バンドルカードとKyashの違いを比較!どちらがお得で使いやすい?

Pocket
LINEで送る

スマホ支払い
バンドルカードKyashというプリペイドカードがある。

どちらもスマホのアプリ上でクレジットカードを発行し、そこにチャージをすることで、通常のクレジットカードと同じようにネット上で支払いを行うことができるという便利なアイテムだ。

通常、クレジットカードを発行するためには職業や年齢などの申し込み条件をクリアし、さらにそこから始まる厳格な審査を突破しなければならない。

そのため、いままでクレジットカードが発行できない(しにくい)という悩みを抱え、ネットショッピングなどの利用ができなかった人も多いだろう。

そうした悩みを解決し、未成年や高齢者、主婦などどんな人でも気軽にクレジットカードの機能を使うことができるのが、このバンドルカードとKyashというわけだ。

それぞれ基本となる性能は同じこの2つのカード。

どんな特徴を持っており、どんな違いがあるのだろうか。

今回は、その2つの違いについて解説していこう。

バンドルカードとKyashの違い


バンドルカード
バンドルカードも、kyashもアプリ上でチャージして使用するVISA式のプリペイドカード。

どちらもVISA式のプリペイドカードでVISAの加盟店なら利用できる。

まさに、クレジットカードがなくてもクレジットカードのように使えるのだ。

それぞれの違いを見ていこう。

  バンドルカード kyash
リアルカード発行手数料 リアルカード300円、リアル+600円 無料
ポイント還元 なし 2%
支払い方法 コンビニ、セブン銀行ATM、銀行ATM、ネット銀行、クレジットカード、ドコモ払い、ビットコイン/td>

コンビニ、セブン銀行ATM、銀行ATM、クレジットカード
1ヶ月の上限額 12万円(リアルプラスは200万) 12万円
送金機能 なし あり
後払いチャージ ポチっとチャージ なし

還元率

通常のクレジットカードの強みといえば、利用によってポイントなどが還元され、それを使うことによってお得な特典を得ることができるという点だ。

この還元率がどれぐらいの水準かというのも、クレジットカードを選ぶ重要な基準になっている。

バンドルカードの場合、残念ながらこのようなカード利用による還元の機能はなく、完全にクレジットカードの代わりとして「支払う」機能にのみ特化している。

一方のKyashは、一回の利用につき2%のポイントを獲得することができるようになっている。

2%という還元率は通常のクレジットカードと比べても高い水準であり、この機能こそがKyashの真骨頂と言っても過言ではない。

また詳しくは後述するが、Kyashを利用するためのチャージで、クレジットカードを使うこともできるようになっている。

クレジットカードを使ってKyashにチャージをすれば、チャージした分の金額はクレジットカードを利用したものとしてカウントされるため、クレジットカードのポイントも貯めていくことができるのである。

つまり、チャージでクレジットカードのポイントを貯めつつ、Kyashの利用によりKyashのポイントも貯めることができるという、ポイントの2重取りが可能と言うことだ。

これは、Kyashならではの非常に強いメリットになっている。

発行に必要な書類

通常、クレジットカードを発行する際は免許証やマイナンバーカードといった本人確認証明書が必要となるが、バンドルカードとKyashに関しては、それぞれアプリの利用登録をするだけですぐに使うことができる。

ただし、バンドルカードの場合、次の項目で詳しく説明するが、その機能をより拡張した「リアル+(プラス)」というカードが存在し、それを発行するタイミングでは、氏名や住所、生年月日が写った画像の提出が必要になるので注意しよう。

発行できるカードの種類

バンドルカードとKyashは、それぞれ基本となるのはバーチャルカードと呼ばれるスマホアプリ上の架空のカードとなる。

これは、クレジット番号のみがアプリ上に存在し、実物としてのカードは存在していない。

そのため、ネットショッピングなど、Web上で手続きが完了する際にのみ利用することができる。

もしも実店舗で使いたい場合は、それぞれリアルカードという実際の店舗で利用できるプラスチックのカードを発行しなければならない。

バンドルカードには、300円の追加料金を支払うことで発行できる「リアルカード」と、600円の追加料金で発行できる「リアル+」という2種類のリアルカードが存在する。

リアル+(プラス)の方が、より使える店舗の種類が増え、通常のクレジットカードのように海外などでも利用できるようになるのが特徴だ。

一方のKyashに関しては、追加料金なしで「リアルカード」を発行することができる。

しかし、バンドルカードのように使える幅が広い「リアルカード+」は存在せず、利用できる店舗には多少の制限が掛かる。

手数料は掛かるが、使えるお店の範囲が広いバンドルカードと、使えるお店はバンドルカードに比べて多少制限されるものの、追加料金なしで発行できるのがKyash、と覚えておこう。

チャージ方法

バンドルカードもKyashも、利用の際には事前にチャージを行い、カード内にお金を貯めておかなければならないのだが、このチャージ方法についてもそれぞれ特徴がある。

Kyashの場合、先ほど紹介したクレジットカードを使う方法の他に、コンビニ、セブン銀行ATM、銀行ATMの4つのチャージ方法があり、自由に選択することができる。

もともとクレジットカードが発行できない人からのニーズが高いアイテムであるため、コンビニやセブン銀行ATMを利用する割合が多くなると思うが、どちらも全国に店舗があるため、不便さを感じることは少ないだろう。

一方のバンドルカードは、Kyashに備わっている4つのチャージ方法にプラスして、携帯まとめて支払い、ネット銀行、ビットコインの方法が用意されており、より幅広い方法でチャージをすることが可能になっている。

