PayPayの使える店、使い方、初期設定、支払い・チャージ方法まとめ!還元率0.5%、個人間送金もOKで超便利なスマホ決済アプリ!

Pocket
LINEで送る

PayPay

ソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が提供するスマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」が2018年12月から大きな賑わいを見せている。

手軽にダウンロードすることができ、簡単な設定・支払い、決済方法・支払い方法は複数から選択可能、個人間送金もOKと、非常に使い勝手の良いアプリである。

Yahoo!ウォレットを経由して銀行口座から残高をチャージできるだけでなく、クレジットカードを登録すればチャージなしで利用することも可能だ。

12月4日からスタートした「100億円あげちゃうキャンペーン」がきっかけで、注目度が爆発的に上がりユーザー数も増えている。

また、5月8日からポイントの還元率が0.5から3%までに引き上げられ、普段でもよりお得に利用できるようになった。

また、直近ではビックカメラファミリーマートローソンでの利用に対応し、2019年には「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」といったネットショッピングの支払いにも対応することが発表されている。

本記事では、PayPayの設定方法や使い方、対応している店舗、紐付けにおすすめのクレジットカードを紹介する。

2019年5月8日よりPayPay残高・Yahoo!マネー・Yahoo! JAPANカードでのチャージなら、ポイント還元率を利用金額の0.5%から最大3%に引き上げられた。

残念ながら、他のクレジットカードではポイント還元率は従来通り0.5%のまま。

PayPayをまだ利用していない人は、このタイミングを絶対に逃さないようにしてほしい。

決済方法

決済

PayPayはいわゆる「スマホ決済アプリ」で、決済方法は以下の2通りだ。

  • スキャン支払い:店側が提示したバーコード・QRコードをアプリで読み取る
  • コード支払い:こちら側が表示したバコード・QRコードを店側に読み取ってもらう

バーコードかQRコードを介しての支払いとなるため、「コード決済アプリ」という位置付けだ。

どちらの支払い方法が使えるかは店舗によって異なるので、支払い時に訪ねてみると良いだろう。

また、PayPayで決済すると決済額の0.5~3%がPayPayボーナスとして還元されるのが大きな特徴といえる。

審査や年齢制限がないのも特徴だ。

クレジットカードを作りたくても作れない年齢のユーザーでも最大3%還元が受けられるため、PayPay加盟店では積極的に使っていくことをおすすめする。

従来アプリの決済方法

PayPayはスキャン支払いとコード支払いの両方に対応しているが、従来の決済アプリはそうでないアプリが多い。

例えば、LINE Pay、d払い、Yahoo!ウォレットは店舗読み取り(コード支払い)のみだ。

また、楽天ペイ、Origami Payはユーザー読み取り(スキャン支払い)のみとなっている。

より多くの支払い方法に対応しているということは、最終的にはPayPayが使える対象店舗が多くなることにつながる。

後発でリリースされたアプリだけあり、どちらにも対応しているのはPayPayの強みといえるだろう。

現在は純粋な加盟店数では従来のアプリに及ばないものの、今後加盟店数は増加すると予想できるため、今のうちからPayPayを使っておくのも良い。

支払い方法

ビジネス

PayPayで決済をした料金を支払う方法は以下の3通りとなる。

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

支払い方法の優先順位も上記のようになっており、基本的にPayPay残高から支払われる仕組みだ。

自分で支払い方法を変更することもでき、スキャン支払い・コード支払い共に「お支払い方法」から変更できる。

また、PayPay残高やYahoo!マネーの残高が足りない場合には、登録してあるクレジットカードから支払いが行われる。

このときに注意して欲しいのが、残高が足りない場合にクレジットカードが登録してあると、自動的にクレジットカードからの支払いになるということだ。

残高が足りないというアラートが出たり、決済ができずに自分でクレジットカードからの支払いを選ぶのではなく、自動的にクレジットカードから支払いが行われることになるので注意してほしい。

