おすすめのPayサービスは?種類と利用方法を比較!PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Origami Pay、ApplePay

Pocket
LINEで送る

LINE Pay、楽天ペイ、PayPay、d払い、au Payなど昨今乱立するペイサービス。「Pay」と名のつくスマホQR決済サービスがぞくぞくと登場している。今回はおすすめのPayサービスに絞って、Payサービスのの種類を比較したいと思う。

Payサービス種類一覧

Payサービスとは、QRコード、バーコードを提示、またはスキャンすることで、支払うことができるスマホ決済サービスのこと。

実店舗やインターネットでの決済において、スマートフォンやPC上で簡単に決済が完了できるサービスだ。

Payサービスは、クレジットカードや電子マネー、その他さまざまなカードと決済方法が多様化する中で現金を持ち歩かず、さらには財布も必要なく、スマートフォン一つで決済を済ませたいというニーズに応えるものだ。

まずは現状登場しているPayと名前のつくサービスの種類を確認しておこう

【スマホQRコード決済】

  • PayPay(ペイペイ)
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • 楽天ペイ
  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • d払い
  • au Pay
  • Amazon Pay
  • ゆうちょ Pay
  • メルペイ

【コンビニ系】

  • セブンペイ(2019年9月末でサービス終了)
  • ファミペイ

【海外系】

  • AliPay
  • WechatPay

【非接触決済】

  • Apple Pay
  • Google Pay

【その他】

  • Kyash
  • atone
  • Pring(プリン)

近年PayPayをはじめとして、多くのPayサービスが登場し始めている。これだけあれば、「正直違いがよく分からない」とうんざりする人も多いのではないだろうか。

しかも以外にもPayサービスは多く存在している。

これら一通りのPayサービスの概要が知りたい方は以下の記事を参考にしてほしい。

おすすめのPayサービスは?

何ペイが一番お得なのか?さまざまなPayサービスでも、当サイトでは以下のPayサービスをおすすめしたい。

【万人におすすめ】

  • PayPay(ペイペイ)
  • LINE Pay(ラインペイ)

【一部におすすめ】

  • 楽天ペイ
  • d払い
  • Origami Pay

おすすめのポイントとしては、以下の点が挙げられる。

・利用可能店舗が多い
・還元率が高い
・使い方がわかりやすい

これらの中で一番を決めるのは難しい。利用者の状況や、各Payサービスのキャンペーンの状況によって異なるからだ。

しかし、キャンペーンの多さや、普及の度合いから見ると、PayPayが最もおすすめできるPayサービスといえるだろう。

各社の最新のキャンペーン情報は随時更新している以下の記事を参考にしてほしい。
スマホ決済アプリキャンペーン一覧!PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、au PAYなど

ここからは各サービスの詳細をチェックしていきたいと思う。

各サービスの還元率を比較

まずは各Payサービスの還元率をチェックしておこう。
この還元率、キャンペーンに応じて目まぐるしく変化しており、最新の情報にチェックする必要がある。

サービス名基本還元率
PayPay1.5%(ヤフーカード以外のクレジットカード連携は還元対象外)
LINE Pay0.5%〜2%
※還元率はマイカラーによって決まる
楽天ペイ基本還元なし
※楽天ペイ✕楽天カード✕楽天銀行で1%還元
d払い 0.5%:街の店舗
1.0%:ネット
メルペイ基本還元なし
スマート払いで3%還元
Origami Payクレジットカード・デビットカード1%
銀行口座3%
au PAY0.5%
auプレミアムパス会員は1.5%
ファミペイ0.5%
Kyashバーチャルカード:オンラインのみ0.5%
リアルカード:オンライン、実店舗で1%
※1 その他キャンペーン情報はこちら詳細はこちら

この中でも、Origami Payは即時割引となっている。LINE Payは、決済額に応じてインセンティブが付与されるマイカラーと呼ばれる制度によって、還元率が変わる。

また、単に還元率だけの比較で見ると分かりづらいが、ポイント付与の条件によって貯まりやすさも変わってくる。特にコンビニなどの少額決済では影響が出てくるので、注意が必要。

各Payサービスの消費税と端数計算方法

PayPay税込金額に対して1.5%還元(小数点以下切り捨て)
LINE Pay税込金額に対して、マイカラーの還元率(小数点以下切り捨て)
楽天ペイ200円(税込)につき1ポイント
d払い200円(税込)につき1ポイント
Origami Pay税込金額に対して2%がキャッシュバック(小数点以下切り捨て)
ファミペイ200円(税込)につき1ポイント
セブンペイ200円(税抜)につき1nanacoポイント
メルペイ還元なし

