クレジットカードの審査は無職でも通るのか?

Pocket
LINEで送る

自宅
クレジットカードの審査では、返済能力の有無が審査される。

そのため、職業や年収は、審査に影響の大きい項目のひとつだ。

無職の人の場合、クレジットカードの審査に落ちる可能性は高くなってしまう。

しかし、無職でもクレジットカードの審査に通る方法はある

たとえば、扶養内に入っている場合や、家族カードなど、家族の力を借りることでカードを作ることができる。

あるいは、カードによるが、定職に就いていなくても、預貯金や持ち家などの資産がある場合、またはアルバイトやパート、派遣社員、ネットオークションや投資などの収入があれば、審査に通る可能性が高くなる。

同時に、審査に不利になる条件を減らすことも大切だ。

具体的には、クレヒスに傷がない状態にする、ステータス性の高いカードに申し込まない、住所などの必要情報をきちんと申告するなどだ。

クレジットカードによって審査の厳しさは変わるので、できるだけ審査に通りやすいカードに申し込むのもおすすめだ。

また、カードの審査で何を見られているかを理解できれば、審査に通る可能性を上げることもできるはずだ。

本記事では、無職でもクレジットカードの審査に通る可能性がある場合と、審査落ちの可能性が高い場合をまとめるとともに、審査の前提となる基準などについて解説する。

「無職だがカードの作り方を知りたい」という人は、参考にしてほしい。

無職でも審査に通る可能性

クレジットカードの審査では「無職」はかなり不利だが、次のような場合は審査に通る可能性がある。

扶養に入っている

専業主婦や学生などで自身の収入がない場合でも、扶養に入っていればクレジットカードの審査に通る可能性がある。

配偶者や親など扶養主に安定した収入がある場合、扶養内にいる人も返済能力があるとみなされるのだ。

クレジットカードによっては、申込条件に「本人または配偶者に安定・継続した収入がある方」などと明記している場合もある。

預貯金・持ち家など資産がある

預貯金や持ち家などの資産があると、審査に有利になると言われる。

これは、クレジットカードの審査において、返済の担保となる「資産」が基準の一つとなっているからだ。

申込時に記入する「預貯金額」「居住形態」の項目をきちんと記入しよう。

職業欄を「無職」にしない

申込時に職業欄で「無職」を選ぶと、審査に落ちてしまう可能性が高い。

嘘の申告は絶対におこなってはならない。

しかし、アルバイト、パート、派遣社員、ネットオークションや投資などによる収入、家賃収入など、何らかの収入があれば「無職」の記入を避けられることもある。

できるだけ「無職」の記入を避ける方法を考えよう。

家族カードを作る

クレジットカードには、会員の家族向けに「家族カード」を発行できる場合がある。

本会員がすでに審査に通っているため、家族カードの審査はそれほど厳しくない

本会員が支払い遅延・滞納を繰り返していたり、カードを利用予定の家族に何らかのトラブルがあるなど、よほどの事情がない限りは審査に通るはずだ。

無職になる前にカードを作る

現時点では定職に就いていて今後無職になる場合、退職前にカードに申し込むという方法がある。

ただし、離職後はクレジットカード会社に申告する必要がある

審査落ちの可能性が高い場合

前述のような場合は無職でも審査に通る可能性があるが、逆に以下の場合はほぼ確実に審査落ちすると考えられる。

クレヒスに傷がある

クレジットヒストリー(通称「クレヒス」)は、信用機関に記録されているクレジットの利用履歴。

過去にクレジットの遅延・滞納などを起こしており、クレヒスの利用履歴に残っている、つまりクレヒスに傷がついている場合、審査に不利になる。

クレヒスは、クレジットカードの審査において最も重視される項目のひとつだ。

審査の他の点では問題がなくても、クレヒスに傷がついているだけで審査落ちすることもある。

なお、延滞・滞納は最大5年間保存されるため、その期間が過ぎてから再申込を行うことで審査に通る可能性がある。

審査基準が厳しいカード

クレジットカードの中にはゴールドカードやプラチナカードなど、ステータス性が高いカードもある。

無職の場合、これらのカードの審査に通る可能性は極めて低いと言える。

ステータスカードと呼ばれるような上位カードには、一般カードよりも厳しい審査基準が設けているからだ。

年収や職業などの属性も、一般カードに比べてよりシビアに見られるはずだ。

ステータス性が高いカードが欲しい場合は、定職に就くのが一番の近道と言えるだろう。

住所不定

無職で、ネットカフェや友人の家に寝泊まりをしているなど、住所が不定の場合にはクレジットカードの審査に通る可能性は低い

カードの審査の際には、現住所の確認が必要になることが理由だ。

店頭で即日発行を行っているカードを除けば、発行されたカードは自宅に送られ、受け取りの際に本人確認が必要となることもある。

そのため、申し込みの際に住所が定まっていることは必須と言ってもいいだろう。

審査は資力、性格、資産

クレジットカードの審査では、「資力」「性格」「資産」という3つの観点で見られるとされている。

  • 資力:職業・雇用形態・勤続年数・年収など、お金の返済能力を見る観点
  • 性格:過去のクレジット利用履歴など、延滞なく返済する性格かを見る観点
  • 資産:持ち家など、担保となりうる資産を所有しているかを見る観点

無職ということは、3つの観点のうち「資力」が審査にとって最も不利な状態にあるということ。

申込者本人が無職の場合には、「資力」以外の「性格」「資産」によって審査の結果が大きく左右されると言えるだろう。

無職のカードの作り方

無職の場合、クレジットカードの審査に通る可能性は低い。

これは大前提だが、絶対にクレジットカードを持てないいわけではない。

カードを持てる可能性が高いのが、下記2つのケースだ。

  • 被扶養者が申し込む
  • 「家族カード」に申し込む

しかし、自分だけの力でカードを作りたい場合、どうすれば良いのだろうか。

可能性として、持ち家や預貯金などの資産があれば審査に通ることがあるようだ。

また、いかに審査で不利にはたらく要素を減らせるかもポイントだ。

審査で最も重視される点のひとつが、クレジット履歴に傷がないかだ。

支払い延滞・滞納など、クレヒスに不利な情報がない状態にしておくことが重要だ。

また、定職についていなくても何らかの収入がある場合、職業欄を「無職」で申し込むことは避けよう。

嘘の申告はご法度だが、アルバイト、パート、派遣社員、ネットオークションや投資などの収入も、無職以外の申告ができることがある。

そして、審査が厳しいと思われるカードを避け、作りやすそうなカードに申し込むことも大切だ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。