OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント) 高還元率、年会費無料、電子マネーが揃う

Pocket

クレジットカードのいいとこ取り
各種ランキングで人気急上昇中の注目カード
【期間限定キャンペーン】   
今ならもれなく最大8,000オリコポイントプレゼント!
しかも貯まったポイントはすぐにAmazonギフト券やiTuneカードと交換できます。
期間:2018年9月30日まで
GOOD

  • 年会費永年無料
  • ポイントは最高クラスの高還元率
  • 入会後6ヶ月は還元率2%
  • 2つの電子マネーiDとQUICPay搭載で日常生活で使いやすい
  • オリコポイントは、使いやすい金券に交換しやすい
BAD

  • 国内/海外傷害保険はついていない

公式サイトを見る

年会費無料で高還元率な超トクカード

年会費永年無料

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料で利用すること出来る。

さらにETCや家族カードも無料なので、家族みんなでポイントを貯めることが出来る。

また、年間利用額が少ない方であっても、ポイントをじっくりと貯めることが出来るのもうれしいポイントである。

高還元率のポイント

ポイントは1%の高還元率

ポイントは100円につき1オリコポイントが付与される。

1オリコポイントは1円相当で交換できるので、還元率は1.0%になる。

優良カードの条件はしっかりと満たしている。

入会後6ヶ月間はポイント2倍!

さらに入会後から6ヶ月間はポイントが2倍!合計還元率は2%にもなる。

大きい買い物が控えているならば、このカードに申し込んでから購入するとよいだろう。

オリコカード・ザ・ポイント還元率

オリコモール経由で0.5%~15%のポイント上乗せ

オリコモールを経由することで、様々な店舗でプラスの還元率を得ることが出来る。

オリコモールを経由するだけで常に0.5%還元率がアップする。

オリコモール1

さらに、ショップに応じてさらに0.5%~15%のポイントがプラスされる。

オリコモール2

下の図のように、通常の還元率に加えて様々なポイントが加算される。

オリコモールのショップによっては0.5%以上の還元率を得られる場合もあるので、細かくチェックしてみよう。

orico-point-back

ポイントは交換しやすく使いやすい

オリコポイントはAmazon.co.jpやiTuneギフトカードをはじめ、多くのポイントにほぼ1:1で、しかも500ポイントから交換することが可能なので、使い勝手は非常に良い。

オリコカードはポイントの交換のしやすさも大きな特徴の一つである。

オンラインクーポン交換

Amazonギフト券 500pt→500円券
2000pt→2000円券
5000pt→5000円券
iTuneギフト券 500pt→500円券
1500pt→1500円券
GooglPlayコード 500pt→500円分
nanacoギフト 1000pt→1000円分
LINEギフトコード 500pt→500円分
Huluチケット 1007pt→1ヶ月分
ファミリーマートお買物券 500pt→500円分

最低交換は500オリコポイントからとなるが、1%還元で考えても50,000円、入会キャンペーン中にAmazonで買い物をすることを想定すると還元率は3.0%になるので、わずか約17,000円の利用で500円のギフト券と交換できる。

このカードはポイントが貯めやすく、使いやすいというのを分かって頂けると思う。

ポイント移行

楽天スーパーポイント 1000pt→1000楽天ポイント
Tポイント 1000pt→1000Tポイント
dポイント 1000pt→1000dポイント
auポイント 1000pt→1000auWALLET

