バンドルカードはAmazonプライム利用可!申込・発行方法

Pocket
LINEで送る

バンドルカード バーチャル

クレジットカードは便利なキャッシュレス決済の方法だが、年齢などの申込条件があり、かつ審査を通らないと利用することができない。

そこで、18歳未満の人や、審査に不安がある人におすすめなのがプリペイドカードだ。

プリペイドカードにもいくつかの種類があるが、今回おすすめしたいのがバンドルカードだ。

バンドルカードはVISAブランドのプリペイドカードで、年齢制限・審査不要で申込・利用できる。

リアルカード、バーチャルカード、リアルプラスの3種類があり、それらを使い分けることで、実店舗でもネットでも、海外でも利用できる

今回は、そんなバンドルカードの仕組みと申込・発行方法、また利用時に注意すべき点などを解説する。

バンドルカードは、基本的にはVISAブランドのクレジットカードと同じように利用できるが、定期的な支払いには使えないなど、クレジットカードとは違って利用できないシーンもある。

例外として、Amazonプライムの年会費の支払いには利用できる

バンドルカードはチャージ方法の選択肢が広いのも特徴で、自分に合った使い方ができる。

ただし、チャージ方法によっては高額な手数料がかかってしまうので注意したい。

その他、いくつか手数料がかかるところがあるので、解説の中で紹介する。

基本的にはとても便利で使いやすいプリペイドカードなので、クレジットカード以外のキャッシュレス決済方法を検討している人におすすめだ。

バンドルカードの概要

AppStore GooglePlay

「バンドルカード」とは、世界中の加盟店で利用可能な国際ブランドVISAのプリペイドカードである。

バンドルカードには、以下の3種類がある。

  • リアルカード:ネットと実店舗のどちらでも利用可能
  • バーチャルカード:ネット専用
  • バンドルカードリアルプラス:リアルカードの高機能版(以下「リアルプラス」

バーチャルカードの場合は、通常のクレジットカードとは異なり、iPhoneやAndroidのアプリとして発行される。

チャージ方法はコンビニなど従来のチャージ方法に加えて、ビットコインでもチャージできることで注目を集めている。

また、バンドルカードには、一般的なクレジットカードのような年齢制限や審査がない

未成年者は保護者の同意が必要だが、それ以外に特に条件はない。

「リアルカード」と「リアルプラス」の違い

同じくネット・実店舗のどちらでも利用できる「リアルカード」と「リアルプラス」だが、その違いは以下の通り。

 リアルカードリアルプラス
残高の上限10万円100万円
海外の実店舗での利用
GSやホテルなどでの利用
発行手数料300円600円
本人確認不要必要

バンドルカードの手数料

普通にバーチャルカードを登録したり利用したりする分には、手数料は発生しない。

ただし、以下の場合には手数料が発生する。

・発行手数料:リアルカード、リアルプラスのみ、300円もしくは600円
・チャージ手数料:ドコモのケータイ払いのみ、300円
・口座維持費:120日以上、未使用でない残高がゼロの場合、月100円
・海外事務手数料:海外加盟店(オンラインショップも含む)での利用時、利用金額の4.5%

バンドルカードの申込

バンドルカードへの申込は、カードの種類によって微妙に異なるので、種類別に見ていこう。

バーチャルカードの申込

1.ストアからアプリをダウンロード
スマホがiPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playより、バンドルカードのアプリをダウンロードする。

AppStore GooglePlay

2.アカウントを登録する
バーチャルカードの登録に必要な情報は、ユーザーID・パスワード・生年月日・電話番号の4つのみだ。

電話番号については、ショートメールでの認証が行なわれる。

3.発行
登録が完了すると、あとはチャージするだけで利用可能な状態となる。

リアルカードの申込

リアルカードに申し込む前提として、バーチャルカードの申込が完了している必要がある。

1.アプリを開いた画面中央の「カード」タブを選択する

2.「リアルカード発行」を選択する

3/発行したいカードで「リアルカード」を選択する

4.300円以上をチャージ
発行手数料として300円かかるため、チャージをして「発行」ボタンをタップする。

5.送付先を登録
名字と名前の欄が分かれているので、注意しよう。

6.注意事項を読んで「発行する」ボタンをタップ

7.カードの有効化手続きをする
長くて2週間ほどで、カードが手元に届くので、届き次第カードの有効化手続きが必要となる。

有効か手続きは、カード手続きの「リアルカード発行」から可能だ。

リアルプラスの申込

1.アプリを開いた画面中央の「カード」タブを選択する

2.「リアルカード発行」を選択する

3.発行したいカードで「リアルプラス」を選択する

4.600円以上をチャージする
発行手数料として600円かかるため、チャージをしよう。

5.送付先を登録

6.メールアドレスを登録
メールアドレスを入力すると認証番号が届くので、認証番号を入力する。

7.本人確認書類をアップロード
本人確認書類として有効なのは、運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書の、いずれかの画像だ。

