PayPayと楽天ペイどっちがおすすめ?お得なスマホ決済アプリを比較

Pocket
LINEで送る

コード決済
お財布いらず、スマホひとつで会計ができるスマホQR決済アプリ。

本記事では、スマホQR決済アプリのなかでも人気の高い「PayPay(ペイペイ)」と「楽天ペイ」を比較し、どちらがお得かを解説する。

PayPayは初心者でも始めやすく個人店でも使える店が多い一方、楽天ペイは楽天会員と相性が良くネットショッピングでも利用機会が多い。

それぞれの特徴と違いを踏まえて活用することで、よりお得な利用ができるだろう。

支払い方法を比較

PayPay

PayPayの使い方

PayPay株式会社が運営するスマホQR決済アプリ。2018年10月15日にサービスを開始した。QRコードを使用した決済方法を採用しており、以下いずれかの方法で決済を行う。

  • スマホでPayPayアプリを開きQRコードを表示→店側に読み取ってもらう
  • 店側がQRコードを用意→PayPayアプリで読み取る

PayPay利用金額の支払いは、PayPayに登録したクレジットカードもしくは事前にチャージしたPayPay残高から行う。PayPay残高へのチャージ方法は以下の5通り。

  • 銀行口座
  • ヤフーカード
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
  • 現金(セブン銀行ATM利用)
  • ヤフオク!・PayPayフリマ売上金

加盟店での決済だけでなく、個人間送金やわりかんの機能もある。

楽天ペイ

楽天ペイ
楽天株式会社が運営するスマホQR決済アプリ。2016年10月27日にサービスを開始した。決済方法は以下の3種類。

  • スマホで楽天ペイアプリを開きQRコードを表示→店側に読み取ってもらう
  • 店側がQRコードを用意→楽天ペイアプリで読み取る
  • 楽天ペイアプリで近くの店舗を検索して支払い→完了後に店員に画面を見せる

楽天ペイ利用金額の支払いは、楽天ペイに登録したクレジットカードもしくは事前にチャージした楽天キャッシュから行う。楽天IDにクレジットカードが紐づいている場合は新規登録の必要なく、そのカードをそのまま利用できる。

楽天キャッシュへのチャージ方法は以下の通り。

  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • ラクマ売上金

利用する際はクレジットカードの登録が必要だが、楽天IDにカード情報を登録している場合は新たな登録は必要なく、そのカードを利用できる。

使える店の違い

PayPayは加盟店にとって導入の負担が少ないこともあり、個人店やイベントなどでも利用できる場面が多いのが特徴だ。スマホ決済アプリのなかでも特に積極的に営業を行っているとの話もある。

またPayPayは、ヤフー関連のサービスではオンラインでも使える店がある。

楽天ペイは、実店舗に加えネットショッピングでも使える店が多い。楽天市場など楽天グループだけでなく、無印良品やアーバンリサーチなどのアパレル、Amebaなどデジタルコンテンツでも利用できるサイトがある。

ただ、各社とも加盟店の拡大には力を入れており、以下のように全国展開の大手企業やチェーン店では共通している加盟店が多い(2019年12月時点)。

共通する加盟店の一例

  • コンビニ:セイコーマート/セブンイレブン/ファミリーマート/ポプラ/ミニストップ/ローソン
  • 飲食店:上島珈琲店/First Kitchen/松屋/松の屋
  • 家電店:エディオン/ケーズデンキ/ビックカメラ/コジマ/ソフマップ/ヤマダ電機/ツクモ/ベスト電器/マツヤデンキ

ポイント還元率


PayPayと楽天ペイにはそれぞれ独自のポイントシステムが存在し、利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みになっている。

PayPay

PayPayは、PayPay残高もしくはヤフーカードで支払いを行うと、還元率1.5%としてPayPayボーナスが付与される。ただし、ヤフーカード以外のクレジットカードでの支払いではPayPayボーナスが付与されない。

PayPayボーナスは加盟店での支払いには使えるが、送金やわりかん機能には使えないので注意しよう。支払い時はPayPayボーナスから優先的に消費されるので、使い残しの心配が少ないのは嬉しい。

楽天ペイ

楽天ペイはつねにポイント還元を行っているわけではないが、時期によりさまざまなキャンペーンがあり、キャンペーンごとの条件に基づき楽天スーパーポイントが付与される。

楽天スーパーポイントは楽天市場などの楽天グループのサービスで利用できるので利用機会が多く、利便性が高い。楽天ペイでも、アプリで設定することで任意のポイントを充当できる。

最新のキャンペーン情報はこちら

クレジットカードとの連携度

スマホ決済アプリとクレジットカードは親和性が高い。特にそのスマホ決済アプリと相性の良いカードを連携させることで、便利な利用ができたり、ポイント還元率が上がったりする。

PayPay

PayPayはヤフーカードで支払いを行うと還元率1.5%となる。ヤフーカード以外のクレジットカードはポイント還元がされないので注意したい。またヤフーカードは、クレジットカードで唯一、PayPay残高にチャージが可能だ。

