Google PayにQUICPay、JCB、ジャックス、Kyashが対応開始!実店舗でも利用可能に

Pocket
LINEで送る

QUICPay、JCB、ジャックス、Kyashは9日、Google Payでの決済に各種カードとアプリが対応したことをそれぞれの公式サイトで発表した。

これにより、Google Payアプリに対応カードを登録するだけで、QUICPayに対応した実店舗でのスマホ決済が可能となる。

なお、対応端末はAndroid5.0以上で「おサイフケータイ(6.1.5以上)」に対応したスマートフォン。

対応カードは、ジャックスカード・JCBブランドのクレジットカードなど。

なお、QUICPay非対応のVisa、MasterCardブランドのクレジットカードでも、後述する「Kyash」アプリを経由すればQUICPayを利用できる。

QUICPayにおける、1回の利用上限金額は2万円以内。

「QUICPay+」対応店舗では、2万円以上の会計が可能だ。

Google Payの特徴

Google Payは、「Suica」「nanaco」「WAON」「楽天Edy」等の電子マネーを一元管理できるアプリ。

それぞれの電子マネーはGoogle Payから直接チャージでき、それぞれの店舗で支払いも可能だ。

ここまでだと「おサイフケータイ」と機能的には同じだが、実はGoogle Payの方がメリット多い。

まず、おサイフケータイはそれぞれのサービスの管理・チャージには専用アプリを開く必要があった。

一方、Google Payは1つのアプリでチャージも残高管理も行うことができ、履歴一括確認まで可能だ。

よって、「Suica」「nanaco」「WAON」「楽天Edy」を複数使い分けているユーザーにとっては、非常に利便性が高い。

さらに、Google Payには電子マネーだけでなく「Tポイントカード」や「dポイントカード」などさまざまなポイントカードも登録可能。

ポイントカードは基本的にバーコードがついているものであれば何でも登録できる。

かさばりがちなポイントカードを1つのアプリにまとめられるのは非常に便利だ。

また、おサイフケータイを利用した「モバイルSuica」だと年間1,080円(税込)の料金がかかるが、Google PayからSuicaを利用するのは無料となるのも強み。

その他、Google Play残高の管理や、クレジットカードを利用したオンライン決済にも対応している。

加えて、Google Payで支払いを行う度に抽選に参加でき、50円~5,000円分のGoogle Playクレジットが加算されるボーナスもある。

これはSuicaやEdyのチャージも対象となるので、積み重なればお得度が増す。

Kyashで還元率2%+クレカ還元

なお、今回もっとも大きいのは、2%の還元率(制限あり)を誇る「Kyash」がQUICPayに対応したことだ。

これまでも、リアルカードを発行すればVisa加盟店で使うことはできた。

しかし、QUICPay決済とカード決済ではスピードも安全性も異なり、圧倒的にQUICPayの方が便利だ。

今回のQUICPay対応により、Kyashはさらに利便性を増したと言える。

さらに、本来QUICPayに登録できないVisa、MasterCardブランドのカードでも、QUICPayを使えるようになったのも大きなメリット。

たとえば、メインカードがVisaの楽天カードかつauの端末を使っている場合、カードと端末の都合でQUICPayとiDのどちらも使えないのだ。

JCBブランドの対応カードを作るのは手間なので、こうした手段が登場したのは喜ばしい。

なお、KyashにクレジットカードをしGoogle Payで利用るには、以下の手順を踏む必要がある。

  1. 1.Kyashアプリをインストール
  2. 2.Kyashアプリにクレジットカードを登録
  3. 3.Google Payアプリの「支払い」タブをタップ
  4. 4.お支払い方法の追加から、Kyashカードの情報を手動入力
  5. 5.カードの確認が済み次第、利用可能に

Apple Payとの比較

今回の対応により、Google Payは単なる電子マネー・ポイント管理アプリから本格的な決済アプリに進化した。

となると、気になるのは似たような機能を持つApple Payとの比較。

ただ両者は、ターゲットとするユーザーがiOSとAndroidで完全に分かれており、類似アプリながら競合と呼べる関係ではない。

したがって、今回は競合サービスとしての比較ではなく、単なる機能面でどういった違いがあるかという点に触れていこう。

まず、Apple Payは以下の特徴を持っているアプリだ。

  • iPhoneに搭載されたFelica機能でiD、QUICPay、Suicaを利用できる
  • Apple Pay、iD、QUICPay、Suica対応店舗ならどこでも利用可能
  • カードを登録すればオンライン決済でも利用可能
  • ユニクロ、GU、Yahoo!ショッピング等で利用可能

実質的に、電子マネーが利用可能な店舗であればどこでも使えるのは、Apple Payの大きなメリットだ。

ただし、Google Payとの比較として見た際には、iDが利用できてQUICPay、Suicaが利用できないという店舗は限られているため、両者に大きな差はないと言える。

また、Apple PayではWAON、nanaco、楽天Edyの一元管理はできない。

Tポイントカードやdポイントカードなどの登録もできず、ポイントカード管理アプリとしては劣る。

ただし、オンライン決済に関しては先行しているApple Payの方が便利だ。

Apple Payはユニクロ、GU、Yahoo!ショッピング、BASE、出前館等で利用でき、使えるシーンは多い。

一方で、Google Payは全国のタクシーをはじめとする7サイトでのみ利用可能。

ネット上での利便性は、Apple Payの使い勝手が圧倒的に良いと言える。

ここまで出た違いをまとめると、以下のようになる。

  • 対応店舗数は、iDが使えるぶんApple Payが場所を選ばず便利
  • Apple Payはほぼすべてのクレジットカードカードが登録可能だが、Google PayはQUICPay対応カードのみ
  • WAON、nanaco、楽天ペイなど電子マネーに関する機能性はGoogle Payが便利
  • Google Payはポイントカードも管理できる
  • オンライン決済の利便性は、先行しているApple Payが使いやすい

上記でいくと、純粋な決済アプリとしての使い勝手はApple Payが上となる。

一方で、電子マネー・ポイントカードが管理可能な点で機能面ではGoogle Payが勝る。

今後、Google Payの利用サイトが広がったり、iDが利用可能になれば差はさらに縮まるだろう。

Google PayはすべてのAndroidユーザーにおすすめ

Google Payは、Androidユーザー(Felica搭載機)であれば入れておきたいアプリだ。

Google Payを使えばポイントカード、電子マネーを一元管理できて、さらにQUICPayも使えるようになる。

また、QUICPay非対応のクレジットカードでも、Kyashを経由させれば利用可能になり、利用シーンは幅広い。

オンライン決済が可能なサイトがまだ少ないのがネックだが、実店舗で利用する分には困ることはないだろう。

Suica、WAON、nanacoあたりを利用するユーザーはもちろん、今までカード払いを使っていたユーザーも利用してみてはどうだろうか。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。