VISA MasterCard JCB の違いを分かりやすく説明!

Pocket

国際ブランド(VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)

VISA MasterCard JCB とは何なのか?

VISA MasterCard JCBは国際ブランドと呼ばれ、クレジットカードの支払いの決済システムを24時間365日、世界中で提供している。

国際ブランドはクレジットカードの右下にロゴマークで表示されている。

国際ブランド
(国際ブランド「VISA」)

VISA MasterCard JCBは、それぞれ独自の決済ネットワークを構築しており、国際ブランドによって提供するサービスや、利用可能な店舗数が異なっている。

国際ブランドの種類

クレジットカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの他にもAmericanExpress(アメリカン・エキスプレス、通称:アメックス)とDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドとも言われている。

国際ブランド(VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)

また、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもある。
銀聯、ディスカバー

国際ブランドのカテゴリ

国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられる。

ひとつは、決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド」で、VISA、MasterCardがこれに当てはまる。

もうひとつが、旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、JCB、AmericanExpress、DinersClubがこれに当てはまる。

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが他をしのいでおり、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴である。

海外旅行の出発前にカード作りで迷ったら、この2つのブランドを選ぶと間違いないだろう。

国内での利用がほとんどという方であれば、JCBの方が様々なキャンペーンがあるのでメリットは大きい。

POINT
VISAやMasterCardは決済機能のみを提供しており、クレジットカード自体は発行していない。

国際ブランドのライセンスをカード発行会社に付与し、カード発行会社がクレジットカードを発行している。

一方、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどの国際ブランドは、他のカード発行会社にライセンスを付与する一方で、自社でクレジットカードを発行している。

国際ブランドを提供しているカード会社が自身で発行するクレジットカードのことをプロパーカードと呼ぶ。

プロパーカードは、他のカードに比べてステータス性やサービス性が高いのが特徴である。

プロパーカードや提携カードについては以下の記事で詳しく解説している。
クレジットカードを発行しているのは結局だれ?

各ブランドの特徴

ここからは各国際ブランドの特徴や歴史、加入者数などのデータについて詳しく見ていこう。

VISA(ビザ)

カード発行数、加盟店舗数が世界で1位

logo_visa_new_300

VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まり。本社はアメリカである。

国際決済業務では世界1位となっている。

一般的にVISAカードとは、VISAがライセンシングした企業が発行したカードを意味している。

VISA独自でカードは発行していない。

国内ではVISAカードとして馴染みのある三井住友VISAカードもライセンスを受けた会社のひとつである。

クレジットカード以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供している。

国内でクレジットカードが使える場所は、ほぼ間違いなくVISAは利用可能と考えていいだろう。

会員数 23億人 ※2015年時点
加盟店舗数 不明
拠点 アメリカ

☆代表的なカード

☆VISAカードを詳しくチェック

MasterCard(マスターカード)

世界第2位の国際ブランド
マスターカード
VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社。

ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたため、ヨーロッパ圏で強いと言われていたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わらない。

本社はアメリカ。VISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体では発行せず、ライセンシングした企業がカードを発行している。

国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われている。

会員数 9億7,500万人
加盟店舗数 不明
拠点 アメリカ

☆マスターカードを詳しくチェック

JCB

日本初の国際ブランド
jcb
日本初にして、日本唯一の国際ブランドである。

1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が提供している。

中国の銀聯カードが登場するまで、アメリカ系以外では唯一の国際ブランドでもあった。

主に日本国内で利用可能な決済ブランドであるが、ハワイ、グアム、韓国、台湾、シンガポールなど日本人が多く訪れる国や地域では利用可能な店舗が多い。

また、世界的に利用可能な国際ブランドとなるべく、海外での提携店を増やしている。

POINT
あまり知られていないが、国内ではAmericanExpressと加盟店相互開放について提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でカード決済を利用出来るので覚えておこう。

日本国内以外では、オーストラリアやカナダで相互開放している。

アメリカでは国際ブランド「ディスカバー」と相互開放について提携しており、ディスカバーブランドが利用できる店舗では、同様にJCBのカードが利用出来る。

JCBはVISAやMasterCardに比べると利用可能店舗数は少ないが、国内で様々なサービスやキャンペーンを提供するなど、日本人にとって利用付加価値が高い。

JCB自身もJCBオリジナルシリーズというプロパーカードを発行しており、サービスやサポートが充実しているのが特徴。

会員数 11,000万人以上
加盟店舗数 3,000万店以上
拠点 日本

※2017年9月末日現在

☆代表的なカード

☆JCBカードを詳しくチェック

AmericanExpress(アメックス)

アメリカン・エキスプレスはステータスの象徴
AmericanExpress(アメックス)
AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)はアメリカ発の国際ブランドであり、ステータスの高いクレジットカードとして有名である。

