Mastercard:新規発行手数料1,000円(税抜)
家族カード JCB: 400円(税抜)
VISA・Mastercard:1,000円(税抜))
国内旅行保険
海外旅行保険 VISA・Mastercard:最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類 JCB:Oki Dokiポイント
VISA・Mastercard:わいわいプレゼント
ポイント交換 個別に最低交換ポイント設定有り

(発行会社:株式会社ジェーシービー/三菱UFJニコス株式会社)

入会条件

18歳以上(高校生を除く)の方

発行スピード

約4週間

公式サイトを見る

その他の付帯サービス

地下鉄開通90周年記念の限定デザイン

ToMeCARD Prime JCB_限定 ToMeCARD Prime VISA_限定 ToMeCARD Prime マスターカード_限定
To Me CARD Primeでは、地下鉄開通90周年を記念して、「日本初の地下鉄車両」デザインのカードを発行している。

機能面の違いはないので、カードフェイスにこだわる人や、鉄道好きな人は、このデザインのカードを選んでみるのも良いだろう。

Pocket
LINEで送る