海外旅行でクレジットカードを使うメリットや使える国際ブランドは?おすすめカードも紹介!

Pocket

 海外旅行へ出かける時に、「クレジットカードは持参した方が良いのか?」と迷ったことがある人も多いだろう。結論から言うと、海外旅行へ行く際には、必ず1枚はクレジットカードを持参した方が良い

近年では世界的にキャッシュレス化の動きが広がっており、クレジットカードで支払いができる店舗も増えてきている。何らかのトラブルで現金が使えなくなった時でも、クレジットカードが1枚あれば心強い

今回は、海外旅行でクレジットカードを使う時のポイントや、海外旅行におすすめのクレジットカードなどを紹介する。

クレジットカードを海外旅行で使うメリットと注意点

メリット

海外でクレジットカードを持参したり使ったりするメリットは主に以下だ。

現金払い不可の場合でも困らない

まず、海外のホテルでは、直前のドタキャンを防ぐなどの目的から、現金ではなくクレジットカード決済のみとしているケースが少なくない。事前に宿泊サイトから予約して料金を支払うのではなく、現地で決済を行う場合、現金払いができず困ってしまう……という可能性がある。

日本では珍しいが、海外ではショップやレストランなどで買い物や飲食をする際に、クレジットカードか電子マネーのみしか使えない「現金払い不可」という店も存在する。クレジットカードを持っていれば、「欲しい商品や食べたいものがあったのに、カードを持っていなかったため買えなかった」という事態を避けられる。

多額の現金を持ち歩くリスクがなくなる

海外では、日本に比べて治安が悪い場所も多い。紛失や盗難などのリスクを考えると、慣れない土地で現金を持ち歩くことを不安に感じる人も多いだろう。

財布を落としたり、スリなどの盗難に遭ったりした際、財布が見つかったり戻ってきたりする可能性は低い。多額の現金を財布に入れていた場合、被害が大きくなってしまう。

逆に、メインの支払いをクレジットカードで行い、持ち歩く現金の額を少な目にしておけば、万が一の時の被害を軽減できる

支払いがスムーズ

海外旅行では、言葉がなかなか通じず、買い物などのやりとりに時間がかかってしまうことがある。その国で使用されている紙幣や硬貨の使い分けも、初めて行く場所では難しい部分もある。

クレジットカード払いであれば、現金を取り出す手間もかからず、暗証番号の入力またはサインのみで決済が完了するため、支払いがスムーズになる。また、本来の料金よりも多く支払ってしまった……などのミスも防げる。

利用金額が明確にわかる

海外旅行では、「何にいくら使ったか」という金額の詳細を意外 と把握しにくい。行き慣れている国であればまだしも、初めて行く国などは、どれくらいお金を使ったかはっきりわからないこともある。

クレジットカードの場合は後日明細が送られてくるため、使った金額や内容などを把握でき、家計管理などにも役立つ

両替の手間がない

海外で意外と困るのが「両替」だ。事前に両替を済ませていっても、途中で現金が足りなくなって再度両替を行う場合、両替所を探す必要がある。

エリアによっては両替所が少なかったり、レートが悪かったりと、限られた時間を両替に費やすのは得策とは言えない。クレジットカード決済であれば、手間や時間をかけず支払いができる。

注意点

海外でクレジットカードを持参したり使ったりする際の注意点には、主に以下がある。

持っているカードが海外で使えるか確認しておく

せっかくクレジットカードを海外旅行に持参しても、使えなければ意味がない。海外旅行へ出かける前に、自分が持っているクレジットカードは旅行先でも使えるのか、どれくらい使えそうな店があるのかなどを事前に調べておく必要がある。

もし、現在持っているカードがあまり使えなさそうな場合には、新たにクレジットカードを作っておいた方が良いだろう。

本記事では後ほど、海外で使えるクレジットカードブランドを詳しく紹介する。

利用限度額に注意する

海外旅行中は、買い物やアクティビティ、食事などで、普段日本にいる時よりもお金を使うことが多くなる傾向にある。持っているカードの利用限度額が低めに設定されていたり、当月に使える額がわずかであったりすると、滞在中に利用限度額に達してしまい、使えなくなる可能性もある。

