海外旅行保険はクレジットカードだけで大丈夫?一般の保険とクレジットカード付帯保険の違いを比較!

Pocket

パスポート

海外旅行時、特に気を付けたいのが「安全」だ。

ツアー会社などで旅行を申し込む際は、海外旅行保険への加入を勧められたこともあると思う。比較的安価なので、万が一の時の安心のために、入っておこうと考える人もいるはずだ。

ただ、その前に確認して欲しいのが、自分が持っているクレジットカードだ。クレジットカードにも、海外旅行保険がついているものがある。

その場合、クレジットカード付帯の保険で十分なのか、他にも保険に入っていた方が良いのか、迷ってしまうこともあるだろう。

そこで今回は、クレジットカード付帯の保険と民間企業の海外旅行保険を比較し、それぞれの特徴やデメリットを解説すると共に、ケース別のおすすめも紹介していく。

カード付帯の海外旅行保険

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているものがある。

カードの種類によって付帯の有無やその内容に違いはあるが、大手カード会社が発行するステータスが高めのカードは、ほぼ海外旅行保険が付いていると考えて問題ないだろう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合、次の点をチェックしておこう。

自動付帯と利用付帯

クレジットカード付帯の海外旅行保険には、「自動付帯」「利用付帯」という2つの種類がある。

自動付帯は、対象のクレジットカードを所有しているだけで自動的に適用される保険のことだ。特別な手続きも必要なく、便利で簡単な保険だ。

一方、利用付帯とは海外旅行で必要な交通費や旅行代金を、対象のクレジットカードで支払った場合に適用される保険だ。

旅行代金を現金で支払った場合や、別のカードで支払った場合、利用付帯保険は適用されない。

ただ、一部には海外で買い物などをすることで利用付帯の保険が適用されるカードもある。

自分のカードがどんな条件で保険適用になるのか、しっかり確認しておくことが大切だ。

補償の内容

クレジットカード付帯の海外旅行保険では、一般的に次のような補償内容がある。

カード会社により、適用される補償の内容や範囲に違いがあるので、自分の持っているカードに付帯する保険の補償内容についてチェックをしておこう。

傷害死亡保険

傷害死亡保険とは、旅行中の事故や怪我を原因として死亡した場合に支払われる保険。

金額は総じて高めに設定されているが、あくまで死亡した場合に適用されるものであり、怪我の治療などに使えるものではない

この補償金額が高いからと言って、自分自身に対する安心を買えるというわけではないので注意しておこう。

後遺障害保険

後遺障害保険とは、怪我や病気などにより後遺症が残ってしまった場合に支払われる保険。

後遺症が残るほど大きな怪我をするということはあまりないが、自分自身に返ってくる保険であり、あると安心できる。

傷害治療保険

傷害治療保険とは、事故で怪我をした際の入院費や通院費、治療費などの傷害治療費用が支払われる保険。

海外旅行中に使うことになる割合が多いのは、この保険になるだろう。

補償金額にも注意しておこう。

疾病治療保険

疾病治療保険とは、病気の医療にかかった費用が支払われる保険。

地域によってはその土地ならではの伝染病のリスクもある。

特に衛生状態が良くない発展途上国などでは注意が必要で、実際に病気にかかる例も少なくないため、補償内容をしっかり確認しておこう。

国によっては高額の医療費がとられるところもあるため、この補償額は高ければ高いほど安心と言える。

救援者費用保険

救援者費用保険とは、被保険者が旅先で入院した場合などに、家族が現地に駆けつけるための費用を補償してくれる保険。

また、被保険者の救助費用や救援費用などにも適用できるため、利用頻度は比較的高い。

携行品損害保険

携行品損害とは、被保険者の荷物を盗難や破損から守るための保険。

海外ではスリや置き引きなども多く、また長距離を移動することになるため、荷物の破損も起こりやすくなる。

カメラやパソコンなどは高級で、買い直そうと思ってもそう簡単にはいかない。

もしもの時に備えて高めの金額設定をしていると安心だ。

賠償責任保険

賠償責任保険とは、被保険者が誰かに被害を与えてしまった場合、その賠償に対して支払われる保険である。

