リクルートカード ポイント還元率が2倍以上、国内・海外保険の付帯する欲張りカード

Pocket

リクルートカード

リクルートカードはポイント還元率が1.2%という超高還元率カードだ。
通常のクレジットカードは還元率0.5%なので、2倍以上の還元率となる。
しかも、国内・海外保険にも対応しているので、海外旅行でも使いたい人にも安心だ。

【キャンペーン実施中!】
入会と利用で最大6,000円分のポイントがもらえる!

  • 入会で1,000円分
  • 初回利用で2,000円分
  • 携帯決済で3,000円分
GOOD
・年会費無料
・ポイント還元率が1.2%
・国内・海外保険付帯
・リクルートのサービスを使えばさらにポイントアップ
BAD
貯まったポイントはリクルート関連のサービスで利用出来る。
(じゃらん、ホットペッパー、ポンパレなど)
➡️以前までは、リクルート関連のサービスのみで利用可能だったが、現在ではPontaポイントとの交換に対応しているので、利用価値は大きく広がった。

公式サイトを見る

リクルートカードがおすすめの理由

理由1:年会費無料

通常のクレジットカードであれば、年会費がかかるカードが多いがこのカードは永年年会費無料になっている。なので、あまりクレジットカードを使わない人でも、よく使う人でもポイントを効果的に貯めることが出来るのだ。

理由2:ポイント還元率が高い

リクルートカードは、毎月の利用額合計に対して1.2%の還元率でリクルートポイントが付与される。

例えば10万円の買い物をすれば、1,200リクルートポイントが付与される。1リクルートポイント=1円相当となっているので分かりやすい。

クレジットカードの還元率は0.5%というのが一般的だ。そのほか、還元率が高いといわれる楽天カードオリコカード・ザ・ポイントなどでも1.0%という還元率である。しかし、このリクルートカードはそんな高還元率カードの還元率をしのぐ1.2%の還元率を達成している。

理由3:国内・海外保険付帯

旅行中の事故、病気やケガの治療、携行品の破損などの損害を幅広く補償する保険となっている。国内・海外とも利用付帯が条件となっており、旅行代金をこのクレジットカードで支払う必要がある。
国内保険最大1000万円
海外保険最大2000万円

ポイントを効率よく使う、Pontaポイントに交換する

ポンパレモールでさらにポイントアップ

リクルートが発行しているだけに、リクルート関連のサービスでは、さらにポイントがアップしてお得に使うことが出来る。
ショッピングサイトポンパレモールは通常でも3%のポイント還元を実施している上に、リクルートカードを利用することで4.2%の還元を得ることが出来る。
ポンパレモール

貯まったポイントは、じゃらんやHotpepper、HotPepper Beautyなどで利用することが出来る。
ホットペーパービューティーじゃらん

貯まったポイントを提携先ポイントに交換する

リクルートポイントはPontaポイントをはじめ様々なポイントに交換出来る。何より、Pontaポイントについては1:1でポイント交換出来るので、ポイントをロスなく交換することが出来ておすすめだ。

リクルートポイント1ポイントleft rightポンタポイント1ポイント

Pontaポイントは、ローソンをはじめ、ケンタッキーや昭和シェル石油など幅広く利用できるので利用価値は高い。
logo_shelllogo_geologo_lawsonlogo_KFC

nanacoのチャージでもPontaポイントが貯まる!

VISA、Master Card、JCBどのブランドでもnanacoのチャージでもショッピングと同様にPontaポイントが貯まるのはリクルートカードの大きなメリットだ。

nanacoチャージで独自ポイントが貯まるカードは他にもあるが、持ち前の1.2%という超高還元率は他のカードにはない魅力と言える。

ローソンとセブンイレブンをどちらも使うといった人には心強いだろう。

その他サービス

ショッピングガード保険

カードで購入した品物の破損・盗難などの損害を購入から90日間保障するショッピング保険が自動的についている。年間で最大200万円まで補償されるので、買い物にも安心して利用することが出来る。

付帯するカード

家族カード
年会費無料で発行される上に、本会員と同じサービスが受けられるので、家族で利用する場合にもおすすめだ。

ETCカード
VISAカードを選択した場合のみ、発行手数料が1,000円(税抜)JCBであれば無料、年会費はVISA,JCB共に無料なので、まだ持っていない人は1枚持っておくと便利だろう。

