d払いの仕組みや使い方を徹底解説!お得にdポイントを貯める裏技も

Pocket

d払いで圧倒的にdポイントを貯める裏技

d払いは、今年4月から株式会社NTTドコモが新たにスタートさせた、スマホ決済サービス

実店舗、ネットショップそれぞれの加盟店で利用でき、支払い金額に応じてdポイントが貯まる

2018年中に10万店舗以上での加盟店展開を目指しており、今後ますます利用可能なシーンが増えていく見通しだ。

本記事では、d払いの仕組みや使い方、利用する上でのメリットなどを詳しく紹介していく。

また、あわせてお得にdポイントを貯める裏技も紹介する

ぜひ本記事を参考に、魅力的な決済サービス「d払い」を賢く活用してほしい。

d払いの仕組み、機能

まずは便利でお得な支払い方法「d払い」の基本的な機能を見ていこう。

利用シーン

実店舗

加盟店で支払いを行う際に、d払いアプリに表示されたバーコードを見せてスキャンしてもらうことで利用できる

飲食店やドラッグストア、アパレルショップなどさまざまな店舗で利用可能だ。

ネットショップ

対象ショップで決済を行う際に、4ケタのパスワードを入力することで利用できる

オンラインショップでの買い物やアプリの月額課金など、様々なに対応。

利用目的による決済方法の違い

d払いでは、以下のようにさまざまな決済方法に対応しているため、幅広い用途で利用することができる。

都度決済

通常の買い物で利用する決済方法。

購入する商品やサービスの利用代金を、1回ごとの取引で支払う。

継続課金

スマホアプリの月額利用料など、1ヶ月単位で利用代金を支払う決済方法。

契約解除の際には、解除手続きを行う必要がある。

随時決済

通信販売の定期購入など、商品やサービスが提供される度に支払う決済方法。

契約解除の際には、解除手続きを行う必要がある。

支払い方法

ここからは、d払いの利用額をどのように支払うか、確認していこう。

電話料金合算払い

月々の携帯電話料金と合算して支払う方法で、ドコモの回線契約を持っていれば利用可能

月ごとの利用上限額は、契約期間や年齢によって以下のように異なる。

  • 19歳以下:月10000円
  • 20歳以上:1~3ヶ月目→月10000円、4~24ヶ月目→月30000円、25ヶ月目以降→50000円

20際以上であれば契約期間によって上限額が上がるため、長く利用するほど高額の利用に対応できるようになる。

なお、電話料金合算払いの場合は、上限額を1000円単位で設定できる。

dカード・その他のクレジットカード

dカードまたは対象のクレジットカードにひもづけることで、d払いの利用額を支払える。

dアカウントおよび対象のクレジットカードを持っていれば利用可能だ。

ただし、利用できるクレジットカードはdカード GOLD、dカード、国際ブランドがVISAまたはMasterCardのクレジットカードのみ

月ごとの利用上限額は、クレジットカードの設定限度額と同じとなる。

dポイント充当

貯まったdポイントを、1ポイント=1円として利用し支払う方法。

ドコモの回線契約を持っているか、持っていない場合でもdアカウントを持っていれば利用可能だ。

ポイントは1円分から利用可能で、決済代金の一部をポイントで支払う方法も可能。

ただし、利用できる支払い方法は都度決済のみとなる。

ドコモ口座充当

ドコモ口座残高から支払う方法。

ドコモの回線契約を持ち、口座に残高があれば利用できる

ドコモ口座の残高の範囲内で利用でき、1ヶ月あたり最大50万円まで利用可能。

d払いに必要なアプリケーション

店頭で決済を行う場合には、スマートフォンからd払いアプリのダウンロードを行うことが必要となる。

アプリのダウンロードや利用に料金はかからないため、安心して導入できる。

d払いアプリでは主に、以下の2つの機能が利用できる。

  • 加盟店での決済時のバーコード提示、ポイント利用
  • 利用残高表示、1月あたり1000円〜最大10万円までの上限設定

利用明細の確認方法

利用明細は、以下いずれかの方法で確認することができる。

パソコンから確認する

NTTドコモの決済サービスご利用明細から、dアカウントのIDとパスワードを入れると利用できる。

スマートフォン(spモード)から確認する

dメニューのマイメニュー、またはお客様サポートのページにアクセスすると確認できる。

ドコモの他の支払い方法との違い

ドコモにはd払い以外にも、以下の支払い方法がある。

  • iD
  • dケータイ決済+
  • dカード

それぞれの違いは、以下の通り。

iD

NTTドコモの、後払い方式の電子マネー。

おサイフケータイかApplePay、またはiD付帯のクレジットカードで支払いが可能で、200円の利用ごとに1ポイントが貯まる。

支払い方法は、事前チャージ、携帯電話料金合算、デビッド払いの3種類から選べる。

d払いとの違いは、おサイフケータイやApple Payが搭載されていない端末では利用できないという点だ。

スマートフォンから利用する場合には、iDアプリをインストール後、iD対応のクレジットカードを登録する方法と、カード情報なしで登録できる「dCARDmini」の2種類がある。

dケータイ決済+

ネットショッピングや月額課金などの支払いに利用できるサービスだ。

ただし、ドコモの回線契約をしていないと利用できない。

支払方法は、電話料金合算払い、ドコモ口座残高の2種類が用意されている。

dポイントを貯めたり、使ったりすることはできないが、4ケタのパスワードがあればクレジットカードを持っていなくても利用可能な点が便利だ。

カード

NTTドコモが発行する各種カードによる支払い。

以下のように、クレジットカード、プリペイドカード、ポイントカード、おサイフケータイの4種類がある。

dカードGOLD(クレジットカード・おサイフケータイ)

