TOP

d払いの仕組み/チャージ方法/使い方/使える店を徹底解説!クレジットカード連携やdポイントを貯める裏技も

d払いで圧倒的にdポイントを貯める裏技

d払いは2018年4月から株式会社NTTドコモが提供している、スマホ決済サービス。ドコモユーザー以外でも利用可能だ。

専用のアプリを使って、実店舗・ネットショップそれぞれの加盟店で利用でき、支払い金額に応じてdポイントが貯まる。

本記事ではd払いの使い方や支払い方法、利用する上でのメリット・デメリットなどを詳しく紹介していく。

アプリインストールと設定

d払いを利用するには、まず、「d払い」アプリをiphone端末またはAndroid端末にダウンロードする必要がある。

ダウンロードが完了したら、dアカウントの新規アカウント作成またはすでに登録済みdアカウントでログインする。

ログイン後、支払い設定を完了すれば、d払いの利用を開始できる。

【アプリダウンロードはこちらから】
GooglePlay AppStore

d払いの支払い元設定方法

d払いの利用料金の支払い方法は次の通り。

  • 電話料金合算(ドコモユーザーのみ)
  • クレジットカード(VISA/マスターカード/アメックス/JCB)
  • d払い残高(事前チャージ)
  • dポイント充当

電話料金合算

月々のドコモケータイ料金と合算して支払う方法で、ドコモの回線契約を持っていれば利用可能。

利用限度額は、設定可能ご利用限度額(下表参照)の範囲内で、利用者自身が1,000円単位で設定できる。

年齢契約期間設定可能ご利用限度額
~19歳10,000円/月
20歳以上1~3カ月目10,000円/月
4~24カ月目~30,000円/月
25カ月目以降50,000円/月・80,000円/月・100,000円/月

クレジットカード・登録可能なカード

d払いに登録できるクレジットカードは、国際ブランドがVISA/マスターカード/アメックス/JCBのもの。発行会社は問わない。

ただし、事前に3Dセキュアの登録が必要だ。利用上限額は、クレジットカードの設定限度額と同じとなる。

なお、d払いではクレジットカードで支払うことでポイントの二重取りが可能だ。d払いでは、登録するクレジットカードや支払い方法を問わずポイントが還元される。

d払い残高・チャージ方法

d払い残高へチャージすることで、d払いの支払いに利用できる。支払い方法は以下の三通り。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ

チャージ方法によって下表のように上限金額が設定されているので注意。

銀行口座セブン銀行ATMコンビニ
上限金額(1回)10万円50万円10万円
上限金額(1月)30万円 – (残高100万円まで)30万円

d払い残高へのチャージに対応している銀行は、みずほ銀行/三井住友銀行/ゆうちょ銀行/イオン銀行などの他、地方銀行でも対応しているところが増えている。

また、コンビニでは、ファミリーマート/ローソン/ミニストップ/デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストア/セイコーマートが対応している。

dポイント充当

ドコモの関連サービスやd払い利用で貯まったdポイントを、1ポイント=1円としてd払いの支払いに利用できる。

ドコモユーザー以外でも、dアカウントを持っていればdポイントの利用は可能。

ただし、dポイントでのチャージはできないので、支払いの都度利用する形になる。

dポイント還元

d払いは、ネット利用では100円(税込)につき1ポイント(1%還元)、実店舗では200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元)のdポイントが貯まる。

d払いの特徴として、支払い方法を問わず、ポイントが付与される点があげられる。

そのため、クレジットカードでの支払いを行うことでポイントの二重取りが可能だ。

効率的にdポイントが貯まるdカード

dカード dカードゴールド

効率的にdポイントを貯めるのにおすすめなのが、NTTドコモ発行のdカード/dカードゴールドだ。いずれも還元率1%で、dポイントを貯めることができる。

dカードの詳細を見る
dカードゴールドの詳細を見る

加盟店でのd払いの使い方

実店舗での使い方

d払いは、QRコードにより決済が完了する仕組みを利用している。d払いで決済を行う場合は、事前設定を済ませ上で、レジで「d払いで」と伝えれば良い。

店舗によって、QRコード画面を見せて店側に読み取ってもらう場合と、店が提示してるQRコードを読み込む場合とがある。後者の場合は、自分で支払い金額を入力した上で、店側に確認してもらい決済を完了させる。

ネットショップでの使い方

対象ショップで決済を行う際に、4ケタのパスワードを入力することで利用できる。

オンラインショップでの買い物やアプリの月額課金などに対応している。

Amazonで簡単d払い

Amazonでは、支払い方法から「docomo」を選択することで、d払いの設定が可能。

Amazonでd払い

この他、Amazonプライムの年会費支払いにもd払いを指定することができる。

利用明細の確認方法

d払いの利用明細は、以下いずれかの方法で確認することができる。

パソコンから確認する

NTTドコモの決済サービスご利用明細から、dアカウントのIDとパスワードを入れると利用できる。

スマートフォン(spモード)から確認する

dメニューのマイメニュー、またはお客様サポートのページにアクセスすると確認できる。

d払いが使える加盟店

実店舗

d払いの加盟店は非常に多く、さまざまなジャンルで利用できる。

たとえば、コンビニだけでも以下のように主要コンビニを始め多くの店舗で利用できる。

  • ローソン/ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • セブン-イレブン
  • セイコーマート
  • タイエー
  • ハセガワストア
  • ハナマスクラブ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ

d払いの公式サイトおよびアプリから加盟店を検索できるので、よく利用する店で対応しているか調べてみよう。

ネットショップ

d払いが使えるネットショップは非常に多い。たとえば、総合通販サイトでは以下のショップで利用可能(2021年4月時点)。Amazonで利用できるのは非常に大きい。

  • アイリスプラザ
  • Amazon
  • ショップジャパン
  • ディノスオンラインショップ
  • テレ朝通販ロッピング
  • 投球ハンズネットストア
  • TOKYO MXモール
  • Mackyard Family
  • ニッセンオンライン