どうしてもこの状況を避けたい場合は、クレジットカードを登録せずに利用することだ。

クレジットカードを登録していない状態で残高が足りない場合は、決済は行われず、残高をチャージしてから改めて決済をするということになる。

クレジットカード払いがおすすめ

支払い方法はPayPay残高がデフォルト設定だが、もしクレジットカードを登録することに抵抗がなければ、クレジットカード払いが断然おすすめだ。

なぜなら、ポイント還元も受けることができ、いわゆる「ポイントの二重取り」が可能だからだ。

中でも、最も相性が良いのがYahoo! JAPANカード。

2019年5月8日から、Yahoo! JAPANカードからPayPay残高へのチャージによる通常還元率が、3.0%まで引き上げられる。

つまり、Yahoo! JAPANカードからPayPayにチャージすることで、Yahoo! JAPANカードの還元率1.0%+PayPayボーナス3.0%の計4.0%が常時もらえる。

PayPayはもともとアプリだけでも0.5%の還元が受けられるため、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードでもポイント二重取りすることもできるが、Yahoo! JAPANカードだけは破格に還元率が高い。

貯まるポイントがPayPayボーナスとクレジットカードの独自ポイントで分散されてしまうが、できる限り高い還元率で買い物をするに越したことはないだろう。

PayPayに登録できるクレジットカードはYahoo! JAPANカード、VISAかMastercardブランドのクレジットカードのみとなる。

JCBやアメックスブランドのカードは現在のところ登録できないため注意。(Yahoo! JAPANカードであればJCBブランドも登録可能)

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!Japanカード

PayPayに直接チャージできる唯一のカード!

Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍。Tポイントの貯まる機会も使う機会も多いカード。

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
旅行保険ショッピング保険最高100万円(自動付帯)
※月額500円(税抜)でプラチナ補償もあり
koushiki-200-40
shousai-95-40

使える店舗一覧

ビックカメラ

PayPayはリリースしてからまだ日が浅いにもかかわらず、利用できる加盟店舗は日々増えている。

ファミリーマート、やローソンビックカメラソフマップヤマダ電機をはじめ、ジャパンタクシー、イオン(一部店舗)、セイムスなど各種大型店舗での利用が可能。

PayPayが使える主な店舗は以下の通りだ。

【居酒屋】

  • 魚民
  • 和民
  • 笑笑
  • 山内農場
  • 白木屋
  • 千年の宴
  • 養老乃瀧

など

【飲食店】

  • かっぱ寿司
  • 牛角
  • 松屋
  • 温野菜

など

【家電量販店】

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ヤマダ電機
  • コジマ

など

【コンビニ】

  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン

など

【ファッション】

  • earth music&ecology
  • Koe
  • OUTDOOR(近日対応予定)
  • JEAN(近日対応予定)
  • LACOSTE(近日対応予定)

など

【ドラッグストア】

  • Tomod’s
  • セイムス/li>
  • ウェルシア
  • サンドラッグ

など

【その他】

  • イオン(一部店舗)
  • BIG ECHO
  • ジャパンタクシー
  • メガネスーパー
  • LIBRO(書店)

など
*上記の対応店舗一覧は2019年4月26日現在の情報です。
PayPayが使えるお店

大手だけでなく、個人商店でも多く加盟店になっていることから、日常的に利用するお店でPayPayが利用できるのは非常に嬉しい。

また、多店舗展開の居酒屋チェーンにも対応しているため、飲み会・忘年会・合コンの幹事になった際はチャンスだ。

支払いをまとめて行うことが多いため、決済額が自然と高額になる。

自分の実質的な支払額が少ない状態で大きくポイント還元を受けるチャンスなので、積極的に利用することをおすすめする。

「100億円あげちゃうキャンペーン」期間中は常時20%還元(1ヶ月5万円まで)になるだけでなく、全額ポイントバック(10万円相当まで)になる可能性もあるため、生活に欠かせない日用品といった買い物はキャンペーン期間中に済ませておくと良いだろう。