1850年に運送業者としてスタートしたAmericanExpressは、その後決済サービスの提供へと姿を変え、アメリカを中心にサービスを提供している。

ホテルやレストランなどの優待や空港ラウンジの利用など、ステータスに見合ったワンランク上のサービスを提供してくれる。

審査基準についても、以前は一般カード(グリーンカード)でもゴールドカード並の取得の難しさと言われていたが、現在では審査基準はいくぶん緩和されているようである。

頻繁に海外旅行・出張に行く人にとっては、手荷物無料宅配サービスや緊急時の素早いトラブル対応など充分な恩恵を受けられるだろう。

POINT
国内ではJCBと加盟店相互開放の提携をしており、JCBが使える店舗であれば、AmericanExpressも利用出来る。

日本ではJCBがほとんどのお店で使用可能なので、国内で使用する分にも活躍するカードと言えるだろう。

会員数 1億990万
加盟店舗数 不明
拠点 アメリカ

※会員数は2016年度の米国アメックスの決算データより

☆代表的なカード

☆アメックスカードを詳しくチェック

Diners Club(ダイナースクラブ)

世界最高のステータスカード
DinersClub
一番低いグレードのカードでもゴールドカード並の収入と社会性が求められることから、世界最高峰のクレジットカードに位置づけられている。

現在は三井住友トラストクラブが運営している。

日本ではJCBと提携しており、JCBのほとんどの店舗で使用できる。

一部システムの関係上、使用出来ないところもあるので使用前には確認した方が良いだろう。

また、北米・カナダではMasterCardとの提携も実現しており、利用の幅は広がりつつある。

会員数 不明
加盟店舗数 不明
拠点 アメリカ

☆代表的なカード

☆ダイナースクラブカードを詳しくチェック

中国銀聯(ぎんれん)

中国で大きくシェアを伸ばす国際ブランド

銀聯
中国中央銀行主導で作られた国際ブランド。

訪日中国人の増加に伴い、日本でも加盟店が急速に増えつつある。

2015年で発行枚数は50億円を超え、加盟店も1000万店を超えている。

そのうち、海外は700万店となっている。

銀聯は中国本土ではほとんどがクレジットカードではなくデビットカード(使用のタイミングで銀行口座から引き落とされる)として発行されている。

日本では三井住友カードや三菱UFJニコスと提携しているので、三井住友カードや三菱UFJニコスが発行するクレジットカードのオプションとして申し込むことも出来る。

この場合、引き落としはクレジットカードと同じ扱いで後日請求されることになる。

中国ではVISAなどの国際ブランドよりも利用可能店舗が多いので、中国に行く機会があれば検討したい。

発行枚数 50億
加盟店舗数 1000万店
拠点 中国

※発行枚数は2017年時点、公式サイトより

Discover card(ディスカバー)

米国を中心に展開する国際ブランド

ディスカバー(discover)

1985年に百貨店運営のシーアズがスタートさせ、その後モルガン・スタンレーへと売却、現在はディスカバーファイナンシャルサービスが展開するブランドである。

ディスカバーカードは銀聯カードとJCBと相互利用が可能なので、JCBのカードであれば、Discoverブランドのある加盟店で利用することも可能。

会員数 5,000万人
加盟店舗数 400万店
拠点 アメリカ

サービスの違い

まず前提としてクレジットカードのサービスのほとんどは国際ブランドではなく発行会社によって提供される

しかし、アメックスやJCBなど国際ブランド自体がプロパーカードを発行している場合もあり、国際ブランドが提供しているとも言えるだろう。

国際ブランドによって提供しているサービスは大きく異る。

これまではJCB、AmericanExpress、Diners Clubなどの「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」がサービス面で優位であった。

最近では、VISA、Mastercardも決済システムだけではない、様々トラベルやエンターテイメントサービスを提供するようになっている。

各国際ブランドの代表的なサービス、又は力を入れているサービスを見てみよう。

これらのサービスは、発行会社に関わらずクレジットカードに対象の国際ブランドが入っていれば使用できるものだ。

優待・ディスカウントなどのサービス網の展開度合いを☆で表した。

VISAのサービス

■主なサービス
VISA海外優待キャンペーン

ショッピングやエンターテイメントなど、ディスカウントやプレゼントなどの渡航先ごとに特別キャンペーンを展開。

VISAの総合力で幅広いサービスを提供。

充実度:☆☆

■代表的なカード
三井住友VISAカード

Mastercardのサービス

マスターカード

■主なサービス
MasterCard海外優待キャンペーン

ショッピング、アトラクション、トラベル、ダイニング、ミュージックをテーマに優待特典を提供。

ディスカウントやスペシャルプレゼントなどのサービスも。

充実度:☆☆

■代表的なカード
楽天カード(MasterCard)

JCBのサービス

jcb

■主なサービス
JCB優待ガイド(海外)
JCB国内サービス
日本語対応サービスデスク

国内でのサービスが豊富なのが特徴。ディズニーランド向けのキャンペーンなども。

海外からの日本語サービスデスクなど幅広いサービスを提供。

充実度:☆☆☆☆☆

■代表的なカード
JCBオリジナルカード

AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)のサービス

AmericanExpress(アメックス)

■主なサービス
アメリカン・エキスプレスカード・セレクト
アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・ネットワーク(英語)

