TOP

PayPayと楽天ペイどっちがおすすめ?お得なスマホ決済アプリを比較

コード決済
お財布いらず、スマホひとつで会計ができるスマホQR決済アプリ。

本記事では、スマホQR決済アプリのなかでも人気の高い「PayPay(ペイペイ)」と「楽天ペイ」を比較し、どちらがお得かを解説する。

PayPayは初心者でも始めやすく個人店でも使える店が多い一方、楽天ペイは楽天会員と相性が良くネットショッピングでも利用機会が多い。

それぞれの特徴と違いを踏まえて活用することで、よりお得な利用ができるだろう。

PayPay/楽天ペイ比較表

PayPay楽天ペイ
支払い方法PayPay残高(チャージによる前払い)
クレジットカード(即時払い)
楽天キャッシュ(チャージによる前払い)
クレジットカード(即時払い)
楽天ポイント(即時払い)
チャージ方法ヤフーカード
銀行口座
セブン銀行ATM
ヤフオク!・PayPayフリマ売上金
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
楽天カード
楽天銀行
ラクマ売上金
還元率基本還元率:0.5%
※PayPay残高/ヤフーカード払いが対象
→50回以上/月の決済:+0.5%
→10万円以上/月の決済:+0.5%
楽天カードチャージ:1.5%
上記以外のチャージ:1%
還元ポイントPayPayボーナス
PayPayボーナスライト
楽天ポイント
送金
出金

支払い方法とチャージ方法

PayPayも楽天ペイも、事前チャージした残高かクレジットカードでの即時払いが可能だ。

PayPayは一般向き、楽天ペイは楽天ユーザー向き

PayPayは残高へのチャージ方法として、銀行口座セブン銀行ATMが使えるため、誰にでも使いやすい。

一方、楽天ペイへのチャージ方法は、楽天カード、楽天銀行、ラクマ売上金と、楽天関連のサービスに限られている。

カード払いはそれぞれ相性の良いカードがある

PayPayはヤフーカード、楽天ペイは楽天カードが相性が良い。

それぞれのサービスにおいて、クレジットカード払いでポイント還元対象となり、残高にチャージができる唯一のクレジットカードだ。

楽天ペイを楽天カードで支払う場合、厳密には楽天ペイではなく楽天カードへのポイント付与となるが、いずれも同じ楽天ポイントなので大差はない。

ポイントでの支払い方法の違い

楽天ペイでは利用額を選んで楽天ポイントで支払いをすることもできる。

PayPayの場合、還元されたポイントは自動的に残高に加算されるので、決済時にポイント利用額を選ぶ必要はない。

なお、PayPay残高には以下4種類があり、PayPayボーナスライト>PayPayボーナス>PayPayマネーライト>PayPayマネーの優先順位で支払いにあてられる。

PayPayボーナスライト特典やキャンペーン等の適用に伴い進呈される。有効期限がある。送金・わりかんには使えない。
PayPayボーナス特典やキャンペーン等の適用に伴い進呈される。送金・わりかんには使えない。
PayPayマネーライトYahoo! JAPANカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してチャージした残高。
PayPayマネー本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金を利用してチャージした残高。本人確認前の場合はPayPayマネーライトになる。

ポイント還元率

PayPayと楽天ペイにはそれぞれ独自のポイントシステムが存在し、利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みになっている。それぞれポイント還元対象となる条件があるので注意しよう。

PayPayは利用回数・金額で還元率変動

PayPayでポイント還元対象となるには、PayPay残高もしくはヤフーカードで支払いを行う必要がある。

基本の還元率は0.5%で、前月1日~末日の利用回数・金額によって以下のように還元率が加算される。

決済回数(100円以上)50回以上+0.5%
利用金額10万円以上+0.5%

付与されるのはPayPayボーナス。PayPay残高に加算され、加盟店での支払いには使える。ただし、送金やわりかん機能には使えないので注意しよう。

楽天ペイは楽天カードチャージがお得

楽天ペイでポイント還元対象になるには、楽天キャッシュ楽天ポイント楽天カードで支払いを行う必要がある。

チャージおよび支払い方法により以下のように還元率が変動し、楽天カードでチャージを行い楽天キャッシュで支払うの方法がもっとも還元率が高くなる

楽天カードでチャージした楽天キャッシュで支払い1.5%(楽天カードチャージ1%+楽天キャッシュ0.5%)
上記以外でチャージした楽天キャッシュ/楽天ポイントで支払い1.0%
楽天カードで支払い1%(楽天ペイではなく楽天カードに楽天ポイント付与)

