マスターカードでおすすめのクレジットカード!提携カードが豊富で選びやすい

Pocket

MasterCardおすすめクレジットカード

ブランドのシェア率2位で、VISAに次いで世界の多くの国と地域で利用できるMasterCard(マスターカード)。

5大国際ブランドの中でも「生活系カード」として、便利かつお得な提携カードが多くある。

提携企業のバリエーションも豊富なので、利用シーンに合わせて柔軟にカードを選択できるのが特徴だ。

本記事では、マスターカードのおすすめカードを紹介すると共に、マスターカードの特徴についてまとめた。

マスターカードのおすすめカード6選

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

オリコカード・ザ・ポイント

年会費無料高還元率ETCカード無料家族カード無料とまさに優良カードの代表格だ。当サイトでも申込数が非常に多いカードである。

Amazonでの買い物で2%のポイント還元が得られるのが特徴。その他、様々なネットショッピングでポイントアップされる。インターネットでも実生活でもポイントが貯まりやすく使いやすいカードと言える。

また、入会後の6ヶ月間は還元率が2倍となるので、大きい買い物を控えている時期に申し込みたい1枚だ。

さらに、電子マネーiDとQUICPayをダブルで搭載し、お得さと使いやすさを兼ね備えている点も注目したい。ApplePayにも対応している。

こんな人におすすめ

還元率の高いお得なカードが欲しいおすすめ
やっぱり年会費無料がいいおすすめ
「iD」と「QUICPay」の電子マネーを使いたいおすすめ

3つのおすすめポイント

・ポイント還元率1.0%
還元率がいつでも1.0%還元だから日常生活のあらゆるシーンでポイントが貯まる。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍になる。

・Amazonでよく買い物をする
通常でも1.0%の高還元率であるのに加えて、Amazonでの還元率は通常の2倍となる2.0%還元
Amazon以外にも楽天やYahoo!ショッピングなど、オリコモールを経由することで高い還元率を得ることができる。入会後6ヶ月以内であれば、還元率は3.0%となる。

・電子マネーiDとQUICPayの電子マネーをダブル搭載
iD、QUICPayをダブルで搭載している
これらは後払い式の電子マネーで事前にチャージが不要なので、残高を心配せずに使うことができる。ApplePayにも対応している。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費 無料
還元率 1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%~15%
旅行保険
国際ブランド MasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

楽天カード

楽天カード(マスターカード)

年会費無料高還元率海外旅行時の補償、会員ランクによっては無料のETCカード付と、あらゆる点において隙がなくお得なカード。

楽天市場で買い物をすれば還元率は3.0%にもなる。楽天カード会員限定のキャンペーンも豊富に開催されている。

キャンペーン中に楽天で買い物をするとポイント10倍などの還元率を得られる場合もあるので、キャネペーン情報は見逃さないようにしたい。

こんな人におすすめ

還元率の高いお得なカードが欲しいおすすめ
やっぱり年会費無料がいいおすすめ
楽天市場をよく使うおすすめ

3つのおすすめポイント

・ベースとなる還元率が1.0%
楽天カードは楽天以外で使っても還元率が1.0%
一般的なクレジットカードの場合還元率は0.5%程度なので、楽天カードはこれらの2倍近くのポイントがもらえることになる。

・ポイントが貯まりやすいイベントが盛りだくさん
ポイント10倍優待キャンペーンなど、楽天ポイントが貯まりやすいイベントが常に複数実施されているので、楽天グループでこのカードを使っていると知らないうちにポイントがどんどん貯まっていくだろう。

・楽天Edyが実店舗で使える
楽天Edyは全国38万点を超える店舗で使うことができる。コンビニなどで細かい小銭を出す必要もないので使い勝手が良い。

しかも楽天Edyにチャージする際にも楽天ポイントが付与されるので、チャージによるポイント付与と、楽天Edyの利用によるポイントの二重取りが可能となっている。

①楽天カードからのチャージでポイント付与
楽天Edyのチャージでポイント付与
②楽天Edyの使用でポイント付与
楽天Edyの利用でポイント付与

楽天カード

楽天カード(マスターカード)

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費 無料
還元率 1.0%
旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランド VISAMasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJニコスを代表するクレジットカードである。国際ブランドはマスターカードのみ。

