楽天カードの審査は学生も通る?作り方と注意点まとめ!

Pocket
LINEで送る

大学生
2017年、2018年の2年連続で「日本で一番利用されているクレジットカード」となった楽天カード。

年会費無料で通常のポイント還元率が1.0%というお得さで人気だ。

楽天市場など楽天関連サービスではさらにポイントがアップし、入会時にポイントをプレゼントするキャンペーンもほぼ常時開催している。

さらに、申込と審査のハードルが低いことも、多くの人に利用されている理由だ。

一般的に、クレジットカードは安定した収入がある社会人を対象としていることが多く、学生が申し込むことのできるカードは限られている。

その点、楽天カードは申込条件が「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」となっており、「学生可」ということが明記されている。

審査についても、楽天カードは比較的審査のハードルが低いといわれており、学生でも特に問題がなければ審査に通るはずだ。

本記事では、楽天カードの作り方について、申込・審査からカードが届くまで、そして審査に通るために申込時に注意する点などを解説する。

また、審査とは別に気をつけるべき点として、新規入会時のキャンペーンがある。

キャンペーンを利用することでまとまったポイントを獲得できるので、申込を行う際は、その時点でどのようなキャンペーンが行われているかを確認し、活用しよう。

楽天カードは学生も申込可

クレジットカードは通常、18歳以上や20歳以上など、申込条件に年齢が設けられている。

また、年齢的な条件は満たしていても、学生は申し込みができないということも少なくない。

そのため、大学生が申し込めるクレジットカードというのは、社会人に比べると限られている。

そんななか、楽天カードの申込条件は「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」となっており、学生も申し込めることが明記されている。

学生でも審査に通りやすい

申込条件を満たしていても、必ずしも審査に通るとは限らない。

しかし、楽天カードは、学生にも積極的に申込をすすめており、条件的にも、学生でも審査に通りやすいカードといえる。

ただし、申込書類に不備があるなどが原因で、発行までに余計な時間がかかり、審査に落ちてしまうこともある。

スムーズに審査に通るために、次の点に注意しよう。

申込時の入力項目

入会申込はインターネットからで、スマホからも申込可能だ。

申込フォームに従って、必要な情報を入力していこう。

入力項目の一部を以下に紹介する。

  • 「世帯人数(同一生計の人数)」
  • 「居住年数」
  • 「住宅ローンもしくは家賃のお支払い」
  • 「お勤め先・学校について」
  • 「派遣社員・アルバイト・パート・自営業・家賃収入など、ご収入がある方は「お勤めの方」をご選択ください。」
  • 「預貯金額」

入力情報の不備や、虚偽の報告があると審査に落ちてしまうため、間違いのないよう、正直に記入しよう。

申込に必要な書類

カードの支払いには銀行口座が必要で、申込画面で、指定できる銀行が一覧で表示される。

また、カードを受け取る際に身分証明証を配達員に提示する必要がある。

申込時の名前の入力欄の説明には「運転免許証・健康保険証・外国人登録証等のお名前をご入力ください。」とある。

身分証明証としては、これらのうちいずれかが提示できれば問題ない。

なお、一人暮らしを始めたばかりの学生で、身分証明書の住所と現住所が異なる場合、6ヵ月以内に発行された光熱費や電話料金など公共料金の領収書で、現住所と名前を結びつける証明ができる書類が追加で必要になる。

キャッシングは申し込まない

クレジットカードの申し込みにおいて、「キャッシングサービスの利用申し込み」には注意が必要だ。

キャッシングサービスは、クレジットカード会社から現金を借りることができるサービス。

急にまとまったお金が必要になったときなどに役立つが、キャッシングサービスに申し込むと審査のハードルが上がるといわれている。

そのため、確実に審査に通りたい場合は、キャッシングには申し込まないほうが良い。

カードが届くまでの日数

公式サイトでは、「申し込み日から約1週間」でカードが届くとされている。

以下の条件を満たすことで、最短でカードを受け取ることができるはずだ。

  • 申込時の入力項目に重大な誤りがない
  • カードが届いたときに在宅
  • カードが届いたときに身分証明書をすぐに提示する

なお、申込時に入力した名前と身分証明証の情報が一致しない場合、カードを受け取ることができないので注意が必要だ。

入会時のポイントプレゼント

楽天カードの申込にはキャンペーンが付帯していることが多い。

多少の条件があるものの、使い勝手の良い楽天スーパーポイントを獲得できるチャンスだ。

申込時にキャンペーンの詳細などをよく読み、登録や設定が必要な場合は必ず行うようにしよう。

ポイントプレゼントの例

ポイントプレゼントは以下のようなケースが多い。

  •  【特典1】 新規入会特典…2,000ポイント (通常ポイント)
  •  【特典2】 カード利用特典…3,000ポイント (期間限定ポイント )

ポイントは獲得しても使わなければ意味がない。

「特典2」には特に期限切れとならないように気を付けよう。

ポイント獲得の条件と手続き

プレゼントポイント獲得には以下のような条件が付いていることが多い。

  • 新規の申し込みであること
  • カード申し込み日の翌月末までに1円以上、1回以上カードを利用し、その情報が楽天カードに届いていること

また、カード到着後には、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」にカード情報や個人情報を登録する手続きと、「入会特典ポイント受け取りボタン」を押す操作が必要となる。

「進呈対象外」には要注意

キャンペーンには「対象外」となる条件も設定されているため、注意が必要だ。

ここでは特に重要と思われるものを抜粋するが、興味がある方は楽天カードの申し込みページで全体を確認することをお勧めする。

対象外になるケースには以下のような場合がある。

  • 過去に楽天カードを持ったことがある方
  • 家族の楽天ユーザIDを利用して申し込んだ方
  • 楽天ポイントを利用しての支払い
  • キャッシングの利用分や手数料、カード年会費などのサービス料

申し込み時の重要なポイントを理解し、不備なくスムーズにカードを入手しよう。

キャンペーンをチェックしてカードを活用

学生のときに申し込むクレジットカードは、はじめてのクレジットカードであることが多いだろう。

学生にも積極的に申込をすすめており、年会費無料で高還元率、使いやすいポイントが貯まる楽天カードは、学生のはじめのクレジットカードにおすすめの一枚だ。

特筆すべき問題がなければ、審査も問題なく通るはずだが、申込時の入力情報の誤りに気をつけ、虚偽の情報申告は絶対にやめよう。

入会時は、その時点で開催しているキャンペーンをチェックし、お得にポイント獲得ができるようキャンペーンを活用しよう。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る