【よくわかる】Kyash(キャッシュ)って使える?還元率2%は凄いかも!Google Payにも対応のスマホ決済アプリ!

Pocket
LINEで送る

スマホで電子決済アプリをダウンロードしようと思っている人もいるだろう。

便利さだけでなく、お得に電子決済アプリを使いたい人に紹介したいのが「Kyash(キャッシュ)」だ。

Kyash決済時のキャッシュバック還元率の高さ・クレジットカードのポイントとの二重取りが可能なサービスということもあり、オトク度が高いアプリだと答える人もいる。

そこで今回は、Kyashの概要やオトク度について深掘りしていきたいと思う。

Kyashの特徴と使い方

Kyashの特徴

kyashの機能をざっくりとまとめると、以下のようになっている。

・クレジットカード(VISA、Mastercardが使える)
・プリペイド式(事前にチャージが必要)
・スマホで決済できる
・友達間で送金(割り勘)が可能

つまり、スマホでバーチャルに発行される、プリペイド式クレジットカードがkyashということになる。

Kyashの大きな特徴は

・還元がキャッシュバックである
・還元率が2%である

という点が特に大きな魅力となっている。

どこで使える?

Kyashは電子決済アプリの一種で、世界各国にあるオンライン決済の「Visa加盟店」で利用できる。

チャージ方法

Kyashはプリペイド式クレジットカードに該当するため、事前にチャージする必要がある。

チャージ方法

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行口座
  • セブン銀行ATMで可

や決済、個人間での送金機能が付いており、Kyashアプリ内では「Kyash Visaカード」と呼ばれるバーチャルカードを発行できるため、プリペイドカード代わりにもなる。

電子決済に対応していない店舗でも、クレカ決済に対応している「Visa加盟店」であれば、Kyash Visaカードの情報が入っているスマホで決済可能だ(一部例外アリ)。

クレジットカード・デビットカードの情報をKyash内に登録するとオートチャージ機能も利用可能だ。

キャッシュバックの仕組み

Kyashの最大の特徴はキャッシュバックの還元率が高いこと。

Kyashで決済した額の、2%分が翌月にキャッシュバックされる(一部例外アリ)。

他の電子決済アプリでは、ほぼ見ることのない還元率だ。

例えば、Kyashを使って1カ月間で940円の買い物を2回(計1880円)した場合の計算方法は下記の通り。

  • 940円×2%=18.8→切り捨てで18円
  • 940円×2%=18.8→切り捨てで18円

この場合、36円のキャッシュバックとなる。

10月より2%キャッシュバック終了
2019年10月1日より、ポイントプログラム「Kyashポイント」がスタート。それにともない、還元率も2%から0.5~1%に変更となる。また翌月にKyash残高として付与されていた還元額は、kyashポイントとして即時付与される。
  • 還元率の変更点:2%→0.5~1%に変更(リアルカードでの決済1%還元、バーチャルカードのみの発行の場合は0.5%還元)
  • 還元方法の変更点:翌月Kyash残高に付与→Kyashポイントとして即時付与
※QUICPayによる決済、その他一部の取引ではポイント付与対象外。

リアルカードの発行もできる

バーチャルカードと同じデータが載っている「リアルカード」の発行も可能。

未成年も発行できるため、学生にもおすすめしたい。

リアルカードが手元にあれば、Kyashのアプリが入ったスマホを忘れてもKyash決済できるため、リアルカード誕生後の使い勝手が良くなったと感じる人もいるようだ。

外貨の決済も可能

国内通貨のほかに、海外通貨(主に海外で買い物をした場合)での決済も可能。

なお、海外通貨で決済した場合は「Visaで設定されたレートの金額(レートの金額は公には発表されない)+海外サービス手数料」で決済額は決まるので覚えておこう。

メリット・デメリット

Kyashを使う上で、どんなメリット・デメリットがあるか見てみよう。

メリット

友達への支払いでポイントを貯められる

kyashは、友達への送金が可能となっており、事前にクレジットカードでチャージしておけば、クレジットカードのポイントが付与される。

送金時にはリンクをシェアするだけで、簡単に送金することが可能になる。

(ただし、セキュリティ的に注意が必要になる。PayPayなどもリンクで送金することができるが、こちらはパスワードの設定が可能となっており、kyashにもこのあたりの対策は必要になってくるだろう。)

クレジットカードチャージでポイントが二重取りできる

クレジットカードからチャージをすることで、ポイントの2重取りができる。

例えば、還元率1%で有名なオリコカード・ザ・ポイントを例にあげると、10,000円のチャージで100円相当のポイントが付与され、さらにkyashでチャージした10,000円を使用すると、2%還元の200円が付与され、合計で300円のポイントが付与される。

この場合の還元率は10,000円に対して300円のポイントがつくので、3%になる。

リアル店舗でカードを出さずに支払える

Kyashのアプリに搭載されたスマホをVisaまたはMastercardのカード代わりで使える。

財布からカードを出す必要がないため、財布のなかからカードを探さなくて良い。

カードの使用をロックできる

Kyashのアプリをダウンロードしておけば、アプリ内からカードの利用をロックできる。

kyash一時ロック
(引用:公式サイト)