ドコモユーザー向け。ドコモケータイ利用料の10%割引、携帯補償などのサービスがある。

dカード(クレジットカード・おサイフケータイ)

100円につき1ポイントが貯まるほか、ローソンでの利用で割引を受けられる。

dカードmini(おサイフケータイ)

スマートフォンでiDが使えるサービス。dポイントカードとの併用も可能。

dカードプリペイド(プリペイドカード)

12歳以上でdアカウントを持っていれば申し込み可能。iDが利用でき、ローソンでの利用で割引を受けられる。

dポイントカード(ポイントカード)

dポイント加盟店では1%還元となるほか、ドコモ回線継続期間や貯まったdポイントに応じてサービスが受けられる。

クレジットカードの場合は年会費がかかるほか、申し込みと審査が必要。

また、おサイフケータイの場合、おサイフケータイの搭載端末でなければ利用できない。

プリペイドカードとポイントカードは年会費無料だが、カードを持ち歩く手間がかかる。

また、プリペイドカードはチャージを行う必要がある。

ポイントの貯め方、使い方

実店舗やネットショッピングなどの際にd払いを行うと、ネットショッピングは100円につき1ポイント、実店舗は200円につき1ポイントが貯まる

キャンペーンなどを活用すれば、さらにお得にポイントを貯められる。

dポイントの確認は、パソコンサイトまたはアプリから可能。

貯まったdポイントは、主に以下の方法で利用できる。

  • 加盟店で利用する
  • 携帯電話料金の支払いに利用する
  • ドコモの商品購入に利用する
  • 商品やポインコグッズと交換する
  • データ量の追加、クーポンに利用する
  • 寄付をする

支払いができる加盟店一覧

ここからは、d払いができるお店やサイトを紹介していく。

まだ加盟店の数は少ないものの、Amazonやドラッグストアなどで利用できるのはメリットが大きい。

実店舗

百貨店

  • 高島屋

ドラッグストア

  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • レディ薬局
  • ドラッグストアウェルネス
  • ウォンツ

眼鏡店

  • メガネスーパー

レコードショップ

  • タワーレコード

アパレルショップ

  • アーバンリサーチ
  • koe
  • アースミュージック&エコロジー
  • スティーブンアラントーキョー
  • 6(ROKU)
  • ユナイテッドアローズ
  • ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング
  • ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ
  • エイチ ビューティ&ユース

飲食店

  • 和民
  • 坐・和民
  • ミライザカ
  • TEXMEX FACTORY
  • WANG´S GARDEN
  • bb.q OLIVE CHICKEN café

ネットショップ

  • Amazon
  • カルディコーヒーファーム
  • Paravi
  • マンハッタンポーテージ
  • 大宮アルディージャオンラインチケットサービス「アルチケ」
  • G&S PREMIUM CLUB

d払いのメリット

クレジットカードがなくても利用できる

d払いには審査が必要なく、簡単な初期設定のみで誰でも使うことが可能だ。

そのため未成年や専業主婦、シニアなど、クレジットカードを作れないもしくは作りにくい人でも、気軽にキャッシュレス決済を利用できる。

19歳以下の場合は上限額が10000円までに設定されていたり、アプリから利用金額設定ができたりするため、決めた分だけ使うことができる。

クレジットカードのように「気づいたら使いすぎていた」という心配も少ない。

ドコモユーザーでなくても利用可能

d払いは、ドコモの回線契約をしているかdアカウントを持っていれば利用できる

dアカウントがあれば、例えばドコモを解約して格安スマホに乗り換えた後でも、クレジットカードの登録を行えば継続して使うことができる。

「ドコモが提供するサービス=ドコモユーザーでなければ利用できない」というわけではないため、多くの人が利用しやすい

決済方法が簡単

d払いでは、実店舗ではアプリからバーコードを見せることで、ネットショッピングでは4ケタの暗証番号を入力することで支払いが完了する。

店頭でのサインや暗証番号入力などの手間がかからないほか、ネットショッピングでもカード情報などをいちいち入力する必要がない。

面倒な準備が不要

d払いは電話料金と合算やクレジットカードからの支払い、口座残高からの利用など、使いたい時にその場ですぐに決済ができる

通常、クレジットカードを持たない人が電子マネーやプリペイドカードなどを利用する場合、事前のチャージが必要となる。

d払いは事前のチャージが不要なため、スムーズな決済が可能となる。

d払いの注意点

利用できる店舗がまだ多くない

今年4月から新たにスタートした決済サービスということもあり、現状では利用できる店舗がそれほど多くない。

事前にd払いの公式サイトで、d払いができるかどうかチェックしておくことをおすすめする。

ただし、今後も加盟店が増える予定のため、利用可能店舗の拡大が期待できる。

おサイフケータイでiDを使っている場合はメリットが少ない

d払いとiDは、スマートフォンから利用できるという点でも同じである。

すでにおサイフケータイでiDを利用している人の場合はカードレスで決済ができるため、わざわざd払いを利用する利点は特にないといえる。

ただし、クレジットカードやプリペイドカードでiDを利用している人の場合は、d払いにすることでdポイントは変わらないまま、カードレスかつ事前チャージなどの手間が不要になる。

