徹底検証!無職でもクレジットカードの審査に通る可能性はある?

Pocket

自宅

クレジットカードの申し込みをする際、自身の職業や年収を気にする人は少なくないだろう。

結論から言うと、無職の場合働いている人よりもクレジットカードの審査に通る可能性は低くなってしまう。

収入がないことや属性を理由に、審査に落ちてしまうことが少なくないのが現実だ。

ただし、無職でもクレジットカードを発行する方法はあるので安心してほしい。

また、カードの審査で何を見られているかを理解できれば、審査に通る可能性を上げることもできるはずだ。

本記事では、無職でもクレジットカードの審査に通るためには、どのような方法があるのかを紹介する。

「無職だがカードの作り方を知りたい」という人は、ぜひ参考にしてほしい。

審査で見られるのは資力、性格、資産

クレジットカードの審査では、「資力」「性格」「資産」という3つの観点で見られるとされている。

  • 資力:職業・雇用形態・勤続年数・年収など、お金の返済能力を見る観点
  • 性格:過去のクレジット利用履歴など、延滞なく返済する性格かを見る観点
  • 資産:持ち家など、担保となりうる資産を所有しているかを見る観点

無職ということは、3つの観点のうち「資力」が審査にとって最も不利な状態にあるということ。

申込者本人が無職の場合には、「資力」以外の「性格」「資産」によって審査の結果が大きく左右されると言えるだろう。

審査に通る可能性を上げるためには

扶養されていると有利

専業主婦や学生など収入がない場合、またはアルバイトのみで収入が少ない場合でも、扶養に入っていればクレジットカードを発行できる可能性はある。

理由として、配偶者や親から扶養されている場合には、「支払い能力がある」とみなされるためだ。

クレジットカードの中には、申し込み条件として「本人または配偶者に安定・継続した収入がある方」などの条件を挙げているカードもある。

検討しているカードの申し込み条件で、「安定・継続した収入」が申込者本人に求められていないか、事前に確認しておくといいだろう。

家族カードを作る

クレジットカードの中には、会員の家族向けに「家族カード」を発行できるサービスがついているカードがある。

年会費無料や、会員本人よりも安い年会費で作れる場合が多いため、金銭的な負担も少ない。

家族カードの場合、会員本人が審査に通っているため、家族カードが作れない可能性は比較的低いといえる。

配偶者や子ども、親、兄弟姉妹などが持っているカードに限定されるものの、無職の状態でクレジットカードを持ちたい場合にはおすすめの方法だ。

無職でクレジットカードを作ろうとした場合は、上述の扶養されている場合と、家族カードを作る方法の2つが最も審査に通る可能性が高い確実な方法だと言える。

持ち家など資産がある

クレジットカードの審査で見られるとされるポイントの一つに「資産」がある。

持ち家の人の方が、賃貸の人よりも審査に有利である可能性が高いということだ。

実際に、持ち家の人による「無職だがクレジットカードの審査に通った」という声は多数聞かれる。

口コミの真偽を確かめる術はないが、担保となる資産があった方が、カード会社にとって安心であることは間違いないだろう。

カードに申し込むときは、申請書の「居住形態」の項目にしっかりと記入しよう。

職業欄を「無職」にしない

申し込み書を記入する際、職業欄で「無職」を選ぶと、収入がないとみなされて審査に落ちてしまう可能性が高い。

しかし、何らかの職業に就いていることを示すことで、審査を多少なりとも有利に進めることが可能だ。

例えば、派遣会社などに登録すれば、職業欄に「派遣社員」と記入できる。

定職には就いていなくとも、例えばネットオークションや投資などで収入がある場合は、「自営業」と記載する方法もある。

必ず審査に通るとは言えないが、少なくとも無職と記入するよりは審査に通る可能性が高まるだろう。

無職になる前にカードを作る

何らかの事情で無職になる場合、職場を退職する前に申し込むという方法がある。

在職中であれば、会社を辞めてしまった後に申込みをするより、カードを発行できる可能性は遥かに高くなる。

ただし、離職後はクレジットカード会社に申告する必要があるのを覚えておいてほしい。

作ることが難しいケース

クレヒスが悪い

過去にローンや分割払いにおいて遅延があるなどの場合で、クレジットヒストリー(支払い履歴)が悪い場合はクレジットカードの発行が難しくなる

クレヒスは信用情報機関にて管理されており、各クレジットカード会社が審査の際に問い合わせる流れになっている。

そのため、クレヒスに事故情報を残してしまうと、カード会社に関係なく審査で不利になってしまうのだ。

