PayPayと楽天ペイどっちがおすすめ?お得なスマホ決済アプリを比較

Pocket
LINEで送る

コード決済
現金・クレジットカードいらずでお会計ができると評判のスマホQR決済アプリ。

その中でも、さまざまなキャンペーンで大量にユーザーを獲得した「PayPay(ペイペイ)」と、楽天サービスとのさまざまな連携で多くの利用者を獲得している「楽天ペイ」は、注目のサービスだ。

どちらも利用金額に応じたポイント還元があり、現金で商品を購入するよりお得に買いものができる。

PayPayは街の加盟店が多く初心者でも使いやすい、楽天ペイは特に楽天市場をはじめとしたネットショッピングでお得に利用できるなど、それぞれの特徴もある。

本記事では、PayPayと楽天Payのポイント還元率からキャンペーン内容までを徹底的に比較し、目的別に合わせた選び方を解説する。

PayPay/楽天ペイそれぞれの特徴

【PayPay】

PayPayの使い方

PayPay株式会社が運営するスマホQR決済アプリ。2018年10月15日にサービスを開始した。QRコードを使用した決済方法を採用しており、以下いずれかの方法で決済を行う。

  • スマホでPayPayアプリを開きQRコードを表示→店側に読み取ってもらう
  • 店側がQRコードを用意→PayPayアプリで読み取る

PayPayに登録したクレジットカードもしくは銀行口座から事前に残高をチャージして利用する仕組みだ。

加盟店での決済だけでなく、個人間送金やわりかんの機能もある。

【楽天ペイ】

楽天ペイ
楽天株式会社が運営するスマホQR決済アプリ。2016年10月27日にサービスを開始した。決済方法は以下の3種類。

  • スマホで楽天ペイアプリを開きQRコードを表示→店側に読み取ってもらう
  • 店側がQRコードを用意→楽天ペイアプリで読み取る
  • 楽天ペイアプリで近くの店舗を検索→支払い完了後に店員に画面を見せる

利用する際はクレジットカードの登録が必要だが、楽天IDにカード情報を登録している場合は新たな登録は必要なく、そのカードを利用できる。

PayPayのように残高を事前チャージして支払うことはできない。

加盟店の豊富さ

スマホ決済アプリはユーザーと店側の両者が導入することで利用することができる。

つまり「加盟店が豊富=使いやすいスマホ決済アプリ」ということになる。

PayPayと楽天ペイはいすれも加盟店が多い。そのなかから代表的な店舗を次に紹介する。

PayPay加盟店(一部)

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • welcia(ウェルシア)
  • イオン(一部店舗)
  • DIESEL
  • ジャンカラ
  • 磯丸水産
  • 和民

上記のようにコンビニや飲食店などをはじめ、料金が高額になりやすい家電量販店でも加盟店が多い。

またPayPayは積極的に大型キャンペーンを開催しユーザー確保に力を入れているので、これからPayPayを導入する加盟店の数はさらに拡大していくだろう。

楽天ペイ加盟店(一部)

  • 楽天市場
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • 白木屋
  • 魚民
  • ライトオン
  • はるやま
  • 自遊空間
  • アート引越センター

楽天ペイは、ネットショッピングには強いというメリットがある。

楽天サービスの一つである楽天市場はもちろんだが、無印良品やアーバンリサーチなどのアパレルショップ、またデジタルコンテンツのAmebaでも利用可能。

ポイント還元率


スマホ決済アプリのPayPayと楽天ペイには独自のポイントシステムが存在し、利用金額に応じてポイントが貯まっていく仕組みになっている。

PayPay

PayPayの通常のポイント還元率は1.5%で、利用金額に応じてPayPay残高にPayPayボーナスとして付与される。
(ただし、ヤフーカード以外のクレジットカード紐付けの場合は還元率はなし)

例えば10,000円の商品をPayPay決済を利用して購入すると、10,000円×1.5%=1500円相当のPayPayボーナスを獲得可能。

PayPayボーナスは、加盟店での支払いには使えるが、送金やわりかん機能には使えないので注意しよう。

支払い時は貯まったPayPayボーナスが優先的に消費されるので、使い残しの心配が少ないのは嬉しい。

楽天ペイ

楽天ペイの基本的なポイント還元率は0.5%。楽天スーパーポイントが貯まる。

楽天スーパーポイントは楽天市場などの楽天グループのサービスで幅広く利用できて利便性が高い。

還元率はPayPayのほうが高いが、利便性という点では楽天ペイに軍配が上がる。

クレジットカードとの連携度

スマホ決済アプリとクレジットカードは親和性が高く、連携させることで支払いが簡単になったり、ポイントの2重取りが可能になったりする。

PayPay

PayPayにクレジットカードを登録すれば、外出先でPayPay残高が足りなくてもその場でチャージすることができる。また、クレジットカードとPayPay両方のポイントを獲得できる点も魅力的だ。

