ドラッグストアのスマホ決済事情まとめ!マツキヨ、ウエルシア、ツルハドラッグ、サンドラッグ、トモズ

Pocket
LINEで送る

トモズ

さまざまな場所で導入が進むスマホQR決済。特に比較的少額の利用かつ利用頻度が高い店舗はスマホQR決済との相性が良い。そんな店舗のひとつがドラッグストアだ。

ドラッグストアでは、日本のスマホQR決済だけでなく、訪日中国人客の来店が多い場所でもあり、中国人向けスマホQR決済の導入も進んでいる。

本記事では、全国展開する主要なドラッグストアのスマホQR決済対応状況について、表にまとめるとともに個々の状況を解説する。

スマホQR決済は、ポイント還元やキャッシュバック、クーポン配布など、なんらかのお得な特典・キャンペーンがあるサービスがほとんどだ。

ただ便利になるだけでなく、最大限お得になるように使いこなしたいところ。

さらにドラッグストアの場合、ドラッグストア独自のポイントや提携ポイントがある店が多いので、スマホQR決済と合わせて利用することでポイントの二重取り、三重取りが可能になる。

そういったお得な使い方についても記事内で開設してるので参考にしてほしい。

ドラッグストア5社のスマホQR決済早見表

主要ドラッグストア5社(マツモトキヨシ、ウエルシア、ツルハドラッグ、サンドラッグ、トモズ)のスマホQR決済の対応状況を下表にまとめた(2019年5月時点)。

マツモトキヨシウエルシアツルハドラッグサンドラッグトモズ
LINE Pay
楽天ペイ
PayPay
Origami Pay
d払い
au Pay
メルペイQR
※iDは利用可

※iDは利用可

※iDは利用可

※iDは利用可

※iDは利用可

訪日中国人向けスマホQR決済早見表

中国ではスマホQR決済がクレジットカードよりも多く利用されている。

ドラッグストアは、訪日中国人客が訪れることの多い場所でああり、中国で主流のスマホQR決済への対応が進んでいる。

マツモトキヨシウエルシアツルハドラッグサンドラッグトモズ
Alipay
WeChat Pay

マツモトキヨシ

マツモトキヨシで利用できるスマホQR決済はd払いのみとなっている(2019年5月時点)。

d払いでdポイントが貯まる、使える

d払いでは、利用金額200円につき1ポイントdポイントが貯まる。dポイントは加盟店での支払いに利用でき、マツモトキヨシでも利用可能。

d払いの支払い方法のひとつにクレジットカード払いがあるため、還元率の高いクレジットカードを紐づけ、ポイントの二重取りで効率的にポイントを貯めることもできる。

もしくは、マツモトキヨシでd払いをする場合、下記のマツモトキヨシポイントを合わせて活用する方法もお得だ。

カード提示でマツキヨポイントが貯まる

マツモトキヨシでは、独自のポイントプログラムを運営しており、現金ポイントカードで現金ポイント、クレジット機能付きのマツモトキヨシメンバーズクレジットカードがある。

スマホ決済を利用する場合は、現金ポイントカードを提示した上で、スマホ決済を行うのが一番お得。d払いでは、ポイントの二重取りが可能だ。

現金ポイントカードは、マツモトキヨシでの会計時に提示すると100円(税別)につき現金ポイントが1ポイント付与される。現金ポイントは買い物時の値引きとして還元される。

また、マツモトキヨシメンバーズクレジットカードは、マツモトキヨシで利用することで100円(税別)につき現金ポイント1ポイントとクレジットポイント1ポイントが付与される。

クレジットポイントは商品券として還元される。なお、通常のクレジット利用でも、ポイント還元率1.0%と高還元率のカードとなっている。

ウエルシア

ウエルシアは主要なスマホQR決済にすべて対応している。各サービスの還元率などを確認の上、一番お得なスマホQR決済を使いたいところ。

通常の還元率でいうとPayPayが3%ともっとも高いが(※)、期間限定のキャンペーンで他のスマホQR決済のほうが還元率が高くなるときもある。

※支払い方法がYahoo!Japanカード以外のクレジットカードの場合は0.5%。

また、LINE Payは月の利用額に応じてポイント還元率が0.5%~最大2.0%となる。

日常的にスマホQR決済の利用が多い場合はLINE Payを積極的に利用し、還元率の高いクレジットカードで支払いをすることで合計のポイント還元率を上げることもできる。

カード提示でTポイントが貯まる

ウエルシアはTポイントの提携店であり、会計時にTポイントカードを提示することで、100円(税別)につき1ポイントが貯まる。

そのため、スマホQR決済を利用する場合でも、Tポイントカードもしくはクレジットカード機能付きTポイントカードを持っているのならば忘れずに提示しよう。

ちなみに、PayPayの支払いに相性の良いYahoo!Japanカードは、Tポイントカードの機能も持っている。

ツルハドラッグ

ツルハドラッグは、スマホQR決済のうち、LINE Pay、PayPay、d払いに対応している。

通常の還元率でいえば、LINE Payと還元率の高いクレジットカードを組み合わせるか、PayPayでPayPay残高もしくはYahoo!Japanカードで支払いをすることで還元率を高くできる。

