楽天カードのポイント還元率アップ方法まとめ!SPU、楽天市場で最大16倍

Pocket
LINEで送る

ポイント還元率アップ

楽天カードは、通常でもポイント還元率1.0%と高還元率のカードだが、楽天のポイントプログラム SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用することで、さらに大幅なポイントアップが可能だ。

特に、楽天グループのサービスを組み合わせて利用することで、ポイントアップの幅が大きくなる。楽天市場では最大16倍のポイントアップが可能だ。

楽天市場では楽天カードを利用するだけで+2倍のポイント還元率アップとなるが、その他にもポイントアップの要素がある。

本記事では、SPUを活用して楽天カードのポイント還元率を大幅アップさせる方法を詳しく紹介する(2019年7月時点)。

楽天市場のカード利用で+2倍以上

楽天カード(マスターカード)

楽天カードはその種類を問わず、楽天市場で利用することで+2倍のポイントアップ、還元率3%となる。

楽天市場で買い物をする機会が多い人は、ぜひ楽天カードを作っておきたい。

楽天カード公式サイト

ゴールドカード・プレミアムカードは+4倍

楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードおよび楽天プレミアムカードは、楽天市場で利用したときのポイントアップ率が楽天カードの場合からさらに+2倍され+4倍となり、還元率5.0%となる。

楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税別)と一般カード並みの年会費で、ポイントアップの他、国内空港ラウンジの無料利用や、海外旅行保険が付帯するなどサービスも充実しており、お得なカードと言える。

楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)とやや年会費は上がるが、プライオリティ・パスの無料登録や、国内外の旅行保険の付帯などサービスが手厚い。

また、3つのコースからひとつ選ぶことで、楽天市場/楽天トラベル/楽天ブックス・楽天レンタル・楽天SHOWTIMEのいずれかで、ポイント還元率が+1倍となる。

楽天ゴールドカード公式サイト

楽天プレミアムカード公式サイト

楽天市場での買い物は楽天市場アプリで

スマートフォンで楽天市場を利用する場合は、楽天市場アプリが便利だ。しかも、楽天市場アプリで買い物をするだけで、ポイント還元率が+0.5%アップする。

その際も忘れずに楽天カードを利用しよう。会員情報としてカード情報を登録しておけば、買い物がさらに便利になる。

カード利用&楽天市場でポイント+1倍

SPUでは、以下のように楽天カードを利用することで、楽天市場で買い物をする際のポイントをそれぞれ+1倍、還元率2.0%にできる。

  • 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし
  • 「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払い

楽天銀行では、預金残高や取引回数などに応じて通常の2~3倍のポイントが付与される、優遇プログラム「ハッピープログラム」というサービスも行っている。

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座に設定したうえで、楽天銀行をメインの銀行として利用することでさらなるポイントアップが見込める。

他サイト&楽天市場利用でポイント+0.5倍~

楽天市場以外にも、楽天が運営するショッピングサイトはいくつかある。

SPUでは、これらのサイトを一定の条件を満たして利用すると、同じ月に楽天市場を利用する際のポイント還元率がアップする。

対象サイトと条件、楽天市場ポイントアップ率は下表の通り。

対象サイト条件ポイントアップ率(楽天市場)
楽天ブランドアベニュー月1回以上の購入+1倍
楽天ブックス月1回1注文1000円以上の購入+0.5倍
楽天Kobo電子書籍を月1回1注文1000円以上購入+0.5倍
楽天トラベル対象サービス・対象期間の利用+1倍
楽天ビューティ月1回1500円以上利用+1倍

これらのサイトを利用する予定がある月は、同じ月に楽天市場でも買い物をすることで、効率的にポイントを貯めることができる。

その際、楽天カードを利用することで、上記のポイントアップに楽天カードのポイントアップも加算される。

楽天のサービス&楽天市場でポイント+0.5倍~

楽天ではショッピングサイト以外にもさまざまなサービスを運営している。

SPUでは、これらのサービスを一定の条件を満たして利用すると、同じ月に楽天市場を利用する際のポイント還元率がアップする。

対象のサービスと条件、楽天市場でのポイントアップ率は下表の通り。

対象サービス条件ポイントアップ率(楽天市場)
楽天でんき加入および利用+0.5倍
楽天証券月1回500円以上のポイント投資+1倍
楽天モバイル通話SIM利用+2倍
楽天TV楽天TVのNBAまたはパ・リークSpecial加入・契約更新+1倍

