プリペイド型クレジットカードとは?プリペイドカードの基礎知識と使い方、カード種類一覧

Pocket

基礎知識

プリペイドカードとは、前払い式のカード。

商品券などとは違い、残額がゼロになるまで繰り返し使用でき、使い切りではなく新たに入金(チャージ)することで有効期限内であれば繰り返し使えるものもある。

スターバックスのように特定のショップが発行するものや、SUICAやPASOMOなどの交通系電子カードもプリペイドカードの一種だ。

国内外の店舗やインターネット通販での買い物に使えるプリペイドカードとして、Visa、Mastercard、JCBの国際ブランドのプリペイド型のクレジットカードがある。

磁気式のカードが多いが、海外での利用をメインとするカードでは、偽造防止のためIC搭載型のカードも登場している。

この記事では主に、プリペイド型のクレジットカードについて詳しく解説したいと思う。

クレジットカードとの違い

プリペイドカードのクレジットカードと一番大きな違いは、入金のタイミングだ。

プリペイドカードは前払い、クレジットカードは後払いだ。ちなみに、入金のタイミングの違いで言うと、決済と同時に口座からお金が引き落とされる即時払いのカードとして、デビットカードもある。

この入金のタイミングが、それぞれのカードの利用目的や特徴にもつながっている。

プリペイドカードはクレジットカードに比べ申込手続きが簡単で、与信審査等のないカードが多い。

そのため、クレジットカードよりも利用者の範囲が広いカードだ。

ただし、通常の買い物にはクレジットカードと同様に利用できるが、光熱費のように都度支払い金額が変わるものや、定期購読のように定期的に支払いが発生するもの、宿泊代など、前払いに適さない支払には利用できないので、クレジットカードに比べると利用できる範囲は狭くなる。

プリペイドカードが向いている人

  • 一時的にクレジットカードが必要な方
  • 海外留学や旅行に行く予定がある中学生や高校生
  • クレジットカードの審査に自信がないがクレジットカードが必要な方

社会人でなくても持てる?申込条件

クレジットカードは申込条件のひとつとして、年齢が18歳以上(高校生不可)というものが多い。

プリペイドカードも同様に18歳以上(高校生不可)という条件のカードもあるが、保護者の同意があれば、15歳以上や12歳以上で申し込めるカードもある。

また、プリペイドカードの申込はインターネット上で完了するものが多く、身分証明書の提示を求められることはあるものの、与信審査等はほとんどなく、会員登録などの手続きだけですぐに完了する場合がほとんどだ。

現金でもクレカでもないメリット

プリペイドカードのメリットはカードの種類によってもさまざまだが、プリペイドカード全体としては大きく3つあげられる。

それは、1.お金の管理がしやすいこと、2.未成年でも所有可能で、審査不要であることが多い、3.旅先や海外での利用にも安心、4.子供の留学や海外旅行時の送金に便利なことだ。

1.お金の管理がしやすい

プリペイドカードはあらかじめ入金されている金額分しか使うことができないため、クレジットカードのようについつい使いすぎたということが起こりにくい。

入金されている金額内であれば、クレジットカードと同様に便利に決済ができるが、入金されている金額以上が必要な場合は、新たに入金をする必要があるため、お金を使っているという感覚があり、無駄遣いをしにくい。

節約をしたい時などにも便利だろう。

2.審査不要、未成年でも所有可能

前述の通り、多くのプリペイドカードは、審査がなく、インターネット上や店頭での申込で簡単に所有することができる。

クレジットカードの審査が通るか自信がないという人にもおすすめだ。

また、年齢制限が低く、12歳や15歳からでも所有できるカードや、年齢制限自体がないカードもあるため、未成年でも所有することができる(ただし、親権者の同意が必要な場合が多い)。

一方で利用できる範囲は広く、特に国際ブランドのプリペイドカードであれば、クレジットカードと同様に多くの店舗やインターネット通販でクレジットカードと同様に利用できる。

