TOP

ファミペイ/FamiPay決済の使い方、チャージ・支払い方法まとめ!ポイント連携やクーポンがお得

ファミリーマートが提供しているスマホ決済アプリ「ファミペイ」。クーポン、FamiPay決済、ポイント利用がファミペイですべてまとめられる。

本記事では、ファミペイの基本情報や新サービスの概要について解説している。ぜひ参考にしてほしい。

ファミペイ、FamiPayとは

ファミペイとは、ファミリーマートが手掛けるスマホアプリ。アプリのQRコード/バーコードの提示・読み取りにより、FamiPay(電子マネー)決済、クーポン利用、提携ポイント利用が可能。

FamiPay決済はファミリーマートをはじめ、ヤマダ電機やウェルシアなど、さまざまな加盟店で利用可能。また、dポイント、楽天ポイント、Tポイントのうちいずれか1つのポイントを登録・提携して、貯めることができる。

FamiPay決済の支払い設定

ファミペイのFamiPay決済は、基本的に事前チャージ。また、「ファミペイ翌月払い」を設定することで後払いも可能だ。

FamiPay決済では、200円(税込)につき1ポイント、FamiPayボーナスが貯まる。FamiPayボーナスはFamiPay決済に1ポイント=1円として利用できる。

FamiPayチャージ方法

FamiPayのチャージ方法は「店頭レジ」「銀行口座」「クレジットカード」の3種類。

店頭レジを利用すれば、事前登録なしで現金チャージができる。銀行口座とクレジットカードは事前登録が必要なので要注意。

店頭レジ

ファミリーマートの店頭レジでチャージする方法は下記の通り。

  • ファミペイのバーコードを提示
  • タッチパネルからチャージ希望金額を選択
  • 現金でチャージ金額支払い

銀行口座やクレジットカードの登録が面倒な人は、レジ店頭からFmai Payにチャージしよう。

銀行口座

銀行口座をFmai Payに登録する方法は下記の通り。

  • アプリ画面の「FamiPayチャージ」を選択
  • 「銀行口座」をタップ
  • 金融機関を選択
  • 口座情報などを入力
  • 本人確認

三菱UFJ銀行三井住友銀行をはじめ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など幅広い金融機関に対応している。