1円未満の金額はすべて四捨五入ではなく、切り捨てとなっている。
このようにPayPayとLINE Payが1円単位で還元対象になっているため、他のサービスと見た目以上に還元率が高いのがわかる。

PayPay

PayPay
ソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が提供するスマホ決済アプリが「PayPay」(ぺいぺい)だ。

2018年12月、2019年1月に大規模な100億円キャッシュバックキャンペーンを開催して大きな話題を集めた。

POINT

  • 使える店舗が多い
  • ベースの還元率が1.5%と高い
  • キャンペーンが多い

使える店舗

コンビニをはじめとして、個人経営の飲食店まで幅広く使えるPayPayだが、身近なところでは

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ビックカメラ

などを筆頭に、急速に店舗は拡大している。特に2019年7月からはセブンイレブンが加わり、使い勝手はさらによくなった。
その他、街の弁当屋や個人経営の定食屋などでも使える店舗が増えている。

また最近は、公共料金の請求書支払いに対応したり、オンライン上ならヤフオクといったYahoo!関連サービスにも対応するなどその利用先が順次拡大している。

ベースの還元率は1.5%

PayPayで決済すると決済額の1.5%がPayPayボーナスとして還元される

以前は3%還元だったが、キャッシュレス・消費者還元事業の開始とともに還元率も半減した。

半減したといっても、クレジットカードのように審査や年齢制限がなしでも還元が受けられる点は大きなメリットである。

クレジットカードを作りたくても作れない年齢のユーザーでも1.5%還元が受けられるため、PayPay加盟店では積極的に使っていくことをおすすめする。

PayPayはソフトバンクとヤフーの系列になるため、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンクユーザーはキャンペーン時でも優遇されることが多い。Yahoo!プレミアム会員などは、キャンペーンのためだけに加入する人もいるほどだ。(筆者もその一人)

PayPay通常還元率が最大3%にアップ!ヤフーカードなら4%還元も

キャンペーンがアツい

PayPayは定期的にキャンペーンを行っている。

  • 2018年12月、100億円キャンペーン第1弾
  • 2018年3月、100億円キャンペーン第2弾
  • 2019年6月、ドラッグストアで最大20%オフ
  • 2019年7月、飲食店、スーパーで最大20%オフ
  • 2019年8月、飲食店、スーパー、コンビニで最大20%オフ

このようにPayPayだけフォローアップするだけでもかなりお得に使えるのが魅力的だ。

PayPayの最新キャンペーン情報

還元率をさらに上げるコツ

PayPayは事前にチャージして支払う方法と、紐づけたクレジットカードからの即時引き落としの2種類の支払い方法がある。

なかでも還元率が高いのは事前にチャージする方法だ。

クレジットカードの場合はヤフーカードのみチャージに対応しているので、それを加えるとPayPayで決済をした料金を支払う方法は以下の3通りとなる。

  • 銀行口座からPayPay残高にチャージ
  • ヤフーカードからのチャージ
  • ヤフーカード以外のクレジットカードからの即時引き落とし

支払い方法の優先順位も上記のようになっており、基本的にPayPay残高から支払われる仕組みだ。

銀行口座連携でのチャージがおすすめ

1.5%還元は、銀行口座連携でのチャージと、ヤフーカードからのチャージのみが対象。

ヤフーカード以外からのカード利用分に対しては還元付与の対象外となっている。

クレジットカードにこだわるならば、断然ヤフーカードがいい。チャージ1.5%の還元、さらにカード分のポイントが+1%が得られる。

PayPayに登録できるクレジットカードは、はYahoo! JAPANカード、VISAかMastercardブランドのクレジットカードのみとなる。

Yahoo! JAPANカード以外のJCBやアメックスブランドのカードは現在のところ登録できないため注意してほしい。

また、繰り返しになるが、PayPayはソフトバンクとヤフーの系列になるため、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンクユーザーはキャンペーン時でも優遇されることが多い。Yahoo!プレミアム会員などは、キャンペーンのためだけに加入するのもアリだ。現在6ヶ月無料キャンペーンを行っている。

PayPayをさらに詳しくチェックする
はじめてのPayPay!登録、使い方、チャージ方法!クレジットカード登録がおすすめ!