3.旅先や海外での買い物でも安心

特に海外旅行では、まとまった現金を持ち歩かない方が良いと言われる。

多くのビジネスや観光で訪れる国、場所であれば、ほとんどクレジットカード決済で事足りるので、現金は最低限にして、クレジットカードに頼るという人は多い。

しかしクレジットカードも、盗難、紛失、不正利用などのリスクがある。

そこでクレジットカードではなく、海外対応のプリペイドカードを利用するという人もいる。

プリペイドカードの場合も、盗難や紛失の際にカードの利用を停止できるのはクレジットカードと同様だ。

それに加え、クレジットカードよりも使用できる金額に制限がかけられることや、万が一カードを停止した際に、再開の手続きがクレジットカードよりも簡単な点も、理由としてあげられる。

海外専用プリペイドカード「キャッシュパスポート」は初めからスペアカードが付いているので、紛失が心配な方も安心である。

4.子供の留学、海外旅行時の送金に便利

海外専用のプリペイドカードでは、現地のATMで現地の通貨の引き出しができたり、日本から入金ができたりする。

特に中高生の留学や海外旅行時には、大人のようにクレジットカードを使うことができないが、まとまった現金を持たせるのも不安なものだ。

そこでプリペイドカードが便利に使える。

入金したプリペイドカードを子供に持たせておけば、通常の買い物ではクレジットカードと同様に利用でき、日本にいる親が残額を確認でき、必要に応じて追加チャージもできる。

また、万が一現金が必要な場合も、たとえばVisaのプリペイドカードであれば、「Visa」「PLUS」ロゴマークある現地ATMで現地通貨を引き出すことができる。

対応する通貨はカードによって確認が必要だが、海外専用のプリペイドカードであれば、主要な通貨にはほぼ対応している。

注意点、デメリット

プリペイドカードにも、デメリットはある。

カードによってさまざまだが、大きく見ると、1.手数料が高い、2.分割払いができない、3.定期的な支払いは不可、4.残高が低いものが多いという4つがあげられる。

1.手数料が高い

プレイペイドカードの場合、年会費はかからないが、発行手数料やチャージ時の手数料が取られる。

手数料の種類や金額はカードによって微妙に異なるが、イメージとしては、銀行ATMの時間外手数料ぐらいの金額が発生する。

特にチャージ時の手数料が嬉しくないところだ。

チャージ方法によっては手数料無料になる場合もあるので、プレイペイドカードを利用する時は、手数料については詳しく確認しておきたい。

2.分割払いができない

プリペイドカードはクレジットカードと同様に支払いができるが、分割払いはできない。

すべて一括払いになる。そのため、まとまった金額の買い物には向いていない。

だからこそ、お金の管理がしやすく、安心な面もある。

3.定期的な支払いは不可

国際ブランドのプリペイドカードは、基本的にその加盟店で利用できるが、前払いという支払い方法上、例えば毎月の光熱費や通信料、購読料のような定期的な支払いには利用できない。

また、課金していくサービスやホテルの宿泊料など、金額が確定しない支払いにも対応していない。

クレジットカードよりは利用できる範囲が狭くなるのだ。

4.残高が低いものが多い

プリペイドカードに入金しておける最大の金額(残高)の上限は、カードによって異なるが、いずれのカードもそれほど高い金額ではない。

低くて5万円や10 万円まで、高い場合も100万円程度までしか入金しておくことができない。

以上のように、プリペイドカードのデメリットを見ていくと、通常の買い物でクレジットカードが問題なく利用できる人にとっては、プリペイドカードを使う理由は減っていく。

しかし、クレジットカードをまだ持てない子供や一時的な利用であれば、とても便利に利用できるだろう。

申込、入金、決済などプリペイドカードの使い方

実際に、プリペイドカードを利用するにはどのようにすれば良いのだろうか。

カードの種類によって違いはあるが、基本的な共通するところをまとめてみる。

申し込み方法

プリペイドカードの申込は、インターネット上の専用サイト・フォームからできる場合がほとんどだ。アプリを利用する場合もある。

その他に、店頭での受付や書類郵送で手続きができるものもある。

プリペイドカードへの入金(チャージ)

