【学生向け】クレジットカードの作り方が5分でわかる!審査や手続きなど疑問点を解消しよう

Pocket

大学生

大学生ともなれば、日々の出費が自然と増えてくる。友達と遊びにいったり、ファッションアイテムや教材を買ったり、一人暮らしであれば家賃や光熱費のことも考えていかなければいけない。

場合によっては海外旅行に行ったり、インターネットショッピングを利用したりというケースもあるだろう。

そうなると、どうしてもクレジットカードが必要になってくる。そこで今回は学生向けにクレジットカードの作り方を解説していく。

※便宜上「大学生」という表現を使ったが、18歳以上であれば、大学院生や短大生、専門学校生も同様に作ることが可能なので安心してほしい。

学生でもクレジットカード作成は可能

クレジットカードを使うということは、いわば信用を担保にカード会社に先払いをお願いすることである。

よって、社会人と比較して収入が安定していない学生は、クレジットカードを持ちにくいと思れていることが多い。

しかし、実際のところ、学生は保護者から資金援助を受けていることが多いため、場合によっては社会人と同等かそれ以上に信用を得やすいという側面を持っている。

また、学生時代にカードを発行しておけば、社会人になってからも継続してカードを使ってくれる可能性も高くなる。

長く安定的に使ってくれる顧客ほど、カード会社にとってありがたい存在になるため、学生でもカードを作ることができるようになっているというわけだ。

学生専用カードもある

また、学生がクレジットカードを作れるだけでなく、学生専用で年会費が無料になったり、特別なサービスが受けられたりするカードも存在する。

学生のうちからクレジットカードのメリットを最大限に受けることで、非常にお得な生活を送ることができる。

さらに、クレジットカードはほとんどの場合webで明細を確認できるため、お金の管理という面でも現金より優れている。

学生のうちからお金の管理をする意識がつくのは、クレジットカードを利用する大きなメリットだと言える。

クレジットカードを作る流れ

クレジットカードを作るには、カード会社のHPから行う「オンライン申込」や、直接お店で手続きをする「店頭申込」が主流だ。

例えば、テレビCMやショッピングモールなどで、「カード会員にならないか?」という旨の宣伝を見たことがある人も多いだろう。

「オンライン申込」を例にあげると、以下のステップでクレジットカードを発行することができる。

申し込み手順

  1. インターネットでクレジットカード公式サイトにアクセスする
  2. 必要事項を記入して申し込みをする
  3. 審査結果がメールで届くのを待つ
  4. 審査通過すればカードが送られてくるので本人確認をして受取

基本的には案内に従って記入していくだけなので、難しい点や手間はほとんどない。

カードの発行に必要な書類・モノ

クレジットカードを発行するために必要になるのは、以下の3点だ。

POINT

  • 銀行口座
  • 身分証明書(学生証や運転免許証など)
  • 電話番号やメールアドレスなどの連絡先
  • 親権者の同意書 ※未成年の場合

身分証明書に関しては、コピーや画像データを送ったり、もしくは店頭で直接提示するケースもあるが、カードによっては受け取りのタイミングで必要とされるところもある。

もしも受け取り時の提示でよいところなら、実質銀行口座が出来次第、申込の手続きをスタートできるだろう。

未成年の場合は親権者の同意が必要

未成年の場合は、一般的な書類の他に「親権者の同意」が必要になるため注意して欲しい。

親権者の同意は、カードの入会申し込みをすると送られてくる同意書に保護者がサインをして返送したり、直接電話連絡にて確認をとったりすることで行われる。

アルバイトなどで、ある程度安定した収入を確保できている場合でも、未成年であるという時点で必ず「親権者の同意」が必要になるため、しっかり覚えておこう。

審査に関して

一般的には現在の年収や過去の支払い状況に応じて審査通過の可否が決められるのだが、学生の場合は基本的には収入がないことを前提にカード会社も考えているため、収入面で審査に引っかかるケースは少ないと思って良い。

審査に落ちてしまう原因としては、親権者自体が何かしらの支払い遅延などを行ってしまっており、信頼情報に傷がついてしまっているケースがある。

また学生自身でも、自分の口座から携帯料金や公共料金などの引き落としをしている場合、利用料金の延滞などをしてしまっていると信用情報に傷がついている可能性があるため注意したい。

