TOP

PayPayカード ゴールド ソフトバンクの通信料で10%還元、条件達成でPayPayポイント最大2%還元!

PayPayカード ゴールドはPayPayカードの上位カード。PayPayカードも通常還元率1.0%という高還元率カードだが、PayPayカード ゴールドはさらにポイントが貯まりやすい。

PayPayカード ゴールドは、PayPayのクレジット(旧あと払い)に登録することでPayPayカード ゴールド0.5%特典により還元率1.5%になり、さらに条件を達成すると最大2.0%還元となる。
※Yahoo!ショッピング(ふるさと納税除く)・LOHACO利用など一部特典付与の対象外となる場合がある。

他にも、ソフトバンクの通信料の支払いで最大10%還元になるなど、ポイントアップの特典が多い。

また、ゴールドカードに相応しく、特典や保険も充実。特徴的な特典としては、通常月会費508円(税込)のLYPプレミアムの特典が使い放題などがある。

メリット

  • クレジット(旧あと払い)登録でポイント還元率1.5%、条件達成で最大2.0%
  • ソフトバンクの通信料の支払いで最大10%還元
  • 「LYPプレミアム(月額508円)」の特典が無料で使い放題
  • 国内・海外ともに旅行傷害保険が付帯
  • 国内主要空港ラウンジを無料で利用可能
デメリット

  • 年会費が11,000円(税込)と高め
  • 還元率アップにはPayPayのクレジット(旧あと払い)登録が必要

おすすめのポイント

ソフトバンクの通信料の支払いで最大10%還元

PayPayカード ゴールドの大きな特徴のひとつが、ソフトバンクとPayPayカードのアカウント連携を行った上で、対象となるソフトバンクの通信料の支払いをカードで行うと、最大10%の還元が得られる点である。

PayPayカード ゴールドは年会費11,000円(税込)が発生するが、通信料だけでみれば月に約9,200円以上の支払いがあれば元が取れる計算。

ソフトバンクの他、ワイモバイルでも還元率がアップする特典がある。サービスや支払い方法によって還元率は異なり、以下のようになっている。

ソフトバンクワイモバイル
スマホ/ケータイ最大10%最大3%
Softbank光/Air携帯電話との合算請求最大10%
SoftBank 光/Airのみでの支払い最大1.5%
ソフトバンクでんき(おうちでんき/自然でんき)携帯電話との合算請求最大3%
ソフトバンクでんきのみでの支払い最大1.5%

なお、ソフトバンクとPayPayカードのアカウントが未連携の場合は最大1.5%還元にしかならないので注意しよう。

スマホ/ケータイ料金の支払いは携帯電話合サービスが対象で、端末代金・オプション料・事務手数料・消費税・ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い利用分などは一部ポイント付与の対象外となる料金がある。

また、携帯電話との合算請求については、2023年9月請求分(予定)以降に一部対象外となる料金が発生する場合がある。

付与されるポイントは、PayPayポイントの場合と、ソフトバンクポイントの場合がある。ソフトバンクポイントは、1ポイント=1円相当でPayPayポイントへの交換が可能だ。ソフトバンクの各種サービスの支払いにそのまま利用することもできる。

たとえば、ソフトバンクおよびワイモバイルのスマホ/ケータイの利用料金をPayPayカード ゴールドで支払った場合に付与されるポイントはソフトバンクポイントとなる。

詳細な条件は、PayPayカード公式サイト「ソフトバンク/ワイモバイルサービスご利用特典」を参考にしてほしい。

基本還元率1.5%でPayPayポイントが貯まる

PayPayカード ゴールドは、PayPayのクレジット(旧あと払い)設定を行うことで、利用に応じて200円(税込)ごとに1.5%のPayPayポイントが貯まる。

下位カードのPayPayカードは通常の還元率が200円(税込)ごとに1%で、これでも十分高還元率だが、PayPayカード ゴールドではゴールドカードの特典で+0.5%となりさらにお得にPayPayポイントが貯められる。
※Yahoo!ショッピング(ふるさと納税除く)・LOHACO利用など一部特典付与の対象外となる場合がある。

ただし、通常の1.5%還元だけで年会費11,000円(税込)の元を取ることを考えた場合、年会費無料のPayPayカード1.0%還元と比較すると、差分の0.5%で元を取る計算となり、年間約200万円の利用が必要になる。

そのため、ソフトバンクの携帯利用料やPayPayでの支払いなどより高還元率になるシーンで大きく元をとっていくのがおすすめだ。

PayPayのクレジット(旧あと払い)とは?
クレジット(旧あと払い)とは、PayPay残高がない状態でもチャージ不要で支払うことが可能で、利用の翌月に利用料金をPayPayカードとまとめて支払う方法のこと。翌月の1回払いの場合は、手数料は無料。PayPayカードを持っていれば、最短20秒で登録が可能。

