バンドルカードのリアルカードとリアルプラス、ポチッとチャージの審査、発行方法、使い方まとめ!

Pocket
LINEで送る

バンドルカード バーチャル
無審査で発行できるため、未成年や学生でも発行できることで注目されているVISA専用プリペイドカードの「バンドルカード」

インターネットでのみ利用できるバーチャルカードが基本となるが、手数料を支払えば実店舗でも利用できる「リアルカード」を発行できる。

また、海外や利用できる店舗の幅が広がる「リアル+(プラス)」(以下、リアル+)というカードも用意されている。

ここでは、リアルカードとリアル+の発行方法とそれぞれの特徴について紹介していく。

リアルカード、リアル+とは

AppStore GooglePlay

バンドルカードとは、無審査で発行できるVISA専用のプリペイド式カードのことである。

インターネット上でのみ利用できるバーチャルプリペイドカードの場合は、クレジットカード決済を選んでアプリ上で発行されるカード番号を入力すれば支払いができる。

AmazonYahoo!ショッピング、楽天市場をはじめ、カード決済に対応しているインターネットショッピングサイトならどこでも利用可能だ。

リアルカードとは、手数料を支払って発行するプラスチック製のカードである。

クレジットカードと同様の使い方ができ、VISA加盟店であればカードを提示して支払いが可能になる。

VISAは世界シェアトップの国際ブランドで、日本でも広く普及しているので数多くの店舗で利用することができるだろう。

リアルカードは宿泊施設やガソリンスタンドなど一部サービスで利用できないが、リアル+なら使える店舗がさらに広がる。

リアル+の場合は海外のVISA加盟店の実店舗で利用できるため、海外で現金をあまり持ち歩きたくないという場合にも重宝するだろう。

また、バンドルカードは全て今話題の「PayPay」に登録して利用できるので、キャッシュレス決済を利用したいという時に便利なカードである。

カードの審査

バーチャルカードの審査

リアルカードの場合は、本人確認書類の提出がないため発行に審査が一切ない。

またバンドルカードはクレジットカードと違い、信用情報機関は通してないため、例えば後払いの支払いが遅れたとしても自身の信用情報履歴に関わることはない。

※これはバンドルカードによると、今後信用情報機関との連携も検討していきたいとのことであった。

リアルカード、リアルカード+の審査

リアル+は本人確認書類の提出が求められるため、本人確認が承認されない場合は再度書類の提出が求められる。

しかし、年収や勤務先などの審査がある訳ではないため、リアルカード+(プラス)であっても、無審査と言える。

ポチッとチャージには審査がある

ポチッとチャージは、後払い方式であり、最低限の信用があるかどうかはチェックされている。

ポチッとチャージができない理由

公式サイトによれば、以下のような理由でチャージができないと記載されている。実質的に審査といえる内容だ。

  • 弊社規定により申請が承認がされない
  • 前月にチャージした金額をまだ支払っていないため、申し込めない
  • 以前の申込みに対する支払いが完了していないため、申し込めない
  • ポチっとチャージ上限金額に到達しているため、申し込めない

弊社規定により申請が承認がされない

以下の理由で規定に該当する場合がある。なお、承認されない場合の個別の理由は回答されない。

  • 一人で複数のアカウントを作成している
  • 一つの端末にてご契約者以外の方がアカウントの作成、利用している
  • 海外の電話番号を利用している
  • 未成者が親権者の同意なく利用している
  • Gardia後払いサービス規約に遵守されない利用があった

Gardia後払いサービスについては、バンドルカードのポチッとチャージは、Gardia後払いサービスを利用して提供されている。こちらの規約が守られなければ使えない

その他以下のようなバンドルカードの利用状況も審査では考慮されている。

  • ポチっとチャージ以外のチャージ利用歴や決済の状況
  • ポチっとチャージのお支払い状況
  • バンドルカードの利用期間
  • 利用しているカード種別
  • (バーチャルカード /バンドルカード リアル /バンドルカード リアル+(プラス))

前月にチャージした金額をまだ支払っていないため、申し込めない

前月にポチッとチャージを利用しており、金額の支払いが完了していない場合、当月のチャージはできない。

以前の申込みに対する支払いが完了していないため、申し込めない

支払期限を過ぎても支払いが完了していない申し込みがあった場合も利用することはできない。

ポチっとチャージ上限金額に到達しているため、申し込めない

ポチッとチャージは、アプリ上に表示されている上限金額までしか申し込むことはできない。

1回につき3,000円〜最大50,000円まで、1,000円単位で申し込むことが出来る。

なお、上限金額に達した場合でも、チャージ金額を支払うことで、同月ないでもチャージ可能枠が復活するため、細かく支払うことで、審査を緩和させることが可能である。

リアルカードとリアル+どちらがおすすめ?