発行会社を問わず、国内海外のあらゆるシーンで使用可能なサービス。

トラベルサービスデスクとカードセレクトはアメックスのマークがあるカードであれば、誰でも使えるサービス。

サービスの質では他より一歩抜き出ている。

充実度:☆☆☆☆☆

■代表的なカード
アメリカン・エキスプレスカード
アメリカン・エキスプレスゴールドカード

DinersClub(ダイナースクラブ)のサービス

DinersClub

■主なサービス
Diners Club Privileges
国内・海外クラブホテルズ

グルメ、トラベル、エンターテイメント、ゴルフなどをテーマにエグゼクティブが満足できるサービスを提供。

幅広く、そして質の高いサービス網を展開している。

充実度:☆☆☆☆

■代表的なカード
ダイナースクラブカード

サービス充実度の比較

やはりVISAとMasterCardはに比べるとまだまだ優待などの数は少ない国際ブランドのサービスで考えると、やはりAmericanExpressが群を抜いて充実している。

繰り返すが、あくまでサービスのほとんどは国際ブランドよりも発行会社のサービスの影響が大きいので、サービスは総合的に判断して欲しい。

海外使用での為替レートと国際ブランドの関係

exchange
海外で決済した利用代金を、カード利用者が利用する通貨に変換するシステムを多通貨決済(インターナショナル・インターチェンジ)と呼び、世界の為替レートに従い、1日に3回変換が行われている。

海外利用時の決済為替レートは、使用した日のレート、基準としている為替市場によって変わる。

基本的に海外通貨で決済された場合の換算レートには、カード会社の事務手数料が加わるため、テレビやニュースで表示されているレートでは決済されない。

実際には約1%〜2%の手数料が加わっているようだが、基準としている為替レート、事務手数料は公表されていないのが現状である。

VISAとMasterCardとJCBはどれが一番良い?

VISA_MasterCard_JCB
主に使用する場所が日本国内か海外かで分けられるが、国内の利用がほとんどであれば、JCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress(JCBと提携しているため)の4ブランドが問題なく使えるだろう。

厳密には利用可能店舗数に差はあるだろうが、ほとんど気にならなレベルと言える。

よくJCBとVISA・MasterCardのどちらの加盟店が多いかという話になる。

日常生活で使用してみると、VISA、Mastercardはカードが使える場所であればどこでも使える印象。

JCBもほとんどの店舗で利用できるが、稀にJCBに対応していない店舗も見受けられる。

しかし、国内のサービスに重点をおけば、JCBはポイントサービスなどのサポートが充実しているので満足度は高いだろう。

海外旅行での利用を考えると、加盟店舗数が多いVISA、MasterCardが良いだろう。

オススメな持ち方は、メインの1枚目としてJCBを持っておき、海外旅行などの用途で2枚目にVISAやMasterCardのクレジットカードを持つと幅広くクレジットカードのメリットを享受出来る。

JCBかVISAかMasterCardで迷ったら・・・

国内での利用が中心という方であればJCBブランドがおすすめ。

ディズニーリゾートの貸切パーティ招待など、JCBだけの特別なキャンペーンが豊富なのが特徴。

国内サポート体制は充実している。

海外での利用を想定しているのであればVISAかMasterCardを選ぼう。

さらに、VISAかMasterCardで迷ったならば、とりあえずVISAを持っておけばよいだろう。

VISAが使えなくてMasterCardだけが使えるという状況は限られているだろう。

どうしてもVISAかマスターカードで決められないという方であれば、三井住友VISAカードなどはVISAとマスターカードのデュアル発行をしてくれる。

VISAとマスターカードはほとんどの国、地域で同じように使えるという現状ではあるが、今でも片方しか使えないという店舗も存在している。

特に海外に行くことが多い方であれば、両方持つことで安心できるだろう。

利用スタイルにあって適切なブランドを選ぶ

VISAとMasterCardの使い勝手を比較しても国内海外問わず、ほとんど変わらないと言える。

また、国内の利用可能店舗の多さはVISA、MasterCard、JCBがリードしている。

この中では、JCBが(発行先によるが)サービスの面でさらに一歩リードしているようだ。

おすすめの持ち方は、国内で最初にもつならJCBブランドを。海外で使う目的で2枚目以降はVISA、MasterCardを持つのが良いだろう。

ハワイや韓国など、日本人が多く訪れる観光地に限った話であれば、JCBだけでも事足りると思われるので、無理に作らなくてもいい。

クレジットカードなんて1枚でいいよという方であれば、やはりVISAかMasterCardだろう。

もちろんJCBと提携しているAmericanExpressは国内での使い勝手も問題ないので、ステータスカードとして持つののでも充分オススメ。
(年会費が気にならず、海外出張・旅行が多い方にオススメ)

DinersClubはJCBとの提携が行われているものの、世界的に利用可能な場所は高級ブティックなど一部に限られてしまうので、利用のしやすさは減るだろう。

あくまでステータスとしての所持を考えるのが良い。

当サイトでは、あなたの価値感にぴったりとあったクレジットカードを紹介している。

まだ、カードを持っていない方。海外でカードを使いたい方は参考にして欲しい。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る