TOP

楽天カード 公共料金等の支払い還元率0.2%に改悪!年会費無料でお得なクレジットカードはまだある?

楽天カードの一部ポイント還元率が変更された。

公共料金等が対象となっており、従来の1.0%から0.2%に大幅ダウン。

本記事では、公共料金等の支払いにも利用でき、年会費無料で利用できるクレジットカードを紹介する。

楽天カードの代わりを探している人は、ぜひ参考にしてほしい。

変更内容

楽天カードのポイント還元率がダウンした支払先は以下の通り。

  • 公共料金(電気・ガス・水道)
  • 国税や都道府県税などの税金
  • 国民年金保険料
  • Yahoo!公金支払い

公共料金の一部をはじめ、税金やYahoo!公金支払いが対象になっている。

またポイント還元率に関しては、100円=1ポイントから500円=1ポイントに変更。

1.0%のポイント還元率が0.2%になってしまったので、まさに改悪といえるだろう。

年会費無料の楽天カードだが、公共料金等の支払いに活用する場合、他のクレジットカードをおすすめする。

公共料金、税金等支払いにおすすめなカードは?

楽天カードが選択肢から外れたことで、公共料金や税金等の支払いにおすすめのクレジットカードを知りたい方は多いはずだ。

ここでは、年会費無料かつポイント還元率1.0%以上のカードを2枚紹介するので参考にしてほしい。

リクルートカード

リクルートカードとは、文字通りリクルートが提供するクレジットカードのこと。

年会費無料で発行でき、ポイント還元率は1.2%に設定されている。

以下の支払先もポイント還元の対象だ。

  • 公共料金(水道、電気、ガス)
  • 各種税金
  • 募金や寄付金
  • JCBカードサイト、会員専用WEBサービス「My JCB」でのJCBギフトカード代
  • 電子マネークレジットカードチャージ(nanaco、モバイルSuica)

注目してほしいのは電子マネーで、3万円までならnanacoチャージでもポイントが還元される。

しかし、2020年3月12日からnanacoにリクルートカードを新規登録できないので要注意。

貯まるポイントの種類に関しては、Pontaポイントやdポイントを選択できる。

関連サービスでポイント還元率アップ

常時1.2%還元のリクルートカードだが、関連サービスの利用でさらにポイント還元率をアップさせられる。

具体的には以下の通りだ。

  • ポンパレモールで買い物:4.2%
  • じゃらんで宿泊予約:3.2%

例えばポンパレモールで1万円分の商品を購入した場合、10,000円×4.2%=420ポイントも獲得できる。

さらに、リクルートカードには海外旅行傷害保険が最大2,000万円も付帯。

年会費無料とは思えない非常にお得な1枚だ。

Visa LINE Payカード

visa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payカード(以下LINEクレカ)とは、LINE Payが提供するお得なクレジットカード。

年1回のカード利用で1,375円(税込)の年会費が無料になり、ポイント還元率は2.0%に設定されている。

もちろん公共料金等の支払いにも利用可能だ。

ちなみに貯まるポイントの種類はLINEポイント。

請求書支払いが便利

LINE Payには請求書支払いと呼ばれる機能が存在する。

請求書のバーコードをLINE Payで読み取ることで、自宅にいながら公共料金の支払いが完了する。

コンビニまでわざわざ足を運ぶ必要がないということだ。

非常に便利な本サービスだが、支払い方法がLINEクレカなどから支払う「チャージ&ペイ」、またはLINE Pay残高に限定される点がデメリット。

LINEクレカから「チャージ&ペイ」で支払う場合は、0.5%還元となり、LINE Pay残高から利用の場合は還元はない。

ポイント還元率が最高でも0.5%になってしまうので、利用する場合は要注意だ。

このほかPayPay請求書払いも、多くの自治体で手数料無料で支払いが可能になるのでおすすめだ。

最終更新日:2021/08/26

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る