TOP

楽天ペイ、チャージ方法別、還元率カオスマップ、結局どれがお得?

スマホ決済の楽天ペイは、支払い方法が少しずつ増えており、もはや何がお得な支払い方法なのかが完全にわからなくなっている。

今回はそんな文字通りカオスな楽天ペイの支払い方法をまとめている。まずは最初に楽天ペイのチャージ方法を確認しておこう。

楽天ペイチャージ方法別、還元率まとめ

楽天ペイの使い道

結論を先にいえば、特に楽天ペイは、楽天ポイントの期間限定ポイントを消化するのにかなり使い勝手が良い。期間限定ポイントは使い道と期限が限られているので、実は出口戦略として非常に優秀なのだ。

確かに楽天カードから楽天キャッシュへのチャージで1.5%を得ることは出来るが、一度チャージするという手間を考えれば、TOYOTA Wallet(1.5%)や、au PAY(0.5%)へのクレジットカードチャージでも、楽天カードの還元は得ることはできるので、還元率や使い勝手の点では、他の選択肢も魅力に感じる。

楽天ペイのさまざまな支払い方法

楽天ペイのそれぞれの支払い方法も見ておこう。

  • 楽天キャッシュ
  • 楽天銀行即時払い
  • 楽天ポイント
  • クレジットカード払い
  • 楽天Edy
  • 楽天ペイ内のSuica

ただし、楽天Edyと楽天ペイ内のSuicaに関してはアンドロイド端末のみ対応。

ここでは、スマホの機種に関わらず利用できる楽天キャッシュと楽天ポイント、クレカ払いの特徴やメリットついて解説する。

楽天キャッシュ

楽天キャッシュとは、楽天関連サービスで利用可能な電子マネーのこと。

事前にお金をチャージするプリペイド式で、下記のチャージ方法が用意されている。

  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 楽天ラクマ

楽天ペイでの楽天キャッシュでの支払いは、1.0%の楽天ポイントが還元される。

楽天カードでチャージした場合は、楽天カードでのチャージ時に0.5%、楽天ペイでの支払い時に1.0%のポイント還元があり、合計1.5%のポイント還元率になる。

ラクマで売上金がある方の場合は、楽天ペイを出口として使う方法はかなり有効ではないかと思う。

楽天ポイント

楽天ペイの支払い方法の中でも、楽天ポイントで支払えるのは実は重要なポイント。

楽天ポイントでの支払いも、楽天キャッシュでの支払いと同様、1.0%のポイント還元がある。

期間限定ポイントも活用できるので、期間限定ポイントの使いみちに困っている人におすすめしたい支払い方法。

楽天ポイントは楽天カードの支払いに充てる方がお得

確かに通常ポイントを使うこともできるが、楽天ポイントを価値を最大化するには、楽天カードの引き落とし前に、楽天ポイントを充当するやり方がよい。この方法だと、楽天ポイントを充てる前の金額に対して楽天ポイントが付与されるため、実はポイントの還元効率が若干高まるのだ。

クレジットカード払い

同じ楽天カードでの支払いだとしても、クレジットカード払いを選択する場合、楽天カードのポイント還元1%は適用されるが、楽天ペイでのポイント還元は対象外だ。

また、他のクレジットカードでも紐付けて使うことはできるが、楽天ペイでのポイント還元はつかないので、使うメリットは皆無。キャンペーンなどで無理やり楽天ペイを使い場合などに活用しよう。

ちなみに、楽天ペイで利用できるクレジットカード国際ブランドは下記の通り。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • ダイナースクラブ
  • Discover

銀行口座即時払い

銀行口座即時払いとは、支払いと同時に楽天銀行の口座から引き落としが行われる仕組みのこと。

従来、楽天銀行を利用した楽天ペイの支払い方法は、楽天銀行から楽天キャッシュへのチャージのみだったが、いまは以下2つの支払い方法が選べる。

  • 楽天銀行から楽天キャッシュにチャージしてから決済
  • 楽天ペイの決済時、楽天銀行から即座に引き落とされる

つまり、楽天キャッシュへの事前チャージが不要になったということ。

残高不足で都度チャージするといった手間も省け、利便性が向上した。

お得な支払い方法

楽天ペイで最もお得な支払い方法は、楽天カードと楽天キャッシュの組み合わせで、合計で1.5%のポイント還元を得られる。

各支払い方法のポイント還元率は以下の比較表の通り。

楽天カードでチャージした楽天キャッシュ1.5%
上記以外でチャージした楽天キャッシュ1.0%
楽天カード1.0%
楽天ポイント1.0%
銀行口座払い1.0%

楽天カード+楽天キャッシュでの支払いは、楽天カードのポイント還元0.5%+楽天キャッシュ(楽天ペイ)のポイント還元1.0%の合計1.5%のポイント還元が得られる。

ただし、一度楽天キャッシュにチャージする手間がかかるため、スピードを重視する場合は楽天カードや楽天ポイント、銀行口座払いが便利だ。

特に楽天ポイントでの支払いは、期間限定ポイントの消化や、有効期限間近なポイントがあるときにおすすめだ。

どの支払い方法もそれぞれのメリットがあるので、自分のライフスタイルに応じた選択を見極めよう。

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る