故意でなくとも、ちょっとした不注意から商品を壊してしまう場合や、誰かに怪我をさせてしまうこともあるだろう

自分は絶対に大丈夫などと思わず、備えとして高額な設定がされているものを選ぶと安心できる。

保険会社の保険との違い

クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険とではどのような点が違うのだろうか。

1. 補償期間

クレジットカード付帯の海外旅行保険が適用されるのは出国から90日以内と、期間が決まっている。

保険会社の海外旅行保険は、最長で3ヶ月というのが一般的だが、細かく日程を設定することができる。

それによって保険料を安くすることも可能。

ただし、クレジットカード付帯の保険は、保険の利用自体に料金はかからない。

2. 補償対象の範囲

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、基本的に「疾病死亡」の補償がついていない。

疾病死亡とは、病気を原因として死亡した場合に適用される保険のこと。

保険会社の海外旅行保険は、疾病死亡にも対応している場合が多い。

3. 治療費の支払い方法

クレジットカードの種類にもよるが、カード付帯の海外旅行保険の中には、治療費を自分で先払いしなければならず、保険金は後請求になるものがある。

保険会社の海外旅行保険は、治療に際しての自己負担は一切なく、キャッシュレスで治療を受けることができる。

カード付帯と保険会社の海外保険比較まとめ

ここまで解説してきたことを元に、それぞれのメリット・デメリットをまとめていきたい。

補償期間の違いについては、保険会社は日程の調整により保険料を抑えられる。

しかし、レジットカード付帯の保険はそもそも料金がかからない。

保険会社の保険も基本的に補償期間は最長3ヶ月と、クレジットカード付帯の保険と同様だ。

補償対象の違いについては、「疾病死亡」の有無が違いとしてあげられる。

ただし、利用する機会の少ない補償ではある。

現地の衛生状態が不安な旅行の場合は、できればあった方が良いだろう。

支払い方法に関しては、保険会社の方が有利に思えるが、診療にクレジットカードを使うことができれば、ほぼ同じ条件になる。

ここまでをまとめると、クレジットカード付帯の保険と保険会社の保険とには、それほど大きな違いはないように思える。

それならば、追加料金不要でカードに付帯している保険の方が良いように思える。

ただし、どこに旅行するかによって、微妙に事情が異なる部分はある。

ケース別おすすめ保険

東南アジアやアフリカに行く場合

発展途上の国、インフラが整っていない地域へ旅行に行く場合は、日本では考えられないような病気に掛かってしまう可能性も捨てきれない。

水を飲んだだけでアウトなこともある、いわゆるローカル感の強い旅先の場合は、疾病死亡の補償がつく保険会社の海外旅行保険の方が良いだろう。

アメリカやヨーロッパに行く場合

欧米諸国はインフラも整っており、衛生面が問題となることはほとんどないはずだ。

しかし、もしも病気になった場合の治療費が圧倒的に高いという問題がある。例えば盲腸の手術をハワイで行った場合、256万円も請求されてしまうのだ。

万が一の時を考えると、保険会社の海外旅行保険か、キャッシュレス診療に対応するクレジットカードを用意しておいた方が良い。

中国や韓国に行く場合

インフラが整っているアジア圏であれば、衛生状態も悪くはなく、治療費も安いため、クレジットカードの保険があれば十分と言えるだろう。

基本はカードで、足りない部分を一般の保険で補う

多くのクレジットカードに付帯している海外旅行保険。

その補償内容はかなり充実しており、海外旅行保険が付帯しているカードが一枚あれば、大抵の国に安心して旅行に行くことができる。

一方で、疾病死亡に対する補償や、支払い方法に関する面で、一般の保険にしかないメリットがあるのも事実である。

クレジットカードの保険を過信することなく、補償内容をしっかり確認した上で、足りない部分を保険会社の保険で補うようにすると、もしもの時も安心だ。

どこに旅行に行くのか、そしてそこではどんなリスクが考えられるのか、事前の準備や認識が、安心安全な旅には必要不可欠だ。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る