ビットコインでチャージができるプリペイド型クレジットカードまとめ!

Pocket

グラフ

仮装通貨の中でも知名度の高いビットコイン。その普及と共に、ビットコインが利用できる範囲も広がっている。

その一つが、プリペイド型クレジットカードへのチャージだ。

プリペイド型カードへのチャージに利用できることで、ビットコインの使い道が広がり、お得になることもある。

本記事では、ビットコインでチャージできるプリペイド型クレジットカードを紹介すると共に、そのメリットと注意点をまとめた。

ビットコインチャージのメリット

ビットコインでプリペイド型カードにチャージすることで、次のようなメリットがある。

使い道が広がる

プリペイドカードにチャージできることで、ビットコインの使い道が広がる。

ビットコインは仮想通貨の中でも有名な存在だが、それでも、ビットコインで直接決済できる店舗は多くない

ビットコイン日本語情報サイト」によると、日本国内でビットコインが使える店は、通信販売が67店舗、実店舗が248店舗(2018年4月22日時点)。

そのうち有名な店舗としては、家電量販店「ビックカメラ」百貨店「マルイ」、総合サイト「DMM.com」などがあるが、全国展開している店舗でビットコイン決済の導入に踏み切っているところは少ない。

使い勝手がよいとは言えないビットコインだが、プリペイドカードにチャージすることで、世界の多くの店舗で利用可能になる

たとえば、ビットコインからのチャージを可能としているVISAプリペイドカードにチャージすれば、世界200以上の国や地域の4000万店近いVISA加盟店で利用できるのだ。

他のチャージよりお得になることも

ビットコインを使ってチャージすることで、他のチャージ方法より得をする可能性もある。

例えば、「バンドルカード」では以下のようなチャージ方法を用意している。

  • コンビニの端末
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ビットコイン(コインチェック経由)
  • ビットコイン(その他ウォレットアプリ経由)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー利用)

ビットコインもそれ以外のチャージ方法も円建てのチャージとなる。

ただし、ビットコイン相場は秒単位で変化しており、ビットコインの価値が高い時にチャージすれば、チャージ分の価値も大きく上がるのです。

価値の「確定」ができる

チャージすることによって、ビットコインの価値を確定することもできる。

ビットコインは売買件数の多い仮想通貨であり、相場も値動きが激しい。

しかし、プリペイドカードにチャージすれば、価値を確定することができるのだ。

特に価値が下がり気味の時は、暴落する前にチャージに使用すると良いだろう。

おすすめプリペイドカード

ここからは、ビットコインにチャージできるプリペイドカードとおすすめポイントを紹介していく。

バンドルカード

バンドルカード

年齢制限なし

バンドルカードは発行に年齢制限がない。

クレジットカードは最低でも18歳以上(高校生を除く)でないと申し込めないが、バンドルカードは中高生でも申し込める(未成年者は親権者の同意が必要)。

多彩なチャージ方法

バンドルカードは、ビットコイン以外にも以下のような多彩なチャージ方法が用意されているので、その時々の状況に合わせてチャージができる。

  • コンビニの端末
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー利用)

学生はお得

学生は、バンドルカードアプリから「アカデミックパスカード」の発行ができる。

アカデミックパスは、いわばオンラインの学生証。学割専門ポータルサイト「学割オンライン」で、以下のような学割が使える。

バンドルカードからバーチャルカードの「アカデミックパスカード」も追加可能。これがあれば、キャッシュバックの学割も受け取れる。

  • ウォールストリートジャーナル:12か月間6480円で購読可能
  • 和歌山県自動車学校:3000円オフ
  • 富士通パソコン:特別割引クーポン発行
  • ファミリー引越センター:30%オフ&紹介で3000円のギフトカード
  • ビックカメラ:指定モバイルPCが2万円引きなど
  • ルートインホテルズ:会員特別優待プラン
年会費 無料
※発行手数料:リアルカード300円/リアルプラス600円
還元率
ブランド VISA
申込条件 特になし

発行元:株式会社カンム

マネパカード

マネパカード

キャッシュバック

マネパカードを日本国内のショッピングに利用すると、0.5%以上のキャッシュバックが受けられる。

さらに、新規入会キャンペーンとして、口座開設月の翌々月末日までは一律5%にキャッシュバック率がアップする。

海外ATMから現地通貨引出も可能

マネパカードでは、海外ATMを使って現地通貨を引き出すことも可能。

該当する現地通貨がチャージされている場合も、そうでない場合も、日本円がチャージされていれば引き出し可能だ。

ICチップ搭載

マネパカードには、ICチップが搭載されている。

ICチップの搭載によって、スキミングなど情報漏えいのリスクが低くなるので、海外での利用も安心だ。

不正利用防止のため、海外ではICチップ搭載のカードでしか決済できないお店も多いので重宝する。

年会費 無料
還元率 0.5%(キャッシュバック)
ブランド MasterCard
申込条件 日本在住で15歳以上

発行元:株式会社マネーパートナーズ

ポレットVISAプリペイド

ポレットVISAプリペイド

多彩なチャージ方法

ポレットカードには、ビットコイン以外にも以下のようなチャージ方法がある。

  • ポイントサイトのポイント
  • クレジットカード
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • 電子マネー(LINE Pay)

