楽天カードの「家族カード」まとめ!ポイント合算を活用しよう!

Pocket
LINEで送る

家族カード
年会費無料でポイント還元率が高く人気の楽天カード。

楽天カードでは本会員カード1枚につき5枚まで「家族カード」を発行することができる。

楽天カードの家族カードのメリットは、本会員カードとポイントが合算できる点、そして引き落とし口座をひとつにまとめられる点だ。

一方で、入会キャンペーンは対象外、利用限度額が本会員カードと共有、クレヒスが積めないなどのデメリットもある。

ポイントを効率的に貯めたい場合、家族カードは有効な方法のひとつではあるが、発行にあたってはそのデメリットとメリットをよく比較する必要があるだろう。

本記事では、楽天カードの家族カードについて、その申込条件や手順、メリットとデメリットを詳しく解説する。

本会員カードか家族カードかで悩んでいる人や、家族カードの発行を検討している人など、ぜひ参考にしてほしい。

申込みの条件・手順

楽天カードの家族カードは、「本会員と生計を同一にする配偶者、親、18歳以上の子ども」が申し込むことができる。

血縁関係にあっても兄弟姉妹は家族カードの対象外になり、原則として内縁の配偶者も発行できない。

本会員カード1枚につき5枚まで家族カードを発行できる。

楽天カード・楽天PINKカードの家族カードは年会費無料、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの家族カードは年会費500円(税抜)となる。

申込は、楽天会員向けWebサービス「楽天e-NAVI」から簡単に行える。

まず、楽天e-NAVIにログインし、「家族カードのお申し込み」ページへアクセス。

必要事項を入力して申込後、約10日で自宅へカードが届けられる。

家族カードの発行に際しては、基本的に本カードのような審査は行われない

ただし、本会員が支払い遅延を起こしていたり、信用情報に金融事故の履歴が記載されていたりすると、発行できない可能性もある。

また、信用情報の確認自体は行われるので、家族カードの発行を希望する人物がブラックリストに掲載されている場合は発行が難しくなる。

家族カードのメリット

メリット
楽天カードの家族カードのメリットとしては、ポイント獲得やお金の管理が効率的になる点があげられる。

ポイントを合算して効率的に貯める

楽天カードは、カード利用により楽天スーパーポイントが貯まる。

家族カードの利用でも同様にポイントは貯まり、家族カードで貯めたポイントを本会員カードのポイントに移行して合算できる。

移行は50ポイントから可能で、楽天e-NAVIの「楽天ポイント移行申請」で手続きできる。

移行申請したポイントは、3営業日以内に移行される。

家族で一緒にポイントを貯めることで、高額商品との交換や、旅行など高額な支払いに利用することが可能になる。

カード利用をまとめて確認

家族カードの利用金額は本会員カードに紐づいている口座からまとめて引き落とされる。

そのため、家計を一つの口座で管理することができ便利だ。

また、家族カードの利用明細も本会員カードの明細に加わるため、家族の支出動向を確認することもできる。

家族カードのデメリット

デメリット
家族カードを利用するメリットがある一方で、デメリットも存在する。

メリットよりデメリットのほうが大きい場合、家族それぞれが本会員カードを発行した方が良いだろう。

楽天カードは専業主婦や学生でも発行しやすいカードなので、どちらが良いかよく検討してほしい。

入会キャンペーンのポイントがもらえない

楽天カードは入会時に大量のポイントがもらえるキャンペーンを行っている。

キャンペーンのタイミングにもよるが、5,000円~8,000円相当のポイントがもらえるのだ。

例えば8,000ポイントのキャンペーン開催時に、夫婦それぞれが本カードを申し込んだ場合、合計で16,000円相当のポイントを獲得できる。

ただし、本会員カード同士のポイント合算はできないため、8,000ポイントずつ別々にポイントを利用することになる。

しかし、家族カードではキャンペーンが適用されず、入会特典として2,000円分のポイントが付与されるのみになる。

そのため、8,000ポイントのキャンペーン開催時に本カードとそれに紐づく家族カードをそれぞれ申し込んだ場合、合計10,000ポイントと、本カード2枚を申し込むより獲得ポイントが少なくなってしまう。

利用限度額は本会員カードと共有

家族カードの利用限度額は本会員カードと共有される。

たとえば利用限度額が30万円の場合、本会員が20万円使用すると家族カードは10万円しか使用できない。

クレジットカードの利用頻度や金額が高い場合、それぞれ本会員カードを申し込んだ方が良いだろう。

利用限度額は個人の状況によって異なるが、利用実績を積むことで限度額を引き上げていくこともできる。

クレジットヒストリーを積めない

楽天カードに限った話ではないが、家族カードをいくら利用してもクレジットヒストリーを積むことはできない。

将来的に自分でクレジットカードを申し込みたいのであれば、楽天カードの本会員としてクレヒスを積み上げていくことをおすすめする。

国際ブランド・カード券面が選べない

家族カードの国際ブランドは本会員カードと同一となる。

国際ブランドは種類によって利用できる店舗に違いがあるため、複数保有しておくと安心だが、家族カードではそれができない。

また、家族カードの券面はシルバーの1種類のみ

お買いものパンダやディズニーキャラクターがデザインされたカードが欲しい場合は、本会員カードを申し込む必要がある。

ETCカードが発行できない

楽天カードはETCカードを発行できるが、家族カードは発行できない。

たとえば夫婦それぞれが車を所有しており、どちらも有料道路を利用する機会がある場合、家族カードでは不便だ。

本会員カードからの切り替え

切り替え
楽天カードは、本会員カードから家族カードへの切り替えが可能だ。

ポイントを合算したり引き落とし口座をまとめたりしたい場合、やはり家族カードは便利だ。

切り替えでは、楽天カードで貯めていたポイントも家族カードに引き継げるので安心だ。

切り替え方法は、「楽天e-NAVI」にアクセスし、「申込み>カードの追加・切り替え」を表示。

カード番号を追加することで切り替えができる。

解約方法

楽天カードの家族カードの解約は、解約するカードの名義人本人が、楽天カードコンタクトセンターに連絡して行う。

その際、カード番号が必要となるので、カードを手元に準備しておこう。

楽天カードコンタクトセンターの電話番号は以下の通り。

電話番号:05-7066-6910(有料)
営業時間:9時30分~17時30分

※利用出来ない場合
電話番号:092-474-6287(有料)

なお、家族カードを解約しても本会員カードは使い続けることができるが、本会員カードを解約すると家族カードも使えなくなるので注意してほしい。

ポイント合算が最大のメリット

楽天カードの家族カード最大のメリットは、ポイントを合算して貯められることと言える。

高額商品を狙いたい場合や、マイルを貯めて海外旅行に行きたいという場合は、家族カードを活用すると良いだろう。

また、利用金額の引き落としを一つの口座にまとめることができるため、家計の管理を一本化したい場合にもおすすめだ。

家族カードへの申込や変更は「楽天e-NAVI」から簡単に行える。

一方で、家族カードでは入会キャンペーンのポイントがもらえなかったり、利用限度額が本会員カードと共有で限られるなどのデメリットもある。

クレジットカードの利用頻度・金額がそれなりにあり、申込条件・審査ともに本会員カードで問題がないのであれば、本会員カードに申し込んだほうが良いだろう。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天カードマンでおなじみ。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

当サイトでも圧倒的な人気を誇る楽天カード。ポイント3倍の店舗など提携店舗が多いのも魅力。海外保険もついているのがうれしい。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。