海外旅行へ行く前に、滞在中にクレジットカードで支払う予定の金額がどれくらいになりそうか調べておいたり、当月の利用限度額を確認しておいたりすることをおすすめする。

支払い方法が選べない

日本でクレジットカード払いを行う場合には、「一括払い」「分割払い」「リボ払い」など、支払い方法が選べるようになっているのが一般的だ。

一方で、海外では店舗自体が一括払いしか受け付けていないことがほとんどだ。会計の際に「何回払いですか?」と聞かれることはまずなく、一括払いが当たり前になっている。

利用したカードが「海外ではリボ払いのみ」という設定になっていた場合、帰国後に、金利手数料などの負担が大きくなってしまう可能性がある。海外で利用する場合の支払い方法はどのように設定されているのか、事前にクレジットカード会社確認しておくと良いだろう。

海外旅行でおすすめのカードをたくさん知りたい!という方は、下記も参考にしてほしい

海外旅行傷害保険とは

海外旅行へ行く際に、事前に海外旅行保険に加入する人も多いだろう。一方でクレジットカードにも、海外旅行保険が付帯しているタイプのカードがある。

海外旅行保険は、

  • 海外旅行中に怪我や病気になって治療が必要になった時
  • 海外旅行中に事故などで死亡した時
  • 海外旅行中に他人に怪我をさせたり、お店の商品を壊したりして弁償を求められた時
  • 海外旅行中に、持ち物が壊れたり盗まれたりした時
  • 旅行中に入院することになった時
  • 旅行中に入院し、日本から親族が見舞いに来る時
  • 航空機が遅れたり、預けた手荷物の到着が遅れたりした時

などの場合に必要となる金額を、保険金でカバーしてくれるというサービスだ(上限あり・保険内容によってオプションとなるケースもある)。

保険会社の海外旅行保険とクレジットカードの海外旅行保険には、以下のような違いがある。

保険会社の海外旅行保険

  • 保険金の設定金額が高め
  • 疾病死亡(滞在中に病気になって死亡したり、後遺症が残ったりした場合)の補償が含まれる
  • 緊急歯科治療費用(滞在中に痛んだ歯の治療や、歯が欠けた際などに現地の歯科で治療を受ける際の費用)の補償が含まれる

クレジットカードの海外旅行保険

  • 保険金の設定金額はそれほど高くない
  • 疾病治療の補償は含まれない
  • 緊急歯科治療費用の補償は含まれない

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の場合、保険会社の海外旅行保険と比べると、適応される保険の範囲が狭かったり、保険金の設定金額があまり高くなかったりする。

一方で、保険会社の保険に加入する場合は、手続きや保険料を支払う必要があるが、クレジットカードの海外旅行保険の場合にはあらかじめカードに付帯しているため、それらの手間がかからない。

ただし、保険が適用される条件を示す「付帯条件」には注意が必要だ。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険には、大きく2種類ある。

・自動付帯(持っているだけで保険適用)
・利用付帯(旅行に関する支払いを行った場合に保険適用)

利用付帯の場合は、移動のための航空券をカードを使って購入する必要がある。

また、保険が適用される範囲や期間もカードによって異なっているので、本当に自分の旅行に適用されるクレジットカードかどうかを注意して見ておこう。

海外で使えるクレジットカードブランド一覧

海外旅行で使うクレジットカードは、まず「国際ブランド」に着目して選ぶことが大切だ。

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のこと。VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの7社ある。

さらに、国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられる。

ひとつは、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」で、VISA、MasterCardがこれに当てはまる。

もうひとつが、旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB、AmericanExpress、DinersClubがこれに当てはまる。

まずは、クレジットカードにはどのようなブランドがあるのかを知りたいという方は下記を参考にしてほしい

【海外旅行必携】VISA・MasterCard

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが他をしのいでいる。海外でも加盟店が多く、海外旅行で利用の幅が広いのが特徴である。

海外旅行の出発前にクレジットカード作りで迷ったり、どの国際ブランドのクレジットカードを持参するか迷ったりしたら、VISAまたはMasterCardを選べば間違いないだろう。

