TOP

楽天カード 楽天市場で3%還元、通常還元率も1%の人気定番カード

楽天カード

いま日本で一番使われているカード

楽天カードは、楽天市場で3%還元、通常還元率も1%とハイスペックなクレジットカード。国内での決済額も1位と日本で一番使われているクレジットカードである。

さらに、楽天市場や楽天グループのサービスを組み合わせて利用することで還元率が大幅にアップする楽天SPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)がある。

楽天カードは所持しているだけでも得するシーンも多い。年会費無料なので、とりあえず1枚は持っておきたいカードである。

メリット

  • 年会費無料で還元率1%以上
  • ポイントアップキャンペーンを常時開催
  • 楽天でポイント3倍
  • SPUによるポイントアップ多数
  • 海外旅行傷害保険付帯
デメリット

  • 楽天グループのサービスを利用しない人にはメリットが少ない
  • ETCカードは年会費550円(税込)が必要

公式サイトを見る

楽天カードのここがポイント!!

ポイントが貯まりやすい!おすすめ
楽天ポイントでもっと便利おすすめ
海外保険や海外サービスが充実おすすめ

ポイントを貯めるテクニック

楽天市場ならいつでもポイント3倍

楽天市場での買物の場合は、100円につき3ポイントのポイントが貯まる。

これは還元率にすると3%にもなり、クレジットカードの一般的な還元率0.5%の6倍もの還元率になる。

楽天SPUで最大15.5倍

楽天カードのポイントプログラムのメインは楽天SUP(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれており、使用するサービスの数や状況によって、楽天市場でのポイント還元率がアップする仕組みが採用されている。

楽天カードを持っていれば、その時点で還元率3倍(=3%還元)が達成され、さらに、楽天銀行で+1倍、楽天市場アプリで+0.5倍といったように最大15.5倍までポイント還元率がアップされる。

楽天カード + 楽天銀行 + 楽天市場アプリ

の3つまでは簡単に達成できるので、楽天カードを申し込むときには必ず設定しよう。

どこで使っても1%の高還元率

楽天カードは基本的に100円利用につき1ポイント(楽天ポイント)が貯まる。1ポイント=1円相当で利用可能なので、還元率は1%で、高還元率のカードだ。

またエネオスやファミリーマートのように、支払いとは別に楽天ポイントが貯まる店舗も多いので、店舗によってはポイントの二重取りも可能になっている。

POINT
ダイアモンド会員を目指すなら必携
楽天市場では、ユーザーのポイント獲得数、獲得回数に応じて、次の5段階の会員ランクを設けている。
diamond
plutinum
gold
silver
regular

ランクが上がる程、特典が増える仕組みだが、最上ランクであるダイアモンドとなるには、楽天カードの所持が必須になる。

ダイアモンドになると、豪華特典や、毎月クーポンが貰えるなどお得な特典があるので、狙ってみてはいかがだろうか。

誕生日にはバースデーポイントをもらうことができるが、もらえるポイント数もランクに依存している。

楽天Edyを使ってポイントをためる

楽天カードは、楽天Edyチャージで200円につき1ポイントのポイントが付与される。

さらにチャージされた楽天Edyを利用すると、さらに200円につき1ポイントのポイントが付与される。

日常的なコンビニなどの買い物で、楽天Edy支払いするとよりポイントが貯まりやすくなる。

楽天ペイなら1.5%還元も

スマホ決済の楽天ペイならば、1.5%還元が可能になる。手順としては、楽天カードから楽天キャッシュにチャージして(1%還元)、楽天キャッシュを楽天ペイの支払いに充てる(0.5%)という流れで1.5%還元が達成できる。

