人気のクレジットカード会社別!ポイント還元、サービスの特徴を比較!おすすめの会社はどこ?

Pocket

クレジットカード

クレジットカード会社は各社でさまざまなサービスを展開している。

中でもクレジットカードの利用による「ポイント還元」は目玉のサービスで、各社が様々な還元率やお得なポイントプログラムで顧客ニーズに応えている。

本記事では、付帯保険や補償制度なども加え、各カード会社が展開するサービスについて特徴を比較する。

三井住友カード株式会社

1980年にアジアで初めて、世界では米国、英国に次いで3カ国目の国際ブランドVISAのクレジットカードを発行。

国内のVISAブランドにおける「先駆者」であり、最大手のカード会社だ。

VISAブランドは国内外で約4,000万店の加盟店を誇る世界最強の決済力に加え、世界で通じる高いステータスがある。

さらに、89年にMasterCard、2008年に銀聯カードを発行。

ポイントプログラム

ポイントプログラムの種類:ワールドプレゼント
ポイント付与率:1,000円=1ワールドポイント=5円相当
還元率:0.5%

ポイントの有効期限

2年:一般カード(法人カードも含む)
3年:三井住友ゴールドカード
4年:三井住友プラチナカード

サービス

年間のショッピング利用額に応じて、ポイント付与率がアップする。最大で150ポイントのボーナスポイントも付与される。

1回払い専用カードは全て年会費が有料だが、リボ払い登録+Web明細に切り替えると、ゴールドカードが60%OFFの4,000円(税別)になる。

USJ、宝塚歌劇団のオフィシャルスポンサーで、各種特典も受けられる。

年会費割引サービス

(金額は全て税別)
三井住友VISAクラシックカード:通常年会費1,250円→無料
三井住友VISAエグゼクティブカード:通常年会費3,000円→1,000円
三井住友VISAゴールドカード:通常年会費10,000円→4,000円
三井住友VISAプラチナカード:通常年会費50,000円→49,000円
※プラチナカードは1,000円OFFのWeb明細割引のみ適用される

付帯保険・補償

三井住友カードには、年会費が有料のカード全てに海外旅行傷害保険が付帯している。

一般カードの最高は2,000万円、ゴールドカード5,000万円、プラチナカード1億円となっている。

また、カードで購入した商品の破損・盗難などを補償する「ショッピング補償」も付帯している。

ゴールドカード以上は国内での1回払いも対象になる。

海外旅行傷害保険

三井住友クラシックカード:最高2,000万~2,500万円=利用付帯
三井住友ゴールドカード:最高5,000万円=利用付帯+自動付帯
三井住友プラチナカード:最高1億円=自動付帯

ショッピング補償

・一般カード

適応条件:海外=全支払い方法、国内=リボ払い・3回以上の分割払い
補償額:年間100万円以下
補償期間:商品購入後、90日以内
自己負担額:3,000円

・ゴールドカード以上

適用条件:国内外で全支払い方法
補償額:300万円以下(プラチナカードは500万円以下)
補償期間:商品購入後、90日以内
自己負担額:3,000円

代表するクレジットカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードクラシック

テレビCMでおなじみの信頼と実績のあるクレジットカード

クレジットカードを一枚だけ持つならば、このカードが生活の様々なシーンをカバーしてくれるだろう。

年会費初年度無料
※2年目以降は条件により無料
<通常>
1,250円+税(クラシックカード)
1,500円+税(クラシックAカード)
※学生カードは年会費無料
還元率0.5%~10%
電子マネーiD、WAON、PiTaPa
koushiki-200-40
shousai-95-40

