クレジットカードの審査に落ちる3つの理由と対策!審査に通らない原因を調べる方法!

Pocket

 クレジットカードに申し込んだけれど、なぜか審査に落ちた。でも心当たりがない。。。といった経験をした人もいるだろう。

審査に落ちるには何かしらの理由がある。本記事ではクレジットカードの審査に落ちる主な理由と、その対策を紹介していく。

クレジットカードの審査に落ちる3つの理由と対策

大人のクレジットカードでは、これまで多くのクレジットカードの審査落ち情報を収集してきた。今回はその中でも圧倒的に数が多かった3つの事例に絞って紹介したいと思う。

信用情報に事故情報が載っている

当サイトがヒアリングしてきた中で、最も多い審査落ちの理由が事故情報(遅延情報)だ。

一般的にも、クレジットカードが作れない場合やローン審査に通らない場合の最大の理由は、信用情報に事故情報が載っているからであると言われている。

信用情報とは、クレジットカードや携帯電話料金などの支払い、ローンを組んだ場合などにその与信額と返済履歴を記録した情報のことで、信用情報は信用情報機関に保存され、各社で情報を共有している。

クレジットカードを申し込む際に利用規約をよく読むと、信用情報機関に情報を照会する旨が書かれている場合がほとんどである。

一般的に、信用情報機関に事故情報が残ることを「ブラックリストに載る」と表現する。
ちなみに、ブラックリストという名称のリストが実際に存在しているわけではない。

信用情報機関にはいくつか種類があり、以下の3つが主な機関となっている。

・CIC(株式会社シー・アイ・シー)
 信販会社、クレジットカード会社
・JICC(株式会社日本信用情報機構)
 信販会社、消費者金融、流通・銀行・メーカー系カード会社、金融機関など
・全国銀行個人信用情報センター
 金融機関

事故情報が残るのには原因があり、独自に調べた原因は以下の通りだ。

理由1:携帯電話利用料の支払いを遅延した、又は逃げた

最も多い原因の一つが携帯電話利用料の支払い遅延だろう。支払いの履歴は、信用情報機関に共有されており、遅延があった場合には信用情報に事故情報として記録される。

クレジットカードの審査に落ちる理由で、あまり関連がなさそうな携帯電話利用料が出て来るのに若干面食らう気もするが、実はとても自然なことなのだ。

携帯電話の利用料には「本体代金の割賦分」が含まれていることが多く、これは実質的にローンと同じ扱いで、携帯電話利用料の支払いを遅延するということは、ローンの支払いを遅延したことと同じ扱いにってしまうのである。

特に若い頃にお金がなかったり、ずぼらな性格で支払いが遅延していることが多いようである。

理由2:奨学金の返済が滞った、又は逃げた

奨学金の返済の滞りも理由として上げられることが多い。奨学金の返済は、社会問題にもなっているように、返済額が大きく、滞ったり、返済できない方も少なくないようだ。

奨学金の返済が滞った場合は信用情報機関に事故情報として登録される。また、返済が滞っている期間が続くと、その都度情報が更新されてしまうのがやっかいな所であろう。

理由3:クレジットカードの返済遅延があった

クレジットカードの返済遅延が原因であれば、本人にも心当たりがあるだろう。

ちなみに、クレジットカードの返済日に、お金はあるのにうっかり口座への入金を忘れて引き落としに失敗することがある
その場合は、クレジットカード会社から口座残高不足による遅延連絡があり、その後すぐに支払いを完了出来れば、信用情報に遅延として登録されないこともあるようだ。

クレジットカード会社も信用情報に事故情報を残すことの影響が大きいことを分かっており、遅延連絡からすぐにお金を準備出来た方には、ある程度寛大な処置をしてくれるのではないかと推測される。

ブラックリストから外れるのはいつか?

信用情報機関の事故情報をはじめとした記録は永久に保存されるわけではなく、大まかに以下の条件で記録がなくなる。

クレジット情報:5年
 クレジットカードの利用や支払状況を表す記録。延滞などの情報はここに記録されている。
利用記録:6ヶ月
 クレジットカード会社などが、ローン審査のために支払能力を調査する目的で情報を照会した事実を表す記録。
申し込み情報:6ヶ月
 新規クレジットやローンの申請を行った際に、クレジットカード会社が情報を照会した記録は6ヶ月間保管される。

短期間で複数のクレジットカードに申込みをしている

次に審査落ちの理由として多かったのが、短期期間の複数クレジットカードへの申し込みだ。

クレジットカードの申込み情報は、信用情報機関に保存され、短期間に複数枚のカードを申し込むと、審査に通らない原因になることもあるようである。

実際にセゾンカードでは、

「短期間に複数のお申し込みをいただいた場合については、当社基準によりお見送りになる場合がございます。」

という文言が記載されている。

短期間に複数申し込むことで、審査が通らなくなるのは、クレジットカード会社が借り逃げを恐れているからではないかと推測される。

また、推測の域を出ない話ではあるが、短期間に複数申し込んだ人ほど、返済が滞りやすいといった明確な統計的なデータをカード会社は持っている可能性があると考えられる。

キャッシング枠が原因で審査に落ちることもある

事故情報もなく、複数のカードを申し込んでいるわけでもないのに審査に落ちてしまう場合がある。その際の理由として考えられるのが、キャシング枠が年収に対して多すぎるということがあげられる。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在し、キャッシング枠はカードを使って現金を借りることができる枠である。実は、キャッシング枠というのは実際に借り入れをしていなくても枠を持っているだけで借入額としてみなされてしまうのだ。