PayPay インストールはこちらから【PR】
AppStore GooglePlay

LINE Pay

LINE Pay

メッセージアプリLINEが提供する決済サービス。
店舗での支払い以外にも、LINEの友だち同士なら送金、送金依頼、割り勘が手軽にできる。

POINT

  • 使える店舗が多い
  • 利用に応じて還元率がアップ
  • 友だちに送金できる

使える店舗

コンビニをはじめとして、個人経営の飲食店まで幅広く使えるPayPayだが、身近なところでは

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン

など主要なコンビニは網羅している。

さらに、「請求書払い」も可能で水道や電気代など公共料金の支払いができる。

また自動車税や一部ショッピングの支払いにも対応しているので、PayPayよりもバリエーションが豊富に用意されている。
(税金支払の場合はポイント付与対象外)

利用額によって還元率が変わるとマイカラー制度

LINE Payは月の利用額に応じて決まるマイカラーによって還元率が変わる仕組み。

マイカラー制度

カラー月間決済金額ポイント付与率
ホワイト1万円未満0.5%
レッド1万円~5万円未満0.8%
ブルー5万円~10万円未満1.0%
グリーン10万円以上2.0%

バッジカラー判定の対象は以下の通り。

  • 実店舗でのQR/バーコード支払い
  • Google Pay™
  • LINE Pay カード支払い
  • オンラインショップでのLINE Pay 支払い
  • LINE Pay 請求書支払い(税金等一部の支払いを除く)
  • LINE Pay 外貨両替(韓国ATM両替は対象外)
  • LINE Payに登録されたクレジットカードでの支払い
  • 自販機での支払い

友だちに送金しやすい

LINEの友だち同士の送金、送金依頼、割り勘は、銀行口座は必要なく、LINEアプリ上で完結する。

PayPayにも同様の機能は備えているが、LINE Payの母体であるLINEはもともとメッセージアプリとして多くの日本人に利用されている背景もあり、知り合いに確実に送金出来るという意味では、LINE Payの送金機能はかなり使い勝手がよい印象だ。

LINE Payの利用方法

LINE Pay利用のためには、事前にチャージが必要。

チャージ方法は、以下の5種類。

  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • コンビニ(ファミリーマート)でチャージ
  • LINE Pay カードレジチャージ
  • QR/バーコードを表示してレジでチャージ
  • LINEポイントからの交換

オートチャージにすることもできる。

クレジットカードも登録して利用することができるが、利用できるのはLINEサービス関連のみでさらに還元率付与の対象外となるため、連携する意味は正直ない。

ちなみに、2020年に登場予定のVisa LINE Payクレジットカードはアカウントに紐付けすることでチャージなしで利用することが可能になる。

来年のリリースに期待したい。

LINE Payカードでどこでも使えるが魅力は減

LINEアプリ内から、LINE Payカードというクレジットカードをバーチャルとリアルで発行が可能。

LINE Payカードは国際ブランドJCBに対応しているため、LINE Payのコード決済が利用できない店舗でもLINE Pay残高が利用できる。
LINE Pay加盟店での利用と、LINE Payに付随して発行されるプリペイドカード「LINE Payカード」を使えば、コンビニやスーパーなど国内外のJCB加盟店約3,000万店舗での支払いに利用できる。

欠点としては、LINE Payが開催する多くのキャンペーンではLINE Payカードによる支払いは対象外となっている点だろう。

LINE Payをよりお得に使いたいならQRコードで支払おう。

LINE Payの最新キャンペーン情報
はじめてのLINE Pay!使い方、チャージ方法、クレジットカード登録まとめ!マイカラー制度で最大5.0%還元!

