TOP

ドコモ口座(d払い残高)の不正利用で銀行チャージできない!?d払いのチャージどうする?

2020年9月、ドコモ口座の不正利用により、ドコモ口座と連携する多くの銀行口座で不正に預金が引き出される被害が確認された。

これに伴い、ドコモ口座では、全提携銀行における銀行口座登録・変更の停止、および一部提携銀行におけるチャージを停止した。

ドコモ口座残高はd払い残高としても利用されるため、「d払いを使いたいのにチャージができない」という方も多いはずだ。

本記事では、今回のドコモ口座不正利用の全体像をはじめ、銀行口座チャージが停止されたd払いユーザー向けの解決策を紹介する。

ドコモ口座連携対象の銀行口座も一覧で解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

ドコモ口座とは

ドコモ口座とはNTTドコモが提供するオンライン上の口座のこと。銀行口座/セブン銀行ATM/コンビニ/ペイジーからチャージでき、ネット通販や個人間送金に利用できる。

なお、ドコモ口座には「口座」と「口座(プリペイド)」の2種類がある。

dアカウントがあれば簡単に口座を作成できるが、この時点では「口座(プリペイド)」で利用できるサービスが限られている。

銀行口座を登録して本人確認を完了させることで「口座」となり、送金や出金ができるようになる。

ドコモ口座の不正利用はなぜ起こったか?

今回騒ぎになっているドコモ口座の不正利用だが、全体像を理解するためには「Web口振受付サービス」について把握しておく必要がある。

「Web口振受付サービス」は、地銀ネットワークサービスが提供する、収納企業のWebサイト経由で預金口座振替の新規登録・変更手続ができるサービス。

不正利用の犯人は、「Web口振受付サービス」を利用した不正な口座振替により、ドコモ口座にチャージを行ったのだ。

口座情報は「リバースブルートフォースアタック」で取得

しかし、「Web口振受付サービス」を利用するためには口座情報と本人認証が必要になる。

メディアやネット上では、犯人は「リバースブルートフォースアタック」により認証を突破したのではないかという説が有力だ。

「リバースブルートフォースアタック」とは、パスワードを固定し、大量のIDを総当りする攻撃方法のこと。

ひとつのIDに対する攻撃は1回のみとなるため、エラーが出てもロックされることがなく、攻撃に気づきにくい。

今回の場合、IDは口座番号に当たり、認証方法が「パスワード+口座番号のみ」の銀行で被害が大きくなった。

つまり、パスワードを固定して、何らかの方法で取得した口座番号に総当たりで「Web口振受付サービス」の認証を試みるというものだ。

d払いへのチャージはどうすればよいか?

今回の不正利用を受け、NTTドコモでは、全提携銀行の口座登録・変更を停止するとともに、一部提携銀行口座からドコモ口座へのチャージを停止している。

ドコモ口座残高はd払い残高としても利用されているため、d払い利用者のなかには、銀行口座からd払いへのチャージができなくなり困っているユーザーも多いのではないだろうか。

d払いでは、銀行口座以外からチャージや、チャージ以外の支払い方法が存在するため、これらの方法を利用しよう。

銀行口座以外のチャージ方法

d払いでは、銀行口座以外にも、セブン銀行ATM/コンビニでd払い残高にチャージできる。

いずれもコンビニに足を運ぶ必要はあるが、銀行口座を経由しない支払い方法なので安心だ。

クレジットカード(VISA/マスターカード/JCB/アメックス)

d払いでは、支払い方法としてクレジットカードを選択することもできる。

登録できるカードは、VISA/マスターカード/JCB/アメックスの国際ブランドのものと、広く対応している。

ただし、d払いでも利用できるdポイントを効率的に貯めるには、dカード/dカードゴールドがおすすめだ。

電話料金合算払い(ドコモユーザーのみ)

ドコモユーザーの場合、電話料金合算でd払いを利用することもできる。

携帯電話料金の支払い方法に関係なく利用可能で、毎月の携帯電話料金に合算して費用が請求される仕組みだ。

dポイント充当

ドコモユーザーもしくはdアカウントを所持している場合、dポイントをd払いに利用することができる。

支払い時にdポイントの利用可能分から充当される仕組みだ。

ドコモ口座連携対象の銀行口座一覧

最後に、ドコモ口座の連携対象となっている銀行の一覧を紹介しておく。これらの銀行に口座がある方は不正利用がないか確認してほしい。

都市銀行みずほ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
地方銀行
(五十音順)
イオン銀行
伊予銀行
池田泉州銀行
愛媛銀行
大分銀行
大垣共立銀行
紀陽銀行
京都銀行
滋賀銀行
静岡銀行
七十七銀行
十六銀行
スルガ銀行
仙台銀行
ソニー銀行
但馬銀行
第三銀行
千葉銀行
千葉興業銀行
中国銀行
東邦銀行
鳥取銀行
南都銀行
西日本シティ銀行
八十二銀行
肥後銀行
百十四銀行
広島銀行
福岡銀行
北洋銀行
みちのく銀行
琉球銀行
シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る