TOP

楽天カードのETCを年会費無料で発行する方法は?

車を乗る機会が多い人にとって欠かせないのがETCカード。

楽天カードにはクレジットカードに付帯して発行できる楽天ETCカードが存在する。

通常、楽天ETCカードを発行するには年会費500円(税別)が発生するが、特定の楽天会員ランクもしくは特定の楽天カードであれば年会費無料となる。

そこで本記事では、楽天ETCカードを年会費無料で発行する方法を簡潔に解説する。

「ドライブが趣味」「車をよく使う」といった人に役立つ情報をまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

楽天会員ランクがプラチナ、ダイヤモンドなら無料

楽天会員ランクがプラチナもしくはダイヤモンドの場合、次のように通常500円(税別)の楽天ETCカードの年会費が無料になる。

  • ETCカード申込時点にプラチナorダイヤモンド会員:初年度年会費無料
  • ETCカード年会費請求月にダイヤモンドorプラチナ会員:次年度年会費無料

年会費請求月は楽天ETCカード入会月の翌月となる。楽天ETCカードを無料で発行できても、次の年会費請求月に条件を満たしていないと1年間の年会費が発生するので注意しよう。

楽天会員ランクは毎月2日00:00までに切り替わり、切り替え後のランクで判定される。

なお、楽天カードのなかでも、楽天イーグルスカード、ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style、HOME’Sメンバーズカードは、プラチナ会員・ダイヤモンド会員であってもETCカードの年会費が無料にはならない。

楽天会員ランクの基準

楽天会員ランクは、楽天カード利用などに応じて付与される楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数などによって決定する。

プラチナ会員・ダイヤモンド会員の具体的な条件は下表の通り。

プラチナダイヤモンド
獲得ポイント(過去6ヶ月)2000ポイント以上4000ポイント以上
ポイント獲得回数(過去6ヶ月)15回以上30回以上
その他楽天カード保有

楽天会員ランクは毎月2日00:00までに切り替わるため、楽天会員ランクを維持するためには、継続的な楽天スーパーポイントの獲得が必要だ。

楽天カードや楽天関連サービスを利用することで大幅なポイントアップが可能なので、実は、上記の条件は楽天ユーザーにとってはそこまで難しいものではない。

現在の自分の楽天会員ランクは「楽天PointClub」ページにログインした状態で確認できるので、定期的にチェックしておこう。

ゴールドカード以上はETCカード無料

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードに付帯する楽天ETCカードであれば、楽天会員ランクに関係なく年会費が無料になる。

楽天ゴールドカードは、年会費2,000円(税別)のカードで、次のような特徴がある。

  • 楽天市場での利用でポイント5倍
  • 最高補償額2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • 対象の国内空港ラウンジが年2回まで利用無料

楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)と年会費はやや高いが、次のような特典・サービスが充実しており、さらにポイントも貯まりやすい。

  • 楽天市場での利用でポイント5倍
  • 最高補償額5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯
  • プライオリティ・パス無料
  • 対象の国内空港ラウンジが無料
  • 任意の楽天サービスでポイント2倍

また、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの他にも、楽天ビジネスカードは1枚目の楽天ETCカードの年会費が無料で、2枚目以降が500円(税別)となる。

2枚目以降については、楽天会員ランクがプラチナ・ダイヤモンドであっても年会費が発生する。

 

最終更新日:2020/01/29

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る