クレジットカード

クレジットカードをFmai Payに登録する方法は下記の通り。

  • アプリ画面の「FamiPayチャージ」を選択
  • 「クレジットカード」をタップ
  • カード情報などを入力
  • 本人認証

FamiPayに登録できるクレジットカードはファミマTカードを含むJCBブランドのクレジットカードだ。

以前はファミマTカードのみチャージ可能だったが、2021年9月28日よりJCBブランドのクレジットカードへと対象が拡大した。

ファミペイ翌月払い

ファミペイ翌月払いは、FamiPay決済のチャージ金額が不足している場合でも、翌月にまとめて支払えるという決済サービス。

当月1日~末日までの利用金額が翌月27日に銀行口座から引き落とされる。

利用にはファミペイアプリから口座登録および本人確認が必要で、基本的に18歳以上であれば申込可能。

FamiPayの支払い方法

ファミペイでFmaiPay決済を利用するには、「FamiPay」を使うをONにして、暗証番号の設定を行う必要がある。

また、支払いの手順が、ファミリーマートとそれ以外とで異なる。

ファミリーマートでの支払い

ファミリーマートでの支払いでは、ファミペイホーム画面に表示されているバーコードを提示して、店舗側に読み取ってもらえば良い。

ファミペイでは、dポイント・楽天ポイント・Tポイントとの連携が可能で、登録が済んでいれば決済と一緒に利用できる。

また、利用できるクーポン券がある場合はそれも一緒に利用できる。

ファミリーマート以外での支払い

ファミリーマート以外の加盟店での支払いでは、ファミペイホーム画面から「ファミリーマート以外で支払う」をタップする。

店舗によって、「店舗側が読み取る方式」「ユーザー側が読み取る方式」の2種類存在する。

店舗側が読み取る場合

店舗側が読み取る場合、ユーザー側は「QRを表示する」を選択する。

表示されたQR/バーコードを店舗側が読み取れば支払い完了だ。

ユーザー側が読み取る場合

ユーザー側が読み取る場合、まず「QRを読み取る」を選択する。

その上で、店舗側が提示しているQRコードをスマホでスキャンして、アプリ上で金額を入力し、「決済する」を選択すれば支払い完了だ。

提携ポイントを使う

ファミペイは、dポイント/楽天ポイント/Tポイントとの連携が可能。ポイントを登録することで、連携ポイントのポイントカードとしての利用が可能だ。

決済時には連携ポイントのうちいずれか1つを選んで提示することで、200円円(税込)につき1ポイント、選択したポイントが貯まる。

提携ポイント利用時は、ホーム画面で「ポイント切り替え」をタップ、ためたい・つかいたい「ポイントカード」をタップする。

ファミペイ活用法

ファミペイでポイント二重、三重取り

ファミペイでは、以下のようにクレジットカードャージ×FamiPay決済×ポイント連携でポイント三重取りが可能。

ただし、クレジットカードによってはチャージ時のポイントがつかないことがあるため、カード毎に確認してほしい。たとえば、JCBのプロパーカードは通常カード利用額に応じてOkiDokiポイントが貯まるが、FamiPayチャージはポイント付与対象外となる。

  • クレジットカードチャージ:JCBブランドのクレジットカードでFamiPayにチャージできる。この際、クレジットカードのポイントが付与される(カードによって対象外となる場合もあるため要確認)
  • FamiPay決済:FamiPay決済を設定したバーコード提示で200円(税込)につき1円相当のボーナス付与(Famiポート、公共料金支払いなどは、1件につき10円分のボーナス※)
  • ポイント連携:dポイント/楽天ポイント/Tポイントのいずれかを登録・提携してポイントカードとして利用可能。バーコード提示でポイントが貯まる

※一部対象外あり

スマホ決済のポイント制度は頻繁に変更があるため、使えるうちに活用して効率的にポイントを貯めよう。

FamiPayにチャージするクレジットカードとしては、なるべく還元率の高いカードがおすすめ。JCBブランドで、FamiPayチャージがポイント付与対象となるカードから、高還元率のカードから選ぼう。

ファミマで高還元だけならファミマTカードがお得

ファミマTカード

ファミペイはポイント二重取り、三重取りで高還元となるが、シンプルにファミリーマートで多くのポイントを獲得したいというだけなら、FamiPay決済よりもファミマTカードを利用したほうが高還元となることも多い。

ファミマTカードで貯まるポイントはTポイント。基本は200円(税込)につき1ポイント付与で還元率0.5%だが、ファミリーマートでの決済では200円(税込)につきショッピングポイントが1ポイント、クレジットポイントが3ポイント加算され、合計4ポイントで還元率2%となる。

ただし、ファミマTカードは、年会費無料ではあるがファミリーマートをよく利用する人以外はそこまでメリットが大きくないカードでもある。

ファミペイでのポイント三重取りは、クレジットカードのポイント・FamiPayボーナス・提携ポイントの三種類を貯めることができ、JCBブランドのクレジットカードなら利用できるというメリットがある。

ファミマTカード公式サイトはこちら

クーポンを使う

ファミペイでは定期的にクーポンが配布される。

ドリンクが無料になったり、ファミチキがタダでもらえたりするので、アプリをダウンロードした人は要チェックだ。

キャンペーンの活用

ファミペイでは毎月さまざまなキャンペーンを行っている。特に、ファミリーマート利用でお得になるキャンペーンが多い。

キャンペーン情報はファミペイアプリ上で確認できる。毎月のキャンペーン全体を確認したい場合は以下記事も参考にしてほしい。

最終更新日:2021/10/08

シェア ツイート LINEに送る
シェア ツイート LINEに送る

執筆・編集

オトクレニュース編集部

オトクレ編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

オトクレ編集部について詳しく見る