付与されるのは楽天ポイント。楽天ペイ利用時にも金額を指定して支払いにあてることができる。その他、楽天関連サービスや加盟店で利用できる汎用性の高いポイントだ。

送金と出金

PayPayも楽天ペイも残高を個人間送金に利用できる。ただし、送金できる残高には以下のように制限がある。

PayPay:PayPayマネー
楽天ペイ:楽天キャッシュ

送金を受け取るには同じアプリを利用してる必要があるため、双方が利用しているアプリで送金を行うのがおすすめ。

送金で受け取った金額は残高に加算され、支払いに使うことができる。

PayPayは出金も可、楽天ペイは出金停止中

PayPayでは出金も可能だが、楽天ペイでは現在出金サービスを停止している。

PayPayの出金では、ジャパンネット銀行への出金は0円、その他の金融機関では100円/回の手数料がかかる。

キャンペーンの充実度

PayPayや楽天ペイなどのQRコード決済では、期間限定のキャンペーンがよく開催される。利用の際にはぜひチェックしてほしい。

特にはじめてそのサービスを利用する場合、新規登録者を対象としているキャンペーンがお得なことが多いので忘れずにチェックしてほしい。

大型キャンペーンの多いPayPay

PayPayでは大型がキャンペーンが多い。サービスのリリース当初に行われた100億円キャンペーンは、大きな話題となった。

利用者や加盟店が増えた現在は当初ほどの規模ではないものの、大幅還元が行われるキャンペーンはよく開催されている。

キャンペーン情報はPayPayアプリおよびPayPay公式サイトで確認できるので利用前にチェックしよう。

なお、キャンペーンによってはPayPay残高での支払いのみを対象とするなど条件が設けられている場合もあるので、その点は気をつけよう。

最新のキャンペーン情報はこちら

加盟店の違い

QRコード決済が普及したことで、PayPayも楽天も共通して利用できるチェーン店、大型店が増えている。

しかし個人店や小規模の店舗では、PayPayが使える店が多い。イベントの出店店舗などでもPayPayが使える店があるほどだ。

一方、楽天ペイは楽天関連サービス以外にもオンラインで使える店が多いという特徴がある。

自分のライフスタイルに照らし合わせて、どちらが使う機会が多いかで選ぶのも良いだろう。

楽天関連サービスと連動する楽天ペイ

楽天ペイは中規模のキャンペーンを頻繁に開催する傾向にある。楽天関連サービスと連動したキャンペーンも多い。

楽天ペイはオンラインの加盟店が多いのも特徴で、オンラインでお得なキャンペーンも開催されるので見逃さないようにしたい。

キャンペーン情報は、楽天ペイアプリや楽天ペイ公式サイトで確認できるで利用前にチェックしよう。

楽天ペイ以外の楽天関連サービスを組み合わせることで還元率がアップする場合もある。楽天ユーザーは特にチェックしてほしい。

最新のキャンペーン情報はこちら

目的による使い分け

PayPayと楽天、それぞれおすすめの人を目的別に分けると次のようになる。

PayPay楽天ペイ
・まずはQRコード決済に慣れたい
・クレジットカードを持っていない
・個人店・小規模店でも使えるサービスが良い
・楽天のサービスをよく利用する
・ネットショッピングをよく利用する
・ポイントを集約したい

PayPayがおすすめの人

PayPayの使い方

  • まずはQRコード決済に慣れたい:大型キャンペーンがよく開催されており、初心者でも使いやすい設計となっている
  • クレジットカードを持っていない:普段利用している銀行口座や、現金でセブンATMからチャージが可能
  • 個人店・小規模店でも使えるサービスが良い:チェーン店だけでなく個人店・小規模店にも加盟店が多い

楽天ペイがおすすめの人

楽天ペイ

  • 楽天のサービスをよく利用する・楽天スーパーポイントを貯めている:楽天ペイは楽天会員情報に紐づいたサービスで、楽天スーパーポイントを使える
  • ネットショッピングをよく利用する:楽天グループのサイト以外にも、無印良品やアーバンリサーチなども楽天ペイに対応している
  • ポイントを集約したい:楽天ポイントは貯まる場所、使える場所の多い汎用性の高い共通ポイント
PayPay インストールはこちらから【PR】
AppStore GooglePlay
シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る