TOP

Kyashのクレジットカードチャージ還元率が0.2%に、今後の戦略を考えてみた

2021年2月10日より、Kyashのクレジットカード等でチャージした残高利用時のポイント還元率が最大1.0%から0.2%に変更される。

合わせてポイント還元の月間上限も最大500ポイントから100ポイントに下げられるなど、まさに改悪といえる内容だ。

本記事では、今回のKyash改定内容を解説する。今後のKyashをどう利用するかも触れているので参考にしてほしい。

ポイント還元率が改悪

今回のKyashの改定は、クレジットカードを利用したポイント二重取りに大きな影響を及ぼす。

クレジットカードでチャージしたKyash残高を利用する場合、改定前後で下記のように還元率が下がる。

  • Kyash Card:1.0%→0.2%
  • Kyash Card Lite:0.5%→0.2%
  • Kyash Card Virtual:0.5%→0.2%

改定前のKyash Cardでは、クレジットカードのからチャージした残高利用で1.0%分のKyashポイントを獲得可能。

ポイント還元率が1.0%のクレジットカードの場合、1.0%+1.0%=2.0%という計算になる。

しかし、改定後は0.2%分のKyashポイントしか獲得できず、クレジットカードと合わせても1.2%という結果に。

ポイント還元率が1.2%以上のクレジットカードもあるなかで、わざわざKayshを利用するメリットが薄くなる。

ポイント還元上限も改悪

ポイント還元の月間上限に関しても、改定後は大幅にダウンする。

クレジットカードでチャージしたKyash残高を利用する場合、改定前後で下記のようになる。

  • Kyash Card:500ポイント→100ポイント
  • Kyash Card Lite:250ポイント→100ポイント
  • Kyash Card Virtual:250ポイント→100ポイント

例えば、Kyash Cardの改定後のポイント還元上限100ポイントは、月5万円分の利用までしかポイントが付与されないということ。

他のキャッシュレス決済と比較して、あえてKyashを選択する理由が弱くなった。

金額指定のチャージが不可に

ポイント関連の改訂に先立ち、2月4日から、Kyashではクレジットカードを利用した金額指定のチャージができなくなる

それまでは好きなタイミングで好きな金額を登録カードからチャージできていたが、改定後は、決済時に残高不足となった場合にカードから自動入金されるカードリンク機能のみ残る。

ポイントの二重取りのためにKyashとクレジットカードを組み合わせる方法はほとんど使えなくなる。

どうしてもクレジットカードを使いたい場合、チャージを行わず残高を0円に保ち、つねにカードから自動入金されるようにする方法はあるが、利便性やポイント還元率の低さからおすすめできない。

改定後のKyashにおけるクレジットカード登録は、残高不足時の保険としての立ち位置が強くなる。

Kyashの残高の種類

Kyashは、下表のように入金方法によって残高の種類があり、利用できる範囲が異なる。

入金方法決済送金出金
銀行口座/ペイジー
コンビニ/セブン銀行ATM
クレジットカード/デビットカード××
Kyashポイント××
他サービスの売上金(ポイント)××
アカウントを移行した際の繰越残高××

今回の改定の対象となるのは、「決済にのみ利用できる残高」で、クレジットカード以外に以下の方法でチャージした残高が対象となる。

  • デビットカード
  • Kyashポイント
  • 他サービスの売上金やポイント
  • アカウント移行時の繰越残高

一方、「決済/送金/出金に利用できる残高」に変更はない。つまり、銀行口座等からチャージした際はこれまで通りの還元率でKyashポイントを獲得できる。

クレジットカードから指定金額を入金できなくなるので、基本的には銀行口座等を利用する形になるだろう。

今後は何で支払うべきか?

ここでは、Kasyhを今後どのように利用すべきなのか、支払い方法に焦点を当てて解説する。

基本は銀行口座からの入金がおすすめだが、クレジットカードを使う場合はなるべく還元率の高いカードを登録すると良いだろう。

Visa LINE Payカード

visa LINE Payクレジットカード

クレジットカードからのポイント二重取りにこだわる場合、還元率の高いVisa LINE Payカードをおすすめする。

通常ポイント還元率は1.0%だが、2021年4月30日までなら3.0%で利用可能だ。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス

QUICPayユーザーの場合、セゾンパール・アメリカン・エキスプレスもおすすめ。

対象店舗の決済に限定されるが、3.0%(セゾンカード分)のポイント還元を実現できる。

Apple PayやGoogle Payで管理可能な点も魅力的だ。

銀行口座の自動入金サービス

今回の改定に伴い、Kyashでは銀行口座からの自動入金サービスがスタートする。

事前に設定した金額を毎月指定日に入金される仕組みだ。

残高管理が手軽になることはもちろん、使いすぎを防ぐ効果も期待できる。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る