その他、以下のポイントへも交換することが可能。

・ANAマイレージクラブ
・JALマイレージバンク
・ベルメゾン・ポイント
・ちょコムポイント
・京王グループ共通ポイント
・ニッセンお買物券

2つの電子マネーiDとQUICPayでさらに使いやすく

一つのカードにiDとQUICPayの2つの電子マネーがついている。

電子マネーであれば、タッチするだけで使うことが出来るため、クレジットカードのような煩わしさがなく、コンビニやスーパーなどでも素早く決済できるのが特徴。

特にiDやQUICPayは多くのコンビニやスーパーで対応しているので、現金なしで生活する事も可能だろう。

logo_QUICPay logo_iD

iDは以下の様に、主だったコンビニではすべて対応している。

様々なコンビニを利用する機会が多い人ほど、このメリットのありがたさが分かるはずだ。

iDが使えるコンビニ

この他、エブリワン、ポプラなど様々なコンビニにも対応している。

またQuicPayも同様に主なコンビニをはじめ、イオンやエネオスなど幅広い店舗で利用できる。

iDかQuicPayがお互いに補完している。

他にも以下のような店舗でiDを利用することが出来る。

スーパー

イトーヨーカード、イオン、マックスバリュー 他

レストラン、食事

バーミヤン、ガスト、プロント、牛角、ジョナサン、マクドナルド 他

書店・CD

紀伊国屋書店、丸善、啓文堂書店、ブックファースト、ブックオフ 他

レジャー

BIGECHO、SHIDAX、歌広場 他

ドラッグストア

SEIMS、ツルハドラッグ、新生堂、ラフォート 他

ガソリン

エネオス、エッソ 他

生活

ダイソ-、ドンキホーテ 他

これらの店舗を見て、今まで現金で支払っていたものはあっただろうか?もしあったとすれば、オリコカードを持つことでそれらの支払からポイントを得ることが出来る。

OricoCard THE POINT使いこなしワザ

普段の支払いは極力カードに集中

公共料金の支払や携帯電話の料金など、毎月固定でかかる費用はこのカードに集約することで、安定的にポイントを得ることが出来る。

また、これまで現金で支払っているものがあれば、クレジットカードへと順次切り変えていくとだろう。

さらに、クレジットカード以外でも、iDやQuicPayを利用して、電子マネーで支払うことで取りこぼしなくポイントを貯めることが出来る。

ETCカードが無料で発行!

ETCカード無料もクレジットカードの重要な点だで、ポイントも付与される。

家族カードも無料で発行!

家族カードは無料で発行可能なので、家族でポイントを貯めるのもおすすめ。

紛失・盗難補償

カードが不正利用された場合、60日前にさかのぼって、損害をオリコが補償してくれる。

ポイントチャージで貯める

オリコカード・ザ・ポイントは電子マネーのチャージでもポイントを貯めることができる。

モバイルSuicaとSMART ICOCAはチャージでもポイントを貯めることが出来るので、ポイントの二重取りも可能

(但し、nanaco、WAONなどの電子マネーチャージでは、ポイント付与されない。)

選べる国際ブランド

基本的に取り扱い加盟店数などから考えて、Master Cardで問題はない。

しかし、本カードには海外旅行保険などがついていないので、主に国内使いするのに向いている(もちろん他に海外保険があれば、本カードをメインとして海外で使うのもアリ)ため、JCBブランドを持っていないという人はJCBを選択するのもいいだろう。

ApplePayにも対応!

Oricocard the point はApplePayの支払いにも対応している。

QUICPayの機能を使っているので、コンビニなどでQUICPayのマークがあればApplePayを利用出来る。

オリコカード・ザ・ポイントでApplePay

カード詳細情報

年会費 無料
還元率 1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
ブランド
電子マネー iD,QUICPay
ETC 無料
家族カード 無料
国内保険
海外保険
ポイント種類 オリコポイント
ポイント交換 200ポイントから
その他 最大8,000オリコポイントプレゼント

(発行会社:オリエントコーポレーション)

公式サイトを見る

入会キャンペーン

【期間限定キャンペーン】   
今ならもれなく最大8,000オリコポイントプレゼント!
しかも貯まったポイントはすぐにAmazonギフト券やiTuneカードと交換できます。
期間:2018年9月30日まで

入会条件

原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

評判・口コミ

イイコミ

  • 通常でも1%の還元率とオリコモールなどの経由でさらにポイント還元率が高くなるので、ネット上買い物に便利に使えるので助かります。(30代 男性 会社員)
  • 公共料金やスマホ代など毎月必要になってくるお金もクレジットで対応していたので、思っている以上にポイントがざくざくとたまってくれました。(20代 女性 会社員)
  • 年会費が無条件で無料になるので、カードを作ったまま放置したとしても維持費がかかりません。付帯するETCカードの年会費や維持費も全くかからないので、家計の負担にならず非常に重宝しています。(20代 男性 会社員)
  • 電子マネーのiDとQUICPayを搭載しているカードなので、コンビニでも買い物にも使うことができ、とにかく効率よくポイントを貯めることができます。(50代 女性 主婦)
  • 入会時から半年間はポイントが2倍だったのでサクサクとポイントを貯める事が出来ました。(30代 男性 会社員)
ワルコミ

  • 他のカードに比べて使用期限が短く、有効期限の延長もできないので、常に期限を確認しておかなければいけないという点はすごく不便でした。(20代 男性 会社員)
  • 他社のカードだと、キャラクターとのコラボデザインのものがでていたりと外観にもこだわっているものもありますが、ブラックしかないのは残念です。(20代 女性 会社員)
  • 海外旅行損害保険が一切付帯しないので、海外へ出掛ける際には自腹で保険に入らないと不安です。海外へ頻繁に出掛ける方は、メインで使用しにくいのではないでしょうか。(20代 男性 会社員)
  • リボ払いを利用していると、かなり小さい返済額になってしまい、なかなかカードの返済が終わらない問題もありました。(30代 男性 自営業・個人事業主)
  • オンラインクーポン・ポイント移行は充実していますが、商品との交換は物足りさを感じます。また、提携カード会員限定のポイント商品は、カードの引き継ぎをする必要があるので面倒です。(30代 男性 会社員)

※上記「イイコミ・ワルコミ」は弊社が独自に調査・収集したものです。

公式サイトを見る

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る