女性「グー」ポーズ
クレジットカードのように使えて便利なリアルカードとリアル+だが、発行するならどちらがおすすめなのだろうか。

ここからは、各カードの違いを比較して紹介していく。

リアルカードとリアル+の発行方法について

バンドルカードのバーチャルカードは、アプリをダウンロードしてユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号を入力するだけで発行可能だ。

年齢制限もないため、未成年は保護者の同意さえあれば簡単に発行できる。

一方、リアルカードやリアル+は発行するために少々手続きが必要だ。

ここからは、その方法について紹介していこう。

発行方法

バンドルカードのリアルカードもしくはリアル+を発行するためには、アプリ上から手続きを行うことになる。

アプリ下部に表示されている「カード」をタップし、「リアルカード発行」を選択しよう。

発行したいカードから「リアルカード」もしくは「リアル+」を選択し、発行手数料をチャージ。

送付先情報を登録し、注意事項を確認して「発行する」ボタンをタップすれば完了だ。

リアル+の場合はこれに加えて、本人確認書類のアップロードが必要になる。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記いずれかの書類の写真をアップロードして、「決定」をタップしよう。

カードが到着したら、カード裏面に記載されている3桁のセキュリティーコードをアプリ上に入力。

カードが有効化されれば、リアルカードもしくはリアル+で決済が可能になる。

発行手数料

リアルカードの発行手数料は300円もしくは400円。リアル+は600円もしくは700円。手数料によって利用できる店や上限額が異なる。

手数料の振り込みはカード発行手続きの際に、チャージという形で行う。

発送期間

リアルカードとリアル+ともに、手続き完了より1週間から2週間程度で登録した住所にカードが送られる。

カードを受け取った後はセキュリティーコードをアプリ上に入力し、カードの有効化を忘れないようにしよう。

ここで注意したいのが、リアルカードを発行することで以前登録したバーチャルカードの番号は使えなくなるという点だ。

バーチャルカードで登録したAmazonなどのサイトは、リアルカードの番号で再登録することをお忘れなく。

使える店舗の差

リアルカードは国内のVISA加盟店と国内・海外のネットショップで利用可能だ。

ただし、以下のサービスでは支払いに対応していない。

  • ガソリンスタンド(セルフ含む)
  • 宿泊施設(ホテル・ロッジ)※ホテル内の飲食店も含む
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)
  • 保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 特急券 ※暗証番号が必要な加盟店では利用不可
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店
  • プリペイドカードや電子マネー

一方、リアル+の場合はネットショップだけでなく、宿泊施設やガソリンスタンド、海外のVISA加盟店実店舗でも利用可能になる。

ただし、宿泊施設とガソリンスタンドで利用した場合は、以下の金額が自動で引き落とされ、指定期間後に差分が返金される仕組みとなっている。

宿泊施設:25,000円(利用翌日から11日前後)
ガソリンスタンド:8,000円(利用翌日から7日目)

利用できる店舗の種類が豊富なため、宿泊施設やガソリンスタンド、海外の実店舗でもバンドルカードを利用したいという場合は、リアル+の発行をおすすめする。

チャージ金額の差

リアルカードとリアル+では、チャージできる金額にも差がある。

以下が比較表となっており、リアル+の方が圧倒的にチャージ上限額が高くなっているのだ。

 バーチャルカード
リアルカード
リアルプラス
月間チャージ上限額12万円200万円
累計チャージ上限額100万円上限なし
1回のチャージ上限額3万円10万円
残高上限額10万円100万円

バンドルカードをメインカードとして頻繁に利用していきたいという場合は、チャージ上限金額が高いリアル+の方が便利なはずだ。

手数料・手続きの差

リアルカードの発行手数料は300円もしくは400円。本人確認書類の提出の必要がない

リアル+の場合は600円もしくは700円。免許証などの本人確認書類のアップロードが求められる。

わずかな差ではあるが、リアル+は多少のお金と手間が必要になるのが事実だ。

宿泊施設やガソリンスタンド、海外の実店舗でバンドルカードを利用しないという場合や、多額のチャージをする予定がないという場合は、リアルカードでも十分使いこなせるだろう。

旅行や留学ならリアル+が断然便利!


以上のことから、リアルカードは国内での利用、リアル+がは海外で利用が便利という事がわかる。

つまり、国内のみの使用はリアルカードで、旅行や海外留学の際はリアル+を発行することがおすすめということだ。

バンドルカードは無審査で発行でき、インターネットショッピングサイトなら基本的にどこでも利用できるので便利である。

リアルカードやリアル+を発行すれば、VISA加盟店でクレジットカードのように利用できるため活用シーンの幅が広がる。

発行手続きは簡単で、バンドルカードのアプリ上に必要情報などを入力してカード発行申請を行うだけだ。

リアル+の場合は本人確認書類のアップロードが必要になるが、年収や勤務先などの審査は行われない。

リアル+の方が手数料も少々高くなる分、リアルカードでは使えない宿泊施設やガソリンスタンドでの支払いが可能になる。

チャージ金額の上限も高く、海外のVISA加盟店でも利用できるため、メインカードとして利用していきたい場合はリアル+の発行がおすすめだろう。

どちらのカードにも特徴があるので、自分の利用シーンを想定してぴったりなカードを選択してほしい。

AppStore GooglePlay
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る