特に携帯まとめて支払いなどは、手続きも簡単で、かつ携帯代とまとめて引き落としがされるため、金額の管理もしやすい。

さらにバンドルカードには、上記のチャージ方法に加え、「ポチっとチャージ」という後払いの機能が導入されている。

これはバンドルカードにお金がチャージされていなくても買い物ができるようになる機能で、利用した分は翌月末までにコンビニやネット銀行、銀行ATMで支払いを行えば良い。

プリペイド型のカードで後払いが選択できるのは非常に珍しく、バンドルカード最大の特徴と言えるだろう。

この機能を使えば、現金が手元になかったり、コンビニなどでチャージをする時間がない、というような時でも買い物を楽しむことができる。

手数料

バンドルカードとKyashは、数こそ多くないものの利用によって手数料を取られてしまうケースが存在する。

バンドルカードの場合は、リアルカードを発行する際と、ポチっとチャージを利用した際、携帯まとめて支払いを利用した際、海外で利用した際の4つ。

どれもより便利な機能を引き出す際に必要とされる手数料なので、妥当と言えば妥当だろう。

上記以外の方法を選択するようにしていれば、手数料をゼロにすることも難しくない。

一方のKyashは、リアルカードの発行などで手数料が取られることはなく、唯一海外で利用した時のみ、手数料が必要となる。

リアルカード発行が無料なのはKyashならではの強みであるが、そもそもポチっとチャージや携帯まとめて支払いの機能はKyashには搭載されていないため、実際の使い心地としては大きな差異はないだろう。

送金機能

Kyashにのみ備わっている機能として、送金機能というものがある。

これは、Kyash利用者同士での送金が可能になる機能で、例えばお金の貸し借りや飲み会代の支払いなどをネット上で完結することができるようになる。

どちらもKyashを持っていることが前提にはなってしまうものの、現金を用意したり数える手間を省けるため、使いこなすことができれば非常に便利な機能になるだろう。

ただし、送金限度額は1回につき5万円以下、送金できる上限金額は1ヶ月間10万円、送金できる人数は1回につき1人、請求できる人数は1回につき10人、と細かく設定がされているので注意しよう。

限度額

バンドルカードとKyashにはそれぞれ利用制限となる限度額が設けられているが、この仕組みもそれぞれで微妙に異なっている。

バンドルカードの場合、決済の限度額が1回の利用につき5万円で、チャージに関してはバーチャルカードとリアルカードで1回につき3万円、1ヶ月で12万円、リアル+(プラス)で1回につき10万円、1ヶ月で200万円となっている。

それに対しKyashでは、決済の限度額がバーチャルカードで1回につき3万円、1ヶ月で12万円、リアルカードで1回につき5万円、1ヶ月で12万円となっており、チャージに関しては1日につき5万円となっている。

チャージに関して細かい設定があるバンドルカードと、決済に関して細かい設定があるKyashと覚えると良いだろう。

単純に利用できる金額だけで見れば、バンドルカードのリアル+(プラス)が最も高い数字となっている。

それぞのカードの特徴まとめ


バンドルカードとKyashの特徴・違いについて紹介してきたが、ここで改めてそれぞれの情報を整理しよう。

発行のための手軽さは両者同じ。

バンドルカードのリアル+(プラス)を発行するときのみ、別途本人証明が必要。

ちなみにこのリアル+(プラス)はこの手のプリペイド型のカードの中では最も用途が広い協力なカードだが、バンドルカード限定のアイテムである。

Kyashは利用によってポイント還元がつき、送金機能も有しているがバンドルカードはつかない。

しかしその分、バンドルカードの方がチャージの方法が多岐にわたり、後払いの機能も有している。

限度額はそれぞれ決済とチャージで条件が決められている。

以上が、簡単な2つのカードの違いのまとめだ。

これを見てわかるように、それぞれ一長一短あり、どちらの方が優れている、というものではない。

後払い可能なバンドルカードがやや優勢?

AppStore GooglePlay
バンドルカードやkyashなどのプリペイドカードで買い物するときに、事前にコンビニなどでチャージする必要がある。

時間がないときや、コンビニが近くにないときに便利な機能なのが、バンドルカードの後払いチャージシステム「ポチっとチャージ」だ。

近年、若年層において後払い需要が大きくなる中、クレジットカードのように後払いができる「ポチっとチャージ」は画期的なシステム。

家にいながら、チャージが可能で、チャージした分の金額と手数料を翌月までに支払いすればOK。

ただし、以下の手数料がチャージした額によって発生するので注意。

  • 3,000〜10,000円:手数料500円
  • 11,000円〜20,000円:手数料800円
  • 21,000円〜30,000円:手数料1,150円
  • 31,000円〜40,000円:手数料1,500円
  • 41,000円〜50,000円:手数料1,800円

メリットを理解しカード生活を充実させよう


バンドルカードとKyashは似ている部分もありながら、それぞれ独自の機能も有しており、どちらも大きなメリットを持ったカードと言える。

ただし、利用範囲の広さ、という点ではやはりバンドルカードに分がある印象だ。

Kyashならではのポイント還元に関しても、クレジットカードと連携することでその効果を最大限に発揮できると考えると、利用のためのハードルは少々高く感じる部分もある。

学生や主婦、高齢者など、一般的にクレジットカードが使えない層との相性だけで考えると、バンドルカードはかなり強力なアイテムだ。

リアル+(プラス)まで発行してしまえば、ほとんどクレジットカードと同じ使い方ができると言っても過言ではない。

とにかくクレジットカードの利便性を味わいたいという人に、バンドルカードはおすすめだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る