プリペイドカードへの入金(チャージ)は、クレジットカード決済やポイント利用や、銀行振込、コンビニ支払い、またショップでのチャージなどがある。

クレジットカード決済は、VisaやMastercardブランドのプリペイドカードでは、他のブランドのクレジットカードでも決済できるものが多い。

どのチャージ方法が良いかは、カードによって違ってくるが、インターネット上でクレジットカードや銀行振込の手続きが簡単にできるものは多い。

携帯電話キャリアが出しているプリペイドカードでは、携帯電話料金と合算することもできる。

チャージや残高、支払いには、カードによって限度額や上限が設定されている。

チャージ金額も、1~2円の単位からできるものと、1,000円などある程度まとまった額で行うもの、5,000円/10,000円/20,000円といったような何パターンかの額が決まっている場合がある。

また、有効期限内であれば繰り返しチャージできるプリペイドカードと、使い切り型のプリペイドカードがある。

プリペイドカードの利用

プリペイドカードの利用はクレジットカードとほぼ同様だ。

それぞれの国際ブランドの加盟店で利用でき、店頭の場合は、カードを読み取ってもらい、サインをする。

インターネット通販の場合は、カード情報を入力することになる。

年会費・手数料

プリペイドカードの場合、年会費はかからないが、カード発行やチャージ、決済時に手数料がかかる場合がある。

カードによってはそれらが無料になる場合もある。

国際ブランドと目的別おすすめプリペイドカード

プリペイドカードの種類については、国際ブランドとしてはVisaのプリペイドカードの種類が多く、次いでMastercard、JCBにも何種類かある。

それらをさらに目的別に見てみると、1.国内外の店舗やインターネット通販での買い物を目的としたもの、2.インターネット通販を目的としたもの、3.海外での使用を目的としたものと、大きく3つに分けることができる。

それぞれにどのようなカードがあるか、紹介していく。

国内外の店舗やインターネット通販での買い物が中心

基本的には国内の店舗やインターネット通販での利用が多いプリペイドカードだが、海外の買い物にも利用できる。

さらに運営会社別に見ていくと、通信系、サービス・物販系、金融系のプリペイドカードと、電子マネー系に分類できる。

また、以下で紹介している以外に、ギフト用のプリペイドカードなどもある。

また、以下で紹介しているようなプリペイドカードでは、プリペイドカードでの支払いやチャージ時にポイントが貯まったり、キャッシュバックがあったりという特典もある。

特に、LINE Pay カードはポイント還元率2%と、プリペイドカードの中でもお得な設定となっている。

通信系

ソフトバンクカード

●国際ブランド:Visa
●申込条件:
・iPhone、SoftBankスマートフォン、SoftBank 3G(携帯電話)いずれかを契約
・12歳以上
●申込方法:全国のソフトバンクショップ
●カード残高上限:100万円
●特徴:利用金額に応じてTポイントが貯まり(税込200円ごとに1ポイント)、チャージにも利用できる。

公式サイトを見る

dカードプリペイド
dカードプリペイド通常版 dカードプリペイド初回限定版

●国際ブランド:Mastercard
●申込条件:
・dアカウント所有
・12歳以上(中学生不可)
●申込方法:ウェブサイトから
●カード残高上限:30万円
●特徴:利用金額に応じてdポイントが貯まり(税込200円ごとに1ポイント)、チャージにも利用できる。ローソンでの買い物が3%OFF。

公式サイトを見る

au WALLET プリペイドカード
au WALLETプリペイド

●国際ブランド:Mastercard
●申込条件:
(以下いずれか)
・au携帯電話、auひかり等を個人契約
・データ通信端末を利用
・auひかり・auひかりちゅらを利用
申込方法:ウェブサイト/アプリダウンロード/auショップ、PiPit、au取扱店
カード残高上限:10万円
特徴:利用金額に応じてWALLET ポイントが貯まり(税込200円ごとに1ポイント)、チャージにも利用できる。

公式サイトを見る

サービス・物販系

ANA VISAプリペイドカード
ANA VISA プリペイド

●国際ブランド:Visa
●申込条件:15歳以上
●申込方法:ウェブサイトから
●カード残高上限:30万円
●特徴:1ヵ月の利用金額に応じてANAマイレージクラブのマイルが付与される(税込1,000円ごとに5マイル)

