TOP

PayPay登録おすすめクレジットカード!ポイント二重取りは可能?年会費無料、高還元率カードを選ぼう

paypay_top

リリース直後に「100億円あげちゃう」キャンペーンを大々的に展開し、スマホ決済アプリ(QRコード決済)のなかでは後発ながら一気に利用者を増やした「PayPay(ペイペイ)」。

「100億円あげちゃう」ほどではないが、その後も頻繁にキャンペーンを開催している。また、通常時でもPayPayは十分にお得な決済方法だ。

現在(2020年12月時点)、PayPayでは支払い方法をPayPay残高もしくはYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)とすることで最大1.5%の還元率となっている。

ただし、ヤフーカード以外のクレジットカードはポイント還元の対象外となり、ポイントの二重取りはできないので注意しよう。

本記事では、PayPayの仕組みと特徴を押さえた上で、おすすめのクレジットカードの使い方を紹介する。

PayPayでお得なクレジットカードは基本的にヤフーカードだが、条件によっては他のカードも選択肢に入れたほうが良い場合もある。

PayPayの仕組みと特徴

PayPayは、専用のスマホ決済アプリを利用して、QRコードの提示・読み取りにより決済をおこなうQRコード決済サービス

PayPay対応の店舗では、以下いずれかの方法で決済をおこなうのが基本。どちらの方法が使えるかは店舗による。

  • スキャン支払い:店舗側が提示したバーコード・QRコードを利用者がアプリで読み取る
  • コード支払い:利用者側が表示したバーコード・QRコードを店舗側が読み取る

この他、定期支払い(自動引き落とし)、請求書払い、ネットサービスの支払いも可能。

なお、PayPayの支払い方法は、事前チャージしたPayPay残高もしくはクレジットカード払いとなる。

0.5%還元+前月利用に応じたPayPayボーナス還元

PyaPayでは、支払い方法をPayPay残高もしくはヤフーカードに設定することで、0.5%のPayPayボーナスが還元される。

さらに、前月の利用状況に応じて下表のように還元率が加算される。

支払対象PayPay加盟店
請求書払いサービス
Yahoo!Japan
対象サービス
基本付与分0.5%1%
100円以上の決済回数
50回以上達成/月
+0.5%
利用金額
10万円以上達成/月
+0.5%
合計付与率最大1.5%最大2.0%
付与上限7,500円相当/回
15,000円相当/期間

ヤフーカード以外のクレジットカードはPayPayボーナス還元の対象外となるので注意しよう。

また、ヤフーカードでPayPay支払いをする際は、PayPayボーナスは還元されるが、ヤフーカードのポイント還元は対象外となるのでポイント二重取りにはならない。

なお、Yahoo!Japan対象サービスは以下の通り。

  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク!
  • LOHACO
  • Yahoo!占い
  • Yahoo!ニュース
  • ebookjapan
  • Yahoo!ゲーム
  • Yahoo!トラベル
  • PayPayフリマ
  • PayPayモール
  • GYAO!ストア
  • PassMarket

PayPay残高のチャージ方法

PayPay残高には以下のチャージ方法がある。ヤフーカードはPayPayにチャージできる唯一のクレジットカードだ。

  • 銀行口座
  • ヤフオク!・PayPayフリマ売上金
  • セブン銀行ATM
  • ヤフーカード
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

なお、ヤフーカードからPayPayへチャージする際、ヤフーカード自体のポイント還元は対象外となるのでポイント二重取りにはならない。

PayPay残高の種類

PayPay残高にはチャージした残高も含めて以下の種類がある。

PayPayマネー本人確認後、銀行口座/セブン銀行ATM/ヤフオク!・PayPayフリマ売上金でチャージした残高
PayPayマネーライトヤフーカード/ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージした残高
また、本人確認前に銀行口座/セブン銀行ATM/ヤフオク!・PayPayフリマ売上金でチャージした残高もここに含まれる
PayPayボーナス特典やキャンペーン適用で進呈された残高
PayPayボーナスライト特典やキャンペーン適用で進呈された残高。有効期限(60日間)がある

このうち、出金できるのはPayPayマネーのみ、送金・わりかんができるのはPayPayマネーとPayPayボーナスとなっている。

特典・キャンペーンで付与されたボーナスは出金・送金・わりかんはできず、PayPayでの決済にのみ利用できる。

なお、PayPay残高での支払いでは、PayPayボーナスライト>PayPayボーナス>PayPayマネーライト>PayPayマネーの優先順位で使われる。

PayPayと相性が良いのはヤフーカード

PayPayのボーナス還元対象となる唯一のクレジットカードがYahoo!Japanカード(ヤフーカード)だ。PayPay残高にチャージできるクレジットカードもヤフーカードのみ。

