PayPayにバンドルカードは登録可能?リアルカードなしで登録できて便利!

Pocket
LINEで送る

PayPay公式ロゴ

PayPayの支払い方法は銀行口座からチャージする「PayPay残高」、「Yahoo!マネー」、「クレジットカード」の3種類となっている。

このPayPayに、未成年でも無料で発行できるバーチャルカード「バンドルカード」は登録できるのだろうか。

結論から言うと、バンドルカードのリアルカードだけでなく、バーチャルカードでもPayPayに登録することが可能。

それにより、PayPayを実質後払いで利用できるメリットがある。一方、還元率は0.5%となり、この点はデメリットといえる。

本記事では、PayPayにバンドルカードを登録する方法と、そのメリットとデメリットを合わせて解説する。

バンドルカードが登録可能

PayPayは、VisaまたはMasterCardブランドのカードを登録することができる。

これらの国際ブランドであれば、クレジットカードだけでなくプリペイドカードの登録も可能だ。

そのため、VISAプリペイドカードである「バンドルカード」の「バーチャルカード」を支払い方法に登録することができる。

一般的なクレジットカードと同様にプラスチック製のカードが発行される、バンドルカードの「リアルカード」にも対応している。

年齢制限なし、簡単に入手できるバンドルカード

クレジットカードは便利な決済手段だが、未成年や申込・審査条件を満たさない場合はもつことができない。

そういうときに便利なのが、バンドルカードだ。バンドルカードは年会費無料で、年齢制限はない。

アプリをダウンロードして、電話番号やパスワードを登録するだけで簡単に発行することができる。

バンドルカードの登録方法

PayPayへのバンドルカード登録は、以下の手順で行う。非常に簡単な手順だ。

  • 1.PayPayのアプリで「お支払方法」をタップし、「クレジットカードを追加」で「カード番号を直接入力する」を選択
  • 2.バンドルカードのアプリに表示されるカード番号を入力し、「追加する」をタップして登録完了

ビックカメラやヤマダ電機、ファミリーマートなどPayPayを利用できる店舗は日々拡大している。

PayPayを利用することで、日頃の買い物がより便利になるだろう。

バンドルカード登録のメリット

クレジットカードを所有していなくても利用できる

通常、クレジットカードの発行には18歳以上という年齢制限があり、未成年は親権者の同意が必要で、高校生は発行することができない。

また、発行するには信用情報などを参照した厳しい審査が課される。

過去に返済遅延など金融事故を起こした人は、カードの発行難易度が非常に高くなってしまうのだ。

クレジットカードは年会費がかかるものもあるため、経済的事情から発行できないという人もいるだろう。

一方、クレジットカードのように使えるバンドルカードは、年齢制限や審査がない。

年会費も無料なので、学生や何らかの事情でクレジットカードを所有できない人でも簡単に発行することができる。

PayPayでキャッシュレス決済を試してみたいものの、クレジットカードや銀行口座がなく断念しているという人は、バンドルカードの利用を検討してほしい。

「ポチっとチャージ」で後払いも可能

バンドルカードは事前にチャージして利用するプリペイドカードだ。

しかし、「ポチっとチャージ」という機能を利用すれば、クレジットカードのように利用代金を後払いすることができる。

ポチっとチャージとは、残高がない場合でも1回あたり3,000円から20,000円まで1,000円単位でチャージできる機能だ。

翌月末までにポチっとチャージで入れた金額を、コンビニか銀行ATM(ペイジー)で支払う仕組みとなっている。

そのため、すぐにお金を用意できないという場合でも、バンドルカードを登録したPayPayで買い物を楽しむことができるのだ。

ポチっとチャージの利用には氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号の登録が必要になる。

審査の結果によってはこの機能を利用できなかったり、20,000円のチャージができなかったりするので注意が必要だ。

ポチッとチャージは利用金額に応じて手数料も発生する。

  •   3,000円〜10,000円の場合: 500円
  •  11,000円〜20,000円の場合: 800円
  •  21,000円〜30,000円の場合: 1,150円
  •  31,000円〜40,000円の場合: 1,500円
  •  41,000円〜50,000円の場合: 1,800円

バンドルカード登録のデメリット

還元率が低いまま

PayPayは、銀行口座からのチャージ、Yahoo!JapanカードやYahoo!マネーでの支払いで還元率3%となるが、その他のクレジットカードでは還元率0.5%となってしまう。

それでも、通常のクレジットカードはそのカード自体のポイント還元があり、ポイントの二重取りが可能だが、バンドルカードにはクレジットカードのようなポイント還元率が設定されていない。

特典やキャンペーンの利用を除き、バンドルカードではポイント還元率が0.5%以上にならないのだ。

クレジットカード払いの上限金額に注意

PayPayは不正利用防止対策の一環として、クレジットカード払いに上限金額を設けている。

過去24時間以内の決済上限は20,000円、過去30日以内の決済上限は50,000円である。複数のクレジットカードを設定している場合は、それらの合計金額が適応される。

バンドルカードをクレジットカード払いで登録すると、これ以上の金額の買い物にはPayPayを利用できない点に注意が必要だ。

3Dセキュアに対応したクレジットカードであれば、利用の上限額を引き上げることもできるが、バンドルカードは3Dセキュアに対応していない。

日常的な買い物ではさほど不自由しないはずだが、高額商品の購入時には計画的な利用が求められる。

Kyashならポイント二重取りも可

バンドルカードとよく比較されるサービスとして、バーチャルVisaカードのKyashがある。

Kyashは、オンライン決済で利用できるバーチャルカードだけでなく、実店舗でも利用できるプラスチック製のリアルカードを発行できるサービスだ。

バンドルカードと同様、アプリをインストールして簡単な情報を登録すれば誰でも発行可能。

Kyashのリアルカードの最大のメリットは、支払金額の2%がキャッシュバックされることにある。

さらに、クレジットカードでチャージするとカードのポイントも取得可能となる。

そのため、ポイント還元率1.0%のクレジットカードでチャージしたKyashを利用すると、3.0%の還元が受けられるようになる。

この状態のKyashをPayPayに登録すると、PayPayの還元率が合わさり「3.5%」という高還元率を実現できるのだ。

バンドルカードは還元率が設定されていないため、この点はKyashのメリットが大きい。

普段の使い方や還元率を考慮して、どちらをPayPayに登録するか検討してはいかがだろうか。

バンドルカードでPayPayを便利に

PayPay公式ロゴ
PayPayはクレジットカード払いに対応しているが、カードの発行には年齢制限や審査が必要なため持てない人もいるだろう。

そのような時に便利なのが、バンドルカードの利用であることを解説してきた。

バンドルカードのリアルカードだけでなく、バーチャルカードでもPayPayに登録することが可能。

ポチっとチャージを利用すれば後払いができるため、クレジットカードのように利用できるのもメリットだ。

ただし、PayPayのクレジットカード払いには上限金額が設定されており、30日で50,000円以上は利用することができない。

また、バンドルカードには還元率が設定されていないので、高還元率を実現できるKyashのリアルカードに比べるとお得感が減ってしまう。

年齢制限がなく年会費無料のバンドルカードであるが、還元率の観点からはKyashに軍配が上がるだろう。

リアルカードを発行せずバーチャルカードのみですぐにPayPayに登録したいという場合は、バンドルカードを活用することをおすすめする。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る