公式サイトを見る

ANA JCBプリペイドカード
ANA JCB プリペイド

●国際ブランド:JCB
●申込条件:日本国内在住、15歳以上(中学生を除く)
●申込方法:ウェブサイト/書類郵送
●カード残高上限:30万円
●特徴:利用・チャージ金額に応じてマイルが貯まるマイルコースと、キャッシュバックがされるキャッシュバックコースとを選べる。

公式サイトを見る

旅プリカ
旅プリカ

●国際ブランド:JCB
●申込条件:15歳以上(中学生を除く)
●申込方法:ウェブサイトから
●カード残高上限:10万円
●特徴:チャージ金額に応じてJTBトラベルポイントが貯まり(税込1,000円ごとに1ポイント)、JTBグループやホームページで利用できる。また、旅プリカ特約店での利用でボーナスポイントが貯まる。

公式サイトを見る

おさいふPonta
おさいふPonta

国際ブランド:JCB
申込条件:特になし
申込方法:ローソン店頭でカード取得後、ウェブサイトに登録。
カード残高上限:10万円
特徴:カード提示(税抜100円ごとに1ポイント)、利用金額に応じてPontaポイントが貯まる(税込500円ごとに1ポイント)。

公式サイトを見る

ココカラクラブカード
ココカラクラブカード

国際ブランド:Visa
申込条件:特になし
申込方法:ココカラファイン店舗にて
カード残高上限:5万円
特徴:利用金額に応じてココカラポイントが貯まる(税込100円ごとに1ポイント)。利用金額の0.5%がキャッシュバックされる。

公式サイトを見る

パルコプリカ
パルコプリカ

国際ブランド:Visa
申込条件:特になし
申込方法:調布・福岡パルコ店にて
カード残高上限:10万円
特徴:申込、チャージは調布・福岡パルコ店限定。利用金額の0.5%がキャッシュバックされる。さらにスマホアプリ「POCKET PARCO」登録で優待券がもらえる。

公式サイトを見る

アクアカード
アクアカード

国際ブランド:JCB
申込条件:18歳以上(高校生を除く)
申込方法:コメリ店頭にて
カード残高上限:10万円
特徴:利用金額に応じてポイント(税抜200円ごとに1ポイント)が貯まり、コメリでの買い物に使える。

公式サイトを見る

金融系

マネパカード
マネパカード

国際ブランド:Mastercard
申込条件:日本在住で15歳以上
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:200万円
特徴:ICチップ搭載型。日本でも海外でも使えるマルチカレンシーカード(6通貨チャージ可能)利用金額の1.5%~最大100%がキャッシュバックされる。

公式サイトを見る

shousai-95-40

楽天銀行プリペイドカード
楽天銀行プリペイド

国際ブランド:JCB
申込条件:16歳以上。楽天銀行口座が必要。
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:30万円
特徴:チャージ金額に応じてプレミアムバリューがもらえる。スマホで管理しやすく、手数料が安い。

公式サイトを見る

三井住友VISAプリペイド
三井住友VISAプリペイド

国際ブランド:VISA
申込条件:18歳以上
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:5万円
特徴:利用金額に応じてポイントが貯まり、チャージにも利用できる(2,000円ごとに1ポイント)1人で5枚まで所有することができる。

公式サイトを見る

Orico Prepeid Card
オリコプリペイド

国際ブランド:VISA / Mastercard
申込条件:日本在住で12歳以上
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:25万円
特徴:利用金額の0.25%がキャッシュバックされる。オリコポイントでのチャージも可能。

公式サイトを見る

電子マネー系

LINE Pay カード
LINE Pay

国際ブランド:JCB
申込条件:LINE Payアカウントの所有
申込方法:QRコード/LINE アプリ
カード残高上限:10万円
特徴:電子マネー「LINE Pay」のプリペイドカード。利用金額に応じてポイントが貯まり(100円ごとに2ポイント)、LINE Pay残高に交換可能。LINEユーザーと相性が良い。

公式サイトを見る

WebMoney Card
Web Money カード

国際ブランド:Mastercard
申込条件:特になし
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:10万円
特徴:電子マネー「Web Money」のプリペイドカード。利用金額に応じてキャッシュバックあり(入会後3カ月は1,000円ごとに10円分のWebMoney、それ以降は5円分)