ポイントサイトは、ハピタス・ポイントインカム・ちょびリッチなどからポレットカードにチャージ可能。

高いセキュリティ

ポレットカードは、セキュリティが高いカードだ。

カードを紛失した場合でも、アプリから簡単に利用停止・再開が可能。

また、残高を引き継いで再発行ができる。

不明点は、三井住友フィナンシャルグループのセディナのコールセンターが問い合わせに対応してくれる。

高額決済におすすめ

ポレットカードのチャージ残高の上限は100万円。1回あたりのチャージ上限は5万円だが、繰り返しチャージすれば残高を多くできる。

プリペイドカードの中には、残高上限を低く抑えているものも少なくないので、チャージ残高の上限が高いのは使いやすい。

年会費 無料
還元率 0.5%(ビットコインは対象外)
ブランド VISA
申込条件 16歳以上

発行元:株式会社ポレット

ビットフライヤーVISA

ビットフライヤーVISA1 ビットフライヤーVISA2

運営元の信頼が高い

ビットフライヤーVISAは、株式会社ビットフライヤーが発行している。

ビットフライヤーは、国内のビットコイン取引所として最大手であり、日本で唯一、監査法人との契約もしている。

アプリで管理も簡単

バンドルアプリから、カード残高を簡単にチェックすることができる。

チャージは、ビットフライヤーのアカウントを使って行うことができる。

Amazonギフト券の購入で端数も使い切れる

ビットフライヤーVISAを使えば、Amazonギフト券の購入を1円単位で行うことができる。ギフト券の有効期限は10年間。

使いきれなくて困る端数も、これならば使いきることができるだろう。

年会費 無料(発行料300円)
還元率
ブランド VISA
申込条件

発行元:株式会社ビットフライヤー

ビットコインのチャージ方法

では、実際にどうやってビットコインでプリペイドカードにチャージをするのだろうか。

ここでは、「バンドルカード」を例に挙げる。

バンドルカードにはネット決済専用の「バーチャルカード」と、実店舗での決済も可能な「リアルカード」がある。

いずれもアプリのダウンロードが必要だ。

コインチェック経由とその他ウォレットアプリ経由とで若干手順が異なる。

ビットコインのチャージ方法(コインチェック経由)

  1. 「チャージ」→「ビットコイン」を選択
  2. チャージする日本円を入力
  3. 「コインチェックのアカウントを使って支払う」を選択
  4. コインチェックにログイン→支払う
  5. 支払完了→バンドルカードのサイトに戻る
ビットコインのチャージ方法(の他ウォレットアプリ経由)

  1. 「チャージ」→「ビットコイン」を選択
  2. チャージする日本円を入力
  3. 「他のウォレットを使って支払う」を選択
  4. 画面にビットコインアドレスが表示されるので、そこに送金する
  5. 支払完了→バンドルカードのサイトに戻る

チャージの注意点

ビットコインでチャージする場合は、次のことに気を付けよう。

円建てでチャージされる

ビットコイン→プリペイドカードのチャージは、円建てで行われる。

円安ビットコイン高の時にチャージをすると、損をしてしまう可能性がある。

利用できないサービスがある

プリペイドカードでは、利用できない店舗・サービスがいくつかある。

また、プラスチックカードを発行しない「バーチャルカード」の場合、オンラインでのみ利用可能だ。

プラスチックカードでも、例えばバンドルカードでは、以下のような支払いには利用できない。

これは、他のプリペイドカードでもほぼ同様だ。

  • ガソリンスタンド
  • 公共料金
  • 宿泊施設
  • 保険料の支払い
  • 定期支払い・定期購買
  • 高速道路料金
  • 機内販売

また、バンドルカードは、以下のサービスでの利用が制限されている。

  • Yahoo!ウォレット
  • U-NEXT
  • ニコニコプレミアム
  • hulu
  • DMM
  • Vプリカへのチャージ

海外事務手数料が高い

プリペイドカードは、クレジットカードと比較して海外事務手数料が高い傾向にある。

クレジットカードの海外事務手数料は1.6%~2%程度だが、バンドルカードの海外事務手数料は4.5%

海外利用は、クレジットカードよりも高くついてしまいまう。

使い道に困ったらチャージするのもあり

ビットコイン→プリペイドカードへチャージをすると、ビットコインの使い道が広がる。

また、ビットコインのレート次第ではお得にチャージができる。

ビットコインの使い道に困ったら、プリペイドカードへのチャージに使うのも一つの手だろう。

ただし、ビットコインがチャージ可能なプリペイドカードは、現在のところさほど多くはない。

また、プリペイドカード自体も、使えない店舗・サービスがある。

チャージ時のレートや利用場所によっては損をすることもあるので、注意が必要だ。

Pocket

執筆・編集:大人のクレジットカード編集部

大人のクレジットカード編集部では、2013年のサイト開設以来、年間200枚以上のクレジットカードの情報をチェックし、記事を更新し続けています。 編集部が保有するクレジットカードの枚数は30枚以上!特に注目度の高いクレジットカードは編集部で実際に申し込み、利用することで、より読者に近い立場で情報を発信出来るようにしています。 また、クレジットカードに関する情報収集のため、クレジットカード発行会社の取材・インタビューなども積極的に行い、カード発行者の生きた情報を届けています。