クレヒスはクレジットカードの審査において最も重視される項目であることもポイント。

有職者であっても、クレヒスが悪い場合は審査に落ちる可能性が高いため、無職の場合はなおさらだ。

無職の人はカードに申込みをする前に、過去の支払いなどに問題がないかを確認しておこう。

なお、過去の延滞情報は最大で5年間保存されるため、クレヒスが原因で審査に落ちた場合は、長い時間待つ必要がある。

クレヒスの重要性は、以下の記事で詳細に解説されているため、興味のある人は参考にしてほしい。

審査基準が厳しいカード

クレジットカードの中にはゴールドカードやプラチナカードなど、いわゆるステータス性が高いカードもある。

無職の場合、これらのカードの審査に通る可能性は極めて低いと言える。

理由として、ステータスカードと呼ばれるような上位カードには、一般カードよりも厳しい審査基準が設けていると考えられるためだ。

年収や職業などの属性も、一般カードに比べてよりシビアに見られるはずだ。

ステータス性が高いカードが欲しい場合は、定職に就くのが一番の近道と言えるだろう。

住所が不定

無職で、ネットカフェや友人の家に寝泊まりをして生活をしているなど、住所が不定の場合にはクレジットカードの審査に通る可能性は低い

カードの審査の際には、現住所の確認が必要になることが理由だ。

店頭で即日発行を行っているカードを除けば、発行されたカードは自宅に送られ、受け取りの際に本人確認が必要となることもある。

そのため、申し込みの際に住所が定まっていることは必須と言ってもいいだろう。

住所不定の生活を送っている場合は、たとえ無職であっても、住む場所を決めてからカードに申し込むことをおすすめする

どのようなカードに申し込むべきか

ゴールドカードやプラチナカードといったステータス性の高いカードでなければ、無職であっても審査に通る可能性はある。

とはいえ、どのカードに申し込むかによって、審査に通る可能性は大きく変わってくる。

例えば、申し込み条件に「安定した継続収入」などの文言があるカードは、無職の場合は避けた方が無難だろう。

なぜなら、審査の際にカード会社が「支払い能力」を見る可能性が高いからだ。

18歳以上の方(高校生は除く)」のように、申し込み条件で収入について触れていないカードを狙うようにしよう。

申し込み条件で収入についての記載がないカードは珍しくなく、有名カードも数多く該当している(以下は一例)。

  • 楽天カード
  • セゾンカード
  • イオンカード
  • エポスカード
  • オリコカード
  • セディナカード
  • ライフカード

なお、これらカードが無職でも審査に通るという意味ではないため、注意してほしい。

カード会社が審査基準を明らかにすることはないため、「このカードの審査が甘い」と断言することは難しい。

しかし、さまざまな観点から分析することで、審査に通りやすいと考えられるカードを挙げることは可能だ。

「とりあえずクレジットカードを持ちたい」という人は、作りやすそうなカードに申込みをしてみるのもひとつの方法と言える。

以下の記事を参考に、申し込むカードを決めるのもいいだろう。

無職でクレジットカードに申し込む際は注意が必要

完全な無職の場合、クレジットカードの審査に通る可能性は低いのが現実だ。

しかし、だからといってクレジットカードを持てないというわけではない。

  • 被扶養者が申し込む
  • 「家族カード」に申し込む

以上のように、家族の力を借りれるケースが最も手っ取り早く、確実だ。

支払能力がある人の扶養に入っていれば、問題なく審査に通るケースが多い。

すでに発行されているカードの家族カードも、高い確率で発行されると言っていいだろう。

問題は自分だけの力でクレジットカードの審査に通らなければならないケースだ。

持ち家などの資産があれば審査に通る可能性が上がる。

もし資産がない場合は、いかに審査で不利にはたらく要素を減らせるかがポイントとなる。

審査で最も重視されるのは、クレジット履歴を含む過去の信用情報とされているため、細心の注意を払いたい。

支払いは延滞することなく確実に済ませ、クレヒスに不利な情報がない状態にしておくことが先決だ。

また、職業欄を「無職」で申し込むことはできれば避けたい

嘘の申告はご法度だが、派遣会社に登録するなど、ちょっとの行動で改善できることもある。

もし本当にクレジットカードが欲しいと考えているならば、わずかな手間を惜しむべきではないだろう。

あとは審査が厳しいと思われるカードを避け、作りやすそうなカードに申し込むようにしよう。

たとえ無職であっても、本記事を参考にすることでカード審査に通る確率はぐっと上がるはずだ。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。