期間限定のキャンペーンが開催されている場合は、還元率大幅アップのチャンスなので活用しよう。

独自のツルハポイントも活用する

ツルハドラッグでは、独自のツルハポイントを運用している。

ツルハポイントは会計時に「ツルハポイントカード」を提示することで貯まる。ただし、クレジットカード機能付きのカードはない。

医薬品・制度化粧品は100円につき1ポイント、その他の商品は200円につき1ポイント貯まり、500ポイント貯まると500円のお買い物割引券に交換できる。

また、年間の利用金額に応じて会員ランクがアップするとともに、ポイントの付与率もアップする。

サンドラッグ

サンドラッグは、主要なスマホQR決済のうちLINE Pay、PayPay、au Payに対応している。

au Payを利用できるのはauユーザーに限定されるため、一般的にはLINE PayとPayPayのいずれかを利用することになるだろう。

還元率の高いクレジットカードでの支払いや、キャンペーンなども活用して、ポイント還元率が高くなる方法で利用したいところ。

カード提示でサンドラッグポイントが貯まる

サンドラッグには、独自ポイントである「サンドラッグポイント」が貯まる現金ポイントカードおよびサンドラッグクレジットポイントカードがある。

いずれもカード提示で100円(税別)につき1ポイント、クレジットカードではカード決済で100円(税別)につき2ポイントが貯まる。

貯まったポイントは1ポイント=1円としてサンドラッグでの買い物に利用できる。スマホQR決済を利用する場合も、忘れずにカードを提示したい。

楽天カードが貯まるポイントカードもある

サンドラッグでは、「サンドラッグ楽天ポイントカード」というポイントカードを発行している。

このカードを提示すると、200円(税抜)につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。サンドラッグポイントカードとの併用も可能。

スマホQR決済を行う際、サンドラッグポイントカードとこのカードを提示することで、サンドラッグポイントと楽天スーパーポイント、さらにスマホQR決済のポイント還元があり、ポイントの三重取りが可能ともいえる。

トモズ

2018年12月よりトモズ全店でスマホQR決済が導入されている。

主要なサービスにほぼすべて対応しており、今回調査したドラッグストアの中ではウエルシアに次いで対応が進んでいる。ただしOrgiami Payは未対応。

貯まりやすくなったトモズポイント

トモズでは独自のポイント「トモズポイント」とポイントカードを提供している。

2019年8月1日より、以下のようにポイントの付与と利用のルールが変更となり、ポイントがより貯まりやすく、使いやすくなる。

2019年8月1まで

  • 500円(税込)ごとに1ポイントが貯まる
  • 40ポイント=500円で利用可能


2019年8月1日から

  • 100円(税別)ごとに1ポイント貯まる
  • 1ポイント=1円として利用可能

Pontaポイントも貯まる・使える

トモズはPontaポイントの提携店であり、ポイントカード提示により、200円(税別)ごとに1ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用できる。

一部未対応の店舗および商品、サービスはあるものの、2018年3月末日時点で164店舗でPontaポイントが利用可能だ。

スマホQR決済を利用する際は、トモズポイントカードとPontaポイントカードを提示した上でポイント還元のあるスマホQR決済を使うと、ポイントの三重取りが可能だ。

一番お得なドラッグストアと決済方法は?

今回紹介したドラッグストアとスマホQR決済で一番お得になるのは、ドラッグストアの独自ポイントと提携ポイント、および各スマホQR決済のキャンペーンをすべて活用したときだ。

独自ポイント・提携ポイントの活用

下表は、今回紹介しているドラッグストアの独自ポイントと提携ポイントをまとめたものだ。独自ポイントが貯まるクレジットカードについてもまとめている。

マツモトキヨシウエルシアツルハドラッグサンドラッグトモズ
独自ポイント100円(税別)につき1ポイント200円につき1ポイント(医薬品・制度化粧品は100円につき1ポイント)100円(税別)につき1ポイント100円(税別)につき1ポイント※2019年8月1日~
提携クレジットカード決済100円(税別)につき2ポイント決済100円(税別)につき2ポイント
提携ポイントTポイント(100円(税別)につき1ポイント)楽天スーパーポイント(200円につき1ポイント)Pontaポイント(200円(税別)につき1ポイント)

ポイント還元率に注目すると、スマホQR決済でもっともお得になるのは、スマホQR決済と同時にポイントカードの提示などで独自ポイントと提携ポイントが両方貯まるドラッグストアだ。

上表ではサンドラッグとトモズが該当する。ただし、普段あまり使わないドラッグストアのポイントを貯めても使いづらいため、基本は利用機会の多いポイントを貯めることをおすすめする。

さらに、ポイント還元率の高いスマホQR決済を選ぶこと、また支払い方法にポイント還元率の高いクレジットカードを紐づけることで、合計のポイント還元率を高くすることができる。

キャンペーンを活用する

主要なスマホQR決済のひとつPayPayは、「100億円キャンペーン」により利用者数や加盟店数を増やした。

それに続き、各スマホQR決済で期間限定のお得なキャンペーンがさまざまに開催されている。

スマホQR決済を利用するときは、そういったキャンペーンを見逃さないように活用してほしい。

いくつかのスマホQR決済サービスを使い分けるのもお得な活用方法のひとつだ。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る