インストールとログイン

スマホアプリ

PayPayはアプリをダウンロードしチャージが完了(もしくはクレジットカードを登録)すればすぐに利用可能なため、ものの数分で使い始めることができる。

とはいえ、初期設定がいくつか必要になるため、以下で設定方法を解説していく。

とにかく早く使いたい!という方は、ひとまずアカウントを登録してログインしたら、クレジットカードの登録か、銀行口座の登録&チャージのどちらかを行えばOKだ。

特に手軽に設定ができるのはクレジットカードの登録で、後述するようにスマホのカメラでクレジットカードを読み取るだけで登録ができる。

銀行口座からのチャージをする場合はYahoo! ウォレット経由になるため、Yahoo! JAPAN IDが必須となる。

もしYahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、ID作成から始める必要があるため、なおさらクレジットカードを登録する方が手軽に済む。

「ポイントの二重取り」が可能なことも考えると、クレジットカードの登録が断然おすすめだ。

まずはじめに必要なのは初回のアカウント登録だ。

アカウント登録には新規のアカウント登録とYahoo! JAPAN IDでのログインがある。

アカウント新規登録

アカウント新規登録の手順は以下の通りだ。

  1. アプリを起動
  2. 「新規登録」をタップ
  3. 携帯電話番号とパスワードを入力
  4. SMSで届く4桁の認証コードを入力

PayPayのロゴが入ったバーチャルカードが表示されている画面がアプリのトップ画面となる。

Yahoo! JAPAN IDでログイン

Yahoo! JAPAN IDでログインする手順は以下の通りだ。

  1. 「Yahoo! JAPAN ID新規登録」をタップ
  2. 「上記に同意してはじめる」をタップ
  3. ID/携帯電話番号/メールアドレスのいずれかを入力
  4. SMSまたはメールアドレスに送られる認証コードを入力

アカウントの新規登録でもYahoo! JAPAN IDでログインしてもそれほど手間は変わらないが、銀行口座からのチャージを利用する場合はどちらにしてもYahoo! JAPAN IDとの紐付けが必要になるため、あらかじめYahoo! JAPAN IDでログインしておくと良いだろう。

残高チャージの手順

アプリにログインできたら残高をチャージもしくはクレジットカードを登録するだけで利用が可能になる。

先に述べたように、クレジットカードを登録すればそもそもチャージの必要がなくポイントの二重取りが可能なため、当サイトではクレジットカードの登録を断然おすすめする。

ただし、クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードが作れない年齢の方もいるため、以下ではYahoo! ウォレット経由で銀行口座を登録しチャージする方法を紹介する。

銀行口座の登録は2段階の設定に分かれており、Yahoo! JAPAN IDの連携と、銀行口座の登録の両方を完了する必要がある。

Yahoo! JAPAN IDと連携

  1. 画面左上のメニュー「≡」をタップ
  2. 画面右上の「詳細を見る」をタップ
  3. 「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップ
  4. 「上記に同意して連携する」ボタンをタップ
  5. Yahoo! JAPAN IDでログイン
  6. 連携完了

これでYahoo! JAPAN IDの連携は完了だ。

アプリの初回ログインをYahoo! JAPAN IDで登録した場合、こちらの手順は省略することができる。

銀行口座の登録

  1. 「残高」をタップ
  2. 「残高にチャージ」をタップ
  3. 「銀行を追加してください」をタップ
  4. 「銀行口座を追加する」をタップ
  5. 金融機関を選択
  6. スクロールして「同意する」をタップ
  7. 銀行口座の情報を入力
  8. 口座名義・住所などを入力
  9. 銀行別の口座振替設定を行う

ここで注意が必要なのが、三菱UFJ銀行の口座は現在PayPay残高のチャージが利用できない点だ。(2018年12月現在)

みずほ銀行や三井住友銀行、りそな銀行といった他のメガバンクは対応している。

なぜ三菱UFJ銀行の口座からチャージができないのか、いつ頃対応するのかは現在のところ不明だ。

チャージ

  1. 「残高」をタップ
  2. 「残高にチャージ」をタップ
  3. 金額を選択
  4. 「チャージする」をタップ

これで銀行口座からのチャージが完了する。

チャージの金額で選択できるのは現状1,000円、3,000円、5,000円のみだ。

ここまで見ていただければわかるように、銀行口座からのチャージは非常に手順が多い

PayPayの支払い方法はクレジットカードが断然手軽でお得だ。

クレジットカードの登録

クレジットカードの登録は銀行口座の登録よりも簡単だ。

  1. 画面左上のメニュー「≡」をタップ
  2. 「支払い方法の設定」をタップ
  3. 「クレジットカードを追加」をタップ
  4. クレジットカードを写真でカメラでスキャン