株式会社ジェーシービー

1961年に日本初の汎用型クレジットカードを発行。5大国際ブランドの中では唯一、日本発の国際ブランドだ。

JCBオリジナルシリーズは、プロパーカード的な存在でステータスもある。

海外は国内と比較して加盟店が少ないが、国内で圧倒的な加盟店のシェアを誇る。

また、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーのため、各種特典が受けられる。

ポイントプログラム

ポイントプログラムの種類:Oki Dokiポイント
ポイント付与率:1,000円=1ワールドポイント=5円相当
還元率:0.5%

ポイントの有効期限

2年:JCB一般カード(JCB CARD EXTAGE・JCB GOLD EXTAGEを含む)
3年:JCBゴールドカード
5年:JCBゴールド ザ・プレミア
   JCB THE CLASS

サービス

JCBオリジナルシリーズ(EXTAGEの2券種を除く)は、年間のショッピング利用でポイントが最大で70%アップするキャンペーンがある。

「JCB STAR MEMBERS」のというシステムで、12月16日~翌年12月15日までの利用額に応じて還元率がアップする。

本会員と家族会員の利用分が合算されるので、ポイントアップがしやすい。

JCB STAR MEMBERS

年間利用額 ステージ 一般 ゴールド ゴールド
ザ・プレミア以上
30万円以上 スターe PLUS 10%増 10%増 20%増
50万円以上 スターβ PLUS 10%増 10%増 30%増
100万円以上 スターα PLUS 50%増 50%増 60%増
300万円以上 ロイヤルα PLUS 60%増 70%増

付帯保険・補償

JCBカードは、Web明細の「MyJチェック」に登録すると、国内外旅行傷害保険が付帯する。

一般カードの最高は3,000万円、ゴールドカード以上は最高1億円となっている。

ゴールドカード以上は「MyJチェック」の登録は必要ない。

ゴールドカード以上は、最高で40,000円程度が支払われる国内外の航空機遅延保険も自動付帯されている。

国内外旅行傷害保険

JCB一般カード:最高3,000万円=利用付帯
JCBゴールドカード:最高1億円(国内最高5,000万円)=利用付帯+自動付帯
JCBゴールド ザ・プレミア:最高1億円(国内最高5,000万円)=利用付帯+自動付帯
JCB THE CLASS:最高1億円(国内最高5,000万円)=利用付帯+自動付帯

ショッピングガード保険

・一般カード

適応条件:海外=全支払い方法
補償額:年間100万円以下
補償期間:商品購入後、90日以内
自己負担額:10,000円
※「MyJチェック」の登録の有無は問わない

・ゴールドカード以上

適応条件:国内外=全支払い方法
補償額:年間500万円以下
補償期間:商品購入後、90日以内
自己負担額:10,000円

代表するクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズ

補償・サービス・ポイント還元率の3拍子揃った定番カード

JCBオリジナルカードはサービス、還元率、保険、サポート、電子マネーとの連携などクレジットカードの機能をバランスよく備えている人気のカードである。

年会費初年度無料
通常:1,250円(税抜)
2年目以降:条件により無料
還元率0.5%以上
旅行保険国内・海外:最高3,000万円(利用付帯)
koushiki-200-40
shousai-95-40

株式会社オリエントコーポレーション

国内大手信販会社として、1969年に自社プロパーカードの「オリエントカード」を発行。

89年には現在のオリコカードの原型がリリースされ、国際ブランドはMasterCard、VISA、JCBの3ブランドがそろった。一般的には「オリコカード」として認識されている。

通常還元率は1.0%で、主力カードの「Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)」は年会費無料でお得度が高い。

ポイントプログラム

ポイントプログラムの種類:オリコポイント(一部カードは暮らすマイルを適用)
ポイント付与率:100円=1オリコポイント=1円相当
還元率:1.0%

ポイントの有効期限

1年※ポイントの有効期限はポイント加算月を含めて12カ月後の月末

サービス

利用法によっては、ポイントの三重取りが可能になる。

例えばオリコモール経由でAmazonを利用すると、「カード利用分1.0%」+「オリコモール経由ポイント0.5%」+「特別加算ポイント0.5%」=「計2.0%」になる。

