TOP

PayPay銀行の特徴やメリット・デメリット、PayPayとの相性は?

2021年4月5日、ジャパンネット銀行がPayPay銀行に生まれ変わった。

専用アプリがリリースされるなど、利便性の向上が期待できる。

本記事では、PayPay銀行のメリットやデメリットについて解説。

口座開設を検討中の人は、ぜひ参考にしてほしい。

PayPay銀行とは

PayPay銀行は、Zホールディングスと三井住友銀行のグループ会社であり、ネット銀行。2021年4月5日に、ジャパンネット銀行からPayPay銀行へと社名を変更した。

これに伴い、サービス名の一部変更や、専用アプリのリリースなど新たなサービスが開始された。

「PayPayを1番おトクに使える銀行」と宣伝しており、スマホ決済のPayPayと非常に相性が良い。

15歳以上であれば審査不要で口座を開設でき、PayPayをはじめとしてLINE Payやメルペイ、Google Payなど各種キャッシュレス決済に対応。

FXや投資信託、宝くじやカードローン等のマネー関連サービスも利用しやすいネット銀行となっている。

PayPay銀行の特徴・メリット

ここでは、PayPay銀行の押さえておきたい特徴やメリットを解説する。

PayPay残高から手数料無料で出金可能

PayPay銀行を利用すれば、PayPay残高を手数料無料で出金可能。時間帯や回数の制限がないので、好きなタイミングに好きなだけ残高を引き出せる。

PayPay残高を出金手数料0円で出金できるのはPayPay銀行のみとなっている(2021年4月5日)。

他にも、PayPay銀行には手数料無料で利用できる銀行ATMが存在し、以下の通り。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

これら他行の銀行ATMでは、毎月最初の取引および3万円以上の入出金取引の場合に手数料無料となる。

セブンATMでキャッシュカード不要

PayPay銀行では、専用アプリとQRコードを利用することで、キャッシュカードいらずでセブン銀行ATMを利用できる。

最短即日で口座を開設可能なので、キャッシュカードの到着を待つ必要がない。

スピード感と利便性を兼ね備えたネット銀行だ。

各種キャッシュレス決済にチャージ可能

PayPay銀行は以下のキャッシュレス決済にチャージできる。

  • PayPay
  • Google Pay</li>
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • pring
  • Kyash

PayPay以外のスマホ決済を利用したい人にもぴったりだ。

ただ、楽天ペイには対応していないので要注意。

Visaデビット付きのキャッシュカードが手に入る

PayPay銀行のキャッシュカードにはVisaデビット機能が搭載されている。

キャッシュレスによるVisa加盟店での買い物を楽しむことが可能だ。

PayPay銀行のデメリット

PayPay銀行のデメリットは、大きく分けて以下の2つ存在する。

  • 手数料が少し高い
  • 預金金利が低い

手数料が少し高い

PayPay銀行の他行宛の振込手数料は他のネット銀行よりも少し高めになることがある。比較すると以下の通り。

3万円未満3万円以上
PayPay銀行176円275円
楽天銀行168円262円
イオン銀行220円

PayPay銀行は、振込金額が3万円以上の場合、275円の手数料が発生して、他行と比べて手数料が高めとなる。一方、3万円以内であれば176円で済む。

楽天銀行では、他行宛の振込でも会員ステージに応じて毎月最大3回まで手数料無料になるので、場合によっては一番手数料が安くなる。

イオン銀行は、振込金額に関わらず手数料220円がかかる。

利用する人の状況にもよるが、PayPay銀行で他行に振込をする場合は、手数料に気を付けよう。

預金金利が低い

PayPay銀行の普通預金の金利は、残高に関わらず0.001%。

他のネット銀行と比較してもかなり低い数値に設定されている。

  • 楽天銀行:0.04%~
  • 住信SBIネット銀行(SBIハイブリッド預金):0.01%

預金金利を重視する場合、PayPay銀行ではなく他のネット銀行をおすすめする。

【まとめ】利便性を求めるPayPayユーザーにおすすめ

本記事では、PayPay銀行の特徴・メリットやデメリットについて解説した。

最大の特徴は、PayPayとの相性が良いことだろう。また、各種キャッシュレス決済との相性も良い。

唯一PayPay残高の出金手数料0円の銀行ということもあり(2021年4月5日)、PayPayユーザーにおすすめのネット銀行だ。

カードレスで利用できるので、決済から出金までスピーディーに対応できる。

一方で、他のネット銀行と比較して、手数料が高くなることがある、預金金利が低いといったデメリットも存在する。

他行宛の少額の振込が多い場合や、金利を重視する場合は他のネット銀行のほうが向いているかもしれない。

自分のライフスタイルと照らし合わせて、PayPay銀行の口座を開設するかどうか検討してほしい。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る