以上でクレジットカードの登録は終了だ。

カメラでうまくスキャンできない場合は、「カード番号を直接入力する」をタップしてモードを切り替えて手動で入力しよう。

非常に盲点なのが、クレジットカードを登録してもクレジットカードから直接のチャージはできないことだ。

クレジットカードからの直接チャージが可能なのはYahoo! JAPANカードのみとなるので注意してほしい。

ただし、クレジットカードはそもそもチャージする必要がないため、特に気にする必要はないだろう。

また、クレジットカードは複数枚登録することが可能なため、限度額などによって使い分けることもできる。

繰り返しになるが、クレジットカード支払いならば初期設定が簡単チャージが不要「ポイントの二重取り」が可能というメリットがあるため、PayPayを使うならクレジットカード支払いを強くおすすめする。

おすすめのクレジットカード

前述したように、PayPayに登録するならば還元率が高いYahoo! JAPANカードがおすすめだ。

また、Yahoo! JAPANカードを除き、VISAかMastercardブランドのクレジットカードなら登録可能である。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!Japanカード

PayPayに直接チャージできる唯一のカード!

Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍。Tポイントの貯まる機会も使う機会も多いカード。

年会費無料
還元率1.0%~3.0%
旅行保険ショッピング保険最高100万円(自動付帯)
※月額500円(税抜)でプラチナ補償もあり
koushiki-200-40
shousai-95-40

Kyashで還元率3.5%

PayPayの支払いに「Kyashリアルカード」を使うことで還元率を3.5%まで引きあげる裏ワザがある。

この裏ワザは上述した「ポイントの二重取り」の進化系である、「ポイントの三重取り」を活用する。

知る人ぞ知る裏ワザで、今後いつ使えなくなってしまうか分からないほどお得な方法だ。

具体的な手順は以下の通りだ。

  1. Kyashをインストール
  2. 「Kyashリアルカード」を発行する
  3. Kyashリアルカードにクレジットカードからチャージする
  4. kyashリアルカードをPayPayに登録する
  5. PayPayをクレジットカード払いで利用する

kyashのインストール方法、Kyashリアルカードの発行方法、クレジットカードの登録方法などは割愛するが、Kyashリアルカードが鍵を握っていることになる。

なぜこの方法で還元率が3.5%になるのか、還元率の内訳で見ていこう。

  • Kyashリアルカードへのチャージ…還元率1.0%*
  • Kyashリアルカードでの決済…還元率2.0%
  • PayPayでの決済…還元率0.5%

*Kyashリアルカードへのチャージを還元率1.0%のクレジットカードで行った場合

Kyashの残高をクレジットカードでチャージすることで1.0%還元を受けることができ、Kyashリアルカードなら常時還元率2.0%となっている。

さらに、KyashリアルカードをPayPayの支払いクレジットカードとして登録することで、PayPayの0.5%還元も受けるという手順だ。

上述したようなクレジットカードを直接PayPayに登録する方法よりも手間がかかるが、それだけの価値がある還元率となっている。

ただし、ここで注意が必要なのは、ポイント還元されるシーンで貯まるポイントが異なるということだ。

具体的には、それぞれのシーンで貯まるポイントの種類は以下のようになる。

  • Kyashリアルカードへのチャージ…クレジットカードのポイント
  • Kyashリアルカードでの決済…Kyashのポイント
  • PayPayでの決済…PayPayボーナス

貯まるポイントが全て異なっており、単一ポイントによる3.5%還元ではないことに注意が必要だ。

また、Kyashリアルカードの1回の利用限度額が5万円となっていることにも注意して欲しい。

5万円を超える大きな金額を決済する場合は、支払い方法をKyashリアルカードではなく、一般的なクレジットカードに変更すればOKだ。

Kyashでもオリコカードがおすすめ!