2枚目のカードにおすすめの国際ブランド

海外旅行へクレジットカードを持参する場合、1枚ではなく複数のカードを持っていくのもおすすめだ。理由として、

  • 1枚目のカードが万が一使えなくなった時に便利
  • カードブランド独自のサービスが充実していることがある
  • 異なるブランドのカードを持っていった方が、利用できる店舗の確率が増える

などがある。

上記2ブランド以外に、2枚目のカードとして海外旅行に持っていきたい国際ブランドの特徴を紹介する。

【滞在中のサービス充実】JCB

JCBカードは基本的に、海外よりも日本国内での利用可能店舗が多いカードだ。そのため、海外旅行にJCBカードのみを持参するのは避けた方が良いだろう。ただし、近年ではJCB加盟店が世界で拡大しているため、昔に比べれば使える機会は増えてきている。

JCBカード会員が海外旅行へ行く時のメリットのひとつとして、「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」の存在がある。

・JCBプラザ
ニューヨーク、ゴールドコースト、サイパン、ロンドン、ローマなど、世界60ヶ国にある海外サービス窓口。JCB加盟店の店への予約や観光に関する質問、旅行中のカード利用などに関する問い合わせに日本語で対応してくれる。

・JCBプラザ ラウンジ
グアム、ホノルル、ロサンゼルス、香港、ソウル、台北、パリ、シンガポール、バンコクの9か所にあるラウンジ。手荷物預かり、ドリンクサービス、インターネットの閲覧・プリントアウト、日本語雑誌の閲覧、マッサージ機利用などのサービスが無料で受けられる。

海外旅行中は、日本語が通じず疲れたり、情報を調べたいがスマートフォンがつながらなかったり、ゆったりくつろげる場所が見つからなかったりと、日本にいる時とは勝手が違うことも少なくない。

そのような場合に、JCBプラザで日本語対応をしてもらえたり、JCBプラザ ラウンジで情報を検索したり休憩したりできるのはありがたい。

サービスが利用できる国が限定されてはいるものの、
・海外旅行経験が少なく不安
・滞在中も日本語が通じるサービスを利用したい

という人には、JCBカードを海外に持参して利用するメリットは大きいといえる。

また、JCBカードは、AmericanExpress、Diners Club、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverと相互提携しているため、ほとんどの加盟店で使える(一部使えない店舗もある)。

【トラベルサービスが充実】AmericanExpress

海外旅行では、滞在期間中だけでなく、空港で過ごす時間が長いこともある。待ち時間が長かったり疲れていたりする場合には、搭乗までゆっくり過ごしたいというケースもある。通常の待合スペースは混んでいたり騒がしかったりして、ゆっくりできないことも少なくない。

アメックスカードを持っていると、通常99ドルかかる「Priority Pass」を無料で持つことが出来る。

プライオリティパスは全世界120ヵ国以上の400都市にある700ヵ所以上のVIPラウンジが利用可能で、搭乗クラスやご利用の航空会社に関わらず利用でき、無料の飲み物とスナックのサービスが受けられる。

また、手荷物宅配サービスなども受けられるので、慌しい海外旅行や海外出張もリラックスして出かけられるだろう。また、グローバルホットラインからレストランやホテルの予約、また緊急時の電話など利用者に格別なサービスを与えてくれるのだ。

・空港での過ごし方にこだわりたい
・特別なサービスを受けて海外旅行をより充実させたい

という人は、AmericanExpressのクレジットカードを持参することをおすすめする。

【細やかなサービスが充実】Diners Club(ダイナースクラブ)

ステータスカードとして、アメックスカードやゴールドカードに匹敵するブランドのDiners Club。

具体的には、以下のようなサービスが受けられる。

  • Hotels.comからの決済料金8%off
  • グローバルWi-Fiレンタル料金が20%off
  • 空港から自宅までスーツケース1台無料郵送サービス
  • コンシェルジュサービス(プレミアムカード限定)
  • 滞在中、コート1着無料で空港預かりサービス(プレミアムカード限定)