ただし、ヤフーカード以外のクレジットカードを登録して利用する場合は、還元率対象外となるので注意。

カードの登録方法は次の4ステップ。

  1. PayPayアプリの「支払う」をタップ
  2. 次の画面で「お支払い方法」をタップ
  3. 「お支払い方法を追加する」→「クレジットカードを追加する」
  4. カード情報を登録

クレジットカードをPayPayに登録しておけばPayPay決済が利用できない事態を防げるので、アプリダウンロード後は必ず登録しておこう。

楽天ペイ

支払い方法がカード払いがメインの楽天ペイでは、利用する上でクレジットカードの登録は必須だ。

具体的には下記の4ステップで登録が完了する。

  1. 楽天ペイのメニュー画面を開く
  2. 「設定」をタップ
  3. 「お支払い元を設定」→「新しいカードを登録」
  4. カード情報の登録

楽天カードを登録しておけば、楽天ペイの0.5%+楽天カードの1.0%=1.5%分の楽天スーパーポインとつねにポイント二重取りで、楽天スーパーポイントを効率的に貯めることができる。

おすすめのクレジットカード

ここではPayPayと楽天ペイにカードを登録するときに、おすすめしたいクレジットカードを紹介する。

どちらも18歳以上なら手軽に発行できるのでこれを機に申し込んでおこう。

PayPay

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

Yahoo!Japanカード

  • 年会費:無料
  • 申込資格:18歳以上で安定した継続収入がある方(高校生不可)
  • ポイント還元率:1.0%~

「ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)」は通常のポイント還元率が1.0%、Yahoo!ショッピング、LOHACOで利用は還元率3倍になるヤフー関連サービスでお得なカード。

PayPayと相性の良いカードで、唯一PayPayへのクレジットカードチャージが可能。

また2019年10月1日から、PayPayではヤフーカード以外のクレジットカード払いがポイント還元の対象外となり、ヤフーカードのみ1.5%のポイント還元を受けることができる。

ヤフーカードでは利用金額に応じてTポイントが貯まり、使い勝手が良いのもメリット。TSUTAYA、ファミリーマートをはじめとするTポイント提携先でポイントを貯めたり使ったりできる。

楽天ペイ

楽天カード

  • 年会費:無料
  • 申込資格:18歳~(高校生不可・未成年の場合は親の同意が必要)
  • ポイント還元率:1.0%~

「楽天カード」は名前の通り楽天が発行しているクレジットカードで、楽天市場をはじめとする楽天サービスと非常に相性がいい。

例えば天カード自体のポイント還元率は1.0%だが、楽天ビューティーで利用すると+1.0%された2.0%のポイントが手に入る。

楽天ペイと楽天カードを連携させると、常時1.5%のポイントが手に入る計算なので、利用先を楽天サービスに絞れば大量のポイントゲットが可能。

普段から楽天市場などをよく利用する人は、楽天ペイにと楽天カードをセットで活用することでよりお得になるのでおすすめだ。

クレジットカード払いの上限金額

基本的にスマホQR決済には利用金額の上限が設定されており、その限度額は高くない。

クレジットカード払いの場合、カードの限度額とは別にスマホQR決済の限度額が適用されることがあるので、注意が必要だ。

PayPay

PayPayのカード払い上限金額は24時間で250,000円、30日間で250,000円である。

  • 過去24時間以内の利用→250,000円まで利用可能
  • 過去30日間の利用→250,000円まで利用可能

つまり1日で250,000円をカード払いしてしまったなら、30日間はPayPayのカード払いが利用できなくなる。

また上記の金額は本人認証済み*+青バッジが表示されているユーザーのみで、公式から配布される青バッジを所持していない場合はどちらも50,000円まで引き下げられるので注意が必要だ。