ロックを依頼するためにカード会社へ電話する必要がないのも、Kyashを使うメリットといえる。

不正使用被害をすぐさま防ぎたい時に便利な機能だ。

カードの使用状況を管理できる

Kyashに登録されたカード情報の利用額をアプリで逐一確認できるのもメリット。

カード会社によっては、支払い請求が確定していない期間のカード使用状況を確認できないケースもある。

しかし、Kyashを使えばアプリ内で瞬時に確認可能。

カード会社に利用状況を確認する必要もないため、使い勝手が良いと感じるだろう。

デメリット

プラットフォームとしてまだまだ未成熟

kyashには事前にチャージしておくことで使えるようになるが、まだまだメジャーなアプリというわけでもなく、利用者も多くはない。

チャージした金額を意識的に使っていけば問題ないかもしれないが、チャージしただけで、アプリを使わなくなってしまうと、そもそも還元率以上の損が発生してしまう可能性もある。

上限額が最大5万円と低いのも使いづらい点の一つかもしれない。

スマホの電源が切れると使用できない

Kyashアプリで支払いたくても、スマホの電源が切れると使用できない。

ただしリアルカードを使えば、スマホの電源が切れていてもKyashに登録されたカード情報で決済できるため問題ない。

毎月の限度金額がクレジットカードと比べて低め

Kyashの支払額は毎月12万円までと、クレカと比べて低め。

高額商品を買いたい人には使いづらいかもしれない。

また、1回で使える最大決済額も3万円(リアルカードを発行している人は5万円)までしか使えない。

しかし、少額決済が多い人であればそこまで気にならないだろう。

登録できるクレカの種類が少ない

Kyashでは、VisaかMastercardブランドのクレカ(デビットカード含む)しか登録できない。

さらに、最大登録数も5種類までになっている。

Google Payで利用可能・Apple Payは不可

Kyash Visaカードの情報はGoogle Payとの連携も可能だ。

Google Pay内にある「支払い」項目の中にある「お支払い方法の追加」を選択。

その後、「クレジット/デビット/プリペイド」を選ぶと、Kyash Visaカードの情報を登録できる。

ただし、Google Payの登録をしておかないと利用できない。

また、現段階では、Apple Payとの連携はできない。

設定方法と支払い方法

Kyashを使う新規登録する場合の流れは下記の通り。

  1. Kyashのアプリをダウンロード
  2. メールアドレス・電話番号などを入力
  3. アプリ上でKyash Visaカードが発行される
  4. (オートチャージを利用する場合は)クレジットカードの情報を登録する

Kyashのバーチャルカードのみを使いたい場合は、下記の内容で登録完了だ。

ただし、路面店での支払いでKyash決済をする場合は「リアルカード」の申し込みも必要になる。

リアルカードの申し込みは、「リアルカード申込フォーム」にて、名前や住所などを入力すると申し込み可能だ。

ただし、リアルカードの申し込み前にはKyashアプリの登録を済ませておく必要がある。
なお支払方法は

・バーチャルカードを使ったオンライン上での支払い
・リアルカードを使った路面店での支払い

の2パターンが用意されている。

オンライン上で支払をする場合はクレカ払いと同様にカード番号・名義人・有効期限などを入力(図2参照)。

路面店で支払う場合は、リアルカードをカード決済専用の端末に通すと決済できる仕組みになっている。

「クレカの情報とKyashの紐づけ」と「リアルカードの発行」を行えば、Kyashに自動チャージされる。

さらにリアルカードとクレジットカードの連携をすると、Kyashのポイントとクレジットカードポイント(0.5%~1%)の二重取りができて、実質2.5%~3%のポイントが還元されるため活用してほしい。