年会費無料で還元率は最大10%と高還元率カードとして人気が高いカードだ。

貯まったポイントはオートキャッシュバックされるのが最大の特徴と言える。

こんな人におすすめ

年会費無料のカードが良いおすすめ
ポイント交換の手間を省きたいおすすめ
ネットショッピングをよく利用するおすすめ

3つのポイント

・オートキャッシュバックで手続き不要
カード利用金額1,000円ごとに5ポイントのVIASOポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1円として自動的にキャッシュバックされる。
1,000ポイント以上貯まると口座にオートチャージされる。
ポイントの蓄積期間は入会日から1年間とされているが、オートキャッシュバックなのでポイントを失効させてしまうことはまずない。

・年会費無料
本人、家族会員ともに年会費無料
さらに、最短翌営業日発行で、思い立ったらすぐに作ることができるのがうれしい。

・最大10%還元
全国の高速道路でのETC利用料金や携帯電話の通信料金、インターネットプロバイダーの利用料金の支払いなどで、通常の2倍ポイントが貯まる。
さらにVIASO eショップ掲載の店舗で買い物をすると、通常ポイントに加えて店舗ごとに設定されたボーナスポイントが付与される。
最大1,000円ごとに100ポイント貯まり、買い物金額の0.5%~10%が還元される。

VIASOカード

VIASOカード

手続き不要オートキャッシュバック!年会費無料の高還元率カード

貯まったポイントが自動で口座に入金されるため、ポイント交換手続きは一切不要。特定加盟店でカードを使えばザクザクポイントが貯まり、還元率が上昇!

年会費 無料
還元率 0.5%〜10%
旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランド MasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料ポイント還元率1.2%という超高還元率カード。

通常のクレジットカードは還元率0.5%が一般的で、優良カードと呼ばれる還元率が高いカードでも還元率1.0%が多いことを考えると、還元率の高さでは他を圧倒していると言える。

リクルートのサービスを使えばさらにポイントアップが可能で、貯まったポイントはリクルート関連サービスの他、Pontaポイントとの交換にも対応している。

さらに、国内・海外保険にも対応しているので、海外旅行で使う予定がある場合にも安心だ。

こんな人におすすめ

還元率の高いお得なカードが欲しいおすすめ
やっぱり年会費無料がいいおすすめ
リクルート関連サービスをよく利用するおすすめ

3つのおすすめポイント

・ポイント還元率1.2%
毎月の利用額合計に対して1.2%の還元率でリクルートポイントが付与される。
還元率が高いといわれる楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントなどでも還元率は1.0%であり、リクルートカードはそれ以上の高還元率となっている。

・ポンパレモールでポイントアップ
リクルート関連のサービスでは、さらにポイントアップが可能。ショッピングサイトポンパレモールは通常でも3%のポイント還元を実施、リクルートカードを利用することで還元率4.2%となる。
貯まったポイントは、じゃらんやHotpepper、HotPepper Beautyなどリクルート関連サービスで利用できる他、Pontaポイントなど様々なポイントに交換可能。

・国内・海外旅行保険が付帯
年会費無料で高還元率というお得なカードである上に、旅行保険が国内最大1,000万円、海外最大2,000万円利用付帯する。

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料で還元率1.2%!旅行保険まで付帯

年会費無料で高還元率なので、持っておいて損のないカード。特にリクルート関連サービスをよく利用する人におすすめ。

年会費 無料
還元率 0.5%~1.2%
旅行保険 国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランド VISAMasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

カード会社のポイントと同時に、東京メトロの「メトロポイントPlus」(1ポイント=1円相当)も貯めることができる。

カード会社のポイントをメトロポイントPlusに集約することも可能だ。

貯まったポイントはPASMOへのチャージや、マイル、他のポイントへの移行に利用できる。

国際ブランドはマスターカードのみ。

こんな人におすすめ

PASMOを使っているおすすめ
東京メトロを使うおすすめ
オートチャージを使いたいおすすめ

3つのポイント

・PASMOのオートチャージでポイントが貯まる。
PASMOへのオートチャージでも還元率1.0%でポイントが貯まるので、PASMOを日常的に利用する場合にお得。
また、PASMO定期券をクレジットカード払いで購入すると同じく1.0%のポイントが貯まる。
さらに、通常還元率も1.0%なのでポイントがどんどん貯まる。

・JALマイルを貯める&移行も可能
JMB(JALマイレージクラブ)機能が付いているため、JALマイレージへの移行も可能。2,000TOKYUポイント=1,000マイルで移行できる。
また、JALグループ航空会社および、JMB提携航空会社の搭乗でJALマイルが貯まる。さらに、12,000軒以上の国内・海外のJMB提携ホテルの利用やレンタカー、宅配サービス、JALグループのパッケージツアーでもマイルが貯まる。

・オートチャージに対応
PASMOのオートチャージに対応しているため、日常的な支払いをPASMOで行う場合に便利だ。他の交通系ICカードと相互利用を行っているため、全国で利用することが出来る。
交通系電子マネー

To Me CARD Prime

TOKYU CARD ClubQ JMB

通常還元率1.0%、最大還元率10.0%のハイスペックカード

年会費が比較的安く、還元率の高い優良カード。PASMOオートチャージにも対応!