楽天ペイ

楽天が提供する、楽天会員向けのサービス。

専用のアプリをダウンロードすることで、楽天会員情報に登録したクレジットカードで、スマートフォン一つで買い物ができ、楽天ポイントも貯まるサービス。

インターネット通販においても、楽天の登録情報で決済ができる。

POINT

  • 使える店舗が多い
  • 楽天カードの紐づけで6%
  • チャージ不要の後払い式

使える店舗

楽天ペイは、ペイサービスの中でも古くから普及を目指していた関係もあり、大手以外の小規模な店舗、飲食店でも利用可能な店舗が多い。

コンビニだと以下の通り。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ポプラ

楽天カードの紐づけで6%還元

楽天ペイは、クレジットカードの場合事前のチャージが不要だがクレジットカードを紐付ける必要がある。

楽天カードを紐づけた場合は通常の5%還元に加え、さらに1%の合計6%の還元率となるので、楽天関連のサービスをよく利用する方にとっては楽天ペイの利用は最有力候補になる。

楽天カード以外のクレジットカードを紐づけた場合の還元率は200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる。

楽天カード 公式サイト 【PR】

楽天ペイはチャージ不要! 楽天ペイの利用はクレジットカード、または楽天キャッシュで

楽天ペイは現金でのチャージに対応していない。

チャージ不要のポストペイ(後払い)方式で、支払いには登録したクレジットカード、または楽天キャッシュを使う。

楽天カードなど連携する場合、チャージする必要なく使った分だけ後に請求が来る。

また、楽天ペイには楽天キャッシュと呼ばれる電子マネーで以下の方法でチャージすることが可能だ。

  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 送金
  • フリマアプリ「ラクマ」の売上金

どうしてもチャージして利用したい場合は、上記の方法で一度、楽天キャッシュにチャージして、楽天キャッシュから楽天ペイを利用する。

楽天ユーザーならば楽天ペイが最有力

楽天ペイは、楽天カードと紐づけたユーザーが最も得するように設計されている。

楽天ユーザーならば、楽天ペイがもっともおすすめのペイサービスということになる。

楽天ペイの利用方法

まずはアプリをダウンロード、楽天会員IDでログイン後、決済に使うカードを選択する。

選択できるカードは、すべての楽天カード、その他、Visa、Mastercardが利用できる。

楽天ペイマークのある店舗で利用することができ、店頭では楽天ペイで支払うことを伝え、QRペイかセルフペイかを選択した後に支払い、インターネット通販では決済方法の選択時に楽天ペイを選択する。

楽天会員でポイントを積極的に貯めている人にとっては、楽天サイト以外のネットショップ、さらには実店舗でもポイントが貯まり、使えるということで、通常のPayサービスに+αのメリットとなる。

また、インターネット通販では、決済情報をいちいち入力しなくて済むため、より快適に買い物ができるようになる。

ポイントは利用金額200円ご利用ごとに1ポイントが貯まり、さらに楽天カードを利用していれば100円ごとに1ポイント貯まる。

また、1ポイント100円として支払いにも利用できる。

楽天カードの詳細をみる
はじめての楽天ペイ!使い方、チャージ方法、対応クレジットカードまとめ!個人間送金、セキュリティ対応は?

d払い

d払い
NTTドコモが提供するPayサービス。Payという名前はついていないが、他のPayサービスと位置づけは同じ。

ドコモユーザー以外にも門戸を開いており、ドコモ以外のユーザーも利用することができる。

dポイントスーパー還元プログラムで、最大7%の還元を得ることが出来る。

このプログラムは、ドコモユーザーを対象にしたプログラムとなっている。

dポイントスーパー還元プログラム完全攻略ガイド2019!最大還元率7%を達成する条件と実現可能性を考える

通常還元率は最大1%

場所と利用額に応じてポイントが貯まる。

  • 0.5%:街の店舗
  • 1.0%:ネット

支払い方法は携帯料金合算かクレカ、または現金チャージ

ドコモユーザーの方は、最大10万円まで、携帯料金と一緒に請求することが可能。クレジットカードを登録した場合には、登録したクレジットカードからの引き落としもできる。

さらに、現金チャージの方法として銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニと3種類方法がある。

ドコモユーザー以外はメリットが少ないか

ドコモユーザー以外も利用できるとはいえ、あえてd払いを選択するほどではないように思う。

ドコモユーザー以外であっても、クレジットカードで支払うよりもd払いで払った分ポイントが二重で付与されるので、クレジットカードメインで生活する方はあり。

ドコモユーザーであれば、携帯口座とまとめて引き落としされるため、より簡単にPayサービスを利用することができる。

d払いの最新キャンペーン情報
d払いの仕組み、チャージ、使い方、使える店を徹底解説!クレジットカードの連携やdポイントを貯める裏技もアリ!