後述するが、現在日本の貸金業法において、借入額の上限は年収の1/3までと決められている。

複数枚のカードを所持しており、それぞれにキャッシング枠が設けられている場合は、知らずのうちにキャッシング枠が膨らんでいき、年収の1/3を超えてしまっている場合審査に落ちてしまうと推測される。

キャッシング枠が多くなると必ず審査に落ちるということではないが、落ちる原因の一つになることは事実だ。

キャシング枠を減らす方法

もしこのような状況になることを避けるために、キャッシング枠を減らすもしくは0円にしたい場合は、カード裏面に記載のあるサポートデスクに電話することで申請できる。

ほとんどの場合、電話をすると自動アナウンスに従ってプッシュ操作を行い、その後オペレーターとの会話になる。カード番号や暗証番号を入力することもあるのであらかじめ準備をしておくと良いだろう。

また、オペレーターとの会話では、はじめに本人確認のために生年月日や現住所を聞かれることがあるのを覚えておいてほしい。

本人確認が取れたら、キャッシング枠を減らすもしくは0円にすることを申し出るだけで良い。

注意してほしいのは、一度減らしたキャッシング枠を元に戻すにはもう一度審査を受ける必要があり、場合によっては元の額に戻すことができばい場合があるということだ。

クレジットカードの審査落ちの対策(信用情報編)

一番の対策は「事故情報や申し込み情報が消えるのを待つ」ということに尽きるだろう。クレジット情報は5年残るので、それ以降であれば良いということになる。複数申し込む場合は6ヶ月間は空けてから申し込んだ方がよいだろう。

また、何らかの返済の遅延が続いている方は、まずは返済を完了させることが最優先になる。
他の人の借金も返していない人にお金を貸す人はいないというのも理解出来る話である。

また、クレジットカードの審査に何度も落ちる方で、どうしてもクレジットカードが欲しい方は「ACマスターカード」に申し込む方法もあるだろう。
ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードだが、一般的なクレジットカード会社とは審査基準が異なっているので、一度試してみる価値はあるだろう。

ACマスターカードの詳細
ACマスターカードの公式サイト

審査に落ちた原因を調べる方法

それでもやっぱり心あたりがないという方は、信用情報を自分で見てみると良いだろう。本人であれば登録情報を請求することが出来る。

請求には1000円程度必要になるが、クレジットカードの審査に通らない原因が分からずモヤモヤしているのであれば、一度申し込んでみることをおすすめする。

審査が厳しいカードも存在する

ここまではクレジットカードの審査に通るための最低限の条件を紹介してきたが、信用情報以外の以下のような条件でも審査をしており、審査が厳しいカードが存在するのも事実である。

雇用形態

正社員の方が審査において有利であることは間違いないだろう。

勤続年数

1年未満である場合、クレジットカード審査の評価においてはマイナス条件となる。勤続がほぼ1年であるのならば、ここは1年以上としておいても問題ないだろう。

居住年数

この項目も1年未満である場合、クレジットカード審査の評価においてはマイナス条件となる。居住年数がほぼ1年であるのならば、ここも1年以上としておくと良いだろう。

年収

年収はクレジットカード会社も正確に評価することが難しい。但し、勤務先や会社規模などから妥当な範囲の年収かどうかはチェックしていると推測される。年収200万の人が年収1000万などと明らかなウソを書くのは止めた方がいい。多少の差があるのは許されるのではないかと推測される。

借入額

現在日本の貸金業法において、借入額の上限は年収の1/3までと決められている。すでに他社で多くのお金を借りている場合には、カード上限額が少なくなる、又はカード自体が発行されないということもありうるのだ。

クレジットカードの審査落ちの対策(審査が厳しい編)

これらの項目が審査落ちの理由である場合は、基本的に対策のしようがないというのが現実である。

勤続年数や年収などが上がるのを待つというのが基本的な考え方になるだろう。

ちなみに、近年は基本的な審査はコンピューターで自動審査されており、補足的な判断を人間が行っているようだ。

一方で、独自の審査基準を設けて個別に審査を行うカード会社も存在し、比較的審査に通りやすいカードも存在する。

中でも、ライフカード<年会費あり>は圧倒的な審査の通りやすさだと言える。

本カードの公式サイトでは審査基準について触れており、以下のような方でもチャレンジができると明記されている。

  • 過去に延滞がある方
  • 初めてクレジットカードを作る方
  • 審査に不安のある方
  • 他社で審査に通らなかった方

また、審査においての特徴だけでなく、上手に使えば還元率3%を越えることも可能なカードなので、急ぎで欲しい時にはとりあえず申し込むのも手だろう。

信用情報の実績を積むことが重要

最後にこれまでの話を包括するような話ではあるが、すでにクレジットカードを持っている方であれば、利用した代金を毎月しっかりと返済していくことを心がけると良いだろう。

クレジットカードの返済をしっかりと行うことで、クレジット履歴(通称:クレジットヒストリー、クレヒス)が良くなり、審査に通りやすくなる傾向にある。

カード発行会社は雇用形態や勤続年数、居住年数以上に、毎月必ず返済してくれる方であるかどうかを重視していると推測される。

クレジットカードを持っていない方も、携帯電話の支払いや奨学金の返済などのローンを滞りなく返済することを心がけてほしい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る