「LYPプレミアム(月額508円)」の特典が無料で使い放題

PayPayゴールドカードでは、通常月額508円がかかる有料の会員サービス「LYPプレミアム」の特典が無料で利用可能になる。

LYPプレミアムでは、LINEおよびヤフーのさまざまなサービスで特典を利用できる。たとえば、LYPプレミアム会員がYahoo!ショッピングを利用する場合、PayPayポイントの還元率が+2%となる*。
*LINEアカウントと連携したYahoo! JAPAN IDで注文した場合。未連携の場合はPayPayポイントではなくヤフーショッピング商品券での付与となる。

LYPプレミアムはもともと「Yahoo!プレミアム」というヤフーのサービスだったが、LINEとの統合によりサービス名が変更となり、LINEの特典が新たに追加された。

なお、ソフトバンクユーザーは、「スマートログイン」機能を設定しているとLYPプレミアムを無料で使えるため、実質的にソフトバンクユーザーはもともと無料で使うことが可能な機能となっている。

スマートログインとは?
スマートログインとは、ソフトバンクの電話番号とYahoo!Japan IDを連携することで、IDやパスワードを入力することなくログイン可能になる機能のこと。

ソフトバンクユーザー以外であえて、Yahoo!プレミアムを月額登録しているユーザーにとっては、508円 ✕ 12ヶ月 = 6,096円の利用料が含まれている計算となるため、メリットが大きくなる。

PayPayステップ条件達成で還元率が2.0%に

PayPayカード ゴールド(PayPayカード含む)は、スマホ決済アプリ「PayPay」の支払い方法としても利用でき、PayPayステップというポイントプログラムに従ってPayPayポイントの還元を受けられる。

PayPayアプリ・PayPayカードでは、各サービスの設定状況や毎月の利用状況に応じて、還元率がアップする。具体的には、以下のようなPayPayステップの合計で合計還元率が決定する。

支払い方法PayPay残高PayPayあと払い(クレジット)PayPayカードPayPayカード ゴールド
基本付与分0.5%1.0%1.0%1.0%
条件達成特典+0.5%+0.5%+0.5%+0.5%
PayPayカード ゴールド特典 -+0.5% -+0.5%
適用期間の合計最大付与率1.0%2.0%1.5%2.0%

PayPayステップの達成条件は、PayPayまたはPayPayカード/PayPayカード ゴールドで以下2つの達成が必要。

1.200円以上の支払いを30回以上
2.合計10万円以上の支払い

PayPayカード ゴールドカードの場合は、さらに0.5%の還元率がプラスされ、合計最大2.0%の還元となる。

注意点として、PayPayカード、PayPayゴールドカードがPayPayステップのポイント還元対象となるためには、クレジット(旧あと払い)利用設定が必要なので忘れずに設定しよう。

また、クレジット(旧あと払い)のPayPayカード ゴールド特典が適用されるには、PayPayカード ゴールドのクレジット(旧あと払い)利用設定が必要だ。

Yahoo!ショッピングで最大7%還元

PayPayカード ゴールドは、Yahoo!ショッピングで利用すると通常のポイント還元とは仕組みが異なり、最大7%還元となる。最大7%の内訳は以下の通り。

  • 定常特典:1%
  • ストアポイント:1%
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用で3%
  • LYPプレミアム特典:2%

ただし、最大7%をすべてPayPayポイントで還元されるには、LINEアカウントと連携したYahoo! JAPAN IDでの注文が必要。

未連携の場合、「Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用で3%」「LYPプレミアム特典:2%」は、ヤフーショッピング商品券での付与となる。

PayPayポイントの使い方

PayPayカードの利用で貯まったPayPayポイントは、1ポイント=1円としてPayPayでの支払いに利用できる。

PayPayでの支払いにPayPayポイントを利用するには、PayPayアプリ内の「ウォレット」でポイントの設定を「ポイントを支払いに使う」にする必要がある。ポイントの設定は初期設定では「ポイントを貯める」になっている。

また、PayPayポイントを使ってポイント運用を行うこともできる。やり方は、PayPayアプリ内の「ポイント運用」から、5種類のコースのうちいずれかを選ぶだけ。1ポイントから運用可能で、いつでも出し入れができ、簡単に疑似運用体験ができる。