電子マネー
リクルートカードを使って電子マネーにチャージしても1.2%のポイントが付与される。VISAかJCBかで付与される電子マネーの種類が異なるので、よく確認しておこう。

VISAを選択した場合:
smart_icoca モバイルSuica 楽天EDY nanaco

JCBを選択した場合:
モバイルSuicananaco

VISAかJCBで迷ったら
初めてカードを持つ場合・・・
VISAもJCBも国内で使う限りほとんど利用可能範囲に差はない。JCBの場合は、国内ブランドらしく、ディズニーへの抽選招待など国内サービスが充実しているのが特徴だ。また、海外で使用する事を中心に考えているのであれば、VISAブランドの方が利用シーンは広いだろう。

2枚目以降のカードを持つ場合・・・
1枚目がVISAなら、2枚目はJCBなどと種類を変えるのがおすすめ。より幅広いシーンで利用することが出来るだろう。

また、このカードは、JCBかVISAを選ぶかによって、微妙にサービスが異なる。例えば、電子マネーチャージでもポイントを貯めたいならば、VISAの方が楽天EDYやスマートICOCAへの電子マネーチャージに対応しているのでおすすめだ。

また、ETCさえ持てればいいという方であれば、JCBは無料発行なので、そちらを選ぶといいだろう。

カード詳細情報

年会費 無料
還元率 0.5%~1.2%
ブランド logo-visa-jcb_30
電子マネー iD
ETC VISA:1000円(税抜)
JCB:無料
家族カード 無料
国内保険 最高1,000万円(自動付帯)
海外保険 最高2,000万円(利用付帯)
ポイント種類 リクルートポイント
ポイント交換 100ptから
その他 最大7000円分ポイントプレゼント

(発行会社:VISA:三菱UFJニコス株式会社、JCB:株式会社ジェーシービー)

公式サイトを見る

入会資格

・原則として18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
・高校生を除く18歳以上で学生の方。

このカードは、学生の方へのキャンペーンも実施しているので、まだカードを持っていない人も、持っている人も是非、申し込んでみよう。

申し込みから発行までの期間

VISA:入会申込から1週間前後
JCB:入会申込から3週間前後

公式サイトを見る

評判・口コミ

イイコミ

  • nanacoカードへのクレジットカードチャージでもリクルートポイントが付くので税金払いの際にもポイントを付けることが出来る。(30代 女性 パート・アルバイト)
  • よく旅行に行くのでじゃらんのネット予約で使用してます。やはり旅行の際は単価も高いためポイントも大幅に入り非常に役立っています。(30代 男性 会社員)
  • 買い物や公共料金などすべてこのカードで支払っているので、年間1万以上のポイントが貯まります。ポイントを提携のじゃらんで使用して、家族旅行の足しにしています。(40代 女性 主婦)
  • 出張が多いので旅行サイトをよく使うのですが、じゃらんの利用がほとんどで、リクルートカードであればポイントが加算されるため凄い速さでポイントがたまっていきます。(40代 男性 会社員)
  • 普段suicaを使っているのですが、その利用でポイントが貯まるのはとても嬉しいです。(20代 男性 会社員)
ワルコミ

  • クレジットカードチャージでのポイント付与条件が最近改悪され、上限が付けられた。(30代 女性 パート・アルバイト)
  • リクルートのサービスを利用しない人にはメリットが薄いところがあります。あまり万人向けではないように感じます。(20代 男性 会社員)
  • ETCカードを利用していますが、JCB以外は発行料が1,000円かかります。そのためJCBにしていますが、レストランや海外通販などで使用できないことがあるので、VISAやMasterCardでも発行料金無料ならもっと嬉しいです。(40代 女性 主婦)
  • ポンパレモールは、楽天市場など他のショッピングサイトに比べると、価格が高めで品物の取り揃えもあまり良くないです。(30代 女性 主婦)
  • ポンタポイントに変換できるのは良いのですが、これを経由してから更に別のポイントサービスにしか変換できないものもあり、二度手間になる点は少し面倒くさいかなと思います。(30代 男性 会社員)

※上記「イイコミ・ワルコミ」は弊社が独自に調査・収集したものです。

公式サイトを見る

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。 大人のクレジットカード編集部について詳しく見る