ヤフーカードは年会費無料で、基本のポイント還元率が1%と高還元率。Tポイントが貯まるため使い勝手も良い。さらに、Yahoo!ショッピング、LOHACOでの利用ならいつでも還元率が3倍になる。

特に次のような人におすすめだ。

  • スマホ決済アプリをPayPayメインで使いたい
  • Yahoo!関連サービスをよく利用する
  • Tポイントを貯めている

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!Japanカード

Tポイントの活用幅が広い!Yahoo!ショッピング利用者にお得なカード

Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍。Tポイントの貯まる機会も使う機会も多いカード。

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
旅行保険ショッピング保険最高100万円(自動付帯)
※月額500円(税抜)でプラチナ補償もあり
koushiki-200-40
shousai-95-40

ヤフーカード以外を使うなら

PayPayの利用頻度によっては、PayPayの支払い方法をヤフーカード以外のクレジットカードに設定しがほうがお得な場合もある。

前述の通り、PayPayでヤフーカードを使う場合、還元率は基本は0.5%、100円以上の決済50回以上/月で+0.5%、10万円以上の利用/月+0.5%以上で+0.5%となる。

また、PayPayの支払い方法や残高へのチャージ方法としてヤフーカードを使う場合、ヤフーカード自体のポイント還元は適用されない。

そこで、還元率アップの条件を満たすほどPayPayを利用しない場合、ヤフーカード以外で高還元率のカードを利用したほうが還元率としてはお得なことがあるのだ。

ただし、そのカードでのPayPayチャージがそのカードのポイント還元の対象となるかどうかは、カードによって異なるのであらかじめ確認しておこう。

おすすめのカードは、年会費無料で還元率1%以上のカード。おすすめのカードとして次に三券種紹介する。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント
年会費無料で基本のポイント還元率1.0%という高還元率カード。

ポイントプログラムはオリコポイント

入会後6ヶ月はポイント還元率が2倍の2.0%となるので、特にこの期間は積極的に利用できるよう、計画的に申込をおこないたいところ。

国際ブランドはマスターカードJCBが選択できるが、PayPayへの登録を考えるならマスターカードを選ぼう。

こんな人におすすめ

  • 年会費無料で高還元率のカードを探している
  • Amazonを始めネットショップの利用が多い
  • オンラインクーポンの利用に抵抗がない

3つのおすすめポイント

・オリコモール経由でポイント還元率最大15%
会員専用のポイント優待モール「オリコモール」を経由して提携サイトで買い物をすると、ポイント還元率+0.5%と、サイトごとに設定された倍率でポイントがアップする。

たとえば、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでは、ポイント還元率が合計2.0%となる。

とくにAmazon利用時にお得なカードとしておすすめだ。

PayPayは実店舗で利用する決済方法だが、オリコカード・ザ・ポイントなら、実店舗でもネットショッピングでもお得にポイントを貯められる。

・ポイント交換がしやすい
オリコカード・ザ・ポイント利用に応じて貯まるオリコポイントは、Amazonギフト券iTuneギフトコードなど、使い勝手の良いオンラインクーポンに交換できる。

しかも多くが1:1のレートで交換でき、500ポイントから交換できるのも使いやすい点だ。

・電子マネーiD、QUIC Payが利用できる
PayPayのようなQRコード決済を利用する人は、決済にスピーディーさや簡単さを求める人が多いだろう。

電子マネーiD、QUIC Payに対応しているオリコカード・ザ・ポイントは、専用端末にカードをかざすだけで決済を完了できる。

iD、QUIC Payは対応店舗も多いので、日常生活のさまざまな場面でスピーディーかつ簡単な支払いを実現してくれる。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

注目度急上昇中のカード!Amazonでの買い物で還元率2.0%!!

年会費無料でありながら高還元率なので、メインカードとして活躍する1枚である。iDとQUICPayが一体型となっておりApplePayも利用可能。

年会費無料
還元率1.0%
入会後6ヶ月間は2.0%
オリコモール経由で+0.5%〜15%
電子マネーiD、QUICPay、Apple Pay
国際ブランドMasterCardJCB
オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトを見る
オリコカード・ザ・ポイントの詳細を見る

楽天カード(マスターカード)