パック旅行などではなく、自分たちでホテルなどを事前に予約して行く場合、インターネットサイトを通じて予約することも多いため、決済料金の割引などはお得だ。また、旅行の帰りには荷物が重くなっていることも多いため、空港からのスーツケースの郵送サービスもありがたい。

クレジットカードの中では、海外で利用できる加盟店はまだ少ないものの、北米・カナダではMasterCardとの提携も実現しており、また、Discoverとも提携しているなど、利用の幅は広がりつつある。

ただし、カードの審査が厳しいため、年齢や年収などによっては加入できない可能性もあるため、その点には注意したい。

【中国旅行に行く人向け】中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)

中国で作られたクレジットカードの中国銀聯。中国では、銀行口座開設時に発行されるカードとして、1人1枚は中国銀聯のクレジットカードを持っていると言われており、中国国内での利用率の高さを物語っている。

海外ではVISA・mastercardの2ブランドを使える加盟店が圧倒的に多いと上述したが、中国では、場合によってはこれらの2ブランドよりも、中国銀聯のカードの方が利用できるシーンが多い可能性もある。

日本で申し込む場合、

・三井住友VISAカード
・ANAVISA Suicaカード
・MUFGカード(一般)

の3種類が、中国銀聯カードを発行することができる。

日本国内でも訪日外国人対策のため、中国銀聯カードの利用ができる店舗も増えてきている。また、中華街などのエリアでは、中国銀聯カードが利用できる店舗も多い。Discoverブランドとの相互提携もしているため、そのため、「中国のみでしか使えないカード」というわけではなさそうだ。

・中国旅行でクレジットカードを活用したい
・日本でも、中華街や中国系の店で買い物をする機会が多い

という人におすすめだ。

【現在海外に在住している人向け】Discover

アメリカを拠点としたクレジットカードのDiscoverは、2005年に国際ブランドの仲間入りを果たしたクレジットカード。

米国やカナダなどで利用可能なほか、銀聯カードとJCBと相互利用が可能なので、Discoverブランドのある加盟店でそれらのカードを利用することも可能だ。

ただし、Discoverのクレジットカードは、現在日本で発行することはできない。

そのため、現在日本に在住していて海外旅行の予定がある人が、Discoverのクレジットカードを作ることはできない。

・現在アメリカやカナダなど、Discoverカードが作れる国に住んでいる

という条件に加えて、

・Discoverカードが使いやすい場所に海外旅行に行く予定がある

という人にとっては、メリットがあるといえる。

クレジットカードが使いづらい国

現在、世界の多くの国でクレジットカードの利用ができるようになってきているが、まだクレジットカードの利用が普及していない国もある。以下の国は、世界の中でもまだクレジットカードの利用率が低い国のため、クレジットカードをメインで使いたいと考えている場合には注意したい。

・台湾

日本からの海外旅行先としても人気の高い台湾だが、クレジットカードが利用できる店舗は、全体の約3割程度と言われている。コンビニエンスストアやスーパーなどでもほぼ利用不可。

・ドイツ

現金のほか、ドイツ銀行のデビッドカード「ECカルテ」の利用が多く、クレジットカードが利用できる場所はかなり少ない。小規模な店などでは、クレジットカードの利用はほぼ不可能。

ただし、これらの国でも、有名ホテルやレストラン、百貨店、外資系の店などでは利用できる可能性が高い。クレジットカード決済ができるかどうかわからない場合は、現地で直接聞いてみることをおすすめする。

海外旅行でおすすめのクレジットカード3選

以下では、海外旅行へ行く時に持っていきたいおすすめのクレジットカードを紹介する。

楽天カード

楽天カード(マスターカード)

入会、年会費無料の楽天カードは、基本のポイント還元率は1%と、高還元カードとなっている。また、国際ブランドはVISA/Mastercard/JCBから選択可能。

海外旅行保険は、自宅から出発空港までの交通費または海外旅行代金を楽天カードで支払った場合が対象となるが、2,000万円まで付帯する。海外旅行中の病気やケガの治療費の他、賠償責任、携行品損害も補償される。カードを所有している本人以外に、家族カードを所有している同伴者にも適用。

