おすすめのPayサービスは?特徴と利用方法を比較!Google Pay、ApplePay、LINE Pay、楽天ペイ、PayPay

Pocket
LINEで送る

Apple Pay

Apple Pay、Google Pay、LINE Pay、楽天ペイ、そしてPayPay。

「Pay」と名のつく決済サービスが次々と登場している。

特にApple Payが日本でもスタートとした際には、大きな話題となった。

そもそもPayサービスとは、どのような決済サービスなのだろうか。

また、既存の決済サービスとどのような関係にあるのだろうか。

Apple Pay、Android Pay、LINE Pay、楽天ペイ、PayPayの各サービスについてまとめ、比較していく。

Payサービスとは

カードリーダー
Payサービスとは、大きくまとめると、実店舗やインターネットでの決済において、スマートフォンやPC上で簡単に決済が完了できるサービスだ。

既存のクレジットカードや電子マネー、ポイントなどをまとめる機能もあり、財布不要で決済ができる。

Payサービスは、クレジットカードや電子マネー、その他さまざまなカードと決済方法が多様化する中で現金を持ち歩かず、さらには財布も必要なく、スマートフォン一つで決済を済ませたいというニーズに応えるものだ。

しかし、同じ「Pay」とつくサービスでも、各社のサービスごとに内容に様々な違いがある。

Apple Pay

Apple Payの特徴

Appleが提供するサービス。

iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のApple Pay対応デバイスにおいて、クレジットカード、プリペイドカードなど最大8枚のカードまで、搭乗券やギフトカードなどと一緒にWalletアプリケーションに入れ、決済に使用することができる。

Apple Pay利用には、Apple Pay対応デバイスの他、Apple ID (iCloud へのサインインに使用している Apple ID)と、デバイスのOSを最新バージョンにアップデートしておくことが必要だ。

また、Apple Pay対応のカード会社のカードも必要となる。

世界中の主要な銀行・カード会社はApple Payに対応しているが、そういったところから発行されているカードの中にも、Apple Payに対応していないものが一部ある。

対応カードの詳細はApple Payの公式サイト内で紹介されているので、気になる場合は一度チェックしてみてほしい。

対応カードは順次増えている。

Suica対応で財布も定期入れも不要に

Apple Payの日本でのサービスの中で大きな特徴が、交通系ICカードのSuicaが対応していることだろう。

Suicaであれば、無記名式、記名式、定期券いずれも対応している。

また、交通系ICカードの相互利用ができる日本全国のエリアでApple Payが利用できる。

注意点としては、プラスチックカードのSuicaをApple Payにすると、元のカードは使用できなくなる。

預り金(デポジット)の500円はApple Payに引き継がれる。

他のクレジットカードなどでは、元のカードが使えなくなるということはない。

なお、Suica機能付きクレジットカードの場合、クレジットカードとしてApple Payに追加はできるが、クレジットカード機能しか取り込まれない。

Suica機能は取り込まれず、Suicaの残高はプラスチックカード側に残ることになる。

Apple Payの利用方法

Apple Payを利用するにはまず、デバイスのWallet上にカードを追加する必要がある。

追加操作自体は、Walletの指示に従えば良いので簡単だ。

Apple Payの利用は、Suica、iD、QUICPay、または Apple Payのマークのある店であれば利用できる。

実店舗では、QUICPay、iD、Suicaのいずれかで支払うことを伝え、iPhone 7の場合はTouch IDに指を載せたままiPhoneをリーダーにかざし、Suicaの場合はデバイスをリーダーにかざすだけで良い。

アプリケーション内やSafariなどウェブサイト上のショッピングの支払いには、支払い方法としてApple Payを選択し、必要な項目を確認、必要に応じて追記するだけだ。