さらに、後払い式の電子マネー「iD」と「QUICPay」がダブル搭載しているのは希少価値が高い。

オリコカード・ザ・ポイントのポイントアップキャンペーン

  • 入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%
  • オリコモールでネットショッピングすると、最大で15%のポイント還元
  • オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドでオリコモールを利用すると、特別加算ポイントが1.0%アップ

付帯保険・補償

オリコカード・ザ・ポイントは、国内旅行傷害保険・ショッピング保険が付帯していないのがネック。

年会費無料で高還元率のカードなので、付帯保険がないのもしかたのないところだ。

付帯保険を充実させたいのなら、年会費は有料になるが、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド以上を検討するといいだろう。

国内外旅行傷害保険

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド:最高2,000万円=自動付帯
(国内は最高1,000万円=利用付帯)
オリコカード・ザ・ワールド:最高5,000万円=自動付帯
オリコカード・ザ・プラチナ:最高1億円=自動付帯+利用付帯

ショッピングガード保険

★オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド以上
適応条件:国内外=全支払い方法
補償額:年間300万円以下
補償期間:商品購入後、90日以内
自己負担額:10,000円

代表するクレジットカード

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
koushiki-200-40
shousai-95-40

株式会社クレディセゾン

クレディセゾンが発行するセゾンカードは、流通系のクレジットカードだ。

1983年にセゾンカードを発行し、97年にはアメックスと提携した「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」をリリースした。

ポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」でよりお得に戦略的にポイントを貯めることができる。

ポイントプログラム

ポイントプログラムの種類:永久不滅ポイント
ポイント付与率:1,000円=1永久不滅ポイント=5円相当
還元率:0.5%

ポイントの有効期限

永久不滅ポイントにはポイントの有効期限がないのが特徴

サービス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、年間1回以上の利用で1,000円(税別)の年会費が次年度無料になる。アメックスのクレジットカードで、年会費が無料になるカードは数少ない。

海外での利用はポイントが2倍(還元率1.0%)になる。ネットショッピングも安心できるオンライン・プロテクションも付帯している。

セゾンカードのポイントアップ&割引店舗

会員サイトの「Netアンサー」で登録すると、セブンイレブンやイトーヨーカドーで計1.5%のポイント還元になる

  • 「永久不滅ポイント0.5%」+「nanacoカード(事前登録)1.0%」=「計1.5%」
  • 西友やLIVINでの買い物で「5%OFF」+「永久不滅ポイント0.5%還元」

付帯保険・補償

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードには、国内外の旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯していない。

各種付帯保険が必須ならば、年会費3,000円(税別)のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード、10,000円(税別)のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードなどを選ぶといいだろう。

国内外旅行傷害保険

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード:最高3,000万円=自動付帯
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード:最高5,000万円=自動付帯

ショッピング安心保険

・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード以上
適応条件:国内外=全支払い方法
補償額:年間100万円以下(ゴールドは200万円以下)
補償期間:商品購入後、120日以内
自己負担額:10,000円

代表するクレジットカード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・パール・アメリカンエキスプレス

年会費無料で即日発行に対応!セゾンの永久不滅ポイントが貯まる!

年会費無料なので永久不滅ポイントをじっくりと貯めることが出来る。ららぽーとやパルコ、アミュプラザなどのショッピングセンターで即日発行可能。

年会費初年度無料
2年目以降:1,000円(税抜)
年1回の利用で翌年無料
還元率0.5%〜1.0%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
koushiki-200-40
shousai-95-40