万が一カードを紛失・盗難してしまった場合は24時間受付の専用ダイヤルが設けられている。また、渡航中のみ利用可能な再発行カードを現地で手配する緊急カードサービスもある。

・入会費、年会費などにお金をかけたくない
・国際ブランドを自分で選びたい
・海外旅行保険もある程度充実したカードが良い

という人におすすめだ。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

エポスカード

エポスカード

入会費・年会費無料のエポスカードは、日本国内でも10,000店舗以上で割引や優待が受けられるクレジットカードだ。国際ブランドはVISAのみで、海外旅行に安心して持っていくことができる。即時発行ができるため、スムーズにカードを作ることができる。

海外旅行傷害保険は、最高500万円で自動付帯される。保険の対象は、ケガや病気はもちろん、携行品の盗難や破損などの損害に対しても補償される。

また、万が一盗難・紛失によるカードの不正使用の被害に遭った場合も、届け日を含め61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償してもらえる。海外の現地サポートデスクは日本語で対応可能で、現地サポートデスクの営業時間外は東京の海外緊急デスクが24時間、年中無休で対応している。

・普段はあまり頻繁にクレジットカードを使わない
・入会費、年会費などにお金をかけたくない
・旅行出発まで時間がないため早く発行したい

という人に適したカードだ。

エポスカード

エポスカードの詳細を見る

年会費無料で10,000店舗以上で優待を受けられる。即日発行にも対応

様々な優待や海外旅行保険も付帯している。クレジットカードの支払いでポイントがたまるので、あらゆる支払いを集約するとお得。

年会費無料
還元率0.5%
旅行保険海外:最高500万円(自動付帯)
電子マネー楽天Edy、モバイルSuica
※チャージによるポイント付与のみ
国際ブランドVISA
エポスカードの公式サイトを見る
エポスカードの詳細を見る

三井住友VISAカード(VISA)

三井住友VISAカードクラシック

初年度は年会費無料、次年度以降は年会費1,250円(税別)のクレジットカードで、国際ブランドはVISA、Mastercard。インターネットで入会手続きと口座振替手続きを行うことで、最短3営業日で発行される。海外旅行保険は2000万円まで付帯される。

海外旅行に関するサービス・サポートが充実しており、世界主要都市にトラベルサービスデスクが設けられ、レストランやホテルの予約など様々な場面に日本語で対応してもらえ、品質にも定評がある。

万が一カードの紛失・盗難があった場合は、24時間年中無休で連絡・手続きができる体制になっている。また、「三井住友カード会員保障制度」により、特別なケースを除く不正使用については補償してもらえる。不正利用の可能性のある事態を事前に発見できるような体制も強化されている。

・海外旅行中のサポートが充実したカードが欲しい
・海外旅行保険もある程度充実したカードが良い
・・旅行出発まで時間がないため早く発行したい

という人におすすめだ。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

海外旅行でよくあるトラブルと対処方法

海外旅行先でクレジットカード決済をする時には、以下のようなトラブルが起きることがある。

カードの磁気が読み込まない

自分が持っているカードの磁気が弱かったり、店舗の端末に不具合があったりすると、クレジットカードが読み取られず、決済ができないことがある。

クレジットカードにロックがかかっている

海外旅行でクレジットカードを利用する場合、短期間で高額利用をするなど、普段よりも支払う額が多くなることがある。その場合、カードのセキュリティシステムにより、不正利用などを防ぐために決済ができなくなることがある。

上記のトラブルに遭遇した時の対処方法としては、

・出発前にクレジットカードカード会社に連絡し、海外旅行先で使うことを伝えておく
・クレジットカード会社の連絡先を控えておき、その場で電話連絡をする
・別のクレジットカードを使う

などの方法がある。

クレジットカードを活用して海外旅行をより楽しもう

海外旅行にクレジットカードを持参すれば、海外旅行は格段に便利になる。もちろん、カードを使いすぎてしまったり、紛失や盗難などのリスクなどもあったりするものの、圧倒的にメリットの方が上回る。これから海外旅行を考えている人は、ぜひクレジットカードを持参することをおすすめする。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。