楽天カード
年会費無料で基本の還元率が1.0%という高還元率のカード。

年会費無料で高還元率のカードとして非常に知名度の高いカードだろう。

ポイントプログラムは楽天スーパーポイント

楽天カードは申込・審査のハードルが低いことでも知られている。

PayPay利用だけでなく、楽天ペイを利用したい人にもおすすめだ。

国際ブランドは、VISA・マスターカード・JCB・アメックスの4つ。

PayPayを利用する場合、VISAかマスターカードを選ぶことになる。

ただし、楽天カードでは、人気デザインのカードも発行しており、これらはマスターカードのみとなっている。

こんな人におすすめ

  • 年会費無料で高還元率のカードを探している
  • 楽天グループのサービスをよく利用する
  • 海外旅行保険を利用したい

3つのおすすめポイント

・アルバイト、パート、学生、主婦でも申し込める
楽天カードは、申込・審査のハードルが低いといわれるカードだ。

申込基準は「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」

あえて「主婦、アルバイト、パート、学生も可」と記載されている点に、これらの人の申込を積極的に受け付けていることがうかがえる。

実際に、アルバイトの学生、パートの主婦で楽天カードを持っている人も多いと聞く。

PayPay利用者は幅広い属性の人がいると考えられるため、ハードルの低い楽天カードはおすすめできるカードのひとつと言える。

・楽天市場でいつでもポイント3倍
ネットショッピングは楽天市場がメインという人には、楽天カードは必須と言って良いだろう。

楽天市場で楽天カードを利用する場合、いつでもポイント3倍の還元率3.0%となり、キャンペーンを利用すればさらなるポイントアップが可能。

また、「SUP(スーパーポイントアッププログラム)」というポイントプログラムにより、楽天市場以外の楽天グループのサービスを合わせてポイントアップも可能だ。

・楽天Edy搭載でチャージごとにポイント付与
楽天カードには、電子マネー楽天Edyを搭載することができる。

楽天Edy搭載の楽天カードを利用すると、対応店舗では専用端末にカードをかざすだけで決済が完了する。

PayPayもそうだが、決済にスピーディーさ、簡単さを求める人におすすめだ。

さらに、楽天カードで楽天Edyにチャージすると、200円につき1ポイントが貯まる。

楽天カード

楽天カードの詳細を見る

楽天SPUで最大16倍還元。ポイントアップキャンペーンの多さも魅力である。

楽天経済圏の必須アイテム、カード所持だけで楽天グループの決済に+2倍される。海外保険も付帯。

年会費無料
還元率1.0%
旅行保険海外:最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー楽天Edy
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBアメックス
楽天カードの公式サイトを見る
楽天カードの詳細を見る

リクルートカード(VISA)

リクルートカード
年会費無料ポイント還元率1.2%の、高還元率のカードのなかでも還元率の高いカード。

高還元率のカードでも、基本の還元率は1.0%で、条件を満たすことでポイントアップするというケースが多いので、何もしなくて還元率1.2%というのは大きなメリットだ。

ポイントプログラムはリクルートポイント

リクルート関連のサービスではさらにポイントアップが可能。

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB

PayPayを利用する場合はVISAかマスターカードを選ぶことになる。

本記事でおすすめしている3つのカードのうち、VISAを使いたいならリクルートカードが良いだろう。

こんな人におすすめ

  • とにかく高還元率のカードがほしい
  • リクルート関連のサービスをよく利用する
  • 国内・海外旅行保険付帯のカードがほしい

3つのおすすめポイント

・リクルート関連サービスでさらなるポイントアップ

リクルートカードは通常でもポイント還元率1.2%と高還元率だが、リクルート関連のサービスを利用することでさらなるポイントアップが可能。

具体的には、ポンパレモールでの利用でポイント還元率4.2%じゃらんでの宿泊予約でポイント還元率3.2%ホットペッパーグルメ予約では来店人数に応じたポイントが付与される。

・Pontaポイントなど交換先が豊富

リクルートカード利用で貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントを始めとしたさまざまなポイントに交換できる。

特にPontaポイントは1:1で交換することができ、利用できる店舗も多いので使い勝手が良い。

・国内・海外旅行保険が付帯

リクルートカードには、最高1,000万円補償の国内旅行保険、最高2,000万円補償の海外旅行保険が付帯している。

いずれも利用付帯ではあるが、年会費無料かつ高還元率のカードで、国内・海外ともに旅行保険が付帯しているのは珍しい。

旅行の機会が多い人で、旅行保険付帯のカードを持っていないのなら、リクルートカードはメリットの大きいカードと言えるだろう。

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料で還元率1.2%!旅行保険まで付帯

年会費無料で高還元率なので、持っておいて損のないカード。特にリクルート関連サービスをよく利用する人におすすめ。

年会費無料
還元率0.5%~1.2%
旅行保険国内:最高1,000万円(利用付帯)
海外:最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランドVISAMasterCardJCB
koushiki-200-40
shousai-95-40
シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレ編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る