公式サイトを見る

その他

Pollet Visa Prepaid
国際ブランド:Visa
申込条件:12歳以上
申込方法:アプリダウンロード
カード残高上限:100万円
特徴:チャージごとに0.5%増額。将来的には、複数のポイントサイトのポイントを統合できるよう進められている。

公式サイトを見る

バンドルカード
国際ブランド:Visa
申込条件:特になし
申込方法:アプリダウンロード
カード残高上限:10万円
特徴:スマホアプリ上で管理できる。ビットコインやドコモのケータイ支払いなどチャージ方法が豊富。

公式サイトを見る

2.インターネット通販が中心

インターネット通販に限定して利用できるプリペイドカード。国内外ともに利用できる。

ドコモ口座
ドコモ口座 レギュラー

国際ブランド:Visa
申込条件:
・個人名義でFOMAまたはXiを契約
・iモードまたはspモードを契約
・本サービスのメッセージRが受信可能
・ドコモ口座のサービス拒否を設定していない
・ドコモ口座を開設している
・契約の回線が利用停止・通話停止状態でない
・18歳以上
申込方法:アプリダウンロード
カード残高上限:50万円
特徴:アプリ上で全て管理することができる。1円単位の入金が可能で手数料無料

公式サイトを見る

e-サイフ
eサイフ 3000円

国際ブランド:Visa
申込条件:日本在住で18歳以上
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:
特徴:e-さいふ会員専用のショッピングポータルサイト「POINT名人.com」を経由しショッピングをすると、利用額の最大5%がキャッシュバックされる。

公式サイトを見る

Vプリカ
Vプリカ

国際ブランド:Visa
申込条件:日本在住で18歳以上
申込方法:ウェブサイト/コンビニ
カード残高上限:10万円
特徴:500円から30,000円までの8種類の券種があり、複数の券種をまとめることで最大10万円まで利用できる。

公式サイトを見る

3.海外での利用が中心

海外の店舗やインターネット通販で利用できることに加え、海外ATMで現地通貨を引き出せるなど、海外での旅行、滞在、留学などに便利なプリペイドカード。

国内での買い物にも利用できるが、ATMからの現金引き出しはできない。

海外プリペイドカード GAICA
GAICA

国際ブランド:Visa
申込条件:
・日本在住で13歳以上
・Eメールアドレスの所有
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:200万円
特徴:2017年6月26日に商品改定をし、ICチップ搭載型、Visa payWave対応となった。「Visa」「PLUS」ロゴマークのある海外ATMで1日30万円分までの現地通貨の引き出しができる。

公式サイトを見る

shousai-95-40

Visa Travel Money Gonna
Visa TravelMoney “Gonna”

国際ブランド:Visa
申込条件:15歳以上
申込方法:ウェブサイトから
カード残高上限:100万円
特徴:世界200以上の国と地域において210万台以上の海外ATMで現地通貨を引き出すことができる。24時間365日のサポート体制。

公式サイトを見る

shousai-95-40

マネーティーグローバル
money-t-global

国際ブランド:Visa
申込条件:日本在住で、連絡可能なEメールアドレス(パソコン・携帯電話)所有
申込方法:ウェブサイト/書類郵送
カード残高上限:制限なし(振込は1回100万円、月200万円、年1,000万円まで)
特徴:ICチップ搭載型。「Visa」「PLUS」マークのある海外ATMで1日10万円分までの現地通貨の引き出しができる。「危険回避速報」メールや24時間365日のサポート体制などのサービスもある。

公式サイトを見る

shousai-95-40

NEO MONEY
NEOMONEY(ネオマネー)

国際ブランド:Visa
申込条件:日本在住で13歳以上
申込方法:ウェブサイト/セゾンカウンター/書類郵送
カード残高上限:100万円
特徴: 「Visa」「PLUS」マークのある海外ATMで、1日100万円分までの現地通貨の引き出しが共通レートでできる。銀聯ブランドのプリペイドカードもある。

公式サイトを見る

shousai-95-40
Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。