PayPayとLINE Payどっちがおすすめ?人気スマホ決済アプリ比較!

Pocket
LINEで送る

QRコード決済
キャッシュレス化の波が勢いを増し、近頃はスマホ決済アプリへの注目度が増している。

その中でも特に有名なのが、2回にわたる100億円キャンペーンで評判のPayPayと、コミュニケーションアプリとして普及しているLINEから派生したサービスであるLINE Payだ。

どちらもQRコードを利用したスマホ決済に対応している点は共通しているが、利用店舗や方法など異なる部分も多い。

自分にあったスマホ決済アプリを選ぶ基準として、よく利用する店舗でどのアプリが使えるかを1つの判断基準にするといいだろう。

本記事では「PayPay」と「LINE Pay」の支払い方法や加盟店などの特徴を比較し、それぞれの利用シーンを目的別に分類し、どちらがおすすめできるのかを解説する。

決済方法の利便性

PayPay

「PayPay」「LINE Pay」ともにQRコードを利用する点は同じだが、LINE Payはコード決済以外にも、オンライン決済やプリペイドカード決済にも対応している。

PayPayの決済方法

  • コード決済(表示)
  • コード決済(読み取り)

PayPayは加盟店によって、利用者側がコードを表示して店側が読み取る場合と、店側がコードを表示して利用者側が読み取る場合がある。

小規模な店舗、チェーン系店舗など大規模な店舗では前者、個人店では後者のケースが多い。

後者の場合、店側は専用端末などを用意する必要なく、コードの表示だけを行えば良いのでより簡単に導入ができる。

LINE Payの決済方法

  • コード決済(表示)
  • オンライン決済
  • プリペイドカード決済

LINE Payのコード決済は、利用者側がコードを表示して店側が読み取るタイプのみ。

コード決済の他に、オンライン決済やプリペイドカード決済など、クレジットカードに似た利用方法が用意されているのが特徴だ。

プリペイドカード決済の場合はJCBブランドのリアルカードの発行が必要となるため、利便性は劣るが、JCBの加盟店で利用できるという点が強い。

※LINE PayにはQUICPayと呼ばれる決済方法があるが、Android端末+おサイフケータイアプリ+「Google Pay」アプリが必要と対象が限定的なので今回は省略した。

支払い方法の種類

「PayPay」と「LINE Pay」の支払い方法は下記の通りだ。

PayPayの支払い方法

  • PayPay残高
  • クレジットカード
  • Yahoo!マネー

PayPay残高には、チャージなどによる「PayPayマネー(2019年9月30日以降)」「PayPayマネーライト」と、特典やキャンペーンなどで獲得できる「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」がある。

その他、クレジットカード払いにも対応。また、Yahoo!マネー払いが特徴的な点といえる。

PayPay残高へのチャージ

PayPay残高へチャージする方法としては以下の2つがある。

  • 銀行口座(条件アリ)
  • Yahoo!Japanカード

銀行口座からチャージを行う場合、Yahoo!ウォレットに登録されている銀行口座を利用することになる。

Yahoo!Japanカードでチャージを行う場合は、3Dセキュア認証というセキュリティ対策が必要。

PayPayは、基本的にヤフー関連サービスとの連携が前提となっており、この点がヤフーを利用しない人にとっては若干ハードルになるかもしれない。

LINE Payの支払い方法

  • LINE Pay残高
  • クレジットカード

「LINE Pay」の支払い方法はシンプルで、チャージした金額分の利用が可能となっている。クレジットカード払いにも対応している。

LINE Pay残高へのチャージ

LINE Pay残高へチャージする方法としては以下の2つがある。

  • 銀行口座
  • コンビニATM

クレジットカードからのチャージはできないが、代わりに幅広い銀行口座やコンビニATMからのチャージが可能だ。

ポイント還元率

PayPayもLINE Payも、利用金額に応じたポイント還元の仕組みがある。

PayPayのポイント制度

通常の還元率は3.0%で、利用金額に応じてPayPayボーナスとしてPayPay残高に加算される。ただし、Yahoo!Japanカード以外のクレジットカード払いは還元率0.5%となる。

ポイント還元率を重視する場合は、Yahoo!Japanカードを使うか、PayPay残高もしくはYahoo!マネーでの支払いをおすすめする。

ただ、クレジットカード払いはPayPayボーナスとカードのポイントの二重取りができるため、もともとの還元率が高いカードを使うことでPayPay利用による還元率をアップすることもできる。

PayPayボーナスはPayPay残高で支払う際に優先的に使用され、有効期限は無制限。

LINE Payのポイント制度

デフォルトの還元率は0.5%で、月の利用額に応じてLINE Payボーナスが付与される。LINE Payボーナスは、加盟店での支払いおよび送金に利用可能。出金はできない。

また、月の利用額に応じて還元率がアップする「マイカラー制度」があり、最大で還元率2.0%となる。マイカラーは4つに分けられており、それぞれ以下のような還元率となる。

  • ホワイト:0.5%(月0~9,999円の決済)
  • レッド:0.8%(月10.000~49,999円の決済)
  • ブルー:1.0%(月50,000~99,999円の決済)
  • グリーン:2.0%(月10万円以上の決済)

