幹事がお得に?PayPayにわりかん機能新搭載!LINE Payとの違いは?

Pocket
LINEで送る

2019年4月22日、スマホ決済アプリ「PayPay」を運営するPayPay株式会社はプレスリリースで、「わりかん」機能の追加を発表した。

また「わりかん」機能の追加に伴い、本機能を利用した「わりかんで10,000円もらえちゃうキャンペーン」の開催も決定。

年度の始まりに合わせて新機能をリリース、キャンペーンを開催することで、飲み会経由での新規ユーザーを獲得する狙いがうかがえる。

わりかんで10,000円もらえちゃうキャンペーン概要

「わりかん」機能を利用したキャンペーンも魅力的で、概要は下記の通り。

【キャンペーン概要】

  • 内容:支払合計が5,000円以上の「わりかん」作成者に、1万円または1,000円相当のPayPayボーナスが抽選でプレゼントされる。
  • 期間:2019年4月26日午前0時~5月6日午後11時59分
  • 付与されるPayPayボーナス:50人に1人に1万円相当・500人に1人に1,000円相当

注意点として、今回のキャンペーンでPayPayボーナスが付与されるのは「わりかん」作成者のみ。

つまり新歓などの幹事だけが利用できるキャンペーンとなっている。

「わりかん」の使い方

今回追加された新機能「わりかん」には作成者と参加者が存在し、それぞれの使い方は下記の通り。

【使い方(作成者)】

  1. ホーム画面の「わりかん」をタップ
  2. 「割り勘を作成」をタップ
  3. イベント名を「タイトル」に入力
  4. 「参加者」に請求したい一人あたりの基本額を入力
  5. 「割り勘を作成する」をタップ
  6. メンバーを追加
  7. メンバーのQRコードをスキャン
  8. 「参加者」ごとに請求額が違う場合は編集
  9. 「メンバーを追加する」をタップ
  10. 「割り勘の内容を決定する」をタップ
  11. 「わりかん」を確定

【使い方(参加者)】

  1. ホーム画面の「わりかん」をタップ
  2. 「参加中の割り勘」からイベント名を選択
  3. 「支払う」をタップ
  4. 金額を確認して支払いを完了させる

※PayPay公式サイトの情報をもとに作成

わりかん機能を使うメリットは?

PayPayのわりかん機能の使い方をまとめると、「飲み会などの前にグループを作成し、飲み会後に金額を支払う」という仕組みになっている。

従来の送金と違い「誰がいくら支払うべきか」をグループ作成者が常に把握できるのがメリットで、参加者の支払い漏れなどのトラブルを防ぐことが可能。

まさに飲み会など割り勘が面倒なときに活躍するので、新生活が始まる飲み会シーズンにの今にピッタリな機能となっている。

LINE Payの割り勘機能と比較

実はLINE Payにも割り勘機能は存在し、使い方は下記の通り。

基本機能はPayPayの「わりかん」とほとんど同じだが、LINE Payの場合はLINEアプリを利用できるというメリットがある。

つまりすでにLINEアプリで友達になっている場合に使いやすい仕組みということだ。

反対にPayPayの場合はQRコード利用しなくてもグループに参加できるというメリットがある。

どちらも基本的な割り勘機能は一緒なので、普段使い慣れているスマホ決済アプリを選択するといいだろう。

【使い方】

  1. 幹事が割り勘グループを作成
  2. QRコードを作成
  3. 参加者がQRコードを読み取りグループに加入
  4. 幹事の支払い後、「割り勘をリクエスト」された参加者が自分の分を支払う

飲み会の幹事をしたほうがお得

今回の「わりかん」機能追加によるキャンペーン以外にも、PayPayは第2弾100億円キャンペーンを開催中。

期間中はPayPay利用金額の20%が還元されるので、むしろ面倒くさい幹事に立候補した方がお得になる。

キャンペーンを上手に活用すれば実質タダで飲み会に参加できるだけでなく、それ以上のリターンを得ることも可能。

飲み会の幹事は店の予約など面倒なことが多いが、PayPayの「わりかん」機能を利用すれば支払いを簡単にできるので、これを機に立候補してみることをおすすめする。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る