他社サービスと比較

電子決済利用者によっては、Kyashではない電子決済サービスの方が役立つケースもある。

Kyash以外にも、電子決済サービスはたくさんある。

各個人の生活環境によってオトク度が違うため、必ずしもKyashが最適な電子決済アプリとは言い切れない。

そこでここからは、他の電子決済サービスとKyashを比較していく。

利用者が求めるサービス内容に応じて、使い勝手の良い電子決済アプリは異なるため各サービスを比較しつつ、どの電子決済アプリを使うか比較してもらえると幸いだ。

楽天ペイ

クレカや電子マネーのカード情報を1つにまとめたい人におすすめしたい。

理由は、VisaやJCBなどのクレカ情報だけではなくsuicaやWaonの電子マネー情報も登録できるからだ。

たとえば、JCBのクレカ・suicaとWaonの情報を楽天ペイ内に登録すると、3つについては楽天ペイを使えるということだ。

さらに、運営会社の知名度が高いのも大きな武器だ。

一方Kyashの場合は楽天に比べると知名度は低いし、登録できるクレカや電子マネーの種類は少ない。

しかし、ポイントの還元率は高い。

キャッシュバック目的で使う場合は、Kyashが良いといえるだろう。

LINE Pay

LINE Payも電子決済サービスで有名だ。使用時の会員登録手続きがないため、すぐに利用したい人にピッタリ。

さらにLINEユーザー同士であれば割り勘した額をLINE Payで支払えるため、複数人で食事をすることが多い人には使いやすいかもしれない。

ただしLINE Payのポイント還元率は幅広いのがネックだ。最大で2%還元されるがカードを使わなかった場合の還元率は0%となっている。

還元率の幅を気にするのが面倒な人は、Kyashの方が使いやすいだろう。

PayPay

PayPayの画面に出てくるQRコードorバーコードで支払う形式で、Yahooマネーを使う人は使い勝手が良いと感じるだろう。

2018年12月現在、支払額の20%をキャッシュバックするキャンぺーンを行っている。

ただし、通常は支払額の0.5%しか還元されないため、長い目で見るとKyashの方がオトクだと思えるはずだ。

Origami Pay

Origami Payは時々登録者にクーポンが配布されるため、使って少しでも安く買い物をしたい人におすすめのアプリ。

ホーム画面のクーポンorメッセージの欄からクーポンをGETできる。

たとえば吉野家で300円以上Origami Pay決済をした人に対しては、190円引きするクーポンを発行している(2018年12月17日~12月31日)。

さらに、Origami Payでの支払いが10%引きになるクーポンも時々発行されており、Origami Payで安く買い物したい人にとっては役立つだろう。

逆に、Origami Payを使えない場所で買い物をする場合は、Kyashの利用をおすすめする。

バンドルカード

バンドルカードもKyashと似たアプリだが、バンドルカードの場合はビットコインでのチャージができる。

しかし、バンドルカードでは時々キャッシュバックキャンペーンが行われているものの、決済金額に対するキャッシュバックが随時行われる制度はない。

電子決済での買い物額が多くビットコインをチャージすることがない人は、Kyashの利用をおすすめする。

各電子決済システムのメリット・デメリットをまとめた表を載せておく。

電子決済アプリサービス名メリットデメリット
KyashKyash決済時のキャッシュバック還元率が「2%」と高い。Visaとmastercardブランドのクレカしか登録できない
楽天ペイ楽天ペイに登録可能なクレカ・電子マネーの種類数が多い。
知名度が高い。
ポイント還元率が0.5%(楽天カードを使った場合などを除く)。
セルフペイの支払いで間違った時の修正対応が面倒。
LINE Pay会員登録をせずに利用できる。決済状況によってポイント還元率が異なる。
PayPayyahooマネーが使える。
ソフトバンクとYahooが株主となっており、安心感を感じやすい。
使用できる店舗数が少ない。ただし、今後は使用できる店舗数が増える可能性もある。
Origami PayOrigami Pay専用の割引クーポンが発行される。Origami Payで購入したい商品がない場合、クーポンが無駄になる。
バンドルカードビットコインでチャージできる。ポイント還元が行われていない。
海外で決済を行った場合、事務手数料が「4.5%」と高い。

おすすめのクレカ

電子決済アプリに登録するクレカの種類でポイント還元率は大きく変わる。

電子決済アプリでクレカを活用したい人向けに、最後の章では高還元率のクレカを3つ紹介する。

電子決済アプリ&クレカの二重取りを考えている人にもおすすめの内容となっているので要チェックしてほしい。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTもポイント還元率は、常に1.0%以上となっている。

入会から6カ月以内の支払においては、ポイント還元率が2.0%になるのも魅力的だ(ポイント還元率が2.0%換算されるのは、最大5,000ポイントまで)。

年会費が無料なのも嬉しい。

オリコカード・ザ・ポイント 公式サイト

楽天カード(VISA、マスターカードのみ)

楽天カードは、最低でも決済額の1%のポイントが加算される。

年会費も永年無料なので、費用を節約したい人におすすめしたい。

楽天系統のサービス(楽天トラベル・楽天市場など)を使う人は楽天ポイントが貯まるため、使い勝手の良さを感じるだろう。

楽天カード 公式サイト

リクルートカード(VISA、マスターカードのみ)

リクルートが発行しているクレジットカードだ。

ポイント還元率は「1.2%」と、クレカのなかでも還元率は高い。

さらに、じゃらんやホットビューティー、ポンパレモールで決済すると、最大で支払額の4.2%のポイントが貯まる。

貯まったポイントは「1P=1円分」として利用できる。

Pontaポイントにも交換すると、ローソンやケンタッキー・ゲオでも使えるため覚えておこう。

リクルートカード 公式サイト

まとめ

電子決済を使った支払いサービスは、今後もますます増えることが予想される。

どの電子決済サービス・クレカを使うかで、ポイント(キャッシュバック)還元率は大きく変わる。

少しでもお得な気分を味わいたい人は、電子決済サービスやクレカを上手く活用して、ポイント(キャッシュバック)の高還元を狙ってみよう。

支出を減らしたい人は、ぜひいろいろな電子決済アプリ・クレカを組み合わせて節約法を見つけてみてはどうだろうか?

※本記事の内容は2018年12月現在の情報です。

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:池田星太

大人のクレジットカード編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る