イオンクレジットサービス株式会社

流通系のクレジットカード、イオンカードは、2000年に発行された後発組のカードだ。

年会費は一般カード、ゴールドカードとも無料。家族カード、ETCカードも年会費がかからず、非常にコストパフォーマンスが高いカードだ。

全国のイオンで利用すると、ポイントが効率的に貯まり、お得度が高まる。

ポイントプログラム

ポイントプログラムの種類:ときめきポイント
ポイント付与率:200円=1ときめきポイント=1円相当
還元率:0.5%

ポイントの有効期限

会員の誕生月から起算され、1~2年が有効期限になる。

例えば4月生まれなら翌年4月までで、ポイント交換期限が翌々年4月となる。

サービス

全国のイオンで20日と30日の月2回「お客さま感謝デー」で、イオンカードを利用すると、5%OFFになる。

カードで支払うと、イオンシネマの料金が300円OFFになる(イオンシネマ弘前のみ200円OFF)。

ゴールドカードも年会費無料で、他社のゴールドカードと同じようなサービス内容になっている。

イオンカードのサービス

  • ・イオンカード対象店ではポイントいつでもポイント2倍(還元率1.0%)
  • ・毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」でポイント2倍
  • ・毎月10日は「ときめきWポイントデー」でポイント2倍

付帯保険・補償

イオンカードには国内外の旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯していない。

イオンゴールドカードには国内外の旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯している。

イオンカードで直近の年間100万円以上の利用で、ゴールドカードが発行される。

イオンカードなら、年会費無料のゴールドカードがおすすめだ。

国内外旅行傷害保険

イオンゴールドカード(セレクトも含む):最高3,000万円=自動付帯(国内は利用付帯)

ショッピングセーフティ保険

・イオンゴールドカード(セレクトも含む)
適応条件:国内外=全支払い方法
補償額:年間300万円以下
補償期間:商品購入後、180日以内

代表するクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンの買い物でポイントが貯まる!手厚いサポートで安心を手に入れる!

毎月お得になるイベントや手厚いトラベルサポートがうれしい、イオングループを使う方なら必携のカード。

年会費無料
還元率0.5%
ポイントの種類ときめきポイント
koushiki-200-40
shousai-95-40

クレジットカード会社における審査基準の違い

クレジットカード会社によって、審査の基準は若干異なっている。

イオンカードは一般消費者をターゲットにしているので、審査基準はそれほど厳しくはないと予想できる。

また、今回紹介した中ではと三井住友カードとジェーシービーが発行するクレジットカードは審査が比較的難しいと思われる。

とは言え、発行するカードの種類によって発行審査基準は異なるため、「どのようなユーザーに向けたクレジットカードであるか」をしっかりと確認することが重要だ。

おすすめのクレジットカード会社はどこか?

クレジットカードとして、還元率や保険、サービスなどバランスの取れたクレジットカードが良い場合は、三井住友カードやジェーシービーのクレジットカードを選べば良いだろう。

特に海外での利用を中心に考えるのであれば、VISAブランドを中心的に出している三井住友VISAブランドのカードを選べば安心だ。

ジェーシービーブランドは日本国内での利用が中心ならば最もおすすめしたいカード会社である。

発行されているクレジットカードで共通して年中を通して豊富なキャンペーンが実施されている。

オリコカード・ザ・ポイントは高還元率クレジットカードとして、多くのクレジットカードファンにも愛されているカードである。

還元率だけを追求するならオリコカード・ザ・ポイントがおすすめである。

イオンカードはイオングループの利用が多い方が利用する場合に最も効果を体感することが出来るクレジットカードだろう。

国際ブランドについてもっと知りたいなら

VISA MasterCard JCB の違いを分かりやすく説明!

国際ブランドについて詳しく知りたいなら

国際ブランドJCB(ジェーシービー)に一番詳しいページ!海外での実力は?おすすめのJCBカードも紹介!
国際ブランドVISA(ビザ)とは何か徹底解剖!おすすめのVISAクレジットカードは?
Mastercard(マスターカード)に一番詳しいページ!おすすめのクレジットカードも紹介
国際ブランド アメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説!
国際ブランド「ダイナースクラブ」に一番詳しいページ!気になるステータスや審査は?

Pocket

こちらの記事も読まれています