また、Apple Payで支払いをした場合でも、ポイントなど各カード会社の特典や補償は受けることができる。

決済時には、実際のクレジットカード番号ではなく独自の番号が割り当てられ、カード情報を加盟店と共有しないため、個人が特定されることがない。

また万が一、紛失、盗難等があったときも、「iPhoneを探す」でiPhone、iPad、Apple Watchを紛失モードにして、Apple Payの使用を一時的に止めることができるため、セキュリティの面でも安心だ。

なお、Apple Payで使用するWalletに入っているカードを使用停止、削除しても、プラスチックのクレジットカードやプリペイドカードは引き続き利用できる。

Google Pay

Google Payの特徴

Google PayはGoogleが提供する電子決済サービス。

当初はAndroid Payの名称で、Androidスマートフォン向けのサービスで始まったが、Google Walletと統合することで新たにGoogle Pay(通称「G Pay」)としてスタートした。

電子マネーを登録、クレジットカードでチャージをすることで、電子マネーの利用をスマートフォンにまとめることができる。

実店舗での利用は、NFC(近距離無線通信)に対応したスマートフォンが対象で、日本国内での利用では、おサイフケータイに対応したAndroid OS 4.4 KitKat以降のOSで利用可能。

Google Pay対応のアプリもあり、アプリ内の購入にも利用できる。

この場合、NFC非対応でも利用できる。

しかし今のところ、iPhoneでの利用はWEB決済のみで、Android端末のように実店舗などの読み取り端末機では利用できない。

現時点(2019年2月)で対応している電子マネーはnanaco、楽天Edy、Suica、Waon、Quic Payの5つ。

主要電子マネーをカバーしているため、使える店舗の範囲が広く、電子マネーをよく使う人にとっては便利なサービスとなっている。

Google Payの使い方

まず、アプリをダウンロードし、電子マネーを追加する。

楽天Edyは、アプリ内でクレジットカードによるチャージが可能。

利用できるクレジットカードは、楽天カードを始め多くのカードが利用できる。

また、nanaco、楽天Edyなどが利用できる店舗の店頭でチャージを行うこともできる。

支払い時には、nanacoもしくは楽天Edy利用を伝え、スマートフォンをかざすだけで完了だ。

また、Google Payでは、ポイントカード、特典カード、メンバーシップ カード、ギフトカードなどのデジタルコピーを保存することもできる。

PayPay

PayPay

ソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が提供するスマホ決済アプリ「PayPay」だ。

手軽にダウンロードすることができ、簡単な設定・支払い、決済方法・支払い方法は複数から選択可能、個人間送金もOKと、非常に使い勝手の良いアプリである。

Yahoo!ウォレットを経由して銀行口座から残高をチャージできるだけでなく、クレジットカードを登録すればチャージなしで利用することも可能だ。

決済方法

PayPayはいわゆる「スマホ決済アプリ」で、決済方法は以下の2通りだ。

  • スキャン支払い:店側が提示したバーコード・QRコードをアプリで読み取る
  • コード支払い:こちら側が表示したバコード・QRコードを店側に読み取ってもらう

バーコードかQRコードを介しての支払いとなるため、「コード決済アプリ」という位置付けだ。

どちらの支払い方法が使えるかは店舗によって異なるので、支払い時に訪ねてみると良いだろう。

また、PayPayで決済すると決済額の0.5%がPayPayボーナスとして還元されるのが大きな特徴といえる。

審査や年齢制限がないのも特徴だ。

クレジットカードを作りたくても作れない年齢のユーザーでも0.5%還元が受けられるため、PayPay加盟店では積極的に使っていくことをおすすめする。

従来アプリの決済方法

PayPayはスキャン支払いとコード支払いの両方に対応しているが、従来の決済アプリはそうでないアプリが多い。

例えば、LINE Pay、d払い、Yahoo!ウォレットは店舗読み取り(コード支払い)のみだ。

また、楽天ペイ、Origami Payはユーザー読み取り(スキャン支払い)のみとなっている。

より多くの支払い方法に対応しているということは、最終的にはPayPayが使える対象店舗が多くなることにつながる。

