プロパーカードと提携カードの違いがわかる!注目すべきは国際ブランドと発行会社の関係性

Pocket

クレジットカード

プロパーカードと提携カードの違いはズバリ、発行元がどこかによる。

国際ブランドを運営する会社(ブランドホルダー)が発行会社の機能も兼ね備えて出しているのが「プロパーカード」。

発行業務も展開するブランドホルダーとしてはAmerican Express、JCB、Diners Clubがある。

一方で、ブランドホルダーがライセンシングした発行会社が発行しているのが「提携カード」だ。

提携先も合わせるとその数は非常に多く、バリエーションも豊富だ。

プロパーカードと提携カードの違い

まずは実際に見てもらった方がわかりやすいと思うため、アメックスカード2枚を例にとって比較してみよう。

比較内容 アメックスゴールド アメックスセゾンゴールド
カード アメリカンエキスプレスゴールド アメックス・セゾン・ゴールド
国際ブランド アメックス アメックス
発行会社 アメックス※1 セゾン※2

両者の違いが、発行会社の違いであることがわかってもらえるだろう。

左:プロパーカード

アメックスが自社で発行している。

右:提携カード

アメックスがライセンシングしたセゾンが発行している。

※1…正式には「アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド」
※2…正式には「株式会社クレディセゾン」

おさえておきたい2つの関係

クレジットカードが発行される場合、おさえておきたい2つの関係者がいる。

それぞれの関係をみることで、どういうクレジットカードを選べばよいか、また受けられるサービスの違いが見えてくる。

国際ブランド

そのカードに決済機能(クレジットカードで支払える機能)を与えているブランド。

現在の決済機能を提供している代表的な国際ブランドは下記の7つ。

visa-master-jcb-unionpay-diners-amex620-220

左上から順に、VISA(ビザ)、Master Card(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカンエキスプレス)、Dinners Club(ダイナースクラブ)、銀聯(ギンレン)、Discover(ディスカバー)だ。

カードにはいずれかのロゴが入っており、そのブランドの加盟店で利用することができる。

発行会社(イシュア:issuer)

そのカード自体を発行している会社で、発行人を表す英語「イシュア」とも言われる。

クレジットカードのサービスはこの発行会社によって決定される。

つまり前述したアメックスの例でいうと、

アメックスゴールドではアメックスのサービスを、

アメックスセゾンゴールドではセゾンのサービスを受けられるということだ。

信頼性が魅力の「プロパーカード」

国際ブランドを運営する会社(ブランドホルダー)が発行会社の機能も兼ね備えて出している「プロパーカード」。

ブランドホルダーが発行会社としての機能をあわせ持つのは、国際ブランドの中でも下記3ブランドのみ。

・American Express
American Express logo

・JCB
JCB logo

・Diners Club
Diners Club logo

つまりこの3ブランドにのみプロパーカードがあるといえる。

それ以外のブランドは決済機能の提供のみを行っているということだ。

プロパーカードを持つ=ステータス

プロパーカードはいずれのランクでも年会費がかかり、また他の提携カードと比べて審査基準が厳しいと言われている。

それはプロパーカードがブランドの顔であり、ブランド力の維持における大切な役割を担っているからだ。

実はクレジットカードの持つステータス性について語る際に、プロパーカードの存在は外せない。

所持しているだけで非常に高いステータスになる「ブラックカード」のことはご存知だろう。

正式には「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」というプロパーカードがその言葉の由来なのだ。

カードを“育てる”醍醐味

プロパーカードを持つ魅力の一つに、クレジットヒストリー(利用履歴)を積むことでランクアップしていける、というものがある。

一般カードからスタートし、年間の利用額や利用年月などの条件をクリアするとインビテーションが届く。

取得難易度が高い分、所持していることがそのままステータスに直結するというわけだ。

(例)JCBオリジナルシリーズ
JCBカード
JCBオリジナルシリーズ
 ↓
JCBゴールドカード
JCBオリジナルシリーズゴールド
 ↓
JCBプラチナカード
JCBプラチナカード
↓            
JCB The Class (ザ・クラス)
JCB the class