Origami Pay

Origami Pay

Origami Payは、独立系の株式会社Origamiが運営しているPayサービス。

他のPayサービスと異なり、還元分は即時で割引される。

クレジットカード:1%還元
銀行口座連携:3%還元

登録できるクレジットカードは、VisaとMasterCardで、一括払いのみの対応となる。

また、サーティワンアイスクリームや松屋で期間限定で割引キャンペーンをやったりと、特定の店舗でお得なクーポンを多く発行しているのも魅力といえる。

他のPayサービスに比べると若干知名度が低いかもしれないが、ローソンなど利用できる店舗は多く、大手ショップをはじめとして全国約20,000店で利用できる。(2019年5月15日)

ファミペイ

ポイント還元率は200円(税込)のファミペイ利用につき1円分が付与される0.5%。ファミリーマートでサービス商材(収納代行・Famiポート等)を支払う場合は1件につき10円分のボーナスが付与される。

ファミリーマートも同様に、LINE Pay、PayPayなどのPayサービスが使える他、dポイントや楽天ポイントも貯めることができるため、こちらも多少魅力は少ないかもしれない。

しかし、キャンペーンも少なく他のPayサービスに比べると一歩劣る印象なので、現状はあまり使い勝手はよくない。

ファミペイを徹底解説!使い方、還元率、チャージ方法、お得に利用するには?

お得なPayサービスならPayPayとLINE Payがおすすめ

ビジネス

現在Payサービスを巡る環境は目まぐるしく変化しており、利用するタイミングに応じて最も効果の高いキャンペーンを渡り歩くのがオトクなやり方だ。

とはいえ、「いちいちキャンペーン情報をキャッチアップするのは面倒」ということであれば、LINE PayかPayPayを利用するのが無難だろう。

  • PayPay・・・常時1.5%還元
  • LINE Pay・・・通常時0.5%〜2%
  • 楽天ペイ・・・楽天カードと紐づけで6%還元(要エントリー)

その他のPayサービスは利用者がドコモユーザーならd払い、楽天ユーザーなら楽天ペイということになる。

LINE Pay、PayPayの詳しい説明は下記のページを参考にして欲しい。
はじめてのLINE Pay!使い方、チャージ方法、クレジットカード登録まとめ!マイカラー制度で最大5.0%還元!
はじめてのPayPay!登録、使い方、チャージ方法!クレジットカード登録がおすすめ!

その他ペイサービスの最新のキャンペーン情報はこちらで更新している。
LINE Payの最新キャンペーン情報

PayPay インストールはこちらから【PR】
AppStore GooglePlay

Payサービスでお得なクレジットカード

サービス名クレジットカード
PayPayヤフーカード
LINE PayLINE Payカード
楽天ペイ楽天カード
d払いdカード
dカードGOLD
OrigamiPay
au Payau WALLET

タイプの違うPayサービス、Apple PayとGoogle Pay

同じPayサービスでもApplePayとGoogle Payは少し色合いが異なる。

こちらはスマートフォーンなどの端末の機能であるNFCを利用して決済するサービスであり、QRコード決済とは異なる。

ここまで紹介したPayサービスはサービス内にチャージが必要となるが、ApplePayなどは、事前にクレジットカードを紐づけておき、携帯端末としてクレジットカードが利用できるといった使い方になる。

ApplePayやGooglePayを使ったからといって、特別にポイント還元などが得られるわけではない。

携帯端末一つでスタイリッシュに決済できるというのが大きな特徴なので、ここまで紹介したPayサービスとは区別しておこう。

Apple PayとGoogle Payの違いと比較

iPhoneの一部ユーザーには限られるが、キャッシュレスで財布も要らないという便利さで言えば、Apple Payが一番だろう。

複数のカードをまとめることができ、さらにSuicaが使えるという点は、やはり大きい。

逆にAndroidユーザーなら、同じくSuicaが使えるという点でGoogle Payが一番使いやすいだろう。

これは要するに使用している端末で必然的に決まる。あえてPayサービスの良し悪しで端末を選ぶ必要もない。

Apple Pay

Apple Payの特徴

Appleが提供するサービス。

iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のApple Pay対応デバイスにおいて、クレジットカード、プリペイドカードなど最大8枚のカードまで、搭乗券やギフトカードなどと一緒にWalletアプリケーションに入れ、決済に使用することができる。

Apple Pay利用には、Apple Pay対応デバイスの他、Apple ID (iCloud へのサインインに使用している Apple ID)と、デバイスのOSを最新バージョンにアップデートしておくことが必要だ。