8.注意事項を確認
セキュリティコードやカード番号は新しくなるが、残高はそのままである。

9.「カード発行」を選択する
最長2週間でカードが届く。

10.カードの有効化をする
カード裏面の3桁のセキュリティコードを入力すれば、カードの有効化は完了だ。

本人確認の有無
バンドルカードは、原則として本人確認の必要はない

ただし、リアルカードプラスに申し込む場合は、免許証などの本人確認が必要になる。

海外の店舗で使用する場合にはリアルカードプラスが必要になるので、海外で利用するかどうかが鍵になるだろう。

バーチャールカードの申込に関しては本人確認はないが、携帯電話番号でのSMS認証が必要になる。

電話番号の認証に利用できる番号は090、080、070で始まる番号のみ利用可能で、050で始まる番号や仮想電話番号は利用することは出来ない。

招待で200円チャージ

すでにバンドルカード会員の人は、他の人を紹介すると200円分が自分のカード残高にチャージされる。

招待方法は、以下の通りだ。

1.設定画面(歯車のマーク)を開く

2.招待コード画面を開く

3.招待コードをコピーして、招待したい人に教える

4.招待された人が、アカウント登録で招待コードを入力する

5.招待された人がバンドルカードを発行したら、招待した人に200円がチャージされる。

バンドルカードのチャージ(入金)

バンドルカードは口座にチャージをして初めて利用できるようになる。

チャージは基本的に手数料無料だが、ドコモのケータイ払いとソフトバンクまとめて支払いの場合、高額な手数料が発生するので注意が必要。

また、以下のように、不正利用リスクの低減のためにチャージなどに制限がある。

 バーチャルカード
リアルカード
リアルプラス
月間チャージ上限額12万円200万円
累計チャージ上限額100万円上限なし
1回のチャージ上限額3万円10万円
残高上限額10万円100万円

バンドルカードへのチャージ方法には、7種類ある。

以下でそれぞれのチャージ方法を紹介しよう。

コンビニからのチャージ

バンドルカードへのチャージで利用可能なコンビニは、セブンイレブンを除く主要コンビニである。

FamiポートLoppiなどのコンビニ端末が設置されていることが条件だ。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.アプリでチャージリクエストを作成する

2.コンビニ端末で申込券を発券する

3.コンビニのレジで支払う

4.チャージ完了

クレジットカードからのチャージ

クレジットカードからバンドルカードへチャージするには、Visaまたはmastercardの3Dセキュアに対応したクレジットカードでなければならない。
クレジットカードによって、チャー
ジでポイントが貯まるカードと貯まらないカードがあるので、確認が必要だ。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.クレジットカードの情報を入力する

2.チャージ金額を入力する

3.3Dセキュアで認証をする

4.チャージ完了

ドコモのケータイ払いからのチャージ

NTTドコモの利用者は、ドコモの携帯電話料金と一緒に、バンドルカードへのチャージ代金を支払うこともできる。

ただし、手数料が高額なので、チャージの方法としてはおすすめしない。

ドコモのケータイ払いからのチャージのみ、>チャージ手数料としてがかかるので、注意が必要だ。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.チャージ金額を入力する

2.ドコモセンターで認証する

3.チャージ完了

ビットコインからのチャージ

仮想通貨「ビットコイン」を持っている方は、ビットコインを円建てでチャージすることができる。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.チャージ金額を入力する

2.ビットコインの「Coincheck Payment」で送金手続きをする

3.チャージ完了

ネット銀行からのチャージ

全国350以上の銀行や信用金庫などの口座からチャージが可能である。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.チャージ金額を入力する

2.ネット銀行側で支払い手続きをする

.チャージ完了

銀行ATMからのチャージ

「ペイジー」を利用すれば、銀行ATMからバンドルカードへのチャージも可能だ。

コンビニATMも利用可能なので、コンビニの発券機が混雑していれば、コンビニATMからチャージすることもできる。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.バンドルカードのアプリからチャージリクエストを作成