持つことがステータスの証明になるカードはステータスカードと呼ばれる。

プロパーカードならではのメリット

ステータス性が高い

取得難易度が高く、年会費もかかるため、持つことがステータスになる。

またアメックス、JCB、ダイナースクラブともに券面デザインはシンプルで上品。

フォーマルな場面をはじめ、どこで出しても恥ずかしくないカードになっている。

信頼性・認知度が高い

海外のホテルにチェックインするときのデポジットなどで、提携カードでは認知してもらえないこともある。

券面を見せれば世界中で通用するという抜群の認知度もプロパーカードのメリットといえるだろう。

アメックスは高いステータス性と認知度から、身分証明書代わりになると言われた時代もあったようだ。

手厚いサービスと補償

アメックス、JCB、ダイナースクラブはいずれもT&E(Travel&Entertainment)カードに分類される。

その名の通り、旅行や娯楽の分野に強みを持っているのだ。

補償や保険が充実しているだけでなく、空港ラウンジの利用やコンシェルジュサービスなど、優待特典も手厚い。

上位カードほどそのグレードは上がり、年会費分以上のサービスを体感できるはずだ。

お得感が魅力の「提携カード」

国際ブランドのブランドホルダーがライセンシングした発行会社によって発行される「提携カード」。

先にも述べたように、クレジットカードのサービス内容を決定しているのは国際ブランドではなくカード発行会社だ。

そのため年会費無料のもの、ポイントの還元率が高いものなど、ターゲット層に合わせて様々なカードが発行されている。

(例)エポスカード
エポスカード

・国際ブランド:VISA
・発行会社:株式会社エポスカード

このカードで受けられるのは、エポスカードのサービスということになる。

提携先のサービスが追加される

カード発行会社と提携してクレジットカードを発行する会社を提携会社という。

クレジットカードの発行は、国際ブランドのブランドホルダーとライセンス契約したカード発行会社にしかできない。

そのため自社のカードを発行したい場合はカード発行会社と提携することになるのだ。

提携会社は非常に多く、それぞれが自社のサービスに特化させたクレジットカードを展開している。

代表的な提携先企業

・コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン など)
・ショッピングセンター(イオン、パルコ など)
・家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ など)
・航空系会社(ANA、JAL など)
・石油系会社(ENEOS、出光 など)

多くの場合、対象の店舗やサービスで利用することで割引やポイント優遇などのメリットがある。

ライフスタイルに合ったカードを選ぶことで様々な恩恵を受けられるのだ。

(例)出光カード
出光カード

・国際ブランド:JCB
・カード発行会社:株式会社クレディセゾン
・提携会社:出光興産株式会社

このカードで受けられるのは、セゾンのサービス+出光のサービスということになる。

出光サービスステーションでのガソリン代割引、ロードサービス1年間無料など、出光ならではのサービスが目立つ。

提携先はあった方がより得?

これだけを見ると、発行会社と提携先のサービスを両方受けられるため、提携会社によるカードの方が得だと感じるかもしれない。

しかし提携会社のカードの場合、発行会社は自社のサービスを制限あるいは一部変更するのが一般的だ。

今回の例でいえば、出光カードではセゾンのサービスに制限があるということ。

受けられるサービスをしっかり確認した上でカードを選ぶことが大切だ。

どんな人に向いている?

ここまでプロパーカードと提携カードの特徴について解説してきたが、結局どちらのカードを選べばいいかわからない人もいるかもしれない。

簡単にではあるがそれぞれのカードに向いている人を挙げているので参考にしてほしい。

プロパーカードがおすすめ

  • どこで出しても恥ずかしくないカードが欲しい
  • 保険や補償を重視したい
  • トラベルサービスなどを利用したい

提携カードがおすすめ

  • カードを利用する場面が決まっている
  • 年会費やポイント還元率を重視したい
  • 割引やポイント優遇などお得な特典が欲しい

広い意味でのプロパーカード

近年の日本では、カード発行会社が発行している代表的なカードもプロパーカードと呼ぶことが多い。

(例)三井住友VISAカード

・国際ブランド:VISA
・発行会社:三井住友カード株式会社

この三井住友VISAカードの国際ブランドは、厳密な意味ではプロパーカードを持たないVISA。

しかし三井住友が日本の企業で最も古くからVISAと国際提携してきたという信頼と実績があり、ステータス性も十分だ。

特にプロパーカードとして扱われることが多いカードのため、覚えておきたい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る