楽天ペイではお得なキャンペーンも開催していることも多いので、楽天カードと合わせてチェックしたい。

ETCでの通行料も1%のポイントがつく

ETCカードは、楽天なら年会費550円(税込)で発行できる。

ETCに年会費が発生するのは、若干残念な点ではあるが、ETCの支払いでもポイントが1%つくのはメリットといえる。

※会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方は、カードに無料でETCを付帯することが出来る。

楽天ETCカード

貯まったポイントを活用する

貯まった楽天ポイントは、1ポイントから利用できる。

楽天カードポイントは、さまざまな提携カードからポイント移行も出来るので、このカードにポイントを集約させるのも手である。

基本的には、貯まったポイントは楽天ポイントとして利用する方が効率は良い。

※ANAマイレージにも移行はできるが、移行レート50%はかなり低いので推奨はしない。
rakuten-ana

楽天ポイントは提携店も増えつつあり、利用は益々便利になりつつある。

街中でもポイント利用機会が拡大

楽天カードで貯まるポイントは楽天ポイント。

楽天ポイントは、楽天関連サービスの他、加盟店のリアル店舗でも利用できる。

以下のような店舗が多く、利用頻度も高い店で利用可能な店舗が広がっており、利便性が増している。

  • マクドナルド
  • 出光石油、コスモ石油
  • デイリーヤマザキ
  • ミスタードーナツ

主婦・学生、パート・アルバイトも申込可

楽天カードは申し込み基準に「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」とある。

しかも、あえて(主婦、アルバイト、パート、学生)と書いてあることを考えると、これらの方にもカードを作って欲しいと考えていると読み取れるだろう。

もちろんすべての方がOKという訳ではないので、とりあえず申し込んでみるのも良いだろう。

補償サービス

海外旅行でも安心の補償

楽天カードは海外旅行保険もついており、海外旅行中の病気やけがが最高2,000万円まで補償される。(利用付帯)

疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償されるので、海外旅行や海外留学する際に一枚持っておくと安心できるだろう。

さらに万が一盗難や紛失にあって不正利用された場合であっても、損失は補償される。

ネットの不正利用も対応!

不正あんしん制度があるので、万が一不正利用があっても補償があるので、インターネットでも安心して利用することが出来る。

選べるデザイン

楽天カードには、通常デザインの他にもデザインのバリエーションがある。

楽天カード(パンダ) 楽天カード(パンダピンク)
たとえば、人気キャラクター、お買い物パンダデザインの楽天カード。

カードのスペックは通常カードと変わらず、お買い物パンダファンにとって嬉しいカードとなっている。

その他にも、以下のようなデザインの楽天カードが存在する。

  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン

各種決済にも対応

楽天カードは、Apple PayやGoogle Payに搭載することも可能。またカード自体もタッチ決済に対応しており、より幅広い支払いに対応するようになりつつある。
楽天カードApplePay

カード詳細情報

年会費無料
還元率1.0%~
ブランドVISA,Mastercard,JCBアメックス
電子マネー楽天Edy、モバイルsuica、QUICPay
ETC550円(税込)
家族カード無料
国内保険
海外保険最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類楽天ポイント
ポイント交換1ptから

(発行会社:楽天カード株式会社)

<<詳細・申し込みはこちら>>

公式サイトを見る

楽天カードでポイントゲット

カード発行スピード

申し込み完了から1週間〜10日程度

評判・口コミ

イイコミ
  • ポイントが貯まりやすく、普段スーパーやコンビニなどで使うだけでもいつの間にか貯まっているので、かなりお得感を感じることができます。(40代 男性 自営業・個人事業主)
  • 洋服はもちろんのこと、食料品や書籍も楽天のお店で買ってポイントを貯めています。ポイントが数倍になる時もあるので、その時がいつなのかメール登録しておくと効率的に貯まります。(40代 女性 主婦)
  • 元々楽天での買い物がメインのため、ポイント制度や割引などをフル活用できて助かります。年会費も無料ですし、お買い物マラソンなど、お得にポイントを貯められるチャンスも頻繁にあるところが好きです。(40代 女性 主婦)

ワルコミ
  • 「誰でも作れるハードルの低いカード」という印象が強く、店舗での買い物時に利用するのを躊躇してしまいます。(30代 女性 自営業・個人事業主)
  • とにかくお知らせのメールが多いです。それでも、迷惑メールに指定できないので、受信メールが山のようになっています。(40代 女性 主婦)
  • 期間限定ポイントが使いにくいです。ポイントを消費するためにわざわざ必要のないものまで購入してしまいます。(40代 男性 会社員)

※上記「イイコミ・ワルコミ」は弊社が独自に調査・収集したものです。

公式サイトを見る

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る