お得にポイントを貯める裏技

クレジットカードを利用する

年会費はかかるものの、dカード GOLDまたはdカードを作ってクレジット情報を登録し、d払いで支払うようにすれば、dポイントの二重取りができる。

dカードではなくとも、クレジットカード情報を登録してそこからd払いを行うと、dポイントとクレジットカードのポイントの両方が貯まる。

常にポイントの二重取りができるため、dカードまたは対象のクレジットカードを持つクレカユーザーがd払いを利用する際には、必ずクレジットカードの登録をしてそこから支払うように設定しておこう

ネットショッピングを活用する

d払いでは、ネットショッピングでは100円につき1ポイントと、実店舗の倍のポイントが貯まる

現在ネットショッピングでd払いが可能な加盟店は計6店舗と少ないが、Amazonが入っているという点は大きい。

書籍や日用品、食品などをAmazonで購入し、d払いで支払いを行うようにすれば、ポイントが貯まりやすい。

また、輸入食品を扱うカルディコーヒーファームのオンラインショップも活用できる。

日持ちのする保存食品をまとめ買いするなど、工夫してポイントを貯めることをおすすめする。

キャンペーンを活用する

d払いでは、ポイントがお得に貯まるキャンペーンを実施している。

現在(2018年7~9月)行われているのが、毎週金・土曜日にd払いを利用するとdポイントが通常の3倍貯まるというサービスだ(一部店舗を除く)。

実店舗、ネットショッピングに関わらずポイントが3倍になるため、積極的に利用したい。

さらに、対象期間中に加盟店で5回以上買い物をすると、ポイントが合計7倍になる

このほかにも期間限定のポイントキャンペーンが随時実施されているため、公式サイトなどでマメにチェックしておこう。

こんな人におすすめ

d払いは、以下のような人におすすめだ。

d払い対応のクレジットカードを持っている

d払いはドコモのスマートフォンを持っていない場合でも、dアカウントがあれば利用できる。

dカードまたはVISA、MasterCardのクレジットカード(一部利用不可のカードあり)を持っていれば利用できる。

d払いのアプリをダウンロードしてカード情報を登録すれば、d払いをした際にダブルでポイントが貯まることになるため非常におすすめだ。

d払いアプリをダウンロードしてカード情報を登録しておき、d払い加盟店を利用した時のみd払いで支払い、ポイントを貯めていくという方法が可能になる。

入会費などもかからないため、コストをかけずにポイントをよりお得に貯める方法としておすすめだ。

dポイントをどんどん貯めたい・使いたい

現在、ドコモユーザーなどで日常的にdポイントを貯めている人もいるだろう。

ドコモの回線契約をしている場合には、携帯電話料金などの利用額に応じて毎月dポイントが加算される。

d払いという決済方法も新たに活用することにより、さらにdポイントが貯めやすくなる。

d払いでdポイントを貯める手段を増やせば、より多くdポイントを貯めることができる。

クレジットカードを持っていない・持ちたくない

審査に通らない、条件を満たしていないなどクレジットカードを持っていない人や、セキュリティなどの不安からクレジットカードを持ちたくない人にも、d払いがおすすめだ。

簡単な初期設定のみでキャッシュレス決済が利用できるため、メリットが大きい。

Amazonなどを利用する場合も、d払いを活用すれば代引きや振り込みなどの手間がかからなくなるうえにdポイントが貯まるため、便利だ。

d払いで効率的にdポイントを貯めよう

ドコモには、iDをはじめとした複数の決済手段がある。

d払いは、クレジットカードを持っていない人、ドコモユーザーでない人、おサイフケータイの対応端末を持っていない人など、幅広い人がキャッシュレス・カードレス決済を使えるサービスだ。

dポイントの利用範囲も広いため、ドコモユーザー以外でも、貯まったdポイントを活用できるのも嬉しい。

また、カードレスのため、カードを持ち歩くことが面倒に感じる人や、持って出かけるのを忘れやすい人も安心して利用できる。

現在は加盟店こそ少ないものの、今後、スーパーやコンビニなど、日常的に利用できる場所は増えていくだろう。

クレカユーザーの場合は、クレジットカード払いをすることでさらにお得にポイントを貯めることができるため、d払いのサービスは一石二鳥だ。

中でもおすすめは、間違いなくdカードdカード GOLDと言えるだろう。

クレジットカードを持っている人にとっても持っていない人にとっても、d払いは、今後に期待できるおすすめの決済サービスのひとつといえるだろう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。