年会費 初年度無料
2年目以降:1,000円(税抜)
還元率 1.0%〜10%
旅行保険
国際ブランド MasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

アコムマスターカード

アコムマスターカード

安定収入があれば主婦*1・学生*2・派遣社員・パートの方でも作ることができるのが特徴のカードだ。即日発行なのも魅力の一つ。

注意点としては、リボ払い専用カードのため、支払い方法がリボ払いのみであることだ。リボ払いの場合は手数料がかかることを覚えておきたい。

また、ETCや家族カードの発行、ポイントプログラムや旅行保険などのサービスは付帯していないので、純粋にクレジットカードを作りたい方、クレジットヒストリーを積みたい方におすすめだ。

こんな人におすすめ

とにかく早くカードを作る必要があるおすすめ
せっかくならまともな券面のカードが欲しいおすすめ
やっぱり年会費無料がいいおすすめ

3つのポイント

・最短即日発行、まずは3秒診断
最短即日発行なので急にクレジットカードが必要になった場合に重宝する。
また、3秒診断でカードが発行できるか簡単に診断できる。
急いでいる時に申し込んで審査がダメだった、ということが防げるのでまずはチェックしてみよう。
↓まずは3秒診断

acmastercard_3seconds

・安心の国際ブランドMasterCard
カード券面はMaster Cardと記載があるのみ。余計なデザインはない。
Master Cardは国内はもちろんのこと、世界的にもVISAと並ぶほど利用可能店舗数が多い。急な出張や準備不足の旅行でも安心だ。
初めてクレジットカードを持つという方にも是非おすすめしたい。

・年会費無料だから負担にならない
発行手数料年会費無料なので、カード所持の負担を抑えたい人にもおすすめ。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

最短30分で審査結果がわかる。即日発行に対応。とにかく急ぎでクレジットカードが必要な人におすすめ

カードフェイスに”アコム”などの文字がないので、人前で出す場合でも気にならない。全国の契約機で即日受け取ることが可能。

年会費 無料
発行スピード 即日発行
審査条件 主婦*1・学生*2でも申し込み可
国際ブランド MasterCard
koushiki-200-40
shousai-95-40

*1 ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能。(※専業主婦は除く)
*2 20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。

VISAに並ぶ国際ブランドマスターカード

MasterCard(マスターカード)は5大国際ブランドの中で、VISAに次ぐ会員数・加盟店数を誇る国際ブランド。

加盟店は世界210以上の国・地域に広がっている。

VISAと同じく「生活系カード」といわれ、日常生活でお得かつ便利に利用できる

日本国内での利用をはじめ、海外旅行の際にも1枚持っておくと安心なカードだ。

かつては「ヨーロッパに強いが他の地域が弱い」と言われていたこともあったマスターカードだが、現在ではVISAと比べても使える国・地域にほとんど差はないと言われる。

マスターカードは、VISAに追いつく戦略として、消費者金融などを含め加盟店を積極的に増やしてきた。加盟店の手数料もVISAと同程度の2~3%だ。

なお、マスターカードやVISAのような「生活系カード」に対し、アメックス、ダイナースクラブ、JCBは「E&Tカード」と呼ばれ、エンターテインメントや旅行(トラベル)に関するサービスが手厚い。