Kyashリアルカードへのチャージをクレジットカードで行う場合に注意してほしいのが、利用可能なクレジットカードはVISAとMastercardブランドのみとなることだ。

裏を返せば、Kyashリアルカードを利用して3.5%還元を受けるための裏ザワを使う場合でも、上述した高還元率カードのオリコカード・ザ・ポイントが活用できるのだ。

PayPayに登録できるカードもVISAとMastercardブランドのみとなるため、どちらにしてもオリコカードを作っておけばまず間違いはない

Kyashリアルカードを発行するには時間がかかるため、もしこれからPayPayを利用するという方は、ひとまずPayPayにオリコカードを直接登録して利用しておき、Kyahリアルカードが手元に届いたら登録を行うことで無駄がなくなる。

また、「100億円あげちゃうキャンペーン」の期間中であれば常時20%還元もプラスされるため、合計還元率は23%となる。

23%オフというのは店舗が非常に力を入れたビッグセール並みの数値となっているため、大きな買い物などはPayPayで決済することを強くおすすめする。

23%還元の場合のポイント内訳は以下のようになる。

  • クレジットカードのポイント…1.0%
  • Kyashのポイント…2.0%
  • PayPayボーナス…20%

ぜひこの機会にPayPayでお得に買い物を楽しんでほしい。

個人間送金

PayPayにはLINE Pay、paymo*、Kyashなどにあるような「個人間送金」機能が備わっている。

個人間送金機能は「割り勘機能」とも呼ばれている。

*paymoは2019年5月30日にサービス終了予定

個人間送金とはアプリ内の残高を譲渡できる機能で、主な用途は割り勘の支払いで、子供へのお小遣い入金などに使うこともできる。

PayPayで個人間送金をするには以下の2通りの方法がある。

  • 対面時…QRコードスキャンで送金
  • 遠隔時…電話番号の入力で送金

それぞれについて手順を見ていこう。

QRコードスキャンで送金

受け取る側はアプリ左上にある「≡(メニュー)」をタップし、「マイコード」を表示すれば準備完了だ。

送金する側は以下の手順となる。

  1. トップ画面で「スキャン支払い」をタップ
  2. 受け取り側が提示したQRコードをスキャン
  3. 任意の金額を入力して送金

ちなみに、受け取り側が金額をリクエストすることも可能となっている。

手順は、「マイコード」が表示されている画面で「リクエスト金額を追加」をタップして、金額を入力することでリクエスト可能だ。

電話番号の入力で送金

電話番号の入力で送金する場合は受け取り側ですることは特にない。

送金する側の手順は以下となる。

  1. トップ画面の[スキャン支払い]をタップ
  2. [友だちに送金する]をタップ
  3. 支払い先の電話番号を入力し、[検索する]をタップ
  4. 金額を入力して[送金する]ボタンをタップ

電話番号を知っていれば遠隔で送金できるため、家族間や友達とのやり取りには非常に重宝するだろう。

ただし、当たり前のことではあるが、相手がPayPayをインストールしてアカウントを持っていないと送金できない点には注意が必要だ。

PayPayボーナスは送金不可

個人間送金をする上で絶対に覚えておいて欲しいのが、送金できるのはPayPayライトのみとなっている点だ。

PayPayの残高には「PayPayライト」「PayPayボーナス」が存在する。

PayPayライトとは通常の残高で、PayPayボーナスはキャンペーンなどによって付与・還元されたポイントだ。

例えば、PayPay利用開始時に付与されるボーナス500円や、通常時の0.5%で還元された残だが、さらに100億円あげちゃうキャンペーンで還元される20%の残高などは全てPayPayボーナスとなる。

これらの残高は送金することができないことを覚えておこう。

ちなみに、相手から送金された金額はPayPayライト残高となるため、それをまた別の人に送金することは可能となっている。

送金額を間違ってしまった場合や、取り消したい場合などは、そのまま相手に同じ金額を送金し直すことで対応できることも覚えておこう。

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る