後発でリリースされたアプリだけあり、どちらにも対応しているのはPayPayの強みといえるだろう。

現在は純粋な加盟店数では従来のアプリに及ばないものの、今後加盟店数は増加すると予想できるため、今のうちからPayPayを使っておくのも良い。

支払い方法

PayPayで決済をした料金を支払う方法は以下の3通りとなる。

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

支払い方法の優先順位も上記のようになっており、基本的にPayPay残高から支払われる仕組みだ。

自分で支払い方法を変更することもでき、スキャン支払い・コード支払い共に「お支払い方法」から変更できる。

また、PayPay残高やYahoo!マネーの残高が足りない場合には、登録してあるクレジットカードから支払いが行われる。

このときに注意して欲しいのが、残高が足りない場合にクレジットカードが登録してあると、自動的にクレジットカードからの支払いになるということだ。

残高が足りないというアラートが出たり、決済ができずに自分でクレジットカードからの支払いを選ぶのではなく、自動的にクレジットカードから支払いが行われることになるので注意してほしい。

どうしてもこの状況を避けたい場合は、クレジットカードを登録せずに利用することだ。

クレジットカードを登録していない状態で残高が足りない場合は、決済は行われず、残高をチャージしてから改めて決済をするということになる。

クレジットカード払いがおすすめ

支払い方法はPayPay残高がデフォルト設定だが、もしクレジットカードを登録することに抵抗がなければ、クレジットカード払いが断然おすすめだ。

なぜなら、クレジットカード払いであればクレジットカードのポイント還元も受けることができ、いわゆる「ポイントの二重取り」が可能だからだ。

PayPayは元々アプリだけでも0.5%の還元が受けられるが、仮に1.0%還元のクレジットカードで支払いをすると、合計1.5%還元で買い物ができるのだ。

貯まるポイントがPayPayボーナスとクレジットカードの独自ポイントで分散されてしまうが、できる限り高い還元率で買い物をするに越したことはないだろう。

詳細は後述するが、PayPayに登録できるクレジットカードはYahoo! JAPANカード、VISAかMastercardブランドのクレジットカードのみとなる。

JCBやアメックスブランドのカードは現在のところ登録できないため注意してほしい。(Yahoo! JAPANカードであればJCBブランドも登録可能)

PayPayに登録するクレジットカードでおすすめなのは「オリコカード・ザ・ポイント」だ。

CMでもおなじみの年会費無料高還元率の優良カードの代表格で、基本還元率が1.0%と高く、入会から6ヶ月間は還元率が2.0%になる。

オリコモールというポイントアップモールもあり、Amazonでは常時2.0%(入会から6ヶ月間は3.0%)還元になるおすすめカードだ。

これからPayPayを使うために還元率の高いクレジットカードを探している方は、オリコカード・ザ・ポイントを作っておけばまず間違いない。

LINE Pay

LINE Payの特徴

LINEが提供するサービス。

LINE Pay加盟店での利用と、LINE Payに付随して発行されるプリペイドカード「LINE Payカード」を使えば、コンビニやスーパーなど国内外のJCB加盟店約3,000万店舗(2015年9月末時点)での支払いに利用できる。

LINE Payカードを利用すると、利用金額100円ごとに2ポイントが貯まり(還元率2%)、1ポイント1円換算で1000ポイントからLINE Pay残高に交換も可能。店舗での支払い以外にも、LINEの友だち同士なら送金、送金依頼、割り勘が手軽にできる。

LINE Payの利用方法

LINEアプリ上から簡単に登録、利用開始できる。

LINE Pay利用のためには、チャージをする必要がある。

チャージ方法は、銀行口座、LAWSONレジチャージ、Pay-easy、コンビニ、そして銀行口座からのオートチャージの5種類。

また、以前は対応していなかったようだが、クレジットカードの登録も可能になっており、オートチャージにすることもできる。

決済方法としては、LINE Payカード、コード決済、LINE Pay決済の3種類。

LINE Payカード決済はプリペイドカードで、決済をスマートフォンにまとめるというPayサービスのメリットからは外れてしまうが、還元率2%のポイント特典が魅力だ。