PayPayへのクレジットカード登録方法は次の4ステップ。

  1. PayPayアプリの「支払う」をタップ
  2. 次の画面で「お支払い方法」をタップ
  3. 「お支払い方法を追加する」→「クレジットカードを追加する」
  4. カード情報を登録

ヤフーカードの還元率は1.0%なので、PayPayとヤフーカードを合わせて使うことで合計の還元率は2.5%となる。

ヤフーカード

Yahoo!Japanカード

年会費:無料
申込資格:18歳以上で安定した継続収入がある方(高校生不可)
ポイント還元率:1.0%~

通常のポイント還元率が1.0%、Yahoo!ショッピング、LOHACOで利用は還元率3倍になるヤフー関連サービスでお得なカード。

PayPayと相性の良いカードで、唯一PayPayへのクレジットカードチャージが可能。

また、2019年10月1日から、PayPayではヤフーカード以外のクレジットカード払いがポイント還元の対象外となり、ヤフーカードのみ1.5%のポイント還元を受けることができる。

ヤフーカードでは利用金額に応じてTポイントが貯まり、ポイントの使い勝手が良いのもメリット。TSUTAYA、ファミリーマートをはじめとするTポイント提携先でポイントを貯めたり使ったりできる。

楽天ペイ

楽天ペイでは、楽天会員情報に紐づいたクレジットカードがそのまま利用できる。楽天カードや楽天銀行などからのチャージも可能だが、クレジットカード払いのほうが利用しやすい。

楽天ペイのクレジットカード登録方法は以下の4ステップ。

  1. 楽天ペイのメニュー画面を開く
  2. 「設定」をタップ
  3. 「お支払い元を設定」→「新しいカードを登録」
  4. カード情報の登録

楽天カードの還元率は1.0%。楽天ペイのキャンペーンを利用することで、合計の還元率を1.0%以上にすることができる。

楽天カード

年会費:無料
申込資格:18歳~(高校生不可・未成年の場合は親の同意が必要)
ポイント還元率:1.0%~

「楽天カード」は名前の通り楽天が発行しているクレジットカードで、楽天市場をはじめとする楽天サービスと非常に相性がいい。

例えば楽天カードの通常のポイント還元率は1.0%だが、楽天ビューティーで利用すると+1.0%された2.0%のポイントが手に入る。

普段から楽天市場などをよく利用する人は、楽天ペイにと楽天カードをセットで活用することでよりお得になるのでおすすめだ。

カード払いの上限金額

スマホ決済アプリには利用金額の上限が設定されている。基本的に限度額はあまり高くないので、高額の買い物には向かない。

クレジットカード払いでカードの限度額にはまだ余裕があっても、スマホ決済アプリの限度額に達してしまうと、一時的にそのスマホ決済アプリでの決済ができなくなるので注意しよう。

PayPay

PayPayのカード払い上限金額は以下の通り。ただし、登録のカードの本人認証が済んでいる必要がある。

本人認証が完了してPayPay側で手続きがなされると、アカウントの表示名の横に青バッジが表示される。

  • 過去24時間以内の利用→250,000円まで利用可能
  • 過去30日間の利用→250,000円まで利用可能

上限金額を超えると、30日間はPayPayのカード払いが利用できなくなる。

また、本人認証が済んでいない場合、過去24時間以内・過去30日以内の利用可能額がいずれも50,000円となる。

楽天ペイ

楽天ペイのカード払い上限金額は1回50万円で、登録したクレジットカードの利用限度額の範囲まで利用できる。

例えば、楽天ペイに限度額100万円の楽天カードを登録した場合、1回の買い物で50万円、合計で100万円まで利用できる。

PayPayと比較すると上限にかなり余裕があり、高額商品の利用も可能。

ただし、楽天IDの会員ランクや店舗ごとによって上限が変動する可能性がある。

キャンペーンの充実度

PayPayや楽天ペイなどのスマホ決済アプリでは、新規ユーザー獲得のためにさまざまなキャンペーンを開催している。利用の際にはぜひチェックしてほしい。

PayPay

PayPayでは大型のキャンペーンが多い。有名なのは、サービスリリース当初に行われた100億円キャンペーンだ。

PayPayの利用金額から最大で20%分がPayPayボーナスとしてキャッシュバックされるというもので、利用回数に応じた「くじ」も同時に開催された。

楽天ペイ

楽天ペイは中規模のキャンペーンを頻繁に開催する傾向にある。楽天サービスと連動したキャンペーンもある。

キャンペーン情報は、楽天ペイ公式サイトや楽天ペイアプリで確認できる。

楽天ペイはキャンペーンを利用しないとポイント還元がないため、キャンペーンを見逃さないようにしたい。

目的による使い分け

PayPayがおすすめの人

・まずはスマホ決済アプリに慣れたい:お得なキャンペーンがよく開催されており、初心者でも使いやすい設計となっているPayPayがおすすめ
・クレジットカードを持っていない:PayPayなら普段利用している銀行口座からチャージが可能

楽天ペイがおすすめの人

・楽天会員・楽天スーパーポイントを貯めている:楽天ペイは楽天会員情報に紐づいたサービスで、楽天スーパーポイントを使える
・ネットショッピングをよく利用する:楽天グループのサイト以外にも、無印良品やアーバンリサーチなども楽天ペイに対応している

利用店舗ごとに使い分け

もっともお得な使い方は、利用店舗とその店舗に該当するキャンペーンごとにスマホ決済アプリを使いわけることだ。

PayPayは個人店やイベントなどでも使えることが多く、大型キャンペーンを頻繁に開催している。

楽天ペイはオンライン決済で使えることが多く、楽天関連サービスと合わせて使うことでポイント獲得が可能。

本記事を参考に自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことをおすすめする。

PayPay インストールはこちらから【PR】
AppStore GooglePlay
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:ニュース編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る