クレジットカードの「国際ブランド」「カード発行会社」「提携会社」の違いとは?

Pocket

 クレジットカードに関連する言葉で、「国際ブランド」「カード発行会社」「提携会社」「加盟店」などをよく耳にするが、それぞれの意味や違いがよくわからないという人も多いだろう。

今回はそんな人のために、クレジットカードに関連する言葉の違いや、関連会社の構造を徹底解剖していく。

「国際ブランド」「カード発行会社」「提携会社」の違いとは?

国際ブランドとは

はじめに知っておいてほしいのが国際ブランドだ。

我々がクレジットカードで支払いをすることができるのは、その店舗が国際ブランドの加盟店になっているからである。

国際ブランドは「クレジットカードで支払うをすることができる機能(=決済機能)」を世界的に提供しているのだ。

国際ブランドには以下の7大ブランドがある。

・VISA(ビザ)
VISA logo

・Master Card(マスターカード)
Master Card logo

・American Express(アメリカンエキスプレス)
American Express logo

・JCB(ジェーシービー)
JCB logo

・Dinners Club(ダイナースクラブ)
Diners Club logo

・Discover(ディスカバー)
Discover logo

・銀聯(ギンレン)
銀聯 logo

7大ブランドのうちVISA、Master Card、American Express、Diners Club、Discoverの5つは米国ブランドである。

JCBは唯一の日本ブランドで、銀聯は中国ブランドだ。

カード発行会社とは

カード発行会社は「イシュア(=Issuer)」とも呼ばれ、文字通り実際にクレジットカードを発行している会社のことだ。

そして、カード発行会社は国際ブランドとライセンス契約を結び、そのブランドのクレジットカードを発行する。

例外はあるものの、国際ブランドはあくまで決済機能を提供しており、実際のカード発行はカード発行会社が行っているのだ。

日本のカード発行会社には以下のような代表的な会社がある。

・三菱UFJニコス株式会社
・三井住友カード株式会社
・株式会社ジェーシービー
・株式会社オリエントコーポレーション
・株式会社クレディセゾン
・株式会社セディナ

株式会社ジェーシービーは国際ブランドで紹介した「JCB」ブランドのカード発行会社である。

また、オリエントコーポレーションは「オリコ」の名称で広く知られており、みずほ銀行系列のカード発行会社だ。

例えば、以下のカードを見てみよう。

・Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

このカードの国際ブランドとカード発行会社は、それぞれ以下となる。

・国際ブランド:Master Card
・カード発行会社:株式会社オリエントコーポレーション

提携会社とは

提携会社とはカード発行会社を通して、自社のクレジットカードを発行している会社のことだ。
また、提携会社が関係しているクレジットカードを「提携カード」と呼ぶ。

そもそも、クレジットカードの発行は、国際ブランドとライセンス契約を結んでいるカード発行会社以外には行うことができない仕組みになっている。

しかし、自社のサービスに特化したクレジットカードを発行したいと考える企業も多く、その場合にカード発行会社と提携することでクレジットカードの発行を可能にするのだ。

提携先の企業としては以下が代表的だ。

・コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン など)
・ショッピングセンター(イオン、パルコ など)
・家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラ など)
・航空系会社(ANA、JAL など)
・石油系会社(ENEOS、出光 など)

例えば、以下のカードを見てみよう。

・出光カード
出光カード

このカードの国際ブランド、カード発行会社、提携会社は、それぞれ以下となる。

・国際ブランド:JCB
・カード発行会社:株式会社クレディセゾン
・提携会社:出光興産株式会社

よく聞く「プロパーカード」の意味とは?

プロパーカードとは

プロパーカードとは国際ブランドが直接発行しているクレジットカードのことだ。

国際ブランドの紹介で、
”例外はあるものの、国際ブランドはあくまで決済機能を提供しており、実際のカード発行はカード発行会社が行っている”
と紹介したが、その例外にあたるのがプロパーカードだ。

プロパーカードを発行しているのは

・American Express
American Express logo

・Diners Club
Diners Club logo

・JCB
JCB logo

の3ブランドのみである。

逆に、VISA、Master Card、Discover、銀聯は決済機能のみを提供しており、現在のところクレジットカードの発行は行っていない。

プロパーカードと提携カードの違いや仕組みはあまり知られていないため、是非この機械に覚えておいてほしい。

広い意味でのプロパーカード

近年の日本ではカード発行会社が発行しているクレジットカードもプロパーカードと呼ぶことが多い。

つまり、提携カードの反対の意味としてプロパーカードという言葉を使うことがあるのだ。

例えば、以下のようなカードだ。

・三井住友VISAカード(国際ブランド:VISA、発行:三井住友カード株式会社)

・三菱UFJニコスVIASOカード(国際ブランド:Master Card、発行:三菱UFJニコス株式会社)
VIASOカード

これらのカードは提携会社ではなくカード発行会社が直接発行しているカードのため、カード発行会社のプロパーカードということになる。

クレジットカードの関連サイトや雑誌は数多く存在しているため、どちらの意味でプロパーカードという言葉を使用しているのかを見極める必要がある。

「加盟店」と「加盟店管理会社」

加盟店とは?

加盟店とは国際ブランドと加盟店契約を結んでいる店舗のことだ。

我々がクレジットカード払いをするためには、店舗がいずれかの国際ブランドと加盟店契約を結んでいる必要があるのだ。

また、加盟店契約を結んでいる場合は、それぞれのブランドロゴが店舗のどこかに表示されているはずだ。

例えば、店舗でVISAとJCBのロゴが表示されていたら、VISAブランドとJCBブランドのカードが利用できるということになる。

加盟店管理会社とは?

加盟店管理会社は「アクワイアラ(=Acquirer)」とも呼ばれ、国際ブランドと契約を結び、加盟店管理と加盟店開拓を行う会社のことである。

日本ではカード発行会社と加盟店管理会社が同一のことが多く、海外では分かれていることが多い。

ちなみに、海外における加盟店管理会社は、そのほとんどが銀行である。

さらに、唯一の日本発の国際ブランドであるJCBはとても特徴的なブランドで、国際ブランド、カード発行会社、加盟店管理会社の側面を全てあわせ持っている。

その他の関連会社

これまで紹介してきたクレジットカードに関連する主要な会社の他に、以下のような会社も存在する。

・決済代行会社
 →加盟店管理会社と加盟店の間に入り、加盟店契約を仲介する会社のこと

・債権管理回収会社
 →カード発行会社が回収できなかった債権を買取や委託によって代理で回収する会社のこと

あまり聞きなれない言葉かもしれないが、クレジットカードの仕組みを影から支えている会社があることも是非知っておいてほしい。

まとめ

クレジットカードに関連する会社とその役割について紹介してきたが、いかがだっただろうか?

日常生活でクレジットカードを利用する上では、知らなくても困らない知識かもしれないが、クレジットカードの奥深さは理解いただけたと思う。

是非今後のクレジットカードライフに役立ててほしい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る