「PAY」サービスはこんなにあった!PAYサービスの一覧まとめ

Pocket

支払い

クレジットカードは利便性の高い決済方法だが、さらに利便性を高めた新たな決済方法として「PAY」サービスが登場している。

Payサービスは、店頭やネットショップにおいて、スマホやアカウント1つで決済を完了できる仕組みだ。

特にスマホ決済は利便性が高く、財布を持ち歩かなくても手軽に支払うことができるため、急速に広まりつつある。

利用者の増加にともなって対応店舗も続々と増えており、今後スマホ決済を活用できる場面はますます増えるだろう。

また、Payサービスの強みはクレジットカードや電子マネー、ポイントを紐づけることができる点にある。

つまり、手軽に支払いを済ませられるだけでなく、お得にポイントを貯めることもできるということだ。

本記事では、主要なPayサービスと違いについて紹介していく。

「PAY」と名のつくサービスが多すぎてわからない、という人も参考にして自分にあったサービスを利用してみてほしい。

「PAY」サービスの仕組み

Payサービスは、主にスマートフォンやオンラインで使用できる支払い方法だ。

それぞれのサービスのアカウントを作成し、クレジットカード情報や銀行口座などを登録し、現金を使わずに支払いができる

実店舗ではスマホをかざすだけで決済が完了でき、ネットショップでは1つのアカウントでさまざまなサイトでの買い物が可能になるなど、利便性の高い決済方法だ。

サービスによっては、各種ポイントカードや交通系ICカードを紐づけることも可能だ。

主なPayサービスを以下に挙げてみよう。大手企業を中心にしつつ、新たなサービスも登場している。

本記事では、それぞれを解説していく。

Apple Pay

Apple Pay

Apple PayはApple製のデバイスで利用できるPayサービス。

日本国内で使用されているほぼ全てのクレジットカードやプリペイドカードを紐づけることができる

ポイントカードやギフトカードも含め8枚まで登録可能で、アプリ内で任意のカードを瞬時に切り替えて使えるため非常に便利だ。

ポイントも引き継がれ、特典なども同じように利用できる。

店頭での支払に利用する際は、専用の端末にスマホをかざすだけで決済が完了する

Suicaにも対応

iPhone 7以降のiPhoneか、Apple Watch Series 2以降のApple Watchでは、交通系ICカードの「Suica」を追加できるようになり、話題を呼んだ。

SuicaへのチャージやSuica定期券の更新も、アプリ内で手軽に済ませられるのは大きな魅力だ。

iPhoneユーザーで普段からSuicaを使っているならぜひ活用しよう。

指紋認証「Touch ID」で安心&便利

iPhone、iPad、Touch IDを搭載したMacBook Proでは、Touch IDで支払いも可能。

認証がスピーディーに済むだけでなく、セキュリティも非常に優れている。

不正利用といったセキュリティ面が心配という人にも、ぜひ検討してほしい決済手段だ。

Google Pay

Google Pay

Googleが提供するAndroidスマートフォン向けの決済方法。

以前は「Andoroid Pay」というサービス名だったが、2018年2月20日よりGppgle Payに変更された。

電子マネーを登録し、クレジットカードでチャージをすることで、電子マネーの利用をスマートフォンにまとめることができる

Google Payに紐付けできる対象の電子マネーは楽天Edy、nanaco、WAON、Suicaだ。

対応している店舗に入店した際には知らせてくれるサービスもあり、非常に便利だ。

Androidユーザーなら活用しない手はないだろう。

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天サービス以外でも楽天アカウントで決済を行えるサービス。