加盟店でのカード利用もポイント+2倍

楽天市場以外に、楽天スーパーポイント加盟店で楽天カードを利用することでも、ポイントが+2倍となり還元率は3%となる。

さまざまなジャンルの店が数多く加盟店となっているので、日頃の買い物で使える加盟店はないかチェックしておこう。

楽天Edyチャージ、利用でポイントが貯まる

楽天が運営する電子マネー 楽天Edyは、利用200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。

また、楽天カードで楽天Edyにチャージすることで、チャージ200円ごとに1ポイントが貯まる。楽天Edyを利用する場合は、楽天カードを紐づけるようにしたい。

楽天カードには楽天Edy機能を搭載することができるので、その点も便利だ。

ETCカード利用でもポイントが貯まる

楽天カードは、追加カードとして年会費500円(税抜)でETCカードを発行できる。

ETCカードでも、楽天カードの利用と同様に100円につき1ポイントが貯まり、ポイント還元率1.0%となっている。

有料道路の利用が多い人は、ETCカードでもまとまったポイントを貯めることができるだろう。

なお、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードいずれかの会員、もしくは楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員のいずれかの場合、ETCの年会費は無料となる。

ポイント高還元率になるコツ

楽天カードを利用してポイント還元率をアップさせるには、以下の点を押さえておくと良い。

SPUの活用

SPUでポイントアップ対象となっているサイトやサービスを利用した上で楽天市場を利用することで、ポイントは大幅にアップする。

SPUを最大に活用した場合、楽天市場利用時のポイントは最大16倍となる。

注意したいのは、SPUはあくまでも楽天市場の利用を前提としたポイントアップのプログラムであるということ。

とはいえ、楽天カード会員は楽天市場の利用頻度が高い人が多いと考えられるので、活用しやすいポイントプログラムであるはずだ。

キャンペーンの活用

楽天市場を始め楽天グループや加盟店で大幅なポイントアップのチャンスとなるのが「キャンペーン」だ。

キャンペーンによりポイントアップの条件は違うが、期間中の買い物や、エントリーするだけでもポイントが付与されることがある。

キャンペーンの規模はさまざまだが、小さなキャンペーンまで入れるとほぼつねになんらかのキャンペーンが開催されている。

特に、楽天市場でのキャンペーンは、エントリーした上で複数の店舗で買い物を行う「買い回り」により大幅なポイントアップが可能になることが多い。

まとまった買い物はキャンペーンをチェックして行いたいところ。

楽天市場で還元率の高い商品

楽天市場でのポイント還元率アップのために活用したいのが大型の「楽天スーパーSEAL」だ。数日~数週間の期間限定で、対象商品を購入すると数十%のポイント還元がある。

対象商品は時期によって異なるが、食品や飲料、家電、調理器具、衣類、美容製品、旅行商品などさまざま。パソコンや冷蔵庫などの大型家電のような大きい買い物をすれば、かなりのポイントが貯まる。

有名ブランドが対象となることもあるため、好きなブランドやよく購入しているメーカーなどが楽天スーパーSEALを実施した際に、まとめ買いをするのも良いだろう。

定期的にポイントを貯める

楽天カードでは、携帯電話料金や光熱費、公共料金の引き落としが可能だ。

こういった毎月定期的にまとまって発生する支払いを楽天カードで行うことで、効率的にポイントを貯めることができる。

すでに紹介したが、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定することでもポイントがアップするので、忘れずに設定しておきたい。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天SPUで最大16倍還元。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

楽天経済圏の必須アイテム、カード所持だけで楽天グループの決済に+2倍される。海外保険も付帯。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る
Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る