付帯保険、サービス、機能

旅行保険

国内・海外ともに旅行保険が付帯している。海外だけでなく国内の旅行保険も付帯している点が、ゴールドカードらしい手厚さといえる。

保険の利用にあたってはさまざまな条件があるので、事前に必ず公式の詳細情報を確認してほしい。

海外旅行傷害保険

自動付帯最高1億円の補償。本会員・家族会員が補償の対象となる。補償の内容は以下の通り。

  • (傷害)死亡・後遺障害:1億円
  • 傷病治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:200万円
  • 賠償責任:5,000万円
  • 携行品損害:30万円(免責金額3,000円)
  • 救援者費用:200万円

国内旅行傷害保険

利用付帯最高5,000万円の補償。本会員・家族会員が保証の対象となる。補償の内容は以下の通り。

  • 死亡・後遺障害保険金額:5,000万円
  • 入院保険日額(フランチャイズ7日):5,000円
  • 通院保険日額(フランチャイズ7日):2,000円

「フランチャイズ7日」とは、事故の日から8日目以降、入院・通院の状態にある場合、1日目から保険金が支払われるというもの。

ショッピングガード保険

購入日より90道間、最高300万円(年間支払限度額)が保証される。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港およびハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港にて、PayPayカード ゴールド1枚につき1名まで、ラウンジを無料で利用できる。

利用にはPayPayカード ゴールドおよび当日の搭乗券または航空券の提示が必要。

各機能への対応

ETCカードあり 年会費無料
家族カードあり(3枚まで) 年会費無料
3Dセキュア対応
Apple Pay対応
タッチ決済(非接触型カード決済)対応

カード詳細情報

年会費11,000円
通常還元率1.0%~2.0%
ブランドブランドロゴ
旅行保険海外旅行損害保険:最高1億円(自動付帯)
国内旅行損害保険:最高5,000万円(利用付帯)
ポイントの種類PayPayポイント

(発行会社:PayPayカード株式会社)

公式サイトを見る

PayPayカードとPayPayゴールドカードの違い

商品名PayPayカード ゴールドPayPayカード
ブランドJCB、Visa、MastercardJCB、Visa、Mastercard
年会費11,000円(税込)永年無料
通常還元率ご利用金額200円(税込)ごとにPayPayポイントを1.5%付与
※クレジット(旧あと払い)設定が必要
ご利用金額200円(税込)ごとにPayPayポイントを1%付与
PayPayステップ条件達成で+0.5%還元
ETCカードあり 年会費無料あり 年会費550円(税込)
家族カードあり(3枚まで)あり(10枚まで)
3Dセキュア対応
Apple Pay対応
タッチ決済(非接触型カード決済)対応
下記のマークがあるお店で利用可能
利用速報サービス対応
スマホ・携帯電話の通信料などの特典“ソフトバンク”で最大10%のポイント付与
“ワイモバイル”で最大3%のポイント付与
※ソフトバンクとPayPayカードのアカウント連携が必要
“ソフトバンク”:最大1.5%のポイント付与
または”ワイモバイル”:最大1.0%のポイント付与
SoftBank 光
またはSoftBank Airご利用料金の特典
最大10%のポイント付与最大1%のポイント付与
おうちでんきまたは自然でんきご利用料金の特典最大3%のポイント付与最大1%のPayPayポイント付与
その他の特典LYPプレミアム特典が無料
Yahoo!ショッピング・LOHACOで最大7%還元
Yahoo!ショッピング・LOHACOで最大5%還元
旅行損害保険海外旅行損害保険:最高1億円(自動付帯)
国内旅行損害保険:最高5,000万円(利用付帯)
ショッピングガード保険最高300万円
国内空港ラウンジ無料
国内の主要空港とハワイの主要空港にて利用可能
カード発行会社PayPayカード株式会社

参考:PayPayカード株式会社(ニュースリリース)

dカード ゴールド、au PAYゴールドカードとの違い

年会費と還元率を比較すると以下のとおり。

カード種類dカードGOLDauPAYゴールドカードPayPayカード ゴールド
年会費11,000円(税込)11,000円(税込)11,000円(税込)
基本還元率1%1%1.5%
※クレジット(旧あと払い)登録が必要
通信料還元率10%11%10%
ポイント種類dポイントPontaポイントPayPayポイント

基本還元率はPayPayカード ゴールドが0.5%高く、通信料に対する還元率はau PAYゴールドカードが1%ほど高い。

関連する記事

最終更新日:2023/12/22

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る
オトクレ編集長 池田 星太

執筆・編集

池田星太

オトクレ編集責任者。2013年より「大人のクレジットカード」を運営。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、金融全般での情報発信を行っている。また、クレジットカード専門家として、雑誌やメディアでの編集や監修も行っている。日常生活のほぼすべてをキャッシュレスで過ごす。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る