また、アメックス、ダイナースクラブ、JCBの加盟店の手数料は高めに設定されている。

そのため、店舗によってはアメックスなどの利用を断られる場合もあるので、サブカードとしてもマスターカードを1枚持っておくと安心だ。

提携カードがおすすめ

クレジットカードには、国際ブランドが独自で発行する「プロパーカード」と、提携企業にライセンス発行を行っている「提携カード」がある。

マスターカードは「プロパーカード」の発行は行っていないので、マスターカードを利用する場合、提携カードから選ぶことになる。

なお、国際ブランドの中でプロパーカードの発行を行っているのは、アメックス、ダイナースクラブ、JCBの3ブランドだ。

マスターカードの提携カードを発行している会社は以下の通り(※五十音順)(※2018年3月時点)。

  • 株式会社青山キャピタル
  • アコム株式会社
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社イオン銀行
  • 株式会社ウェブマネー
  • SBIカード株式会社
  • NTTファイナンス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • きたぎんユーシー株式会社
  • きらやかカード株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • KDDI株式会社
  • 株式会社ジャクス
  • 株式会社セディナ
  • ちば興銀カードサービス株式会社
  • トマトカード株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • ポケットカード株式会社
  • マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社
  • 株式会社マネーパートナーズ
  • 三井住友カード株式会社
  • 三井住友トラストクラブ株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社UCS
  • 株式会社ゆうちょ銀行
  • ライフカード株式会社
  • 楽天カード株式会社
  • りそなカード株式会社
  • 株式会社労金カードサービス
  • ワイジェイカード株式会社

三井住友カードはデュアル発行が可能

上記一覧にある三井住友カードは、日本国内においてVISAのプロパーカード的立ち位置の提携カードだ。

そんな三井住友カードは、VISAとマスターカードの両方を発行する「デュアル発行」が可能だ。

デュアル発行の場合、2枚目のカードの年会費は250円(税別)とお得だ。

現在、VISAとマスターカードはどちらも多くの国と地域で利用できるが、それでも利用できる店舗やATMの場所には多少の違いがある。

海外に行く際に、VISAとマスターカードの両方を備えておきたいという場合、このデュアル発行が便利だ。

日本を楽しむ「プライスレス・ジャパン」

マスターカードでは、日本国内のマスターカード会員に向けて、「Priceless Japan(プライスレス・ジャパン)」というプログラムを提供している。

このプログラムでは、ショッピング、旅行、飲食、エンターテインメントの四つの分野に関して、日本人の志向に合った体験やイベント、格別の優待を年間を通して提供する。

過去には以下のキャンペーン・特典が提供された。

MasterCard x 常陸野ネストビール「クラフトビール醸造家体験」企画
期間:2015年 8月1日~10月31日
概要:木内酒造の協力のもと、自分の好みに合わせたクラフトビール作りを体験。作ったクラフトビールは木内酒造の審査員によって審査され、優勝作品は常陸野ネスト直営店「常陸野ブルーイング・ラボ」(東京 神田)のメニューとして販売される。

限られた人だけに贈る三ヶ日の手筒花火
開催日:2015年9月12日~9月13日(1泊2日)
概要:徳川家康の時代から遠州に受け継がれる手筒花火の持ち手による独特の舞を、浜名湖ロイヤルホテルにMasterCard限定パッケージとして用意。

世界中でキャッシング可能

マスターカードは、国内外問わず、マスターカードのマークか「Cirrus(シーラス)」のマークのあるATMでキャッシングを利用できる。

Cirrusは銀行オンラインシステムで、マスターカード以外にもダイナースクラブ、JCBなどで利用可能。

日本国内では、セブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、シティバンク銀行などでもキャッシング利用が可能だ。

グローバルATM検索アプリ

「MasterCard NearbyTM」というアプリでは、国内・海外で、マスターカードでキャッシングが可能なATMを検索することができる。

キャッシング利用の機会が多い人や、マスターカードを持って海外に行くときはダウンロードしておきたいアプリだ。

プリペイドカードも便利

マスターカードでは、プリペイドカードもよく利用されている。

プリペイドカードは、前払い式のカード。分割払いや定期支払いはできないが、対応する国際ブランドの加盟店で、クレジットカードと同様に利用できる。

年齢制限や審査がないので、子供にカードを持たせたい場合や、留学や海外旅行時にも便利だ。

事前にチャージした金額内での利用となるので、金銭管理がしやすく、使いすぎる心配もない。

マスターカードのプリペイドカードとしては、以下のようなカードがある。

【海外用】

  • MasterCardマルチカレンシーキャッシュパスポート
  • マネパカード

【国内用】

  • WebMoney Card
  • au WALLETカード

マスターカードはこんな人におすすめ!

マスターカードは、VISAと同様に、加盟店数が多く海外でも使える場所が多い。

そのため、1枚持っておくと安心なカードであり、初めてカードを作る人にもおすすめだ。

高還元率のカードが多いため、お得にクレジットカードを活用したいという人にもおすすめ。

今回紹介したカードも、年会費無料で、高還元率のものばかりだ。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。