とはいえ、一般的には社会人になってからカード発行をするのと比較して、学生のうちにカードを作るのは、決して難しいことではないと言えるだろう。

クレジットカードの選び方

では、いざカードをつくろうと思った時、どういった基準で、どんな種類のカードを選べば良いのだろうか。

ここからはクレジットカードの選び方について解説していく。

年会費の有無

まず忘れてはならないのが「年会費」の存在。クレジットカードの中には、保有しているだけで年会費がかかるカードがある。

金額はカードの種類によってさまざまだが、安定した収入がない学生においては、少しでも無駄な出費は減らした方が良いだろう。

「入会金・年会費無料」のカードもあるため、まずは気軽に試してみたいというのであれば、そういったカードを選択するのも良いだろう。

ただし、年会費が高い分、受けられるサービスが充実しているというカードもあるため、一概に無料のものだけがおすすめとは言えない。

自身の収入や目的に合わせて選択してほしい。

ポイントプログラム

また、カード利用により「ポイントやマイルが貯まる」ということも忘れてはいけない。

何かを買った際にポイントがつけば、それだけお得に買い物ができたということだ。

よく利用する店舗があるのならば、そのお店で優待されるカードを選ぶと、メリットを最大限に受けることができるだろう。

自分のライフスタイルにあったカードを選ぶことが大切だ。

国際ブランド

加えて、カードのブランドにも気を配った方が良い。

「VISA」「Master Card」といった名前を聞いたことが無い人はいないだろう。

これらのブランドは利用できる店舗の数が非常に多く、逆に使えないところを探す方が難しいと言っても過言ではない。

しかし、マイナーなブランドは、店舗によってはカードが利用できない、という場合も往々にして出てくるので注意しよう。

さらに、大学生にもなれば、卒業旅行や留学などで海外に行くケースも出てくるだろう。

カードにはそれ自体に海外旅行保険が付帯するものがあるため、その点を考慮してカード会社を選んでいくのも正解だ。

おすすめの学生向けクレジットカード

それではここからは具体的に、学生におすすめのカードを紹介していこう。

それぞれの強みを理解した上で、カード発行をする際の参考にしてもらいたい。

エポスカード

エポスカードは年会費無料で使えるクレジットカードで、ショッピングやレジャー目的で使うのに適している。

マルイで年4回開催される10%割引セール「マルコとマルオの7日間」で利用でき、お得にファッションアイテムを購入することができる。

またモンテローザ系列の居酒屋やロイヤルホストなどの飲食店で10%オフやポイント還元率2.5%といった優待を受けることも可能だ。

他にもシダックスやビッグエコーなどのカラオケ店でもルーム料金が10%割引になるなど、学生が利用する機会の多い場所で、多くの優待をうけることができる。

そして海外旅行保険が自動付帯しており、最高500万円の補償を受けられるため、海外旅行や海外留学をしようと思っている学生にもありがたい。

店頭で即日発行することも可能で、審査のハードルも比較的低いとされているため、まずは一枚手元に欲しいという人におすすめだ。

楽天カード

最近テレビCMでも良く見かける楽天カードも、学生におすすめのクレジットカードだ。

年会費無料で申込の際の印鑑等も不要ということで、作りやすさはかなりのものがある。

楽天市場や楽天トラベルなどの楽天関連サービスを利用した際にポイントが貯まりやすいというのが最大のメリットになるだろう。

エポスカードと同じく海外旅行保険が付帯しており、こちらは最大2,000万円の補償が受けられる。

ただし、こちらの保険は利用付帯となっており、保険を有効にするためには、「自宅から空港までの交通費」か「海外旅行代金」を楽天カードで支払っていることが前提となることに注意しておこう。

一定期間内に入会するとそれだけで大量のポイントを獲得できるサービスなども実施しており、カード発行をするだけでもお得さを享受できるのもうれしい点だ。

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAカードの学生専用カードとして生まれたのが、この三井住友VISAデビュープラス。

VISAブランドであり、また三井住友のブランドも持ち合わせる、学生カードの中では非常に格式が高いカードと言えるだろう。

18歳~25歳までという利用年齢の制限はあるが、高いポイント還元率、使える店舗の幅広さ、そして海外利用もこなせるオールマイティさは魅力的だ。

年会費は1250円+税がかかるが、初年度の年会費無料で、かつ翌年以降も一度でもカードを利用すれば年会費が無料になるため、負担になることはほとんどないと言える。

また26歳まで利用すれば、自動で三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替えられる点もメリットと言える。

三井住友VISAのゴールドカードと言えば、社会人になってから審査を受けても取得が難しいと言われるハイステータスなカードであるため、自動的にこれを手に入れられるのはかなりうれしい特典だ。

空港ラウンジなど、ゴールドカード会員専用施設などもあるため、持っておいて損はないだろう。

学生でもカードは作れる!自身のライフスタイルにあった選択を

安定した収入がない学生であっても、クレジットカードを持つことは難しくない。

クレジットカードが一枚あれば、普段の買い物はもちろん、海外旅行などのイベントの際にも便利に使うことができるため、持っておいて損はないだろう。

学生としてカードを選ぶときに気を付けたいポイントは3つ。

気をつけたい3つのポイント

  • 年会費
  • ポイントプログラム
  • 海外旅行保険

年会費

月々で換算すれば大きな金額ではないかもしれないが、安定した収入がない学生だからこそ、余分な支出は減らすに越したことはない。

還元率

同じ買い物をしても、ポイントが多く返ってくれば、それだけお得なことは間違いないため、普段どんなところで買い物をしているのか、どんな場面でカードを使いたいと思っているのか、改めて見直してみても良いかもしれない。

海外旅行保険

大学生ならば友達と海外に行ったり、授業の一環として留学をしたりという経験をすることもあるだろう。

海外旅行保険がついているカードを選択しておけば、そういった際も安心だ。

以上3つの観点から、学生におすすめなのは「エポスカード」「楽天カード」「三井住友VISAデビューカード」の3種類。

それぞれ得意とする分野や特徴が異なるため、自身のライフスタイルに合わせて一番しっくりくるカードを選択してほしい。

Pocket