ファミペイ、dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントが連携可能に!最大還元率1.5%だがファミマTカードなら2%還元

Pocket
LINEで送る


2019年11月26日(火)より、スマホ決済サービス「ファミペイ」で3つのポイントが使えるマルチポイントサービスが開始する。

dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントの3種類が対象となっており、各ポイントの専用カードやアプリを提示することで、全国のファミリーマートでの会計時にポイントが貯まるようになった。

また今回のマルチポイントサービス導入に伴い、ファミペイ内でdポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントとの連携が可能に。

ポイント還元やクーポン、決済機能をファミペイのバーコード1つで完結できるようになる。

もちろん今までのようにファミペイとポイントカードの2回スキャンをする必要もないので、株式会社ファミリーマートはプレスリリースで「レジ接客時間が3分の1になる」と予想している。

さらにファミペイボーナスと他社ポイントの2重取りが可能になったので、最低でも1.0%のポイント還元率は獲得な点も覚えておこう。

ファミマTカードからのチャージは1.5%還元

ファミマTカード
ファミリーマートでの買い物をお得にするために必須なのが「ファミマTカード」。

年会費無料で利用できるクレジットカードで、ポイント還元をメインに様々なサービスが付帯している。

例えばファミマTカードからファミペイにチャージすると、ファミリーマートでの買い物でポイン最大1.5%のポイント還元を実現可能。

  • 0.5%(FamiPayボーナス):ファミマTカードでファミペイにチャージ
  • 0.5%(Tポイント):会計時にポイントカード提示
  • 0.5%(FamiPayボーナス):ファミペイで支払い

最終的な支払方法はファミペイになるが、実質1.5%のポイント還元になるのでおすすめだ。

還元率2%! 実はファミマTカード単体の決済のほうがお得

ファミマTカードからファミペイにお金をチャージしてから利用すると最大1.5%のポイント還元となる。

しかしファミマTカード単体で決済した場合、1.5%を超える2%のポイント還元となることをご存じだろうか。

実はファミリーマートでの買い物に限り、ファミマTカードのポイント還元率は200円(税込)につき4ポイント、つまり2%になるのだ。

  • ファミペイ利用の場合(1.5%):10,000円の利用で150円分のポイント獲得
  • ファミマTカード単体利用の場合(2%):10,000円の利用で200円分のポイント獲得

ただしファミマTカードをファミリーマート以外で利用する場合、200円(税込)につき1ポイントしかたまらず0.5%のポイント還元率になってしまう。

さらに利用先もJCB加盟店に限定されており、VISAやMastercardと比較して加盟店が少ない海外での利用にも向いていない。

あくまでもファミリーマートでの買い物ならファミマTカードが最もお得ということなので、普段から利用しているユーザーにはおすすめだ。

ファミペイはファミリーマート以外では使えない

そもそもファミペイはファミリーマート以外での買い物には利用できない。

現時点(2019年11月18日)でのファミペイ加盟店は、ファミリーマートの実店舗とネット通販の「Kaema」だけだからだ。

なのでファミリーマート以外でのキャッシュレス決済を望む場合は、JCB加盟店でも利用できるファミマTカードが便利になる。

ただクレジットカードの場合は他のカードとの2枚持ちという使い方もあるので、普段よく利用する店舗を考慮したうえで、自分に合った方法を検討してほしい。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る