加盟店の数

「PayPay」や「LINE Pay」のようなスマホ決済アプリは、店舗側がサービスを導入しなければ使用することができない。

つまり「加盟店の数=スマホ決済アプリの使いやすさ」につながるということだ。

現時点でPayPayとLINE Payの加盟店数に大きな差はない。ただ、オンライン店舗に一部対応している点で、LINE Payがややリードしているといえる。

LINE PayのJCBリアルカード

LINE Payでは、LINE PayカードというJCBブランドのリアルカードが発行できる。

このカードはプリペイド式で、チャージすることで全国のJCB加盟店でクレジットカードと同様に利用できる。

代表的な加盟店

PayPayとLINE Payの加盟店から、代表的な店舗の一部を以下に紹介する。

PayPay

  • 和民
  • 白木屋
  • 松屋
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • イオン(一部店舗)
  • 江の島タクシー など

LINE Pay

  • 魚民
  • 白木屋
  • 松屋
  • ローソン
  • スターバックス
  • 阪急百貨店
  • ZOZOTOWN など

キャンペーンの充実度

「PayPay」の100億円キャンペーンや「LINE Pay」の20%還元キャンペーンなど、スマホ決済アプリはユーザーを獲得するために、かなりお得なキャンペーンを定期的に開催している。

過去に開催されたキャンペーン

PayPay

  • 100億円キャンペーン
  • やたら当たるくじ

LINE Pay

  • 「Payトク」の20%還元キャンペーン
  • ドラッグストアでのコード支払いで20%還元

こんな人にPayPay or LINE Payがおすすめ

効率よくポイントを貯めたい

少ない利用金額で大量のポイントを貯めたい場合、通常の還元率が高く、クレジットカード払いではポイント二重取りができるPayPayをおすすめする。

二重取りの手順も「PayPay」アプリにクレジットカード(Yahoo!Japanカード以外でも可)を登録し、カード払いを利用するだけなので非常に手軽。

普段使いしているクレジットカードがある場合、それを登録してPayPayを利用するだけで0.5%(「PayPay」のポイント還元率)分お得になる。

ネット通販を利用する

LINE Payはオンライン決済に対応しているので、ネット通販を利用する人におすすめだ。

まだ一部店舗のみだが、ファッション通販の「ZOZOTOWN」や楽天のフリマアプリ「ラクマ」など、大型の通販サイトが用意されているのは魅力的。

スマホ決済アプリのブームやキャンペーンへの本気度を考慮すると、LNE Payのオンライン決済対象店舗はこれからも拡大していくだろう。

決済手数料も無料で利用できるので、普段から「ZOZOTOWN」や「ラクマ」などの通販サイトを利用している人は「LINE Pay」を活用しよう。

興味があるなら両方をダウンロード

コード決済
PayPayの決済方法は実店舗のみだが、クレジットカードを利用したポイントの二重取りなど支払い方法の融通が利く。

LINE Payは基本的にお金をチャージする必要があるが、チャージの手軽さややオンライン決済が可能なのは魅力的だ。

目的に合ったほうを選んでほしいが、両方のアプリをダウウンロードするのもありだ。加盟店によって両方あったほうが便利ということもある。

おすすめクレジットカード

以下で紹介するクレジットカードは基本の還元率が高いため、ポイントの二重取りを狙う際におすすめだ。

JCB CARD W

  • 年会費:無料
  • 申込資格:18~39歳(高校生不可・未成年の場合は親の同意が必要)
  • ポイント還元率:1.0%~

「JCB CARD W」は年会費無料、ポイント還元率が非常に優秀なクレジットカード。通常時で1.0%、入会後の3ヵ月間は2.0%にもなる優れもの。

さらに海外旅行傷害保険(※)が最高で2,000万円まで補償されており、旅行好きにもおすすめできる内容になっている。

※旅行先で病気やケガなどのトラブルに巻き込まれた際、カード会社が医療費の一部をカバーしてくれる制度

JCB CARD W公式ページはこちら

Orico Card THE POINT

  • 年会費:無料
  • 申込資格:18歳~(高校生不可・未成年の場合は親の同意が必要)
  • ポイント還元率:1.0%~

「Orico Card THE POINT」も高還元率のクレジットカードで、通常時1.0%、カード入会後の半年間は2.0%まで上昇する。

さらにETCカードの発行手数料と年会費も無料なので、「Orico Card THE POINT」を発行すればお得にドライブを楽しむことが可能。

今なら8,000ポイント貰える破格のキャンペーン中なので、「車で通勤している」「ETCカードが必要になった」人におすすめだ。

※「LINE Pay」にもクレジットカードを登録する機能があるがオンライン決済の利用のみ。

つまり実店舗で「LINE Pay」を利用するときはチャージ式、ネット通販を利用する際は登録したカード払いになると覚えておこう。

Orico Card THE POINT公式ページはこちら

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカードのニュースコラムを担当。ニュースをただ伝えるだけではなく、そのニュースに隠された背景や意図を読み取り、解説しています。

国内・海外問わず、クレジットカード選びに重要な最新情報を発信しています。