また、フリマアプリでは以下でd払いが使える。特にメルカリとの相性が良く、d払いとメルカリの連携によるキャンペーンがよく開催されている。

  • Creema
  • minne
  • メルカリ
  • ラクマ

その他、幅広いジャンルの専門ショップでd払いに対応している。

メリット・デメリット

d払いのメリット

dポイントが貯まる

d払いでは、支払い方法やクレジットカードの種類を問わず、利用金額に応じてdポイントが貯まる。

さらに、支払いにクレジットカードを利用することで、クレジットカードのポイントとd払いの二重取りが可能だ。

dポイントを効率的に貯めるのであれば、dカード/dカードGOLDがおすすめ。後述のdポイントスーパー還元プログラムでさらにポイントが貯まりやすくなる。

クレジットカードなしでも利用可能

ドコモユーザーであれば、携帯料金と合算できるため、クレジットカードの登録は不要となる。

この場合、審査が必要なく、簡単な初期設定のみで誰でも使うことが可能だ。

未成年や専業主婦、シニアなど、クレジットカードを作れないもしくは作りにくい人でも、気軽にキャッシュレス決済を利用できる。

その他、19歳以下の場合は上限額が10,000円までに設定されているなど、アプリから利用金額設定ができたりするため、決めた分だけ使うことができる。

ドコモユーザーでなくても利用可能

d払いは、ドコモの回線契約をしているか、dアカウントを持っていれば利用できる。

dアカウントがあれば、例えばドコモを解約して格安スマホに乗り換えた後でも、クレジットカードの登録を行えば継続して使うことができる。

d払いのデメリット

ドコモユーザー以外にはメリットが少ない

d払いはドコモユーザー以外にも開放されているとはいえ、非ドコモユーザーには少々使いづらい印象。

特に、d払いは後述するdポイントスーパー還元プログラムで最大7%まで還元率を上げることができるが、ドコモユーザーでなければ利用が難しい仕組みとなっている。

d払いよりもdカードが有利な場合も

街中の店舗の中ではdカードを使うことでポイントがさらに貯まる「dカード特約店」というものが存在する。

dカード特約店では最大で3倍のdポイントが貯まるが、こういったお店でd払いを選択していると、支払い元にdカードを設定していても追加のポイントが得られない。

dカード特約店ではそのままdカードを使う方がお得だ。

dポイントスーパー還元プログラムで最大7%還元

2019年6月に始まり2020年5月に大幅にリニューアルしたポイントプログラムで、dカードを始めとしたさまざまなドコモ系のサービスと連携させることで、d払いのポイント還元がアップする。

還元率アップの対象は、d払い以外にも、dカードに付帯するiDでも可能。最大で+7%までアップさせることが出来る。

項目還元率アップ条件還元率
dポイントプログラムプラチナステージ当月プラチナステージ達成+1%
dポイントを貯めた回数前月のdポイントを貯めた回数50〜99回
+0.5%
100回以上
+1.0%
dカードゴールド前月末時点のドコモ料金支払設定がdカード
(GOLD会員限定)
+1%
ネットショップでお買い物前月の以下①~④のネットのお店のお買物の合計金額
①d払いネット
②ドコモ払い
③SPモードコンテンツ 決済
④dマーケット等(月額・都度課金)
20,000円~49,999円:+1%
50,000円以上:+2%
dカード請求額前月のdカード請求額(毎月10日頃の確定請求額)100,000円〜199,000円:+1%
200,000円以上:+2%

プログラム自体は楽天SPUに似たような感じだが、達成条件が前月末の契約となっている点が、楽天SPUとは異なっている。

プラチナステージは15年以上の継続契約か、半年間で10,000ポイントの獲得が条件となっている。
dポイントクラブステージ
引用:公式サイト

支払い方法に注意

dポイントスーパー還元プログラムは、d払いやiDの支払いでポイントがアップする仕組みだが、d払いの支払い方法によっては還元率がアップしないので注意が必要。

お支払い方法還元対象
クレジットカード払いdカード
dカードプリペイド×
dカード以外のクレジットカード×
電話料金合算払い※
口座払い
d払い(iD)

※ドコモ契約者のみ。支払い方法がdカード以外のクレジットカードも対象。

d払いで効率的にdポイントを貯めよう

d払いは、幅広い人がキャッシュレス・カードレス決済を使えるサービスだ。

ドコモユーザーでなくとも利用でき、クレジットカードを持っていない人、おサイフケータイの対応端末を持っていない人にもおすすめだ。

dポイントの利用範囲も広いため、ドコモユーザー以外でも、貯まったdポイントを活用できるのも嬉しい。是非一度使ってみてはいかがだろうか。

【アプリインストールはこちら】
GooglePlay AppStore

クレジットカードを連携させると、ポイント二重取りが可能でさらにお得にポイントを貯めることができる。

なかでもおすすめのカードは、dカードとdカードGOLDだ。合わせて活用したいカードだ。

dカード 公式サイトはこちら
dカードGOLD 公式サイトはこちら

キャンペーンの時だけでもd払いを使うと◎

d払いは期間限定のキャンペーンで、コンビニやメルカリで20%還元のキャンペーンを開催することがある。このような時にを狙ってピンポイントでd払いを利用するのも一つの手だ。

コンビニでd払いを使うことで、20%還元などのお得なキャンペーンを開催していることもあるため、そういうタイミングではドコモユーザー以外も積極的にd払いを利用したい。

【d払い最新のキャンペーン情報はこちら】

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る