すべてのクレジットカードが登録できるわけではない

Apple Pay対応のカード会社のカードも必要となる。

世界中の主要な銀行・カード会社はApple Payに対応しているが、そういったところから発行されているカードの中にも、Apple Payに対応していないものが一部ある。

対応カードの詳細はApple Payの公式サイト内で紹介されているので、気になる場合は一度チェックしてみてほしい。

対応カードは順次増えている。

Suica対応で財布も定期入れも不要に

Apple Payの日本でのサービスの中で大きな特徴が、交通系ICカードのSuicaが対応していることだろう。

Suicaであれば、無記名式、記名式、定期券いずれも対応している。

また、交通系ICカードの相互利用ができる日本全国のエリアでApple Payが利用できる。

注意点としては、プラスチックカードのSuicaをApple Payにすると、元のカードは使用できなくなる。

預り金(デポジット)の500円はApple Payに引き継がれる。

他のクレジットカードなどでは、元のカードが使えなくなるということはない。

Apple Payの利用方法

Apple Payを利用するにはまず、デバイスのWallet上にカードを追加する必要がある。

追加操作自体は、Walletの指示に従えば良いので簡単だ。

Apple Payの利用は、Suica、iD、QUICPay、または Apple Payのマークのある店であれば利用できる。

実店舗では、QUICPay、iD、Suicaのいずれかで支払うことを伝え、iPhone 7の場合はTouch IDに指を載せたままiPhoneをリーダーにかざし、Suicaの場合はデバイスをリーダーにかざすだけで良い。

アプリケーション内やSafariなどウェブサイト上のショッピングの支払いには、支払い方法としてApple Payを選択し、必要な項目を確認、必要に応じて追記するだけだ。

また、Apple Payで支払いをした場合でも、ポイントなど各カード会社の特典や補償は受けることができる。

決済時には、実際のクレジットカード番号ではなく独自の番号が割り当てられ、カード情報を加盟店と共有しないため、個人が特定されることがない。

また万が一、紛失、盗難等があったときも、「iPhoneを探す」でiPhone、iPad、Apple Watchを紛失モードにして、Apple Payの使用を一時的に止めることができるため、セキュリティの面でも安心だ。

なお、Apple Payで使用するWalletに入っているカードを使用停止、削除しても、プラスチックのクレジットカードやプリペイドカードは引き続き利用できる。

Google Pay

Google Payの特徴

Google PayはGoogleが提供する電子決済サービス。

当初はAndroid Payの名称で、Androidスマートフォン向けのサービスで始まったが、Google Walletと統合することで新たにGoogle Pay(通称「G Pay」)としてスタートした。

電子マネーを登録、クレジットカードでチャージをすることで、電子マネーの利用をスマートフォンにまとめることができる。

実店舗での利用は、NFC(近距離無線通信)に対応したスマートフォンが対象で、日本国内での利用では、おサイフケータイに対応したAndroid OS 4.4 KitKat以降のOSで利用可能。

Google Pay対応のアプリもあり、アプリ内の購入にも利用できる。

この場合、NFC非対応でも利用できる。

しかし今のところ、iPhoneでの利用はWEB決済のみで、Android端末のように実店舗などの読み取り端末機では利用できない。

現時点(2019年2月)で対応している電子マネーはnanaco、楽天Edy、Suica、Waon、Quic Payの5つ。

主要電子マネーをカバーしているため、使える店舗の範囲が広く、電子マネーをよく使う人にとっては便利なサービスとなっている。

Payサービス、今後の展開

クレジットカードをはじめとしたカード類は、数に限度がある。

そこにPayサービスがつながることで、決済の幅は広がっていくはずだ。

Apple Payのようにカードをまとめ、利便性を追求するのか、ポイントなどお得さを打ち出していくのか、Payサービスの何が有力となるのか、これから次第に見えてくるだろう。

ちなみに同じ「Pay」がつくサービスとして、「Amazon Pay」というものもある。

これは、AmazonのアカウントでAmazon以外のECサイトでもログイン、決済ができるというサービスで、日本国内では現時点でインターネット通販内のサービスにとどまっているが、アメリカの動きなどを見ていると、実店舗にも進出してくるのではないかと考えられる。

こういった新たなサービスも見逃せない。

まだまだあるPayサービス、さらに様々な種類のPayサービスを知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてほしい。

Payサービスの種類はこんなにあった!QRコードスマホ決済の一覧と比較表まとめ

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る