コード決済とLINE Pay決済は、LINE Pay加盟店での利用が可能で、前者は実店舗の店頭でスマートフォンの画面に表示されたコードの読み取り、後者はインターネット通販などで決済方法の選択時にLINE Payを選択するというものだ。

また、LINEの友だち同士の送金、送金依頼、割り勘は、銀行口座は必要なく、LINEアプリ上で完結する。

ただし送金については、安全な取引のために事前の本人確認が必要だ。

楽天ペイ

楽天ペイの特徴

楽天が提供する、楽天会員向けのサービス。

専用のアプリをダウンロードすることで、楽天会員情報に登録したクレジットカードで、スマートフォン一つで買い物ができ、楽天ポイントも貯まるサービス。

インターネット通販においても、楽天の登録情報で決済ができる。

利用金額200円ご利用ごとに1ポイントが貯まり、さらに楽天カードを利用していれば100円ごとに1ポイント貯まる。

また、1ポイント100円として支払いにも利用できる。

楽天ペイの利用方法

まずはアプリをダウンロード、楽天会員IDでログイン後、決済に使うカードを選択する。

選択できるカードは、すべての楽天カード、その他、Visa、Mastercardが利用できる。

楽天ペイマークのある店舗で利用することができ、店頭では楽天ペイで支払うことを伝え、QRペイかセルフペイかを選択した後に支払い、インターネット通販では決済方法の選択時に楽天ペイを選択する。

楽天会員でポイントを積極的に貯めている人にとっては、楽天サイト以外のネットショップ、さらには実店舗でもポイントが貯まり、使えるということで、通常のPayサービスに+αのメリットとなる。

また、インターネット通販では、決済情報をいちいち入力しなくて済むため、より快適に買い物ができるようになる。

お得なPayサービスならLINE Pay

ビジネス
Payサービスの中でお得なのは、楽天ユーザーにとっては楽天ペイ、特に楽天にこだわらないのであれば還元率2%のLINE Payと言える。

このLINE Payをさらにお得に使う方法として、チャージ方法としてコンビニを選び、中でもファミリーマートでファミマTカードを使うという方法がある。

ファミマTカードは収納代行のできるクレジットカードで、通常還元率0.5%、毎週火曜・土曜の「カードの日」には還元率1.0%の決済ポイントがつく。

これを利用すると、LINE Payで最大3%の還元率を実現させることができるのだ。

LINE Payとは?LINE Payカードで最大3%還元を実現する裏技知ってる?

財布要らずの便利さはApple PayとGoogle Pay

スマホ支払い
iPhoneの一部ユーザーには限られるが、キャッシュレスで財布も要らないという便利さで言えば、Apple Payが一番だろう。

複数のカードをまとめることができ、さらにSuicaが使えるという点は、やはり大きい。

逆にAndroidユーザーなら、同じくSuicaが使えるという点でGoogle Payが一番使いやすいだろう。

Payサービス、今後の展開

QRコード決済
クレジットカードをはじめとしたカード類は、数に限度がある。

そこにPayサービスがつながることで、決済の幅は広がっていくはずだ。

Apple Payのようにカードをまとめ、利便性を追求するのか、ポイントなどお得さを打ち出していくのか、Payサービスの何が有力となるのか、これから次第に見えてくるだろう。

ちなみに同じ「Pay」がつくサービスとして、「Amazon Pay」というものもある。

これは、AmazonのアカウントでAmazon以外のECサイトでもログイン、決済ができるというサービスで、日本国内では現時点でインターネット通販内のサービスにとどまっているが、アメリカの動きなどを見ていると、実店舗にも進出してくるのではないかと考えられる。

こういった新たなサービスも見逃せない。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。