*本人認証済み・・・3Dセキュア認証と呼ばれるセキュリティ対策が済んでいる証明

  • 3Dセキュア認証済み+青バッジ→上限250,000円
  • 3Dセキュア認証のみ→上限50,000円

楽天ペイ

楽天ペイのカード払い上限金額は1回50万円で、登録したクレジットカードの利用限度額の範囲まで利用できる。

例)楽天ペイに限度額100万円の楽天カードを登録→1回の買い物で50万円、合計で100万円まで利用できる

PayPayと比較してかなり上限に余裕があり高額商品の利用にも向いている。

しかし楽天IDの会員ランクや店舗ごとによって上限が変動する可能性もあるので要注意。

キャンペーン内容の充実度

PayPayや楽天ペイなどのスマホ決済アプリでは、新規ユーザー獲得のためにキャンペーンを開催。

スマホ決済アプリを利用する入り口にもなる重要な要素なので、少しでも得をしたい人はぜひ目を通して欲しい。

PayPay

  • 第2弾100億円キャンペーン
  • 期間:2019年2月12日~2019年5月31日
  • 内容:PayPayを利用した決済で、利用金額の最大20%PayPay残高を付与。またPayPayを利用した回数に応じて、最大10,000円相当が還元される「やたら当たるくじ」も同時開催。

PayPayのキャンペーンで最も評判が高いのは100億円キャンペーンで、現在開催中のものを含めると2回開催された。

内容はPayPayの利用金額から最大で20%分がPayPayボーナスとしてキャッシュバックされるというもので、利用回数に応じた「くじ」も同時に開催されている。

1.0%の還元率で優秀とさるクレジットカードと比較するとその還元率が破格で、スマホ決済アプリの興味があるなら絶対に見逃せないキャンペーンだ。

楽天ペイ

  • 10%ポイントバック
  • 期間:2019年3月1日~2019年4月1日
  • 内容:対象店舗で楽天ペイを利用すると10%ポイントキャッシュバック

楽天ペイの現在開催中のキャンペーンでおすすめなのが、10%のポイントがキャッシュバックされる上記のキャンペーンだ。

しかしPayPayと比べると10%もポイント還元率に差があるので、お得度は見劣りする部分がある。

楽天ペイは中規模のキャンペーンをたくさん開催する傾向があるので、長期的にポイントを貯めたい人に向いている。

目的別の選び方


ここではPayPayと楽天ペイがどんな人に向いているかを目的別に紹介する。

「結局どっちを選べばいいの」と悩んでいる人は参考にして欲しい。

とりあえずスマホ決済アプリに慣れたい人

ポイント還元率など小難しいことはいいから、スマホ決済アプリに慣れたい・触れてみたいという人はPayPayがおすすめだ。

お得なキャンペーンもよく開催されており、参加も簡単なのでスマホ決済アプリ初心者でもすぐ活用できる。

また、Suicaなど他の電子マネーと仕組みが似ている点も使いやすい。

ネットショッピングが好きな人

普段からネットショッピングをよく利用している人には楽天ペイがピッタリだ。

楽天サービスはもちろんだが、無印良品やアーバンリサーチなども楽天ペイでオンライン決済可能なので、自宅にいながらスマホ決済アプリを体験できる。

楽天ペイの登録もスマホ1台ででき、実店舗まで足を運ばずにポイント分の得ができるのは魅力的だ。

クレジットカードを持っていない人

クレジットカードを持っていない人は、銀行口座の登録でチャージが可能になるPayPayを利用しよう。

楽天ペイは支払い方法がカード払いのみなのでクレジットカードなしでは利用できない。

しかしPayPayなら登録した銀行口座からPayPay残高にチャージすれば、スマホ決済アプリとして利用できる。

つまりクレジットカード無しでも利用できるので、「まだクレジットカードを持っていない」「これから発行する」という人はPayPayがおすすめだ。

どちらのスマホ決済アプリも優れている

買い物を少しでもお得にしたいと思っている人は、近所のよく行くお店で使えるスマホ決済アプリを選ぶのもおすすめだ。

PayPayは支払い方法のバリエーションが豊富で、第2弾100億円キャンペーンなどスマホ決済アプリ初心者でも参加しやすいというメリットがある。

しかしオンライン決済に対応していないなど、一部の人からすれば使いにくいというのも事実だ。

楽天ペイはオンライン決済に力を入れており、常にお得なネットショッピングができる。

ただPayPayのような大型キャンペーンがあまりなく、大量のポイントを獲得するためには長期的な計画が必要。

どちらのスマホ決済アプリも目的別に選ぶことが重要なので、本記事を参考に自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことをおすすめする。

PayPay インストールはこちらから【PR】
AppStore GooglePlay
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る