ネットショッピングに加え、全国のローソンと、楽天ペイマークのある店舗で利用できる。

楽天ペイの利用200円で楽天スーパーポイントを1ポイントが獲得でき、お得さもある。

さらに紐付けるカードを楽天カードにすれば、100円の利用で1ポイントを獲得できる。

楽天ポイントを1ポイント=1円相当として使うこともできるため、ポイント運用をスマホ一つで手軽に管理できるというメリットも。

楽天ユーザーにとっては非常にメリットが多い決済手段と言える。

QRコード決済に対応

QRコード決済の魅力はその手軽さで、支払いをスマートに済ませることができる点だ。

楽天ペイでは以下の2種類のQRコード決済に対応している

  • コード表示
  • QR読み取り

コード表示」とは、自分のスマホにバーコード/QRコードを表示させて、お店で読み取ってもらう方法。

QR読み取り」は、お店に掲示されたQRコードをスマホで読み取る方法だ。

お店に合わせて支払方法を使い分けられるということは、楽天ペイで支払えるシーンが増えるということ。

加盟店は今後も増えていく予定で、利便性はさらに上がっていくと予想される。

LINE Pay

LINE Pay

コミュニケーションツール「LINE」と連携した決済サービス。

加盟店(オンライン、実店舗)での決済をはじめ、LINEの友だちへの送金、割り勘ができるのが特徴

クレジットカードだけでなく、銀行口座コンビニからのチャージも可能。

クレジットカードと銀行口座からはオートチャージにも対応している。

また、プラスチックカードとしてプリペイド式の「LINE Payカード」を発行することもできる。

LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店でクレジットカードと同じように使うことができる。

QRコード決済にも対応

実店舗の加盟店ではQRコードによってスマートに支払いを済ませることができる。

方法は簡単で、手持ちのスマホでコード画面を提示して、レジで読み取ってもらえば決済は完了

QRコード決済は導入する加盟店にとってもメリットが多いため、今後利用できる場面はますます増えていくだろう。

また、公共料金の請求書に記載されているバーコードを読み取ることで支払える「請求書払い」にも対応。

コンビニや銀行に支払いに行くことなく、家にいながら支払いを済ませられるメリットは大きい。

Amazon Pay

アマゾン

Amazonアカウントを利用して、Amazon以外のネットショップで支払いが可能なサービス。

クレジットカード情報等、Amazonアカウントに登録された情報で支払いを行うため、新たな情報の入力は不要となる。

そのため、Amazon Payに対応しているサイトでは、最短2クリックで買い物が完了する

初めて利用するサイトであっても、Amazonアカウントで決済ができ、カード情報などがサイト側に渡ることがないので安心だ。

QRコードにより実店舗でも利用可能に

2018年8月に、QRコードを用いた実店舗での決済に対応していくことが発表された。

利用方法は簡単で、購入する際にAmazonショッピングアプリでQRコードを表示させ、店舗側の端末で読み取れば完了。

QRコード決済が可能なアプリとしては後発になるが、Amazonのブランド力とユーザー数を追い風に、一気に普及が進む可能性もある。

Origami Pay

Origami Pay

銀行口座またはクレジットカードを登録するだけで利用可能なPayサービス。

登録できるクレジットカードは、VISAMasterCardで、一括払いのみの対応となる。

会員登録料や手数料は一切かからず、何度でも使える2%オフ50円オフの割引サービスがついてくるので、お得だ。

他のPayサービスに比べると若干知名度が低いかもしれないが、利用できる店舗は多く、大手ショップをはじめとして全国約20,000店で利用できる

2018年9月11日からは全国のローソンで使えるようになった。

QRコード決済にも対応

Origami PayもQRコードによって決済できるサービスだ。

方法は簡単で、お店のレジカウンター掲示してあるQRコードをスマホアプリで読み込むだけ

加盟店であれば非常にスマートに会計を済ませられる。

キャッシュレス決済はさらに便利に

今回紹介したようなPayサービスが登場したことで、キャッシュレス決済はさらに進んでいる。

クレジットカードを紐づけられるサービスも多いので、クレジットカードのポイントや特典は利用しつつ、決済をより便利にできる

普段よく利用するお店が加盟店かどうかに加え、ポイント運用などについても事前に確認しておくといいだろう。

また、QRコード決済の導入が進んでいるのも、決済アプリという分野全体の動きと言える。

ユーザーにとってはiPhoneやAndroidといった端末によらず利用でき、手軽に支払いを済ませられるというメリットがある。

一方で加盟店にとっても、非接触型決済に比べて安く導入できるというメリットがある。

ユーザー、加盟店の双方にとってメリットが大きいサービスのため、ますます普及が進むと考えられる。

今後、利用できる範囲が広がったり、新たなサービスが出てきたりする可能性は高い。

いずれのサービスも「手軽にスタートできる」という特長を持っているため、迷っている人はぜひ気軽に使ってみよう。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。