2.銀行ATMから入金する

3.チャージ完了

ギフトコードからのチャージ

ギフトコードを持っていれば、それを使ってバンドルカードへチャージすることも可能だ。

チャージ方法は、以下の通りである。

1.アプリで「チャージ」→「ギフトコード」→「チャージ」と進む

2.持っているギフトコードを入力する

3.チャージ完了

ただし、iTunesカードやAmazonギフトカードなどのコードは使えないので、注意が必要だ。

バンドルカードを使う

使い方

ネット店舗では、以下の手順でバンドルカードを利用する

1.店舗で商品を選び、支払方法で「クレジットカード払い」を選択

2.カード番号、有効期限、セキュリティコード、名義人名を入力する

3.支払いが完了

実店舗では、リアルカードやリアルプラスに限り、以下の手順で利用可能だ。

1.店舗のレジで店員にカードを提示する

2.売上票に自分の名前をサインする

3.カードと売上票の控えを受け取る

4.支払いが完了

ただし、バンドルカードにはICチップが搭載されていないため、ICチップのみに対応する端末での支払いはできない。

使えるお店・使えないお店

バンドルカードの種類によって、以下のように使えるVisa加盟店が異なる。

バーチャルカードとリアルカードは本人確認が不要だが、リアルプラスカードは本人確認が必要なカードとなっている。

 バーチャルカードリアルカードリアルプラス
国内ネット
海外ネット
国内実店舗
海外実店舗

海外で利用する場合には、本人確認が必要なリアルプラスカードを持つ必要がある。

ただし、上記の条件を満たしていても、バンドルカードは以下のお店では利用できない。

・ガソリンスタンド:「残高から代金を引く」際に正しい代金を引けないため
・宿泊施設:「残高から代金を引く」際に正しい代金を引けないため
・定期支払い商品:2回目以降はカードを使えるか確認しないため
・高速道路料金:端末がネット接続しておらずカードの利用を確認できないため
・機内販売:端末がネット接続しておらずカードの利用を確認できないため

また、キャッシング枠の付いているクレジットカードやデビットカードであれば、銀行ATMからお金を借りることができるが、チャージ残高のあるバンドルカードであっても、銀行ATMから残高を引き出すことはできない。

Amazon(ネットショップ)で使う

バンドルカードは、ネットショップでも利用できる。

ここでは一例として、世界最大のネットショップ店舗であるAmazonでの使い方を説明する。

ちなみに、Amazonで使えるAmazonギフト券も、バンドルカードで購入可能だ。

1.商品を選んでレジに進む

2.Amazonのアカウントにサインインをする

3.配送方法を選択する

4.支払方法で「新しいお支払い方法を追加」を選ぶ

5.カード番号と名義人(自分の名前ではなく『VANDLE USER』とする)を追加

6.登録したカード情報で支払方法を選択する

7.「注文を確定する」ボタンを押す

8.商品発送のタイミングで、バンドルカードから代金が支払われる

Amazonプライムで利用可能

「定期支払い商品にはバンドルカードは使えない」と説明したが、Amazonが提供する会員制サービス「Amazonプライム」は定期的に会費を支払うサービスにもかかわらず、例外的にバンドルカードでの支払いが可能だ。

Amazonプライムでは、年会費300円で、配送の日時指定無料、お急ぎ便無料、音楽や映画、テレビ番組の視聴し放題など便利なサービスを利用できる

Amazonプライムは、以下の手順で利用できる。

1.Amazonのアカウントを作成

2.Amazonのサイトで、Amazonプライムサービスに登録

3.Amazonのアカウントにサインイン

4.支払方法と請求先住所を確認して、「登録する」を選択

5.完了

使い方を理解して活用しよう

バンドルカードは、VISAブランドのプリペイドカード。

年齢制限や申込時の審査がなく、手軽に使えて、使える範囲が広い便利なプリペイドカードだ。

リアルカード、バーチャルカード、リアルプラスの3種類があり、利用シーンに合ったカードを使うことになる。

チャージ方法の選択肢はいくつかあるが、いずれも簡単にチャージでき、支払い方法もシンプル。

ただし、使い方によっては手数料が発生するため注意したい。

基本的にはクレジットカードのような使い方ができるが、利用できない店舗があったり、名義人の入力方法が多少異なったりするなど、違う点もあるので、基本の仕組みを理解した上で利用したい。

また、プリペイドカードは定期的な支払いには利用できないが、バンドルカードの場合、Amazonプライムの支払いは例外的に対応している。

AppStore GooglePlay

Pocket
LINEで送る

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカード情報をチェックし、記事を更新し続けています。

編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。

また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社への取材・インタビューなども積極的に行い、生きた情報をお届けしています。

大人のクレジットカード編集部について詳しく見る